オリンパス Tough TG-6 Rの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥40,800
オリンパス Tough TG-6 R デジタルカメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、オリンパス Tough TG-6 R デジタルカメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/20 更新

写真家、カメラ評論家

田中希美男

優れたタフネス機能とクローズアップ撮影機能を備えるカメラ

防水、防塵、耐衝撃、耐荷重、耐低温などのタフで優れた性能を備えたオリンパスToughの最高機種がTGシリーズで、その最新型がTG-6。フルサイズ判換算で25~100mm相当の画角をカバーし、広角側でF2という明るいF値が特長で水中撮影で威力を発揮します。近接撮影で多彩な撮影モードを備えていることにも注目したい。たとえば液晶モニター画面上で最大40倍以上も拡大して撮影できる顕微鏡モードや、自動的に手前から奥までシャープにピントの合った写真が撮れる深度合成モード、自動的にピントをずらして撮影しその中からベストな写真が選べるフォーカスブラケットモードなどなど。ほかに多彩な専用アクセサリー類が用意されているのもTough TGシリーズの大きな特徴。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

F値

絞り値とも呼ばれる、レンズの明るさを表す指標。焦点距離÷レンズの有効口径で計算される。f値が小さいほど光がたくさん入る。レンズをもっとも開いた時(=f値がもっとも小さいとき)が、もっとも集光力が大きく、その時のF値のことを「開放F値」と呼ぶ。写真の「ボカし」に大きく影響する値。

35mm換算(フルサイズ判換算)

初心者が非常につまづきやすいポイント。 同じレンズを用いても、カメラのセンサーサイズが異なると画角がかわる(=写る範囲が変わる)。そのため、「仮にセンサーサイズが35mm判だったらどれくらいの画角なのか?」と計算したものを35mm換算と言う。カメラレンズの画角性能を比較する時に、全てのレンズを統一した基準で比較することが可能になるため、換算された数値同士の比較で欲しいカメラを決めるとわかりやすい(初心者の方は35mm換算された画角を比べて商品を選ぶと良い)。

編集部おすすめの記事

Tough TG-6 Rの基本スペック

画素数
1271万画素(総画素)1200万画素(有効画素)
焦点距離 
4.5〜18mm(35mm判換算値:25〜100mm)
光学ズーム 
4 倍
マニュアルフォーカス
GPS機能 
USB充電
撮影枚数 
340 枚
最短撮影距離
10cm(標準)1cm(マクロ)
記録メディア
SDカードSDHCカードSDXCカード
記録フォーマット
JPEG/RAW
シャッタースピード
1/2〜1/2000 秒
液晶モニター
3型(インチ)104万ドット
撮影感度
通常:ISO100〜12800
ファインダー
無し
電池タイプ
専用電池
専用電池型番
LI-92B
連写撮影
インターフェース
microUSB2.0、HDMIマイクロ端子
4K対応 
フレームレート
29.97 fps
動画撮影サイズ
3840x2160(4K)
記録方式
MOV(MPEG-4AVC/H.264)/ステレオリニアPCM
最長撮影時間
メモリ容量に依存
タイムラプス 
顔認識 
AF自動追尾機能 
手ブレ補正機構 
CMOSシフト方式
セルフタイマー
12/2秒
防塵性能
IP6X
耐衝撃性能
2.1 m
耐低温性能
-10℃
耐結露
幅x高さx奥行き
113x66x32.4 mm
重量
総重量:253g
カラー
レッドブラック

Tough TG-6 Rの通販サイト比較

楽天 ¥40,800

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥45,190

在庫 : ○

送料 : 無料~

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

最新型TG-6の前モデルだが外観も性能もほぼ同じながら低価格が魅力

フル判換算で24~120mm相当の画角をカバーするズームを内蔵したタフカメラ

28~140mm相当(フル判換算)の5倍ズーム内蔵した小型軽量なボディ

この商品が紹介されている記事

【2022】マクロ撮影・接写に強いコンパクトデジタルカメラは?特徴や撮影方法のサムネイル画像

【2022】マクロ撮影・接写に強いコンパクトデジタルカメラは?特徴や撮影方法

2022/05/09

デジタルカメラとスマホカメラはどう違う?!比較して解説!のサムネイル画像

デジタルカメラとスマホカメラはどう違う?!比較して解説!

2022/03/09

【2019年最新】2万円台におすすめの人気デジカメランキングと選び方のサムネイル画像

【2019年最新】2万円台におすすめの人気デジカメランキングと選び方

2022/01/13

初心者向けのデジタルカメラおすすめ10選|選び方も徹底解説!のサムネイル画像

初心者向けのデジタルカメラおすすめ10選|選び方も徹底解説!

