ソニー dsc-hx400v デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥39,897
ソニー dsc-hx400v カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー dsc-hx400v カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

24mm~1200mm相当の光学式50倍ズームを内蔵した多機能なレンズ一体型カメラ

光学50倍ズームを内蔵して24~1200mm相当の画角をカバーするグリップの形状の良い小型なカメラ。しっかりとしたカメラホールディングが可能で、強力な手ぶれ補正の機能を備えているので超望遠1200mm相当でも手持ち撮影もできます。全画素超解像デジタルズーム機能を利用すれば高画質な2000mm相当の超望遠撮影もできます。秒間最高10コマの高速連写もできて、動画撮影では動きの速い被写体にも適した60fpsでのフルハイビジョンの動画撮影も可能です。角度可変式の3.0型液晶モニターのほか、電子式ビューファインダも備えています。別売付属品として大光量の専用フラッシュやステレオマイクなども用意されているなど、拡張性のあるカメラです。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

フレームレート(fps)

frames per secondの略で、1秒間に記録するフレーム数(コマ数)の単位。値が大きい方が滑らかになり、小さいとカクカクした印象を受ける。滑らかな動画になる目安は30fps程度。

dsc-hx400vのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

超広角21mm相当から超望遠1365mm相当までをカバーするコンパクトな一体型カメラ

キャノン
PowerShot SX70 HS
51,470円〜

超広角20mm相当から1200mm相当の超望遠までカバーする約600グラムの一体型カメラ

Panasonic
dc-fz85
31,297円〜

ソニー dsc-hx400vの基本スペック

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-HX400V 光学50倍ズーム 2040万画素 ブラックCyber-shot DSC-HX400V C

価格:45,595円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ソニー(SONY) 商品名 Cyber-shot DSC-HX400V
撮影素子 1/2.3型CMOS (裏面照射型) F値 F2.8~F6.3
有効画素数 2110万画素(総画素) 2040万画素(有効画素) 光学ズーム 50倍
焦点距離 24mm~1200mm 撮影感度 通常:ISO80~3200 拡張:6400、12800
手ぶれ補正 光学式 AF(オートフォーカス) AF-S、AF-C
連写速度 10コマ/秒 動画 1920x1080(フルHD)
サイズ 129.6x93.2x103.2 mm 重量 本体633g 総重量660g
その他機能 Wi-Fi対応、Bluetooth対応

ソニー dsc-hx400vのケース

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラケース ジャケットケース LCJ-HL BC SYH

価格:3,103円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

dsc-hx400vのジャケットケースにはLCJ-HLを使います。取り出し易いのは勿論のこと、ホールド性に非常に優れているので、しっかりカメラを固定して使用することができます。

ソニー dsc-hx400vのバッテリー

ソニー(SONY)

SONY アクセサリーキット ACC-TRBX

価格:5,852円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリーとUSB充電が可能なバッテリーチャージャーのセットです。バッテリーにはNP-BX1、バッテリーチャージャーにはBC-TRXを使用しており、電池切れのときでもこのキットがあれば心配要りません。

ソニー dsc-hx400vのおすすめポイント

50倍の光学ズームでどんな距離にも対応

ドイツの光学機器製造会社ZEISSのレンズを採用し、50倍もの光学ズームを実現しています。24mmから1200mmまで対応しているので、近距離から遠距離撮影まで難なく高画質な写真を撮ることができます。

ジャイロセンサーと画像処理エンジンによって、高倍率時に起こり易い手ブレを抑えいるので、素早くブレの無い撮影が可能です。

フルハイビジョン動画の撮影が可能

フルハイビジョン(1920×1020)のHD画質で動画を撮ることもできます。60pにも対応しているので、被写体の滑らかな動きを表現できる他、激しい動きでもAF(オートフォーカス)がピンポイントで瞬時にピントを合わせるため、映像がブレることがありません。

エクストラファインモニターで操作が快適

背面には3.0型の高精細エクストラファインモニターが搭載されており、被写体のピント合わせなどが快適に行えます。大画面なので操作もし易く撮影した写真の確認などにも優れています。

上下に稼動するマルチアングルになっているので、上方向からの撮影や、地面スレスレからのローアングル撮影も簡単に行うことができるようになっています。

ソニー dsc-hx400vの悪い点をレビュー

シャッター音がイマイチ

シャッター音があまり良くないという声があります。音は個人の好みによるところが大きいですが、変更することができないので、どうしても気になるという方は他の製品にした方が良いでしょう。

