デジカメに最適なSDカードの人気おすすめランキング10選【2019年最新】

デジタルカメラで撮影した写真を保存するのに必須なのがSDカードですよね。そのSDカードの選び方を初心者でもわかるように、簡単に解説しました。失敗しないSDカードの買い方や、選ぶときのポイント、おすすめのSDカードなどをまとめたのでぜひチェックしてみてください。

SDカードはお気に入りの写真を保存する重要アイテム

デジタルカメラで撮影した写真を保存するのに欠かせないのがメモリーカードですよね。

その中でも一眼レフカメラやデジタルカメラで多く使われているのがSDカードです。

 

しかしお店に行ってみると、一言でSDカードといっても値段の幅が広く、どのメーカーのどのSDカードを買えばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

また、カメラの性能に合ったSDカードを使わなければ、せっかく高画質の写真や動画もクオリティが下がってしまうこともあります。

 

そこで、今回はSDカードを買おうと考えている人のために、SDカードを買うときに見てほしいポイントや比べてチェックしたい機能についてまとめました。

SDカード初心者でもわかるようにわかりやすく説明しているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

デジカメのSDカードの選び方

デジタルカメラのSDカードを選ぶときにチェックしたいポイントをご紹介します。

見るべき性能やメーカーなど項目ごとに解説していきます。

SDカードの種類に注目して選ぶ

SDカードは大きく分けて3つの種類に分かれています。

その種類は画像を保存でき容量によって分けられています。

おすすめは万能なSDXCカード

デジタルカメラに対応したメモリーカードは、SDカードとSDHCカードとSDXCカードの3種類あります。

SDカードは最大容量2GBまで、SDHCカードは最大4GBから最大32GBまで、SDXCカードは32GBから2TGまで保存可能です。

容量の少ないSDカードは古いカードで、SDXCカードが一番新しいカードになります。

 

一番おすすめなのは、容量も転送速度もスペックの高いSDXCカードです。

しかし、ただ写真撮影だけをするのであれば32GBのSDHCカードでも十分です。

もし動画撮影もするのであれば書き込みスピードやがぞ数の再現度を考えるとSDXCカードの容量が必要です。

ホスト機器の対応カードも要チェック

SDカードを購入する前に、ホスト機器であるデジタルカメラの容量ロゴ表示もチェックしておきましょう。

例えば、「SDHC」対応のデジタルカメラの場合は、「SD」と「SDHC」のカードが使用できますが、「SDXC」のカードは非対応です。

カメラが最新機種である場合は、すべてのSDカードに対応しているので心配する必要はありません。

被写体に合ったSDカードを選ぶ

SDカードを選ぶときに重要になってくるのが、何を撮るかです。

どんな写真を撮りたいか、写真なのか動画なのかで違ってきます。

連写はあまりしない場合

風景などの動かない被写体を撮るのがメインで、あまり連写を繰り返さないのであれば、SDカードにそこまでのスペックを求める必要はありません。

撮影時のスピードにもこだわらないのであれば、ただパソコンに読み込むときの速度が速いものを選びましょう。

連写をよくする場合

飛行機や動物、子供など動きのある被写体を連写でシャッターチャンスを逃すことなく撮影したい場合は、「書き込み速度」が早いSDカードを選びましょう。

「書き込み速度」とは、撮影した写真のデータをどれだけ早くSDカードに保存するかを表しています。

書き込み速度が早ければ途切れることなく連写撮影をすることができます。

 

また、「UHS」対応かどうかもチェックポイントです。

「UHS」とは高速なインターフェイス(Ultra High Speed)のことで、これに対応しているとさらに高速でSDカードにデータを書き込むことができます。

もちろんカメラ本体もUHSに対応していることが大前提になります。

動画を頻繁に撮影する場合

動画撮影をメインで行うのであれば、UHSクラス3のSDカード、もしくはビデオスピードクラス30のカードが必要です。

このレベルのカードでなければ、カードの記録が追い付かず安定的に保存することができません。

 

