おすすめ三脚7選!ミラーレス一眼で旅行先の夜景や星空も撮影しよう

ミラーレス一眼カメラでも、三脚でしっかり固定することにより夜景や星空を美しく撮影することができます。この記事ではミラーレス一眼におすすめの三脚をご紹介します。選び方やメーカーについても解説しますので、ぜひご覧ください。

2021/10/22 更新

ミラーレス一眼は明るい場所であれば手持ちでも美しい写真を撮ることができますが、夜景や星空を撮影するには、三脚が必要です。感度を上げれば手持ちで撮影することが可能な場合もありますが、ノイズが目立つためきれいな写真にはなりません

 

三脚はメーカーの数も多く、デジカメからビデオカメラまでさまざまな種類の三脚が販売されていますミラーレス一眼カメラは一眼レフカメラと比較して軽量コンパクトなこともあり、適した三脚も異なります。

 

この記事では、数ある三脚の中からミラーレス一眼におすすめの三脚を紹介します。三脚で有名なメーカーの特徴や、選び方も解説しますので、ぜひご覧ください。

今すぐ見る!ミラーレス一眼におすすめの三脚7選

ここでは、ミラーレス一眼カメラに合う三脚の選び方を解説します。各項目の中から、自分の中で優先度の高い項目を考えながら見ていくのがおすすめです。

耐荷重とパイプ径で選ぶ

耐荷重は、三脚に乗せられる最大重量です。最大重量を超えて載せると安定しない可能性があります。カメラとレンズを合計した重量の2~3倍を目安の対荷重として三脚を選びましょう。風の強い場所などでは、耐荷重に余裕がないとブレる場合もあります。

 

パイプ径は、太いほど安定性が増します。ミラーレス一眼なら細めの三脚でも大丈夫です。心配であれば、より太いものを選んでもいいでしょう。パイプ径が太くなると、その分重くなるので、重さと安定性のバランスを考えて選びましょう。

素材で選ぶ

三脚の素材は、主にカーボンとアルミの2種類があります。カーボン素材の三脚は、軽量ですが振動吸収率が高いためブレにくいのが特徴です。冷たくなりにくいので、冬の撮影でも扱いやすいです。アルミよりも高額となるため、予算に余裕がある場合におすすめです。

 

アルミ素材はカーボンと比べて重いため、同じサイズでも重さが全く違います。ある程度安定性があり、比較的安い価格で購入することができます。携帯しやすいトラベル三脚であれば、アルミでも十分軽くていい三脚も販売されています。

段数で選ぶ

三脚を選ぶ際は、伸張時の段数も確認しましょう。段数が少ないほど安定性が高く、撮影時にブレにくくなります。段数が少ないと、小さくたためないため持ち運びがしづらいです。

 

段数が多い三脚はコンパクトになるので、持ち運びがしやすいですが、安定性が低くブレやすいです。安定性と持ち運びのしやすさ、どちらを優先するかを考えて選びましょう。カメラバッグへの取り付け方や多く使う移動手段を考慮するのもポイントです。

脚の固定方法で選ぶ

脚のロック方式はナット式とレバー式の2種類があります。ナット式は、脚のつなぎ目にある部品(ナット)を回して固定します。力をかけてしっかり固定できるのが特徴です。ナットを緩めると脚が外れるので、手入れをしたいときにも便利です。

 

レバー式は、脚のつなぎ目にあるレバーを緩め、脚が伸び切ったところでレバーを戻すだけで設置できますレバーを見るとロック状態をすぐに確認できるのもメリットです。締め付けの強さを調整できないものが多いため、緩むと買い替えが必要になる場合もあります。

高さで選ぶ

三脚は、自分の身長マイナス10cmが撮影しやすいと言われています。センターポールを最大限まで伸ばすとブレやすくなります。センターポールは撮影の際の微調整用ととらえ、選ぶ際はセンターポールを伸ばさずに身長マイナス10cmとなるものがおすすめです。

 

最低でも130cm以上の三脚を選ぶのがおすすめです。あまりにも高さが低いと、屋外撮影時に柵などが邪魔で、撮影ができない場合があります。自分より背が高い三脚は撮影しづらいですが、柵の心配が少ないです。