一眼レフとコンパクトデジタルカメラの中間に該当する機種ですが、一眼レフのシャッター音が好きな人には物足りないかもしれません。

ストロボが白く反射する

ディフューザーをつけてストロボを炊くと白く反射してしまうようです。露出優先だと綺麗に撮影することが難しくなるそうなので、室内撮影より屋外の撮影に向いています。クリップオンストロボなどを使うと良いかもしれません。

バッテリーの消耗が早い

バッテリーの消耗が早いようです。旅行や運動会など長時間使用する際はアクセサリーキットを購入しておくことをおすすめします。USB充電も可能なので、緊急時にはPCなどで充電することもできます。

動画再生時に手ブレが発生する

光学50倍ズームが最大の特徴ですが、静止画に対して動画撮影で高倍率にすると若干手ブレが発生してしまうようです。動画撮影の場合はカメラを三脚で固定するか、ハンディカムを使用して撮影するのが良いかもしれません。

ソニー dsc-hx400vの良い点をレビュー

軽くて疲れない

重たい一眼レフと違い、本体とレンズが一体型なので重量が軽いのが利点です。旅行などに行くとき持ち運びが便利で、女性にも使い易いのが嬉しい要素となっています。スナップ撮影などでも疲れないので、長時間撮影することができます。

ズームが凄い

ソニーらしく光学50倍のズームは非常に強力だと感じる方が多いようです。手ブレ機能も高度なので最大倍率で撮影してもピタッとブレない撮影が可能です。夜景や天体を撮影するバルブ撮影も可能で、くっきりと綺麗な空を写真に収めることができます。

24mm~1200mmであらゆる距離に対応

レンズを変更することなく、広角24mmから望遠の1200mmまで撮影できるので、これ1台であらゆる局面に対応できます。ポートレートや風景写真など被写体を選ばないので使い勝手の良いカメラとなっており、コストパフォーマンスに優れています。

ソニー dsc-hx400vの口コミを集めました

まずシャッター音。カシャでもパシャでもなく変な感じのジャッ。変更はできません。

出典:https://www.amazon.co.jp

シャッター音があまり良くないようです。シャッター音は事前に確認することが難しいので気になる方は要注意です。音そのものは小さいので問題ないと感じる人も多いようです。

プログラムオートでディフューザーを装着してストロボ焚くと、露出をカバーしないで白く反射してしまう。露出優先にするとぶれる。屋内の撮影には不向きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

室内撮影時に、ディフューザーをつけてストロボを炊くと上手く撮影できないようです。ズーム性能が高いので、室内より屋外撮影の方が向いているかもしれません。

設定とかかなりいじりながらEVFやモニターを見続けると減りは早いですね。 予備バッテリーは合った方がいいですがどうせ買うならチャージャーセットのアクセサリーキットがお勧めです。

出典:https://review.kakaku.com

バッテリーの消耗が早いので、事前に予備のバッテリーを用意しておきましょう。USB充電にも対応しているので、危ないときは手軽に充電することもできます。

普段の写真撮影は,コンデジやα65を使用するので動画撮影用に購入しました。動画撮影の光学50倍は高倍域になるとブレが少しでます。

出典:https://review.kakaku.com

動画撮影にはあまり向いていないようです。高倍率にしすぎると手ブレが発生するので、三脚などで固定する必要があります。撮影可能時間も短いので、動画撮影の場合はハンディカムを使いましょう。

コンデジとしてみると大型の部類に入るでしょうが、一眼に前記のレンズを付けたものに比べれば本当に小さく軽い。

出典:https://review.kakaku.com

一眼レフは1kgを超えるものもありますが、dsc-ch400vの重量は660gなので取り回しが良く、本格的な撮影が可能です。疲れないので長時間撮影にも有利となっています。

小型なのにズームの倍率が高く、画質も満足できる機種なので気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

光学50倍ズームで遠くの被写体でも鮮明に撮影することができます。一眼レフより若干劣りますが、一般的なデジタルカメラより高画質高倍率なので、サブカメラや本格的な写真を撮影してみたいという初心者の方に最適です。

