【2019年最新】工事現場用デジタルカメラのおすすめ5選|タフで使いやすい

工事現場での作業をスムーズに進めるためには日々現場の進捗状況を撮影して記録、報告をする必要があります。こちらではそんな工事現場で使用するデジタルカメラ を選ぶ際にチェックするべきポイントや選び方について紹介していきます。

工事現場用デジタルカメラの最適な選び方

建設現場や電気工事現場などでは現場の状況の変化、進捗が常に行われるため「工程通りに進んでいるか」「作業内容に誤りがないか」などを写真として残すことでこまめに記録する必要があります。 しかし、通常の携帯カメラや一般的なカメラでは埃が入り故障の原因となったり、落として破損してしまうというケースも多くあります。 こちらのコラムではそういった点の考慮し、使いやすく壊れにくい工事現場用デジタルカメラを選ぶ上でのポイントをまとめてご紹介します。

防水・防塵性能から工事現場用デジタルカメラを選ぶ

屋外での作業が多くなりがちな現場では雨に濡れてしまっても良いように高い防水機能が求められます。 防水・防塵機能の目安となるのは保護規格(IP)というものでIP〇△というような形式で表示され、〇は防塵△は防水機能を表しています。 それぞれの等級は防塵が6、防水が8という数値が最高となるため、両方が少しでも高い等級や屋外での作業が中心になる方は防水性能を重視するなど環境に合った性能を選ぶのが良いでしょう。 ちなみに規格の目安としては防水等級が7級になると水深1メートルに30分沈めても浸水した形跡がないという基準になり、防塵等級は4級で直径1mm以上のワイヤーや固形物が侵入しないという基準になっています。

耐衝撃性から工事現場用デジタルカメラを選ぶ

耐衝撃性は主に対落下衝撃性などで表され、どれくらいの高さから落としても壊れることなく使用できるかという指標になります。 一般的に高さ2mを超えるような対落下衝撃性を備えているようであれば優秀と考えても良いでしょう。 防塵・防水性能に優れている工事現場用デジタルカメラはアウトドアでの使用を想定していることから対落下衝撃性にも優れている場合が多いですが、使用するシーンや高さにしっかり耐えられるものを選ぶ上も注目しておくべきでしょう。

広角レンズから工事現場用デジタルカメラを選ぶ

全体を撮影するのに便利なのが広角レンズです。広角レンズとは人間の目で見るよりも広い範囲を撮影することができるレンズで、レンズからセンサーまでの焦点距離が通常のレンズよりも短くなっており、至近距離であっても全体をしっかり映すことができます。 スタンダートな広角レンズは24mmで実際に目で見た映像よりも一回りほど広い視野で撮影することができます。 広角レンズは焦点距離が短くなればなるほど広い範囲を撮影することができるため、使用環境に合わせて工事現場用デジタルカメラを選ぶことをおすすめします。

バッテリー性能から工事現場用デジタルカメラを選ぶ

工事現場用デジタルカメラを使用するには細かな充電が難しいため、長持ちするバッテリーも大切な要素になります。 使用する方法や一日の起動頻度などにもよるので明確に記載されていない場合が多いですが、撮影可能枚数や撮影可能時間などから考えることができます。 また、現場やアウトドア用のものには充電方式が複数搭載されているものも多く、ACアダプターに加えUSBケーブルなどが主な充電方法になります。 USBケーブルによる充電が可能であればお手持ちのスマートフォンのモバイルバッテリーからでも充電が可能になるため、長時間の使用にも対応することができます。

操作性や携帯性で工事現場用デジタルカメラを選ぶ

現場では両手が塞がってしまったり、作業用の手袋を着用して使用したりするため、操作性の高さや片手でも扱いやすく持ち運びにも負担にならない軽量さも重要になります。 操作性に優れた工事現場用デジタルカメラを選ぶ上で注目するべきポイントとしてはCALSモードの有無になります。 CALSモードとは公共建設工事などの電子納品の基準をクリアした設定で撮影することができるモードでダイヤルを切り替えるだけなので、撮影時にサイズや画質などの細かな設定を施す必要なく適切な撮影をすることができます。 さらに搭載されていると使い勝手の良い機能としては手振れ補正機能になります。 足場の悪い状況や片手での操作をする場合にはどうしてもぶれやすく詳細なデータを記録することが難しくなってしまいます。同様の理由で握りやすいグリップかどうかについても確かめておくと良いポイントと言えるでしょう。 また、本体重量に関しても200g前後のものなどかなり軽量なモデルも多く存在するため、実際に実物を確認するなど扱いやすいものを選びましょう。