登山や旅行なら本体サイズ・重量もチェック

登山や旅行に持っていく場合、本体サイズがコンパクトで重量が軽いトラベル三脚がおすすめです。畳んだときの長さが60cm以下であれば、飛行機に乗る際も機内持ち込みが可能になります。

 

重量は1kg~1.5kg程度の三脚を選ぶと、持ち運びも苦になりません。体力に自身があるなら2kg前後の三脚を候補に入れてもいいでしょう。1kg未満の三脚だと、軽くて持ち運びがしやすいですが、安定性に不安があります。

雲台は三脚にカメラを固定するアクセサリーです。三脚とセットになって販売されているものが多くあります。雲台にも種類があるので、用途にあった雲台を選びましょう。

雲台の種類

雲台には3WAY雲台自由雲台の2種類が多く使われています。3WAY雲台は横軸・縦軸・回転軸をそれぞれレバーを使って調整します。微調整も簡単にできるため、風景写真やスタジオ撮影など、構図をきっちり決める撮影には3WAY雲台がおすすめです。

 

自由雲台は、レバーを緩めるとボールヘッドという球体軸を自由に動かして位置を決める雲台です。使い方がシンプルで、収納時にもかさばらないので人気があります。微調整が難しく、なかなか水平を取れないなど位置を決めるのに時間がかかることがあります。

カメラの固定方法

カメラを雲台に固定する方法にはネジ式クイックシュー式の2種類があります。三脚の場合クイックシュー式の雲台が一般的です。ここでは、それぞれの違いを解説していきます。

安い三脚に多いネジ式

ネジ式は雲台から出ているネジをカメラの三脚穴に直接取り付けるタイプです。安い三脚に多い固定方式で直付けタイプとも呼ばれています。

 

カメラと雲台しっかり固定できるので、安定して撮影を行うことが可能ですが、雲台からカメラを取り外すのに時間がかかる場合もあります。しっかりした三脚であれば、大口径の望遠レンズにも使用できます。

初心者でも簡単にセッティングできるクイックシュー

クイックシュー式はカメラに雲台のプレートをあらかじめ装着しておき、カメラごとプレートを雲台にはめ込む固定方法です。プレートをカメラに付けっぱなしにしておくと、手持ち撮影と三脚撮影の移行をスムーズに行うことができます。

 

ネジ式と比較すると、固定部分が緩むことがあります。手持ちと三脚の移行をスムーズにしたい方や設置を素早く行いたい方におすすめです。

水平をキープできる水準器付きが便利

三脚には、水準器がついたタイプもあります。カメラに水準器の機能が付いたモデルも多いので、三脚になくても問題ありませんが、あると便利な機能です。

 

三脚に水準器が付いていると、カメラ側でファインダーを覗くなどの操作が不要となるため、構図をスムーズに決めることができます。カメラの水準器は正確ではない場合もあるので、三脚に水準器があると安心です。

今すぐ見る!ミラーレス一眼におすすめの三脚7選

三脚は、国内外の多くのメーカーから販売されています。ここでは特におすすめのメーカーを3社ご紹介します。

マンフロット

マンフロットはイタリアの写真機器メーカーです。水平・垂直センターポールシステム3WAYギア付き雲台などを開発したことで知られています。三脚だけでなくカメラバッグ、照明、フィルター、スマートフォン用品なども取り扱っています。

 

三脚は軽量、高性能でデザイン性が高い三脚を多く揃っており、初めて購入する三脚をマンフロットから選ぶ人が多いです。アマチュアからプロまで、多くのカメラマンからの支持を集めています。

ベルボン

ベルボンは三脚メーカーとして60年の歴史がある国内メーカーです。三脚では、伸張後した脚の先端をひねるだけで、全ての段を固定・解除できるウルトラロックベース部分が独立回転する水平パン独立機構など、さまざまな機能を持った三脚を販売しています。

スリック

スリックはトップクラスのシェアを誇る国内三脚メーカーです。企画・設計・試作を一貫して国内で行っています。コスパの高いモデルから、本格的なモデルまで幅広く取り扱っています。

 