望遠、マクロともいい感じです。

出典:https://www.yodobashi.com

レンズが24mm~1200mmなので、距離を気にすることなく、幅広い撮影をすることができます。被写体を選ばないので撮影が楽しくなるカメラと言えるかもしれません。また、AF性能も高いので、望遠でもピッタリ被写体にピントが合います。

とても握りやすいグリップです。

出典:https://review.kakaku.com

撮影する際、手ブレを減らすためにも気になるのがグリップですが、dsc-hx400vはホールド感に優れており、本体をしっかり握ることができるのでブレのない綺麗な写真を撮影できます。

ソニー dsc-hx400vとdsc-hx99の違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY コンパクトデジタルカメラ サイバーショット ブラック102mm×58.1mm×35.5mm Cyber-shot DSC-HX99

価格:55,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

dsc-hx99はdsc-hx400vと同じ高倍率ズームモデルで、光学28倍のズームに対応しているフラグシップモデルです。24-720mmのレンズが搭載されており、広角から望遠までこれ1台で撮影可能です。

dsc-400vにはない機能として、4k動画の撮影が可能で、HD画質とは圧倒的に違う高画質な映像を記録することができます。撮影時間は5分と短いですが、高精細な動画の撮影は大きな魅力と言えるでしょう。

高い性能を持ちながら、700mm以上のレンズ一体型では世界最小となるコンパクトなボディとなっており、重量も242gとdsc-hx400vの半分以下なので、女性でも扱い易く本格的な撮影が可能です。

dsc-400vと同じく防水防塵仕様ではありません。高倍率ズームモデルのカメラの場合、光学50倍ズームで長望遠まで撮影したいならdsc400v、4k撮影がしたいならdsc-hx99を選ぶのが良いのではないでしょうか。

ポートレート撮影に最適な瞳AFや高速AFも搭載しているので、人物撮影にはdsc-hx99の方が向いているかもしれません。

ソニー dsc-hx400v とdsc-hx300の違い

ソニー

SONY デジタルカメラ Cyber-shot HX300 2110万画素 光学50倍 DSC-HX300-B

価格:42,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

dsc-hx300はdsc-hx400vの前年に発売した機種で、dsc-hx400vが後継機となるので販売が終了しており、スペック的にはほぼ共通しています。dsc-hx400vで追加された機能として、Wi-Fi、NFC、GPSといった機能が追加されました。

 

通信機能が追加されたことで、dsc-hx400vの方がバッテリー消耗が早くなっており、撮影枚数が若干減っています。また動作スピードにも違いがあり、dsc-hx300の方が、起動時間、撮影タイムラグ、撮影間隔が早くなっています。

 

dsc-hx400vでは画像処理エンジンが新しくなっているため、撮影した画像を現像する際は、より高精細な画像に仕上がります。外部ストロボも使えるようになっているので、dsc-hx300と比較すると、より綺麗な写真が撮影できるようになっています。

 

海外では2016年にWi-Fi、NFC、GPS機能を省略したdsc-hx350が発売しています。といっても、こちらを日本で入手することは難しいので気にする必要はないでしょう。

 

高倍率ズームモデルで光学50倍のdsc-hx400vは2014年に発売されましたが、未だに公式でも購入することができる非常に完成度の高いカメラとなっており、まさに完成形となっています。 もしdsc-hx300を購入しようと考えている場合、上記のような違いで判断するのが良いと思われます。

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-HX400V 光学50倍ズーム 2040万画素 ブラックCyber-shot DSC-HX400V C

価格:47,106円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー Cyber-Shot デジタルカメラ dsc-hx400vの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

2014年発売のdsx-hx400vは古いですが、光学50倍ズームのフラグシップとして、今でも支持されている完成形と言えるカメラとなっています。 広角から長望遠までレンズ交換不要で撮影できるので、レンズ交換式の一眼レフは高いけど、本格的なカメラで撮影してみたいという方に最適な機種となっています。

同じシリーズのdsc-hx99がコンパクトデジタルカメラで非常に軽いのに対し、こちらはガッシリと重たいので、カメラを構えて撮影しているという気分にさせてくれるのも嬉しいポイントです。

一眼レフを持っている人でも、取り回しの良いサブ機としても使えるので、万能なカメラと言えるのではないでしょうか。

コストパフォーマンスにも優れているので、どのカメラにしようか困ったときは、この機種を選んでも良いかもしれません!