Canon G7 X Mark III デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥91,574
CANON PowerShot G7 X Mark III デジタルカメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、CANON PowerShot G7 X Mark III デジタルカメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

大口径24~100mm相当ズーム内蔵のG7 Xシリーズとして改良と進化を遂げた最新カメラ

G7 X Mark IIIは初代G7 X、二代目のG7 X Mark IIと続く「G7 Xシリーズ」の三世代目の機種で2019年8月に発売された最新型です。G7 Xシリーズはすべての機種で、約2000万画素の1.0型イメージセンサー、F1.8~F2.8の24mm相当から100mm相当の画角をカバーた手ぶれ補正機能付きの高性能なズームレンズを内蔵、チルト式液晶モニターを備えて、Wi-Fiにも対応しています。それらの基本性能を受け継ぎながら新しい機能を加えたり改良したりしながら進化しています。G7 X Mark IIIのおもな進化ポイントは最高感度をISO25600にアップしたこと、電子シャッターの機能を追加して連写速度を最高30コマ/秒にしたこと、4K動画が撮れるようになったこと、Bluetoothの機能も搭載したことなどです。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

ISO感度

光を電気信号に変換して記録する際の感度。高感度に設定して撮影することで、夜間の撮影でもカメラに届く光を増幅し適切な明るさで写真に残すことが可能。撮影時の状況に適した値を設定することが重要。

チルト液晶

可動式モニターの一種。モニターを手前に引くことで上下に動かすことができる。バリアングル式と違い、左右に動かすことはできない。最近は、横方向に動かすことができる3軸チルト液晶も誕生している。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

G7 X Mark IIIのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

2016年発売の二世代目の機種だがカメラの基本性能は最新型とほぼ同等、低価格が魅力

Canon
G7 X MarkII
58,800円〜

G7 X Mark IIIとの最大の違いはEVF内蔵、ファインダーを望んでいる人におすすめ

Canon
PowerShot G5 X Mark Ⅱ
115,500円〜

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】デジカメの最強おすすめ特集【14選】選び方と最新情報を紹介 ▶︎【2020年最新】デジカメの選び方を分かり易く解説【コレさえ読めば失敗・後悔しない】

CANON PowerShot G7 X Mark IIIの基本スペック

キヤノン

キヤノン デジタルカメラ PowerShot G7 X Mark III (BK) PSG7XMARKIIIBK ブラック

価格:90,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー キヤノン(CANON) 商品名 PowerShot G7 X Mark III(ブラック・シルバー)
撮像素子 1型CMOS F値 F1.8~F2.8
有効画素数 2010万画素 光学ズーム 4.2 倍
焦点距離 24mm~100mm 撮影感度 通常:ISO125~12800 拡張:ISO2560
手ぶれ補正 光学式 連写速度 1~1/2000秒(オートモード)
動画 3840x2160(4K) サイズ 105x60.9x41.4 mm
重量 本体:280g 総重量:304g その他機能 Wi-Fi対応、Bluetooth対応

CANON PowerShot G7 X Mark IIIのケース

キヤノン

キヤノン ソフトケース「CSC-G12」 CSC-G12BK

価格:12,192円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用のカメラケースです。カメラを持ち運ぶときに本体を破損しないようにケースに入れることをおすすめします。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIのACアダプター

キヤノン

Canon USB電源アダプター PD-E1 EOSR対応

価格:12,238円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用のACアダプターです。バッテリーを本体から取り外すことなく充電することが出来るので大変便利です。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIの充電器

キヤノン

Canon バッテリーチャージャー CB-2LH

価格:4,180円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用の充電器です。バッテリーの充電完了時間は約130分です。PowerShot G7 X Mark III以外にもバッテリーの種類がNB-13Lの商品ならば充電可能です。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIのバッテリー

キヤノン

Canon バッテリーパック NB-13L

価格:4,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用のバッテリーです。長期に渡る旅行などバッテリーの残量が心配な場合は、予備バッテリーを持参することをおすすめします。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIのおすすめポイント

光学4.2倍ズームで幅広い撮影領域を確保

驚異の光学4.2ズームレンズを搭載しており、焦点距離は24~100mmも確保されています。その為、美しい景色を広角で撮影することも、遠く離れた人物の顔をはっきりと撮影することも、どちらも問題なく行うことが可能です。

画像調整が一つのメニューで簡単に出来る

撮影した写真の明度や彩度、ぼかしなどが画面タッチで直感的に行うことが出来るクリエイティブアシスト機能を搭載しているので写真編集も簡単です。専門的な知識が少なくても思い描いた作品を作り上げることが出来ます。