2022/01/13

【最新】GPS機能付きデジタルカメラのおすすめ5選|GPS後付けの方法も紹介のサムネイル画像

【最新】GPS機能付きデジタルカメラのおすすめ5選|GPS後付けの方法も紹介

2021/12/03

【2022年最新】アウトドアに適したデジカメのおすすめ19選と選び方のサムネイル画像

【2022年最新】アウトドアに適したデジカメのおすすめ19選と選び方

2021/11/04

【2022年最新】4K撮影対応のおすすめデジカメ18選【圧倒的な画質】のサムネイル画像

【2022年最新】4K撮影対応のおすすめデジカメ18選【圧倒的な画質】

2021/11/04

【2019年最新】タイムラプス動画が撮れる人気おすすめコンデジ5選!撮影方法も紹介のサムネイル画像

【2019年最新】タイムラプス動画が撮れる人気おすすめコンデジ5選!撮影方法も紹介

2021/11/04

防水・防塵デジタルカメラならいつでもどこでも撮影できる!のサムネイル画像

防水・防塵デジタルカメラならいつでもどこでも撮影できる!

2021/11/04

光学ズーム搭載のデジタルカメラおすすめ10選|50倍・100倍の商品ものサムネイル画像

光学ズーム搭載のデジタルカメラおすすめ10選|50倍・100倍の商品も

2021/11/04

【2022年完全版】デジカメの最強おすすめ15選|今の時代の選び方はこれ!のサムネイル画像

【2022年完全版】デジカメの最強おすすめ15選|今の時代の選び方はこれ!

2021/11/04

【2022年最新】おすすめの防水カメラ10選|カメラのシーンを増やせる!のサムネイル画像

【2022年最新】おすすめの防水カメラ10選|カメラのシーンを増やせる!

2021/10/22

おしゃれなデジタルカメラのおすすめ10選|かわいい写真も撮れるのサムネイル画像

おしゃれなデジタルカメラのおすすめ10選|かわいい写真も撮れる

2021/10/22

【最新】Amazonでおすすめのコンパクトデジタルカメラ11選!確認ポイントも紹介!のサムネイル画像

【最新】Amazonでおすすめのコンパクトデジタルカメラ11選!確認ポイントも紹介!

2021/10/22

【2022最新】旅行におすすめのカメラ10選!女子旅やファミリー旅にものサムネイル画像

【2022最新】旅行におすすめのカメラ10選!女子旅やファミリー旅にも

2021/10/22

【2019年】ロードバイク乗りにおすすめなコンデジを紹介!持ち運びに便利なカメラポーチものサムネイル画像

【2019年】ロードバイク乗りにおすすめなコンデジを紹介!持ち運びに便利なカメラポーチも

2021/10/21

【2022年最新】デジタルカメラからスマホへ写真を転送する方法|おすすめ機種も紹介のサムネイル画像

【2022年最新】デジタルカメラからスマホへ写真を転送する方法|おすすめ機種も紹介

2021/10/21

オリンパスのデジタルカメラの一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方のサムネイル画像

オリンパスのデジタルカメラの一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方

2021/10/21

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド

価格:48,978円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリンパスのコンパクトデジタルカメラの人気のシリーズがToughシリーズです。過酷な状況下での使用を想定し開発されている Toughシリーズはボディにおける防水性能や防塵性能耐衝撃性能や耐低温性能など様々な性能が非常に高く、スポーツシーンやアウトドアなどでの撮影シーンにおいて非常に大活躍します。

 

その中でもOLYMPUS Tough TG-6はタフシリーズでありながら開放F値2.0を実現し、ボディの堅牢性だけでなく、撮影性能にも定評があるコンパクトデジタルカメラとなっています。

 

取扱説明書はこちら

スペック詳細はこちら

メーカー
OLYMPUS
商品名
Tough TG-6
撮像素子
1/2.33型CMOS (裏面照射型)
F値
F2~F4.9
有効画素数
1200万画素
光学ズーム
4倍
焦点距離
25mm~100mm
撮影感度
通常:ISO100~12800
手ぶれ補正
CMOSシフト方式
AF(オートフォーカス)
イメージャAF
連写速度
約20コマ / 秒
動画
4K(3840x2160)、MOV(MPEG-4AVC/H.264)/ステレオリニアPCM
サイズ
113x66x32.4 mm
重量
253g
その他機能
防水/防塵/耐衝撃/耐低温/顔検出/パノラマ

