【2020年最新】高画質なデジタルカメラを選ぶコツとおすすめ3選を紹介

高画質なデジタルカメラを選びたいときに基準にすべき点はどこかご存知でしょうか。高画質なデジタルカメラを選ぶときに参考になるポイントを詳しくご紹介します。これからデジタルカメラを購入を考えている人もすでに持っている人もタメになること間違いなしです。

おすすめの記事

▶︎【カメラ好きが選ぶ】本当におすすめしたいコンパクトデジタルカメラを一挙紹介! ▶︎デジカメの選び方を分かり易く解説【コレさえ読めば失敗・後悔しない】

画素数が高いほど高画質ではない理由

デジタルカメラで高画質な写真を撮影したい場合、なにが決め手になるかを知らない方は多いのではないでしょうか。高画質だと思って購入したが期待したほど高画質ではなかったという思いしたことがある人は少なからずいらっしゃると思います。

 

特に画素数が多いと高画質だろうと思ったりすると必ず失敗します。勘違いしている方が多いですが失敗しない為にも画素数よりも重要なスペックがあることを解説します。

画素数が高い=高画質ではない理由とは

画素数が多いものを選ぶと高画質で写真が撮れると思っている人は多いのではないでしょうか。しかしその思い込みのまま購入してしまうと高画質とは逆の低画質なデジタルカメラを選んでしまう可能性があります。その理由について詳しく見ていきましょう。

撮像素子と画質の関係性

撮像素子のサイズ(イメージセンサー)が十分大きいもので適切な画素数のカメラは良い画質の写真を撮影できます。一方、画素数が高いにも関わらずセンサーサイズが小さい場合、画質がよくない可能性があります。メーカーなどがカメラを宣伝する際、よく画素数を誇張していますが実は画質に重要な要素は画素数よりもセンサーサイズ だと言われています。

画素数が増えると受光面積が小さくなる

デジタルカメラに搭載されている撮像素子は全面が受光パネルに使われるのではなく受光パネルと信号伝達装置が全面に並んでいます。画素数が高いほどパネルの数とそれに伴って信号伝達装置の数が増えます。画素数が増えるほど、細かい描写が可能になる一方で光を受講する面積が伝達装置の面積分減ってしまう為返って画質が下がることがあります。

画素数だけで比較すると失敗する

画素数が増えると細かく描写することができますが受光面積が小さくなってしまっては画質の低下の原因になってしまいます。各メーカーによって画素数をあげても画質が低下してしまわない工夫はされていますが画素数だけで高画質か判断してしまうと失敗する可能性があるのでやめた方がいいです。

イメージセンサーがデジタルカメラの画質を左右する

撮像素子(イメージセンサー)の大きさが一番重要なポイントになります。イメージセンサーが大きいほど高画質な写真を撮影することができます。カタログやホームページに記載されているのでみておきましょう。

 

イメージセンサーがどうしてそこまで重要なのか詳しくみていきたいと思います。

イメージセンサーの役割

イメージセンサーはCCD方式とCMOSセンサー方式の2種類あります。レンズを通して入ってきた光をイメージセンサーが受けて画像を作り出す重要な役割を持っています。フィルムカメラでいうとフィルムに当たります。カメラ設計の基本となる部分です。

イメージセンサーの種類

デジタルカメラのイメージセンサーサイズは1/2.3型と1.5型が主流です。どちらの方が大きいといえば1.5型です。更に大きいセンサーサイズとしてAPS-Cサイズ、フルサイズなどがあります。APS-Cやフルサイズはミラーレス一眼や一眼レフカメラに使用されるほどのイメージセンサーで、スマホを凌駕する圧倒的な画質の写真撮影が可能です。

イメージセンサーの大きさが重要

デジタルカメラと一眼レフでは一眼レフの方が綺麗な写真を撮ることができるのはこのイメージセンサーが関係しています。イメージセンサーが大きいほどよりたくさんの光をよりたくさんの面積に受けているので写真が綺麗に撮影することができます。

 

その為、1.5型や1/2.3型サイズのデジタルカメラよりもAPS-Cサイズの一眼レフ、それよりもフルサイズの一眼レフと、イメージセンサーが大きくなるにつれて高画質になっていきます。

高画質デジタルカメラを選ぶポイント

画質のいいデジタルカメラを選ぶポイントをまとめました。せっかく購入するのなら画質のいいものを選びたいですよね。購入を考えている人は参考までにどうぞ。

画質を左右する性能で選ぶ

撮像素子(イメージセンサー)の大きさで選ぶ

撮像素子はCCD方式とCMOS方式の2種類あります。レンズを通ってきた光をイメージセンサ一が受けて画像を作り出す役割がありカタログやホームページの仕様表に掲載されています。

大きなセンサーサイズのものほどたくさんの光をたくさんの面積に受けることができるので高画質になります。

 

【画質に拘る方必見】コンパクトデジタルカメラのセンサーサイズで何が変わるのか。特徴とおすすめの選び方を紹介

画素数で選ぶ

画素数が多いほど精密な写真を撮影することができます。10万円以下の最新デジタルカメラを選ぶときはあまり重要なポイントではありません。上記で書いたように画素数が多い=画像が綺麗というわけではないです。高感度撮影した時にカメラにノイズが写り込みやすくなります。

 

最近のデジタルカメラは1200万画素以上ですが1200万画素あればA4サイズに引き伸ばしてもそこまで画質に差が出ません

【高画素数=高画質ではない!】デジタルカメラの画素数で何が変わるのか。特徴とおすすめの選び方を紹介

明るいレンズを選ぶ

レンズの明るさはF値で記載されています。F値が低いものほどボケが綺麗に表現することができます。F値が2程度のものであると一眼レフのような綺麗なボケのある写真を撮影することができます。