耐久性もチェックしよう

大切な写真のデータを保存するカードなので、その耐久性も重要なチェック項目です。

炎天下での撮影や、氷点下での撮影、うっかり水没させてしまったりなどSDカードにも何が起こるかわかりません。

そんな過酷な状況でもしっかりデータが守れるのかどうか、カードに表示されているマークを確認しておきましょう。

環境の変化に強いSDカードを選ぼう

カメラ本体とともに急な雨でぬれてしまったり川や海に落としてしまったりする場合を想定して、防水性があるかどうかをチェックしましょう。

また、日本国内であっても車の中では超高温になったり、北国では氷点下になったりすることがあります。

そのため、-25℃から85℃まで動作可能な耐温度のマークがついているかもチェックポイントです。

人工的な衝撃に強いかどうかも要チェック

海外で撮影したいとき、手荷物としてカメラを機内に持ち込みたければ必ずX線を通らなければなりません。

その時でも大事なデータに悪影響が及ぼされないように、耐X線のマークがあるかもチェックしましょう。

同様に最大5000ガウスの磁気に耐えられる耐磁性のマークがあるかどうか確認しておきましょう。

デジカメのSDカードの人気ランキング10選

第10位

Lexar Professional 1000x SDXC UHS-IIカード 64GB (最大読込 150MB/s, 最大書込 75MB/s) 無期限保証 LSD64GCRBNA1000 [並行輸入品]

価格:2,456円(税込)

安心の老舗メーカー

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗メーカーで知られるレキサー製社SDカードです。

長年カメラ愛好家たちに愛されてきた信頼できるクオリティの会社ですが、2017年6月にメモリーカード事業からの撤退が発表されています。

しかし現在も市場にはSDカードが残されており、インターネットなどで購入できるケースもあります。

 

UHSのクラス2に対応しており、価格も5000円代とかなり手ごろな値段設定になっています。

他のメーカーに比べるとまれに品質の悪いものがあるようですが、基本的にはコスパのいい満足度の高いSDカードとして好評です。

容量64GBスピードクラスクラス10/U3
読み込み速度159MB/S書き込み速度40MB/S
カードの種類SDXC
第9位サンディスク

SanDisk サンディスク Extreme Pro SDXC 128GB カード UHS-I 超高速U3 V30 Class10 4K対応[並行輸入品]

価格:4,199円(税込)

クラス10で動画撮影も楽々!

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読み込み書き込み共にスピードが速く、動画撮影に向いているSDカードです。

かなり大容量なので普段使いにはオーバースペック気味かもしれませんが、容量を気にせず安心して動画が取れるというメリットはあります。

 

売りにしているスピードですが、普通に使うと読み込みも書き込みも90MB/S程度しか出ません。

専用のカードリーダに接続すれば、最大170MB/Sが出せるとのことです。

別売りの付属品を購入しなければなりませんが、それを足してもUHI-2のSDカードよりは安価に抑えられる商品でしょう。

 

SDカードを複数枚持ち歩きたくない人や、日々動画をよく撮影する人にはぴったりのSDカードです。

容量128GBスピードクラス-
読み込み速度170MB/S書き込み速度90MB/S
カードの種類SDXC
第8位SanDisk

【32GB】 SanDisk サンディスク Extreme Pro SDHC UHS-I U3 V30対応 R:95MB/s 海外リテール SDSDXXG-032G-GN4IN

価格:1,380円(税込)

連続撮影可能なSDカード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量は32GBと少なめですが、UHSスピードクラス3に対応しており連続ビデオ撮影でも安心です。

また4KウルトラHD動画を撮影するときも、スピーディーな動画転送が行えて、ストレスなく撮影を続けることができます。

最大読み取り速度は95MB/Sなので、動画撮影直後後でもすぐに編集作業や次の動画の撮影ににうつれます。

 