TG-6はオリンパスの大人気防水カメラ「TGシリーズ」の最新機種です。とにかく最新で高性能の機能を盛り込んだ防水カメラが欲しいという方であればTG-6をオススメします。

 

特に1つ前のモデルであるTG-5からの変更点としては、水中や接写での撮影機能の使い勝手の向上が挙げられます。

 

水中での撮影に合わせた撮影モードが追加され、より綺麗に水中を撮影することができます。接写機能の向上によりより精度の高いマクロ撮影ができるようになりました。

 

変更点にあまり魅力を感じない方であれば型落ちや中古のTG-5を格安で購入するのも1つの手でしょう。

MegaGear

MegaGear Olympus Tough TG-6, TG-5, TG-870, TG-860, TG-4 超軽量 ネオプレン カメラケース カラビナ付き

価格:2,796円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OLYMPUS製ではないけれども、OLYMPUS Tough TG-6にぴったりあうように作られています。

ブラックのほかに、グレー・ホトピンク・ブルー・レッドがあり、お好みに合わせて選ぶことが可能です。

大切なカメラをしっかり、ほこりや塵から守ってくれます。

HOSAN

HOSAN Li-92B/Li-90B 純正互換 バッテリー 2個 + USB充電器 対応機種 Ricoh DB-110,Olympus Li-92B/Li-90B,RICOH GRIII WG-6 G900,OLYMPUS オリンパス Stylus XZ-2 SH-50 TG-1 TG-2 TG-5 TG-6 Tough

価格:1,680円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

互換製品ですが、一年間の保証付きの安心できる充電器です。

1450mAhの大容量バッテリー付きなので、電池の減りを気にせずに写真撮影に挑むことができます。

バッテリーが二個付属しているので、心配の必要がありません。

ロワジャパン

【2個セット】 OLYMPUS LI-90B LI-92B Li90B 互換 バッテリー【ロワジャパンPSEマーク付】

価格:1,020円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

互換性ですが、高品質なバッテリーです。

日本市場向けの長寿命タイプなので、長く使うことができると思います。

予備のバッテリーがあると、夢中になって写真を撮っていて、急に電池が無くなったという危険が無くなります。

防水15m、防塵、耐衝撃2.1m、耐荷重100kgf、耐低温-10度、耐結露ととても優れたタフ性能を備えています。

なのでアウトドアでの撮影に最適です。

OLYMPUS Tough TG-6でたくさんの貴重なシャッターチャンスをとらえてください。

F2.0のレンズと最新の画像処理エンジン、さらにHi-speed裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載することで、自由な表現を実現可能にしてくれました。

 

OLYMPUS Tough TG-6はブレを抑え、低ノイズ、解像感のある画質で魅了してくれることでしょう。ぜひご体験ください。

 

水中でも高画質な撮影が可能な水中モードが進化し、さらに美しい写真を撮ることができるようになりました。

陸上は当然ながら、水中でも美しい写真を撮ることができます。

撮影の幅が広がり、撮影がますます楽しくなると思います。

OLYMPUS Tough TG-6のシャッタースピードは0.0005~0.5秒と遅いです。

カメラにこだわりがある方には不満を感じさせてしまうスピードだと思います。

アウトドア好きでないならば、Tough TG-6はおすすめできないようです。

OLYMPUS Tough TG-6のズームは4倍と小さいので、遠くのものを撮影するのにはむいていません。

アウトドアを楽しんでいるときに、遠くに見える鳥を撮影したいと思ったとき、とらえることはできないと思われます。

近くの被写体だけを撮るという方にはTough TG-6はおすすめです。

最大ISO感度は12800と小さいので、暗い場所での撮影には不向きだと思います。

アウトドアで夜の撮影をする機会が多々あると思われます。

そういう時は、不満に思う仕上がりになることもあるかもしれません。

 

66mm×113mm×32.4mm253gと小さめのボディなので、OLYMPUS Tough TG-6は持ち運びに便利で、まさにアウトドア向きだと言えます。

アウトドアを楽しむ間も邪魔になることはありません。

常に持ち歩いて、ここぞというシャッターチャンスをとらえることができます。

 

OLYMPUS Tough TG-6は浅瀬、標準、ディープダイビングと深度に合わせた設定ができるので、青かぶりを防いでくれます。

水中ライトを使用しなくても、Tough TG-6で望み通りの写真を撮ることができます。

水中顕微鏡モードなど、ダイバーに優しい機能が搭載されているので、OLYMPUS Tough TG-6は、世界中のダイバーに愛用されています。

このモードを使えば、面倒な操作をしなくてもいいので、シャッターチャンスを逃すことはありません。

 

