デジタルカメラでよく聞く解像度とは?画素数との違いは?分かり易く解説!

ここではデジタルカメラの「解像度」についてまとめています。解像度とは何か、画素数との違いや単位「dpi」、印刷に適切な解像度、用紙サイズから解像度を計算する方法、高解像度の必要性やイメージセンサーについてなど、困ったり迷ったりしたときに是非参考してみてください。

デジタルカメラの「解像度」とは

「解像度」とは、主に2種類に分けられています。一つがモニターやスマートフォンの画面などを表す「画面解像度」、もう一つが印刷などに使われる「解像度」です。

このうちデジタルカメラで使われるのは「解像度」ですが、しかしデジタルカメラの仕様書を見ても「画素数」という表記はあっても、「解像度」が幾つかという数字は記載されていません。

一眼レフの場合は、レンズに解像度が設定されているので注意する必要がありますが、レンズ交換のないデジタルカメラにおいては、カメラの本体性能とは別の要素なので気にする必要はありません。

カメラで撮影した写真をスキャンしたり印刷したりといった外部へ出力する際に設定するのが「解像度」であり、解像度とは画像の密度を表しています。

デジタルカメラ の「画素数」と「解像度」の違いとは

デジタルカメラに〇〇万画素という表記があるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。エントリークラスのカメラであれば1000万画素以上、上位機種のものであれば2000万画素以上といったように分かれています。

この「画素数」とは、小さな点がどれくらい並んでいるかを表しており、1000万画素なら1000万個の点で画像を表現しているということです。

「解像度」は、その画像を再現するときに、ドットという点が1インチにどれくらい含まれているのかという密度を意味しており、この「画素数」と「解像度」を適切なバランスにすることによって、綺麗な画像をプリントアウトすることが出来るようになります。

【高画素数=高画質ではない!】デジタルカメラの画素数で何が変わるのか。特徴とおすすめの選び方を紹介

解像度の単位「dpi」とは

画面解像度と違い、画像の解像度を表す単位が「dpi(ドット・パー・インチ)」です。

「dpi」とはドット密度の単位を表しており、100dpiとは1インチが100個の点で表現されているということです。

印刷するときに設定するdpiは、数字が高ければそれだけ高解像度で高精細な表現が可能ということですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。 

印刷に最適な「解像度」とは

「dpi」の設定を高くしすぎるとそれだけ画像サイズが大きくなり、処理に時間が掛かるようになります。一般的に家庭用プリンターで印刷できるA3やA4サイズの場合などは、解像度を300dpi以上に設定しても殆ど違いは分かりません。

拡大印刷する場合にはdpiを上げることもありますが、最近のデジタルカメラは十分な画素数を確保している場合が殆どなので、基本的には解像度は350dpiに設定しておけば間違いないでしょう。

プリントサイズから画素数を計算する方法

一般的な利用の他、仕事などでポスターのような特殊なサイズで印刷したいということがあるかもしれません。

そういった場合、どれくらいの画素数が必要でdpiはどうすれば良いのかといった数字は計算で求めることが出来ます。

B1サイズのポスターに印刷したい場合

1インチは25.4mmです。B1サイズのポスターを印刷したい場合、B1はサイズが728×1030なので、短辺728、長辺1030となります。

350dpiで印刷する場合、728×350/25.4=10031、1030×350/25.4=14192という式で求めることが可能です。 この数字がピクセル数、画像サイズになります。

これを合わせると、10031×14192=142359952となります。つまり350dpiでB1サイズを印刷する場合に適切な画素数は1億4235万画素ということになります。

画素数からデジタルカメラの性能を考える

1億画素というのはあまりにも大きい数字です。そこで変更できる数字はどれかを考えると、用紙サイズは変更出来ないので、数字を変える事が出来るのは解像度の「dpi」だけです。

ポスターは比較的距離を開けて見るものなので、そこまでの高精細さは求められないことから適切なdpiは200程度とされています。

そこで350dpiから200dpiに下げ、上記のように計算すると約4600万画素となります。この基準を満たすカメラはハイクラスの一眼レフやミラーレスカメラが該当します。

デジタルカメラはハイクラスのもので2000万画素が標準となっていることから、B1サイズのポスターを印刷する場合、一眼レフやミラーレスなら原寸サイズで印刷可能となり、デジタルカメラなら拡大する分、画質が落ちるということになります。

スマホの解像度で高画素なデジタルカメラは必要なのか

2019年になり1億画素以上の高画素デジタルカメラを搭載したスマートフォンが続々発売するなど、性能の向上が激しくなっています。

11月にシャオミから「MI CC9 Pro」が1億800万画素のカメラを搭載して発売する他、来年にはサムスンからも1億800万画素カメラ搭載の「Galaxy S11」が発売になると噂されています。 

画面解像度に過剰な画素数

スマートフォンに1億画素以上のカメラを搭載するのは過剰と言えるかもしれません。画素数と解像度の関係はあくまでも表示するサイズで決定されます。

スマートフォンの画面解像度はフルHDを超えて3K解像度近くまで向上していますが、標準の画面サイズである約6インチの小さな画面で確認しても画質の違いを実感するのは困難です。

パソコンを使って等倍で確認すれば分かりますが、画像サイズも1枚辺り15M以上と容量圧迫も激しくなるので、1億画素という性能をフル活用することは難しいでしょう。

デジタルカメラ を選ぶ際は解像度よりイメージセンサーに注目

デジタルカメラの画素数や解像度を気にするのであれば、まず先にイメージセンサーに注目しましょう。

デジタルカメラに採用されているイメージセンサーは、同じ2000万画素でもAPS-Cやフルサイズ一眼レフに採用されているイメージセンサーと比べると遥かに小さくなっており、大きな差があります。

【画質に拘る方必見】コンパクトデジタルカメラのセンサーサイズで何が変わるのか。特徴とおすすめの選び方を紹介

コンデジと一眼レフの違い

デジタルカメラはイメージセンターの他に画像素子も小さく、一眼レフやミラーレスカメラなどと比較すると写真の表現力に大きく差が付きます。

しかし、デジタルカメラの利点は持ち運びが便利で、様々なロケーションで手軽に写真を楽しめることです。重量も軽いので女性でも扱い易く、レンズ交換が不要なので操作も簡単です。

画質を求めるなら一眼レフかミラーレス、利便性を求めるならデジタルカメラといったように使い分けることで、カメラの楽しみ方が大きく広がります。

【軽量で高画質】おすすめの小型デジタルカメラと選び方を紹介