【2019年最新】3万円以下コスパ最強の人気コンデジを紹介!スマホを超える!

2万円以下で買えるコンデジは性能が高くないものが多いですが、2万円以上3万円以下になるとスマホと差別化できる性能を持ちます。ここでは、初めてコンデジを買う初心者にもおすすめできる、3万円以下で買えるコスパ抜群のおすすめコンデジについて紹介します。

2万円以上3万円以下のコンデジの選び方

2万円台のコンデジでは、画像素子の大きさと種類が変わらないため、手振れ補正やオートフォーカス機能が重要となります。また、ズーム倍率や防水性能も重要な要素となります。Wi-Fi機能に関しても、インスタグラム等のSNSに写真を投稿する時に役立つ便利な機能になっています。

【2019年最新】安いデジタルカメラの人気おすすめ機種と選び方

ズーム倍率で3万円以下コンデジを選ぶ

2万円未満のカメラでは、ズーム倍率は5倍から12倍と十分な倍率が得られませんでしたが、2万円台のカメラではズーム倍率が一気に上がり、20倍から40倍になります。ズーム性能が高くなるとブレやすくなるため、次に述べる手振れ補正機能等の性能も重要となっていきます。

【2019年最新】コンパクトデジタルカメラの光学ズーム|特徴とおすすめの選び方を紹介

手振れ補正機能・オートフォーカス機能で3万円以下コンデジを選ぶ

もう少し高いカメラであれば、1型画像素子が付いたものもありますが、2万円から3万円のカメラは総じて1/2.3型CMOSなので、画像素子では画質を差別化できません。そのため、手振れ補正機能やオートフォーカス機能で画質を良くすることになります。

 

2万円台から5軸手振れ補正を持った機種が存在するので、初めてカメラを購入する人は5軸手振れ補正を持ったコンデジを選びましょう。また、追尾AFを持った機種も登場し始めるので、オートフォーカス性能に関しても考慮しておきましょう。

防水性能で3万円以下コンデジを選ぶ

1万円台で買えるCOOLPIX W100は、全体的にさえない撮影性能でしたが、2万円台になるとまともな性能の防水カメラが出てきます。FinePix XP140では画像素子の大きさが1/2.3型のCMOSとなり光学式の手振れ補正が付く上に、25mまで水中撮影できるようになります。

Wi-Fi機能で3万円以下コンデジを選ぶ

2万円台のコンデジでは、2万円未満で購入できるコンデジと異なり、Wi-Fi機能が付いている機種が多くなります。Wi-Fi機能が付いていると、スマートフォンに画像データを転送できるようになり、SNSに画像を投稿する時にすごく役立ちます。

初めてのコンデジを選ぶ時に重要な性能

2万円台のコンデジは非常にお手頃に買える上に、スマホと差別化できる性能を持っているので、初めてコンデジを買う人が多いと思います。ここでは、初めてカメラを選ぶ時に重要な性能について紹介します。

デジタルカメラ初心者におすすめのカメラ3選!選び方から撮り方まで紹介

オート撮影機能

カメラを使ったことがない初心者には、複雑な撮影設定を手動で決めることは非常に難しいので、オート撮影機能を持ったコンデジであることが非常に重要となります。撮影モードに関しては、上の図のようなカメラのアイコンになっている場合が多いです。

コンパクトさ

初めてカメラを購入する人は、今までスマートフォンだけで写真撮影を行っていた人が多いので、コンパクトさも非常に重要になります。目安としては質量が300g未満でないと、スマホから乗り換えた時に大きな違和感を感じるので、コンパクトさは重要な要素となります。

2万円以上3万円以下のおすすめコンデジ3選を紹介!

キヤノン

デジタルカメラ PowerShot SX720

価格:28,693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

40倍という超高倍率の光学ズーム機能と、光学式手振れ補正と電子式手振れ補正を組み合わせた、5軸手振れ補正を兼ね備えたコンデジとなります。また、最短撮影距離が1cmと短く接写にも強いことが魅力的であり、総合的なコスパの良いデジタルカメラとなっています。

 

また、40倍の光学ズームを持つにも関わらず質量は270gと非常に軽量で、同じズーム倍率を持つcoolpix B500に比べて、半分以下の質量に抑えられていることも魅力的な点です。

キャノン powershot sx720 hs デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較
ソニー(SONY)

デジタルカメラ Cyber-shot WX350

価格:22,806円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光学ズーム倍率は20倍と、キャノンのコンデジに比べてズーム倍率では劣ります。しかし、高性能な手振れ補正と追尾フォーカス機能を搭載している上に、質量が164gと非常に軽いので、カメラを初めて使う初心者でもおすすめできる機種となります。

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカーSONY(ソニー)商品名DSC-WX350
最短撮影距離5cm撮像素子1/2.3型CMOS (裏面照射型)
F値F3.5~F6.5有効画素数1820万画素
光学ズーム20倍(デジタルズーム併用時306倍)焦点距離25mm
撮影感度ISO80~12800手ぶれ補正光学式手ぶれ補正
AF(オートフォーカス)オートフォーカス(AF-S)、オートフォーカス(AF-C)連写速度約10枚/秒
動画1920×1080(FHD)/ 60pサイズ96mm x 54.9mm x 25.7mm
重量164gその他機能追尾AF
ソニー Cyber-shot WX350 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較
富士フイルム

防水カメラ XP140

価格:22,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

25mというTGシリーズよりも高い防水性能に加えて、1/2.3型のCMOSセンサーと光学式手振れ補正を兼ね備えていて、必要十分な撮影性能を持っているコンデジとなります。価格が安いのが魅力的ですが、純正のコンバージョンレンズが無いのが欠点となります。

 

オートフォーカス機能も充実していて、画面内の主要な被写体を追従する「主要被写体認識」機能や、人間の眼に自動的にピントを合わせる「瞳AF」も搭載しています。

富士フィルム XP140 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較