積層型CMOSセンサー搭載

キヤノン初の積層型CMOSセンサー搭載で、カメラの性能や撮影画質が大幅に向上しました。撮影時に発生するノイズや手ブレも防ぎクリアな画質を実現します。高品質なセンサーにも関わらず、センサーの小型化に成功し、カメラ本体の軽量化にも貢献しています。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIの悪い点をレビュー

同時期に発売したモデルとあまり違いを感じない

こちらのカメラには同時期に発売したPowerShot G5 X Mark IIという上位モデルが存在します。違いは液晶ビューファインダーの有無程度です。値段も大きな差が無いので、それならば上位モデルを購入したほうが良いと考える人もいるようです。

 

白とびしてしまう

ひなたで白い被写体を撮影すると白とびが気になってしまうようです。前作のG7 X Mark IIも同じく白い被写体は白とびしてしまうので、こういった弱点は改善されていないと言えます。自身で細かい撮影設定が出来る人以外は注意したいポイントです。

ライブ配信機能は使わないことが多い

Youtuberをやっており、動画をライブ配信したいと考える人はライブ配信機能はとても便利でしょう。しかし、そういった機会は一般的にはとても少ないことです。この機能を有意義に使いこなす人はほんの一握りだと言えそうです。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIの良い点をレビュー

動画の手ブレが少ない

動画を撮影する際に発生する手ブレがほとんどなくとても快適に映像を視聴することが可能です。映像エンジンDIGIC 8と積層型センサーを搭載しており、二つの相乗効果が優れた映像撮影を可能にしています。

連写速度が向上した

前作のG7 X Mark IIの連写速度が約8コマ/秒、30枚に対し、今作は約30コマ/秒、70枚にまで向上しました。これまで動きが素早い被写体の撮影に苦戦していた人でも、こちらのカメラを使用すればそういった問題は解決できそうです。

前作より軽量になった

前作のG7 X Mark IIも軽量モデルと言われていましたが、今作はさらに15gほど軽量化に成功しています。少しの差ですが、旅行には少しでも身軽で行きたいという人も多いはずです。そういった方には今作の軽量モデルは大変重宝することでしょう。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIの口コミを集めました

G7X MarkII と G7X MarkIII の違いはぶっちゃけ素人目には分からないです。

出典:https://higashisa.com

こちらの商品の下位モデルであるカメラとの違いを見つけるのはよっぽどカメラに詳しい人で無いと分からないのかも知れません。それならば値段も安くなる下位モデルで問題ないと考える人もいるでしょう。

ライブ配信、まったく不要な機能です。。。

出典:https://review.kakaku.com

今作より搭載されたライブ配信機能ですが、youtuberでもない限りライブ配信はなかなか使用する機会もないでしょう。そういった人には不要な機能の可能性が非常に高そうです。

白い犬しか撮りませんので白飛び機能に期待したのですが MK2と変わりません。 日なたで白い犬を撮ると確実にトビますね。

出典:https://review.kakaku.com

今作は補正機能が向上し、白とび防止の能力が上がったとの記載が公式HPにありました。しかし実際は前作との変化をあまり感じないという声があります。そういった際は自分で画素つ調整をする必要があるのかも知れません。

自撮りしながら撮影しているときなど、顔はしっかりとらえているのに顔にピントが合うのに多少時間が掛かります。 歩きながらの撮影の場合、一度立ち止まらないと顔認識してくれないことが何度かありました。

出典:https://rentry.jp

撮影の際、顔へのピントがなかなか合わないことがあるようです。顔認識の能力が少し低い可能性があるので、歩きながらの撮影の際では注意する必要がありそうです。

撮影機能のバラエティーは多様で、携帯性も良く抜群のカメラです。 手振れ補正も十分で、安心して撮影できます。

出典:https://review.rakuten.co.jp

静止画撮影から動画撮影、更には編集に渡って様々な機能が搭載された本機なので、色々な機能を楽しみたいと言う人にはぴったりのようです。また携帯性も良く、旅行先への持ち運びも楽々でしょう。

G7X MarkIII は LUMIX LX9、SONY RX100M5などのライバル機種と比べると焦点距離が長いのが特徴です。

出典:https://higashisa.com

ライバル機種と言われるカメラと比べて焦点距離が長く、望遠撮影に強いことが本機の魅力だと言えます。遠くにある被写体を撮影することの多い人は本機を選ぶことをおすすめします。

私は動画撮影用に使用しています。 総重量は304g。センサーサイズは1型。 重量は1型センサーのビデオカメラと比べ何倍も軽量です。

出典:https://review.kakaku.com

こちらのカメラは優秀なセンサーを搭載しているので、動画撮影の際の品質も申し分ありません。しかし、重量は軽く持ち運びにとても便利な機種となっております。

誰が使ってもすごく高画質な写真が撮れて、おまけに夜景撮影でも他のライバルを圧倒するくらい明るく撮れます!