最近はこれを持って虫を探しています。 背景を入れると、何となくどれも作品っぽくなるから不思議です。 虫は薄暗い所にもおりますし、逆光の時もあります。 正直大きなカメラには画質では完敗です。 マクロレンズのような透き通る繊細な写りはしません。 しかし、水没を心配する必要はありません。 濡れた地面に直に置けます、汚れも気にならない。 小型の虫達に、必要以上にストレスを与えず接近出来ます。 アドバンテージも大きいと感じました。

出典: https://www.amazon.co.jp

水中撮影で定評があるOLYMPUS Tough TG-6ですが、陸上でも役に立つようです。 水濡れや汚れを気にせずに撮影に挑むことができるということは、撮影に集中できるので便利ですよね。 天気を気にせずに撮影することができるTough TG-6。今日は何を撮ろうかと考えるだけでワクワクして、家の外に出たくなりますね。
まずマクロ撮影がP&Aにて使用出来ると聞いていたんですが、 少しズームしないと合わないのね・・これ面倒で残念。 あと構造上致し方ないところではあるが、、普段便利で高性能な 最新コンデジを色々と使用しているので、やりたい事が出来ない。 何をヤルにしても2テンポ遅れる・・ AFエリアの変更が遅い、またエリアが狭い&雑。 PENの初号機レベルです。かなり哀愁が漂う性能ですw 当然MFで合わせるなど、至難にて不可能に近い操作性。 薄暗い&逆光は超苦手らしく、気が短い人なら投げ捨ててしまうかも。

出典: https://www.amazon.co.jp

丈夫さがウリなので、高性能を求めていらっしゃる方には不向きです。 山登りやスキー等、他のカメラなら壊れてしまうような状況下でこそ真価を発揮するカメラです。 アウトドアが大好きな方にこそおすすめしたいです。
FD-1は便利なのですが、リロードが遅い。連射出来ません・・ 動画性能も最新機種の中では、かなり劣って見えてしまう。 だが面白い場所で撮れるという優位性もあります。

出典: https://www.amazon.co.jp

堅牢性では上をいくものはないかもしれないOLYMPUS Tough TG-6は、普段なら躊躇する場所でも撮影することができます。 なので、今までと違った景色を見ることができ、今までと異なる写真を撮影することが可能になります。 写真の幅が広がりますね。
電池の持ちがすごく良い。日に10から20枚程度の撮影なら3日から4日は十分持つ感じです。購入から2週間で3回目の充電で電池マーク1掛けくらいです。

出典: https://www.amazon.co.jp

いくら水に強いとはいえ、大雨が降る中、バッテリーの交換をするのは躊躇われますよね。 なので、電池の持ちがすごくいいというのはうれしいことですね。 OLYMPUS Tough TG-6ならば、電池の減りや天気の変化を気にすることなく撮影をすることができます。
写真は、水中マクロモードにして撮っただけのものです。でも、こんなに綺麗に撮れるなんて(喜) 今度は、顕微鏡モード使っていい写真撮りたいです。

出典: https://www.amazon.co.jp

水中撮影モードがあるので、簡単にきれいな写真を撮ることができます。 カメラの操作に熱中し過ぎて溺れるなんてことになったら困りますよね。 その点、OLYMPUS Touge TG-6なら簡単操作で安心です。
パッと見はTG-3と変わらないのですが良く見るといろいろ違いがあります。 大きな違いはズームレバーの位置、サブコマンドダイヤルの追加などかな。 それから液晶モニターの解像度が約2倍になってきめ細かな表示になっています。 画素数は今となっては少なめですが小さいイメージセンサーなのでこの位で充分と思います。 コンビニで2Lサイズで出力してみましたが、綺麗に撮影されていて不満はありません。 防水なので雨の日でも安心して持ち歩けるのがGOODです。

出典: https://www.amazon.co.jp

TG-3からOLYMPUS Tough TG-6に買い替えたくなるくらいに、はまってしまうカメラだということですね。 最新の性能を求める方にはおすすめできませんが、丈夫さを最重視し、丈夫さの上で成り立つ画質で満足できる方におすすめします。。
従来機種の場合、マクロモードはプログラムオート限定でF値やシャッタースピードを任意に操作することは出来ませんでした。しかし、Tough TG-6では絞り開放に固定し、レンズの光量を維持しやすく、さらにISO低速限界でシャッタースピードの低下を防ぐことが出来ます。

出典: https://review.kakaku.com

P/Aスーパーマクロモードのおかげで、手ぶれや被写体のブレを防いでくれるようになりました。 簡単な操作できれいな写真を撮ることができるというのはうれしいことですね。
内臓のフィッシュアイモードが無くなったことが悔やまれます。