撮影をサポートする周辺機器から選ぶ

現場でデジカメを使用する場合、屋外であることも多いため日差しで液晶が確認できなかったり、高所の撮影が難しいといったことも多いです。 そういった場合に備えて撮影をサポートする周辺機器を使用することを前提としたカメラ選びも良いでしょう。 高所を撮影したり、手持ちでの撮影が難しい場合にはカメラ棒や三脚を使用するのが良いでしょう。特にカメラ棒は非常にコンパクトで軽量なため、持ち歩きにも負担になりにくいなどのメリットがあります。 また、日差しにより液晶が確認できない場合には確認用のルーペも存在しています。これがあれば液晶の反射を軽減し、映り具合をしっかりと確認することができます。持ち歩きも首から下げることができるので持ち歩きの負担にもなりません。 その他にもストッパー機能が付き、ずれ落ちにくいストラップや遠距離操作を可能にするリモートコントローラーなどアシスト機能の充実したグッズが多く存在します。 メーカーのデジカメの規格に合わせて作られているものも少なくないため、併用する際に確認することが重要です。

工事現場用デジタルカメラの人気おすすめ5選

リコー

RICOH 防水デジタルカメラ RICOH WG-50 ブラック 防水14m耐ショック1.6m耐寒-10度 RICOH WG-50 BK 04571

価格:23,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水深14mまで耐えることができる高い防水機能や1,6mからの落下に耐えられる耐衝撃性能に加えて、-10℃までの寒さに耐えることができる耐寒性能を搭載しています。また、モニターの視認性を高めるアウトドアモニター機能を搭載しているため、温度の下がりやすい地域や夜間の屋外などでの作業が多い方におすすめです。

リコー WG-50 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較
富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ XP120 ブルー 防水 FX-XP120BL

価格:24,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは水深20m防水に高さ1,75mまでに耐えられる耐衝撃、-10℃までの耐寒性能に加え、防水防塵など全体的な性能に優れており、さらに撮影した画像の一部だけが動く撮影機能「シネマグラフ」など遊び心のある撮影も可能になっています。そのため、現場だけの専用機にするのでなく旅行などのプライベートと兼用するなど幅広い使用法を考えている方におすすめです。

富士フイルム xp120 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較
Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300 BK クールピクス ブラック 防水

価格:31,170円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現場用コンデジの中でも特に防水機能に優れており、水深30mまで耐えることが可能になっています。また、高性能手振れ補正や4K UHD動画など精細な映像を残すことができます。金額面でやや高額にはなりますが、防水機能を重視したい方におすすめです。

ニコン coolpix w300 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較
リコー

RICOH WG-60 レッド 本格防水デジタルカメラ 14メートル防水 耐衝撃 防塵 耐寒 高画質1600万画素 水中専用マーメードモード搭載 仕事に使える「CALSモード」搭載

価格:26,797円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先ほど紹介したWG-50から防水、耐衝撃性能などはそのままにさらにコンパクトさ、撮影フィルターのバリエーションを増やしたコンデジになります。カメラが最適な設定で撮影してくれるおまかせモードやデジタルフィルターなど撮影の幅を広げることができます。金額面で少し高くなりますが、明るさやロケーションが変わりやすい方などにおすすめです。

RICOH WG-60 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較
オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6BLK

価格:47,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水深15m防水、防塵、高さ2,1mの耐衝撃性能、耐寒、耐結露とタフさではかなり高性能なコンデジになります。さらに特徴的なのがマクロ撮影に優れているという点で最短1cmまで近づいての撮影でも精細な画像を撮影することができます。より細かな映像や画像をお求めの方におすすめです。

OLYMPUS Tough TG-6 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較