【2021年最新】ソニーの大人気デジカメサイバーショットおすすめ6選!

サイバーショットはソニーの大人気デジカメブランドです。この記事ではプロ並みの高機能モデルから、簡単に美しい写真や動画が撮れるエントリーモデルまで揃うサイバーショットの基本情報・選び方・おすすめモデルを紹介します。また、WEBカメラ化できる専用アプリついても解説します。

2021/02/19 更新

現在多数のメーカーからデジタルカメラが販売されています。その中でも人気が高いのがソニーの「サイバーショット」シリーズです。手軽に使えるコンデジから本格的な高い機能を搭載したモデルまで、多数のラインナップが揃っているのも人気の理由です。

 

1996年の発売開始以降、サイバーショットシリーズは進化を続けています。現在販売されている最上位モデルはミラーレス一眼と同等の性能を備えており、プロ並みの撮影ができると評判です。

 

そこで今回は人気の高いソニーサイバーショットの基本情報や選ぶポイントに加えて、現行のシリーズと各モデルの特徴をくわしくご紹介します。サイバーショットの購入を考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!ソニーのサイバーショットおすすめデジタルカメラ6選

ソニーの人気デジカメ・サイバーショットとは、どのようなカメラなのでしょうか。以下で紹介する内容をご覧いただくと、人気を集めている理由やポイントがわかります。まずは、サイバーショットについての基本的な情報をまとめました。

ソニーのコンパクトデジカメブランド

サイバーショットは大手家電メーカー「ソニー」が販売するコンパクトデジタルカメラのブランドです。1996年に初代機が販売されて以降、多数のシリーズやモデルが登場しています。

 

手軽に使用できるコンデジから本格的な写真撮影にも対応する高機能モデルまで、幅広いラインアップが揃っているのがサイバーショットシリーズの魅力といえます。

高機能な高級コンデジとしても人気

コンデジは「カメラの知識がない人でもきれいな写真を取れる」という印象が強いのではないでしょうか。もちろん、そのようなモデルもサイバーショットシリーズには多数ラインナップされています。

 

しかし、現在では機能やクオリティを重視する人向けの高機能な高級コンデジとしての人気が高まっています。中でも現行モデルの「RXシリーズ」は、ミラーレス一眼と同等の性能を持つコンデジとして人気です。

発売以来アップデートを続けているサイバーショットは、機能や特徴などによってさまざまなシリーズが展開されています。それぞれのシリーズにどのような特徴や違いがあるのでしょうか。以下の項目で現行シリーズごとに紹介します。

大型センサーモデル「RXシリーズ」

現在販売されているサイバーショットの中で、「RXシリーズ」は上位クラスに位置づけられる高級コンデジです。RXシリーズは全モデルに大型イメージセンサーが搭載されており、一眼レフ並みの高画質を実現しています。

 

RXシリーズであれば難しい操作不要で、一眼レフと同レベルの高画質画像を手軽に撮影できます。

高倍率ズームモデル「HX・WXシリーズ」

「HX・WXシリーズ」は高倍率モデルが揃っているのが大きな特徴です。光学20~50倍ズームを搭載しており、一部のモデルではコンデジでも4K動画の撮影ができます。また、すべてのモデルでWi-Fi接続が可能なので、スマホとの連携ができる点も魅力です。

 

手軽にコンデジを使用したい人から高機能なコンデジを求める人まで、幅広い人におすすめのシリーズです。

コンパクトな「Wシリーズ」

コンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴の「Wシリーズ」は、現行のサイバーショットの中で最もシンプルで手軽に使えるモデルです。手ブレ補正やパノラマ写真撮影対応の機能を搭載しており、簡単な操作で高画質で美しい撮影を可能としています。

 

初めてコンデジを使う人向けのエントリーモデルとしてもおすすめです。

歴代の過去モデルには完全防水タイプもあり

水辺などのアウトドアに持って行く機会が多い場合は、防水機能を重視したいという方もいるのではないでしょうか。過去に販売されたサイバーショットの一部機種には、優れた防水機能を備えたモデルがありました。

 

しかし、残念ながら現行のサイバーショットに防水モデルはラインナップされていません。防水機能を重視するのであれば、過去のモデルを探してみるのをおすすめします。

今すぐ見る!ソニーのサイバーショットおすすめデジタルカメラ6選

現行のサイバーショットは全3種類のシリーズが揃っていることに加えて、RXシリーズとHX・WXシリーズからは複数のモデルがラインナップされています。多数のモデルから最適な1台を選べぶための選定ポイントを紹介します。

有効画素数

有効画素数は必ずしも高ければ高いほどいいというわけではありませんが、画素数が多い方が描写性能が上がることは確かです。撮影する写真や映像の質にこだわるなら、有効画素数に着目してください。

 

一般的に上位機種ほど有効画素数は多くなります。現行サイバーショットであれば、RXシリーズが最も有効画素数が多いシリーズです。

ズーム機能

遠くのものを撮影したいときに便利なのがズーム機能です。ズーム機能をよく使うのであれば、倍率が高い機種がおすすめです。

 