出典:https://rentry.jp

自動で最適な撮影モードを選択してくれるので、カメラに対する知識が乏しい人でも綺麗な写真が撮影できるのはとても嬉しい点です。また夜景も美しく撮影でき、場所や時間を選ばないのもポイントです。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIとCANON PowerShot G5 X Mark IIの違い

キヤノン

デジタルカメラ PowerShot G5 X Mark II

価格:107,310円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CANON PowerShot G5 X Mark IIはPowerShot G7 X Mark IIIと同時期に発売したモデルです。G5 X Mark IIの方がG7 X Mark IIIと比べて、数万円販売価格が高いことから上位モデルだということが分かります。

 

G5 X Mark IIはポップアップ式のビューファインダーを搭載しており、静止画に力を入れた機種です。一方G7 X Mark IIIは動画のライブ配信機能を搭載した動画撮影に力を入れている点が二つの大きな違いだと言えます。

 

光学ズーム率に関しては、G5 X Mark IIの方が倍率5倍とG7 X Mark IIIの4.2倍と比べて性能が良いことが分かります。より静止画撮影に特化した機種をお探しの方はG5 X Mark IIを購入することをおすすめします。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIとCANON PowerShot G7 X Mark IIの違い

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

価格:63,450円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CANON PowerShot G7 X Mark IIはPowerShot G7 X Mark IIIの下位モデルです。その為、G7 X Mark IIIはG7 X Mark IIがより高性能な機種だということが分かります。二つの分かりやすい違いは画像処理エンジンやISO感度等が挙げられます。

 

まず画像処理エンジンですが、G7 X Mark IIIはDIGIC 8を搭載することで、連写性能やAF性能などがG7 X Mark IIの頃より機能向上しています。その為、素早い動きを見せる被写体を撮影するのにはG7 X Mark IIIは大変有利だと言えます。

 

またISO感度も向上したことにより、暗闇での撮影もストレスなく行うことが可能です。一方、G7 X Mark IIもG7 X Mark IIIには劣りますが、機能面ではバランスがよく大変優れた機種です。値段の面も考慮に入れてどちらを選択するか決めるのも良いでしょう。

CANON PowerShot G7 X Mark IIIとPanasonic DMC-LX9の違い

パナソニック(Panasonic)

パナソニック コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9 1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

価格:75,530円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Panasonic DMC-LX9はCANON PowerShot G7 X Mark IIIと同じく1.0型センサー搭載したデジタルカメラです。性能の良いセンサーを搭載していることから撮影時に鮮やかな色彩表現を行うことが出来るのがポイントです。

 

DMC-LX9の方がPowerShot G7 X Mark IIIよりも優れている点は広角撮影時のF値です。F値は数字が小さいほど背景をボカした写真を撮影することが出来ます。他には若干ですが、動画撮影時のフレームレート数がDMC-LX9の方が勝っています。

 

一方で、望遠焦点距離ではPowerShot G7 X Mark IIIに軍配があがります。その他のスペック値を比べてみると、二つはとても似たカメラだということが分かります。その為、値段やフィット感、デザイン等を考慮して、自分の好みに合うものを選ぶと良いでしょう。

キヤノン

キヤノン デジタルカメラ PowerShot G7 X Mark III (BK) PSG7XMARKIIIBK ブラック

価格:90,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CANON PowerShot G7 X Mark III デジタルカメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

PowerShot G7 X Mark IIIは光学4.2倍ズームを行い、遠い距離の被写体もはっきりと捉え写真に残すことが出来るのが長所です。また画面タッチで感覚的に画像編集を行うことができ、専門知識が無い人でも容易に美しい作品を残すことが可能です。

 

動画ライブ配信機能など最新の機能も搭載されており、Youtuberを行っている人には大変重宝する一台だと言えるでしょう。一方そういった最新鋭の機能は必要としない人は金銭面も考慮して下位モデルを選ぶのも賢い選択です。

 

今回の記事の中で気になるカメラは見つかりましたか。ここで紹介した商品はデジタルカメラの中でもごく一部です。ご自身の目的やライフスタイルに合わせて最適な一台をぜひ選んでみて下さい。

関連する商品