 

特徴としては明るい写真を撮影することができ夜間のくらい撮影や薄暗い室内の撮影も比較的簡単にできます。基本的にデジカメを選ぶ際はF値が低いものを選ぶのがおすすめです。おすすめはF1.8~2.8程度のものです。

【2019年最新】明るいレンズ搭載のおすすめコンデジ3選!高画質・高性能

ISO感度で選ぶ

IOS感度が高いものほど手ブレ防止に夜間の撮影に有利になります。ISO感度は暗い場所でどれだけ有利に撮影できるのかを表しています。ISOを上げるとシャッタースピードが速くなるので手ブレ防止になります。

 

大体の目安としてはISO3200程度のもので、これぐらいあれば室内や日中の撮影で困ることはほとんどなく撮影することができます。暗い場所で撮影する場合の方が多い人はISO6400ぐらいのものがおすすめです。

 

ISO感度を引き上げすぎるとノイズが発生してしまい綺麗な写真に仕上がらなくなります。センサーサイズが大きいものなら多少の引き上げでもノイズが少ないです。

【2019年最新】デジカメのISO感度とは|特徴とおすすめの設定を紹介

液晶モニターとファインダーの有無でデジタルカメラを選ぶ

デジタルカメラは基本液晶モニターを見て操作するので液晶モニターはなるべくいいものを選ぶ必要があります。サイズとして3.0型以上でタッチパネルがついているものがおすすめです。タッチパネルがついているものは操作が快適です。

 

本格的に撮影したいならファインダーの有無も大切です。一眼レフのような操作感で撮影することができるので本格的に撮影したい人におすすめです。ファインダーを覗くことでしっかりと構えることができ手ぶれ防止にもなります。

予算と用途でデジタルカメラを選ぶ

デジタルカメラの価格は様々。今回は3つの価格帯に分けて特徴をまとめました。使用用途も選び方のポイントになります。

3万円未満はスマホの代わりとして使える

デジタルカメラの中でも3万円未満のものはスマホの代わりとして役立ってくれます。旅行中や遠出のときにスマホの充電が気になるところ。そういった場合3万円程度のデジタルカメラを購入するのはおすすめです。センサーサイズの目安は1/2.3でF値は3以上ISOも3200程度で本格的な写真を撮りたい人にはおすすめしません。

 

焦点距離は300mm以上のものまで幅広くあり重たさも200g程度の軽いものがたくさん揃っています。

スマホよりも綺麗に撮影したいのなら3〜6万円

3〜6万円程度のデジタルカメラなら1型センサーと呼ばれる大型センサーを採用したモデルになります。そのためスマホよりも綺麗な写真を撮影することができます。コスパが高く値段や機能がいいです。

 

F値2以下でISO12800と高くデジタルカメラに求められた基本的な性能はクリアしています。予算に余裕があればデジタルカメラ初心者におすすめなデジタルカメラです。中でもCanonは売れ筋ランキング上位をキープしてる人気モデルが多いです。

【2019年最新】1インチコンデジのおすすめ機種5選!高画質でコンパクトが魅力!

こだわった写真を撮影したいなら6万円以上

6万円以上のデジタルカメラはメインで使うことができるとても優秀なモデルです。一眼レフレベルのAPS-Cセンサーを搭載しています。ボケや広角など一眼レフに劣らずの写真を撮影することができるのでこだわった写真を撮影したい人に向いています。

 

F値とISOの性能がよく画質も魅力的なのでメインで使うことができます。ものによっては10万円以上するのでよく調べてから購入しましょう。中でもソニーは写真家が愛用されていることが多くおすすめです。

【2020年最新】高画質のおすすめデジタルカメラ3選

第3位リコー

RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041

価格:104,580円(税込)

ハイエンドコンパクトデジタルカメラ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

RICOHの大人気GRシリーズの最新モデルのGRⅢは焦点距離18.3mm、F値2.8を搭載したハイエンド機モデルのデジタルカメラです。コンパクトさを失うことなく、大型のイメージセンサーを搭載したことで、手軽に高画質な写真を撮影することを可能にしました。GRⅢはアマチュアからプロのカメラマンまで、スナップ写真機に最適なカメラとして愛用されています。

 

直感的な操作ができるタッチパネルを搭載してAPS-CサイズのCMOSイメージセンサーと画像処理エンジンを搭載しています。手ぶれ補正や無線LAN機能がついていて便利です。1つ注意点としては、単焦点レンズを搭載していることで一般的なコンデジとは違いズームすることができません。

RICOH GR III デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較
第2位オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6BLK

価格:48,000円(税込)

アウトドアにおすすめなデジタルカメラ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリンパスの大人気TGシリーズの最新モデルのTG-6は水深15mの水中撮影も可能なアウトドアに向いているデジタルカメラです。F値は2と明るいレンズでCMOSセンサーで画像処理エンジンを搭載して高画質を実現。最短1cmまで被写体に近付いて撮影することができます。カラーはレッド、ブラックから選ぶことができます。防水カメラでとにかく高画質に撮影したいという方にオススメのデジタルカメラです。

OLYMPUS Tough TG-6 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較
第1位ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

価格:139,400円(税込)

デジタルカメラといえばこれ!

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONYの大人気RX100シリーズの最新モデルのRX100M7はフルサイズミラーレス一眼と同等の高速・AF性能を持っています。メモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーを搭載し高精度なAF/AE追従を可能した最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影や最高90コマ/秒の速度で撮影するワンショット連続撮影ができます。写真撮影機能だけでなく、動画撮影機能も本格的な為Youtuberやインスタグラマーなどにも使用されています。