また、サイバーショットには光学ズームに加え、ソニーが独自開発した全画素解像技術により画質を劣化させずに処理して拡大する「全画素超解像ズーム」が搭載されているモデルもあるので、この機能の有無もチェックしてください。

動画撮影機能

コンデジは画像だけではなく、動画の撮影に対応した機種も多く販売されています。サイバーショットも動画撮影に対応していますが、モデルによって撮影できる映像タイプが異なります。

 

高い解像度で撮影できる「Full HD」の他に、緻密で鮮明な映像を撮影できる「4K」にも対応するモデルもあります。なお、Wシリーズはハイビジョン対応のみとなっています。

Wi-FiまたはNFC対応、GPSの有無

Wi-Fi対応のデジカメであれば、接続したスマホでカメラのコントロールができたり画像の転送ができたりします。NFCに対応していると、より簡単にWi-Fi接続や画像シェアができます。

 

また、GPS機能が搭載されていれば撮影場所を画像に記録でき、マップ上での管理もできるようになるメリットがあります。これらの機能の有無も、サイバーショットを選ぶ重要なポイントです。

サイバーショットはシリーズやモデルの違いにより機能が大幅に変わります。そこで現行モデルを中心におすすめのサイバーショットを6種類紹介します。上記の選ぶポイントを参考に、最適なモデルを選んでください。

ソニー(SONY)

デジタルスチルカメラ DSC-RX1RM2

価格:310,086円 (税込)

高い描写力を実現する最高峰コンデジ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズの本体にフルサイズセンサーとExmorR CMOSセンサーを搭載し、高い解像度と高感度・低ノイズを実現したRXシリーズ最高峰モデルです。優れた描写力は、フルサイズコンパクトとして最高峰に位置づけられます。使いやすさを考え抜いたストレスフリーのデザインは、「カメラとしてのデザイン」を意識しています。マグネシウム合金製のボディは堅牢性が高く、質感の良さも魅力です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 DSC-RX1RM2
撮像素子 ExmorR CMOSセンサー F値 F2
有効画素数 約4360万画素 光学ズーム -
焦点距離 f=35mm ISO感度 100-25600
手ぶれ補正 AF(オートフォーカス)
連写速度 最高約5コマ/秒 動画 フルHD
サイズ 113.3x65.4x72.0mm 重量 約507g
その他機能 1200分割ライブビュー分析測光、マルチアスペクト記録、14bit非圧縮RAWフォーマット対応など
ソニー(SONY)

デジタルスチルカメラ DSC-RX100M7

価格:100,959円 (税込)

プロユースに対応する高い機能と操作性

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納式有機ELファインダーやチルト可動式液晶モニターなどを搭載し、プロユースにも対応する高い操作性を持つRXシリーズのモデルです。多彩な撮影機能や、4Kでの動画記録に対応したプロレベルの動画撮影機能なども利用できます。スマホアプリにも対応しており、静止画・動画転送や位置情報取得など多彩な機能を利用できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 DSC-RX100M7
撮像素子 Exmor RS CMOSセンサー F値 F2.8(ワイド端時) -4.5(テレ端時)
有効画素数 約2010万画素 光学ズーム 8倍
焦点距離 f=9.0-72mm ISO感度 100-25600
手ぶれ補正 AF(オートフォーカス)
連写速度 最高約90コマ/秒 動画 4K、HD
サイズ 101.6x58.1x42.8mm 重量 約302g
その他機能 Wi-Fi・NFC対応、スーパースローモーション、インターバル撮影など
ソニー(SONY)

デジタルスチルカメラ DSC-HX99

価格:39,700円 (税込)

多彩な機能を搭載した世界最小クラスのコンデジ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最小クラスのコンパクトボディに、有機ELファインダーと高倍率ズームレンズを搭載したHXシリーズのコンデジです。高精度な光学式手ブレ補正により、高倍率でも手ブレを抑えて素早くピントを合わせて撮影できます。瞳を検出して自動的にピントを合わせる「瞳AF」や被写体が動いてもピントを合わせ続けられる高い追尾性能の「ロックオンAF」など、多彩な撮影機能も搭載しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 DSC-HX99
撮像素子 Exmor R CMOS センサー F値 F3.5(ワイド端時) -6.4(テレ端時)
有効画素数 約1820万画素 光学ズーム 28倍
焦点距離 f=4.25-118mm ISO感度 80-12800
手ぶれ補正 AF(オートフォーカス)
連写速度 最高10コマ/秒 動画 4K、フルHD
サイズ 102.0x58.1x35.5mm 重量 約242g
その他機能 ステップズーム、クイックナビ、電子水準器、Wi-Fi・NFC対応など
ソニー(SONY)

デジタルスチルカメラ DSC-WX800

価格:39,600円 (税込)