デジタル一眼レフ、高級デジタルカメラ、HDビデオカメラなど各種カメラに対応しています。

家族で使うようであれば十分対応できて、しかもお値段もかなりお手頃です。

普段は写真を撮るだけだけど、運動会や卒業式など大事なシーンを動画でおさめたいという人におすすめのSDカードです。

容量32GBスピードクラスクラス10/UHSスピード3/V30
読み込み速度95MB/S書き込み速度90MB/S
カードの種類SDHC
第7位SanDisk

サンディスク SDXC 64GB UHS-1 class10 80MB/s 英語パッケージ SDSDUNC-064G-GN6IN SDSDUNC-064G-GN6IN

価格:1,250円(税込)

データの保存に最適!コスパのいいSDカード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量は64GBと大きめですが、値段が2000円以内とかなりリーズナブルなSDカードです。

値段に対して転送速度は80MB/Sで、普段使いであれば十分のスピードを持っています。

デジタルカメラの保存用だけではなく、ノートパソコンのバックアップ等にも便利です。

 

こちらの商品は国内生産品ではなく海外リテール品です。

そのため国内正規ルートで販売されているものよりも低価格で購入することができます。

メーカー保証はありませんが、マイナス40℃から85℃までの気温で動作可能なので普通の撮影旅行であれば問題なく使用できます。

 

実際に購入した人の多くが、大容量なのに低価格であることや、使用感に全く問題がないことにかなり満足しています。

 

容量64GBスピードクラス10
読み込み速度-書き込み速度80MB/S
カードの種類SDXC
第6位東芝(TOSHIBA)

東芝 SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度48MB/s) 日本製 国内正規品 Amazon.co.jpモデル THN-NW32G4R8

価格:1,880円(税込)

1000円を切るのにフルHD動画も撮影可能!

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の国内生産のSDカードです。

1000円を切る低価格でありながら、フルHD動画も撮影可能です。

一眼レフカメラの撮影でも十分使用でき、動画撮影もストレスなく行うことができます。

 

32GBのクラス10でこの値段、そしてこの転送スピードに購入者の多くが満足しています。

撮影した写真や動画を素早くパソコンに転送することが可能なので、普段使いには十分のクオリティです。

容量、価格、性能ともにどの角度から見てもコスパのいい優秀なSDカードといえるでしょう。

容量32GBスピードクラスクラス10/ UHSクラス1
読み取り速度100MB/S書き込み速度-
カードの種類SDHC
第5位トランセンドジャパン

Transcend SDカード 128GB UHS-I U3 V30 対応 Class10 (最大転送速度95MB/s) 5年保証 TS128GSDC300S-E【Amazon.co.jp限定】

価格:2,550円(税込)

オールラウンドなメモリーカード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Transcendの中でも信頼性が高く最もスタンダードなモデルと言われているSDカードです。

大容量で優れたパフォーマンスを提供するので、大切なデータを保存するのに最適です。

高画質な写真や動画の保存はもちろんですが、パソコンへの書き込みにも十分な性能を持っています。

 

また、防水・温度耐性・耐衝撃・X線耐性などを有していて、様々なシーンから大切なデータをしっかり守ります。

Transcendが提供している無料のアプリをダウンロードすれば、誤ってデータを消してしまった場合も画像を復旧できるというのも魅力の一つです。

オールラウンドに使えて、想定外のトラブルにも強いSDカードであるためこれ一枚購入しておくと万が一の時にも安心です。

容量128GBスピードクラスUHSクラス3
読み込み速度95MB/S書き込み速度45MB/S
カードの種類SDXC
第4位Team

Team SDHC SDカード CLASS10 16GB 20Mb/s TG016G0SD28K

価格:1,000円(税込)

写真の整理におすすめのSDカード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格・低用量でりながら、フルHD動画も撮影可能なSDカードです。

動画撮影はフルHD動画であれば2時間30分程度の撮影ができます。

この価格でスピードクラス10かつ動画撮影も可能というのはかなりお買い得です。

 