出典: https://review.kakaku.com

Tough TG-6でチルト式液晶が無くなったことを悲しんでいらっしゃる方もいました。 それもこれもこのシリーズを愛するが故ですよね。 耐久性を重視するために、どこかを犠牲にしなくてはいけない部分もあります。 なので、高性能を求める方にはおすすめできませんが、アウトドアをされる方にはTough TG-6の良さを分かっていただけると思います。
暗い水中撮影を考慮すれば、1200万画素に抑えた画質は同じセンサーサイズで2000万画質のモデルよりも優位で、画質も良好です。

出典: https://review.kakaku.com

陸上では不満に思える点でも、水中では良い風に働くんですね。 さすが、世界中のダイバーが愛用するだけありますね。
オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

価格:45,925円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OLYMPUS Tough TG-6は、Tough TG-5の後継機種にあたります。TG-5は2017年6月23日に発売されています。Tough TG-5とTough TG-6の違いは以下の通りです。

Tough TG-5は、Tough TG-6と同様、防水カメラとしてアウトドアで大活躍してくれます。

まずは、水中撮影モードの種類の数の違いです。Tough TG-5が水中撮影のモードが4種類、水中ホワイトバランスが1種類なのに対して、Tough TG-6は水中撮影モードが5種類、水中ホワイトバランスが3種類あります。

なので、撮影モードが多いTough TG-6の方が、簡単に写真を撮ることができるモードが多い分、撮影の幅が広がると思います。

次に、水中での顕微鏡モードが搭載されているのは同じなのですが、Tough TG-6の方が性能が良くて、深度合成とフォーカスブラケットの高度な設定、P/A、動画モードでのマクロ撮影が可能になっています。Tough TG-5にはそれらの機能はありません。

アートフィルターについてですが、Tough TG-5は14種類あります。Tough TG-6は、16種類に増え、日付を写り込ませることが可能になりました。Touugh TG-5にはその機能はありません。

ボディの大きさについては、Tough TG-5は、Tough TG-6とほぼ同じ大きさですが、3gだけ軽いです。

そして、Tough TG-6は、センサー前のガラスにARコートが追加され、フレアを低減することに成功しました。Tough TG-5にはARコートがありません。

このように性能面で、Tough TG-6には敵わない上に、価格がそれほど変わらないので、Tough TG-6をおすすめします。

 

 

 

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300 BK クールピクス ブラック 防水

価格:29,800円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nikon COOLPIX W300とOLYMPUS Tough TG-6は、どちらも水中撮影ができ、アウトドアに最適です。

COOLPIX W300とTough TG-6の違いは次の通りです。

耐えることができる水深が、Tough TG-6が水深15mまでなのに対して、COOLPIX W300は水深30mまで耐えることです。COOLPIX W300の方が、水深30mまで耐えることができるので、スキューバーダイビングをされる方には最適です。

ボディの堅牢性については、Tough TG-6が2.1mの耐衝撃性、耐低温ー10度、防塵であるのに対して、COOLPIX W300は、2.4mの耐衝撃性、-10度までの耐低温、防塵で、ほぼ同じ堅牢性になっています。

有効画素数の違いについてですが、Tough TG-6は有効画素数1200万画素です。そして、COOLPIX W300は1605万画素です。なので、COOLPIX W300の方が、より美しい写真を撮ることができます。

4K動画撮影についてですが、Tough TG-6は4K動画に対応していません。COOLPIX W300は4K動画に対応しています。動画撮影を多用される方には、COOLPIX W300をおすすめします。

Tough TG-6と同じように、アウトドア用に発売されたCOOLPIX W300ですが、性能面では画質の美しさやボディの堅牢性でTough TG-6を上回っています。アウトドアで利用されることが多い方には、COOLPIX W300をおすすめします。

 

 

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6RED

価格:48,978円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OLYMPUS Tough TG-6 カメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価・他製品との比較をまとめました。

Tough TG-6は、他の陸上用のカメラに比べると画質や性能は劣りますが、防水・防塵・耐衝撃性で優れているので、天気や撮影場所を考慮することなく、写真を撮ることができるカメラです。

以上のことから、アウトドアをされる方にはぴったりだと思います。

小さなお子さんがいる方でしたら、何度か、子供にカメラを投げられた、落とされたという経験があるかもしれません。OLYMPUS Tough TG-6でしたら、衝撃に耐えてくれると思います。お子さんのファーストカメラとしても最適だと思います。

とにかく強いカメラが欲しかったという方や、水中撮影をされたい方にはおすすめのカメラです。