高性能の割にリーズナブルな三脚が多く、初心者も安心して選ぶことができます。アクセサリーも充実しており、三脚の使い方セミナーを開催するなどサポートも手厚いメーカーです。

ベルボン

Velbon トラベル三脚 ULTREK UT-3AR 5段 ウルトラロック 全高135.5cm 縮長29.5cm 脚径21mm 小型 自由雲台 アルカスイス互換 アルミ脚 437006

価格:9,153円 (税込)

軽量コンパクトなウルトレックシリーズ最軽量モデル

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気軽に撮影に持ち出しやすいウルトレックシリーズの最軽量モデルです。脚を180度反転して折りたたみ、縮長295mmと超小型に。収納時は部分のはみ出しを限界まで抑えたコンパクトでスリムなデザインで、リュックやカメラバックにも入れやすくなっています。また脚先端をひねるだけで全段を一気に固定・解除することが可能な「ウルトラロック」を採用しており、スピーディーに設置が可能など、利便性が高い三脚です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ベルボン(Velbon) 商品名 ULTREK UT-3AR
段数 5段 雲台
雲台タイプ 自由 耐荷重 1.5kg
素材 アルミ 脚ロック方式 ウルトラロック式
石突種類 ゴム石突 その他機能 クイックシュー
全高 ~1,355mm 縮長 295mm
パイプ径 21mm 本体重量 0.786kg
ヴァイテックイメージング

Manfrotto 三脚 Befreeアドバンス アルミ 4段 自由雲台 レバーロック式L三脚キット ブラック MKBFRLA4BK-BH

価格:21,000円 (税込)

デザイン性が高く、性能のバランスがいい三脚

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能でデザイン性が高い三脚です。トラベル三脚として作られており、縮長が40cmとコンパクトになるので、持ち運びがしやすくなっています。耐荷重は8kgと安定性が高くなっており、ミラーレス一眼だけでなく、一眼レフの使用も問題ありません。脚のロックはレバーロック式になっており、設置もスピーディー。性能のバランスが取れており、人気の高い三脚です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー マンフロット(Manfrotto) 商品名 befreeアドバンス アルミニウムL三脚キット MKBFRLA4BK
段数 4段 雲台
雲台タイプ 自由 耐荷重 8kg
素材 アルミ 脚ロック方式 レバーロック
石突種類 その他機能 クイックシュー
全高 400~1,510mm 縮長 400mm
パイプ径 22.5mm 本体重量 1.59kg
ケンコー(Kenko)

SLIK 三脚 エアリー L100 WQ ダブルクイックシューセット 4段 レバーロック式 自由雲台 脚反転式 107249

価格:12,886円 (税込)

軽くてスリムな設計

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全高1,543mm、エアリーシリーズのロングモデルです。エレベーターを下げた状態でも1,309mmの高さがあります。収納時の細さは500mlのペットボトルとほとんど同じで、スリックならではなのスリムな設計です。またレバーを下げると開脚ストッパーが解除され、レバーを戻すまでは手を離して角度調整ができます。一般的な三脚だとボタンを押したまま角度調整をしないといけません。それと比べると楽に、軽い力で角度調整が可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー スリック(SLIK) 商品名 エアリー L100
段数 4段 雲台
雲台タイプ 自由 耐荷重 1.5kg
素材 アルミ 脚ロック方式 レバーロック
石突種類 その他機能 クイックシュー
全高 170~1,543mm 縮長 417mm
パイプ径 20mm 本体重量 0.98g
シルイ

SIRUI 三脚 雲台セット 小型カーボン三脚 Traveler 5C 【国内正規品】

価格:13,664円 (税込)

軽量・コンパクトなカーボン素材のトラベル三脚

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カーボン素材で高品質なコンパクトタイプの5段小型三脚です。0.85kgと軽量で、縮長が330mmとかなり短くなるなど、手軽に持ち運びできるように設計されており、旅行などに適しています。2段のセンターポールは簡単に調整でき、取り外して雲台を直接取り付けることもできるので、ローアングル撮影が可能です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー シルイ(SIRUI) 商品名 Traveler 5C
段数 5段 雲台
雲台タイプ 自由 耐荷重 4kg
素材 カーボン 脚ロック方式 ナット式
石突種類 その他機能 クイックシュー
全高 160~1,380mm 縮長 330mm
パイプ径 22mm 本体重量 0.85kg
バンガード