豊富な機能と使いやすい液晶モニター搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高倍率ズームレンズと全画素超解像ズームを搭載したWXシリーズのコンデジです。自動でズームアウトできる「ズームアシスト」も使用でき、被写体をすぐに見つけられます。また、高速オートフォーカスや瞳AF機能などの多彩なオートフォーカス機能、タッチシャッターに対応した180度可動式の液晶モニター搭載など、使いやすい機能が満載です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 DSC-WX800
撮像素子 Exmor R CMOSセンサー F値 F3.5(ワイド端時) -6.4(テレ端時)
有効画素数 約1820万画素 光学ズーム 28倍
焦点距離 f=4.25-118mm ISO感度 80-12800
手ぶれ補正 AF(オートフォーカス)
連写速度 最高10コマ/秒 動画 4K、フルHD
サイズ 101.6x58.1x35.5mm 重量 約233g
その他機能 Wi-Fi・NFC対応など
ソニー(SONY)

デジタルスチルカメラ DSC-WX350

価格:28,200円 (税込)

スマホ連携で便利で楽しく使えるコンデジ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最小・最軽量クラスのサイズに光学20倍プレミアハイズームを搭載したWXシリーズのエントリーモデルです。ハイビジョン動画も手ブレを抑えながらキレイに撮影ができ、見やすく撮影もしやすいクリアフォト液晶も搭載しています。Wi-FiとNFCにも対応しているので、スマホと連携して写真共有や転送、写真加工などが楽しめるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 DSC-WX350 ホワイト・ブラック・ピンク
撮像素子 Exmor R CMOSセンサー F値 F3.5(ワイド端時) -6.5(テレ端時)
有効画素数 約1820万画素 光学ズーム 20倍
焦点距離 f=4.3-86.0mm ISO感度 80-12800
手ぶれ補正 AF(オートフォーカス)
連写速度 約10枚/秒 動画 フルHD
サイズ 96.0x54.9x25.7mm 重量 約164g
その他機能 顔検出、スマイルシャッター、グリッドラインなど
ソニー(SONY)

デジタルスチルカメラ DSC-W830

価格:14,220円 (税込)

写真撮影が楽しい機能満載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に使用できる、Wシリーズの手軽なコンデジです。コンパクトなボディに光学8倍ズームや光学式手ブレ補正などきれいに写真が撮影できる機能が搭載されています。写真の印象を変えられる「ピクチャーエフェクト」やカメラを一振りするだけでパノラマ写真が撮影可能な「スイングパノラマ」など、写真撮影が楽しくなる機能も使用可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 DSC-W830
撮像素子 CCDセンサー F値 F3.3(ワイド端時) -6.3(テレ端時)
有効画素数 約2010万画素 光学ズーム 8倍
焦点距離 f=4.5-36mm ISO感度 80-3200
手ぶれ補正 AF(オートフォーカス)
連写速度 約0.8枚/秒 動画 ハイビジョン
サイズ 93.1x52.5x22.5mm 重量 約120g
その他機能 顔検出、スマイルシャッター、グリッドラインなど

「バッテリーの充電器を予備でもう1台ほしい」「外出先で撮影することが多いので自宅とは別にもう1台別の場所に充電器を置いておきたい」という場合は、サイバーショット対応の充電器を単体で購入してください。

 

サイバーショット用の互換充電器であれば、以下のような安価な充電器がネットで購入可能です。

pcatec

SONY NP-BX1対応互換USB充電器

価格:1,078円 (税込)

サイバーショットのバッテリー用の互換USB充電器

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイバーショットのバッテリーに対応したコンパクトなUSB充電器です。USBで充電できるので、モバイルバッテリーからの充電もできます。ただし、すべてのサイバーショットに対応しているわけではないので、対応機種や互換可能バッテリーを必ず確認しましょう。

メーカー pcatec 商品名 SONY NP-BX1対応互換USB充電器
対応機種 DSC-RX1、DSC-RX100、HDR-AS15、DSC-HX400V / DSC-HX60V / DSC-HX50V /DSC-WX350 / DSC-WX300 / DSC-HX300、HDR-AS100V / HDR-AS100VR / HDR-AS30V、HDR-AS30VR HDR-MV1、互換可能バッテリー:SONY NP-BX1

サイバーショットは動画撮影にも対応していますが、一部のモデルはサイバーショットをwebカメラとして使用できます。「Imaging Edge Webcam」というアプリをインストールしたパソコンにUSBでデジカメを接続して設定を行うと、サイバーショットをwebカメラ化できます。

 

「Imaging Edge Webcam」とサイバーショットの組み合わせは、web会議のほかライブ配信にも活用可能です。サイバーショットの優れた機能により、通常のwebカメラよりも美しい映像が送信・配信できます。

ソニーのサイバーショットは、本格的な写真撮影をする人からコンデジ初心者まで幅広いユーザーに対応するモデルが揃うデジカメブランドです。用途や目的に合わせてサイバーショットを選んで、写真撮影を楽しみましょう。