書き込みm速度は他のSDカードに比べるとかなり劣るので、普段の撮影旅行や連続撮影には耐えられません。

その代わり、旅行や運動会などイベントごとに増えていく写真の整理にとても便利です。

一日撮影する分には十分の容量を持っているので、複数枚購入してデータ保存に役立てるのもいいでしょう。

容量16GBスピードクラスクラス10
読み込み速度20MB/S書き込み速度18MB/S
第3位SanDisk

32GB SanDisk サンディスク Ultra SDHCカード CLASS10 UHS-I R:80MB/s 海外リテール SDSDUNC-032G-GN6IN

価格:780円(税込)

消耗品感覚で使えるSDカード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

非常に低価格でコスパのいいSDカードです。

消耗品感覚で使って、容量がいっぱいになったら次のカードを買うという使い方が可能です。

容量は32GBと少なめなのでこだわりの撮影や連写などには耐えられませんが、アマチュアや愛好家が普段使いするには十分な容量です。

日常のちょっとした写真を撮ったり、データ保存用に使ったりするのには十分なクオリティです。

 

特別どこかの点で他のSDカードより優れているというわけではありませんが、安価であるため気軽に使えるというのが大きな特徴です。

もちろん動画の撮影もできるので、普段使いするのに全く問題はありません。

またデジタルカメラの保存用カードとしての使用も可能なため、特にこだわりがなく安ければいいという人におすすめです。

 

容量32GBスピードクラスクラス10/UHSクラス1
読み込み速度-書き込み速度48MB/S
カードの種類SDHC
第2位トランセンドジャパン

Transcend SDカード 32GB UHS-I Class10 (最大転送速度95MB/s) 5年保証 TS32GSDC300S-E【Amazon.co.jp限定】

価格:1,010円(税込)

一眼レフの連写も快適

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高速連続撮影と滑らかなフルHD動画が撮影可能なSDカードです。

普段使いの一眼レフカメラであれば1400万画素の写真をデータを容量の多いRAWモードで撮影しても2000枚以上撮影可能です。

 

最大書き込みスピードは90MB/Sで、一眼レフカメラの連続撮影にも耐えられるスピードです。

決定的瞬間を逃したくないという人や、こだわりの一枚が撮れるまで何枚でも撮影したいという人におすすめのSDカードです。

値段もかなリーズナブルで、この容量とこのスピードクラスであれば十分満足して使用できるはずです。

 

Transcendはアマチュアからプロにまで幅広い人に愛用されているメーカーなので、カメラ初心者にもおすすめできるメーカーです。

容量32GBスピードクラスクラス10/UHSクラス1
読み込み速度90MB/S書き込み速度45MB/S
第1位サンディスク

【 サンディスク 正規品 】 SDカード 64GB SDXC Class10 UHS-I 読取り最大90MB/s SanDisk Extreme SDSDXVE-064G-EPK エコパッケージ

価格:2,654円(税込)

高い耐久性を誇るSDカード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水や温度耐性など高い耐久性を持つ壊れにくいSDカードです。

高速連写、高速転送、フルHD動画撮影などあらゆるシーンでベストショットを逃しません。

 

少々値段は高いですが、UHSクラス3で64GBという容量を考えると納得の価格設定です。

動画撮影や連写にも十分耐えられるスピードを持っているので、SDカード一枚で様々なデータを保存に最適です。

スポーツや動物、子供など動きのあるひしゃたいを撮影したい人に特におすすめしたいSDカードです。

容量64GBスピードクラス
読み込み速度90MB/S書き込み速度60MB/S
カードの種類SDXC

まとめ

デジタルカメラ用のSDカードを選ぶときのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

お店にあふれているたくさんのカードの中から、どのカードを選べばいいかイメージがわきましたか?

 

デジタルカメラ用のSDカードは種類も機能も豊富ですが、自分に合ったSDカードを選べばストレスなく大切な写真を長く保存することができます。

この記事を参考にして、ぜひあなたにぴったりのSDカードをぜひ購入してください!