VANGUARD トラベル三脚 VEOコレクション カーボンファイスバー 4段 小型 自由雲台 キャリングケース付き 155cm VEO 2 264CB

価格:23,332円 (税込)

センターポールが反転して、素早いセッティングが可能

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量でコンパクトなトラベル三脚です。4段のカーボン製で重さは1.3kg、高さは155cmまで上がります。センターポールが反転する珍しい仕様になっており、脚のロックはツイストロックと、素早くセッティングが可能です。また畳むと445mmまで短くなるので、持ち運びも楽にできます。カーボン素材で基本性能や操作性が高いにも関わらず、リーズナブルな値段設定の三脚です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー バンガード(VANGUARD) 商品名 VEO 2 264CB
段数 4段 雲台
雲台タイプ 自由 耐荷重 8kg
素材 カーボン 脚ロック方式 ツイストロック
石突種類 ラバーフィート その他機能 水準器、クイックシュー
全高 193~1,550mm 縮長 445mm
パイプ径 26mm 本体重量 1.3kg
ピークデザイン

【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン 三脚 トラベル トライポッド アルミニウム TT-CB-5-150-AL-1

価格:49,180円 (税込)

携帯性・機能性・デザイン性に優れたトラベル三脚

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三脚本体の無駄なスペースを徹底的に省いたトラベル三脚です。縮長391mmで水筒サイズの太さまでコンパクトになるデザインですが、高さや安定性も確保しています。耐荷重は9.1kgなのでミラーレス一眼だけでなく一眼レフでも問題のない安定性です。脚の固定レバーはまとめて外すことが可能で、素早くセッティング可能。また水平器が付いているので、スムーズに水平がとれます。

 

スペック詳細はこちら(英語サイト)

メーカー ピークデザイン(PeakDesign) 商品名 TT-CB-5-150-AL-1
段数 5段 雲台
雲台タイプ 自由 耐荷重 9.1kg
素材 アルミ 脚ロック方式 レバーロック
石突種類 その他機能 クイックシュー、水平器
全高 140~1,524mm 縮長 391mm
パイプ径 本体重量 1.56kg
ヴァイテックイメージング

GITZO 三脚 トラベラー 1型 カーボン 4段 QDボール雲台キット GK1545T-82TQD

価格:121,950円 (税込)

世界最高水準のトラベル三脚

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納時はコンパクト、撮影時は快適な高さになる4段カーボン三脚です。25.3mmのパイプ径と10kgの耐荷重で安定性が高く、一眼レフでも問題なく使用可能。三脚のセッティングもスムーズです。GITZOの三脚は世界でも最高水準。高額ですが、見合った性能・堅牢性を備えています。最後はGITZOの三脚に行き着くとも言われているので、長くカメラを続けていくなら、早めにG購入しておくと逆に節約になるかもしれません。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ジッツオ(GITZO) 商品名 トラベラー GK1545T-82TQD
段数 4段 雲台
雲台タイプ 自由 耐荷重 10kg
素材 カーボン 脚ロック方式 ツイストロック
石突種類 ゴム石突 その他機能 クイックシュー、水準器
全高 320~1,635mm 縮長 425mm
パイプ径 25.3mm 本体重量 1.45kg

三脚は100円ショップでも販売されていますが、ミラーレス一眼カメラで使用するのはおすすめできません。100円ショップの三脚は、主にスマホやコンデジ向けの三脚であるため、耐荷重が低く、ミラーレス一眼を取り付けると安定しません

 

バランスが悪いと倒れてしまう危険もあるので、ミラーレス一眼はしっかりしたメーカーの三脚を使用するのがおすすめです。100均の三脚はスマホやコンデジで使用するならいいかもしれません。

三脚の有無で、撮影の幅は全然違ってきます。ミラーレス一眼カメラは軽量な分、一眼レフカメラよりも耐荷重が低く、軽い三脚でも十分利用できます。この記事を参考に、最適な三脚を選んで美しい写真を撮影しましょう。