ソニーミラーレスカメラおすすめ10選!シリーズごとの特徴をご紹介

ソニーミラーレスカメラは初心者からプロまで使われ、さまざまな種類があり機能が満載です。種類が豊富なためおすすめが知りたい人もいるでしょう。そこで、ソニーミラーレスカメラの特徴や選び方、また、おすすめ10選をご紹介します。

2021/10/22 更新

大手電機メーカーのソニーは映像関連・カメラ関連・オーディオ関連など、さまざまな製品を製造・販売しています。カメラを使用する人に人気のミラーレスカメラは、ソニーの製品です。

 

ミラーレスカメラはαシリーズという名前で6種類あり、それぞれ得意とする機能を搭載しています。シリーズによって価格は違いますが、10万円前後から80万円前後と幅広い価格です。価格を抑える方法の1つとして、3万円台から販売している中古もおすすめです。

 

しかし、種類が豊富だと自分にどの機種が合っているかわからなくなりますよね。そこで、ソニーミラーレスカメラのチェックポイントやおすすめをご紹介します。

今すぐ見る!おすすめのソニーミラーレスカメラ10選

ミラーレスカメラを製造・販売しているメーカーはソニーだけではありません。そのため、どのメーカーにしようか購入段階で迷うこともあります。そこで、迷ったときに判断できるように特徴や他社メーカーとの違いをご紹介します。

プロも納得の使用感

キャノンとニコンの2社が主なカメラメーカーでした。ソニーからミラーレスカメラが販売されてからは、プロの中にも使い始める人が増加中です。

 

ソニーのミラーレスカメラは軽くてコンパクトで、それまでの一眼レフカメラ以上の機能を搭載しています。たとえば、シャッター音が他社と比べるとかなり静かで、気を付けていないとわからないような音量です。

瞳オートフォーカス(瞳AF)の精度の高さ

撮影をするとき被写体の瞳にピントを合わせるときれいに撮影できます。しかし、それはプロでも難しい技術の1つです。ソニーはAIを搭載して、誰でも瞳にピントを合わせることを可能にしました。他社にも同様の機能はありますが、ソニーの瞳オートフォーカス機能は精度や検知スピードが他社のカメラより優れています

スタイリッシュなデザインは女子にもうれしい

一眼レフの特徴でもあるファインダー部分のでっぱりをなくしました。それによって、直線的なデザインになり、他社のカメラとの違いを演出しました。APS-C機には、このデザインを採用しています。

 

また、α7とα9シリーズはアクセントカラーとしてオレンジを使用しているため、従来の一眼レフよりもスタイリッシュで洗練された雰囲気が人気です。

ソニーミラーレスカメラもシリーズ化しているため種類が豊富です。それぞれのカメラで得意とする機能や値段が異なります。そこで、自分に合ったカメラを見つけるために、選ぶ際にチェックしてほしいポイントをご紹介します。

フルサイズかAPS-Cか

αシリーズとして展開していますが、カメラ自体はフルサイズかAPS-Cの2種類です。見た目だけではなく、ファインダーの位置や大きさなども違います。

 

たとえば、ファインダーの位置はフルサイズはほぼ中央、APS-Cは左側です。重さは一番軽いカメラAPS-Cの224g、一番重い700gはフルサイズとなっています。

暗い場所にも強いISO感度

撮影は夕焼けや夜に行うこともあります。暗い場所にも強いISO感度モデルのカメラは少ない光でも明るく写し、数値を上げてもノイズを抑えることが特徴です。

 

一般的な高感度と言われる値は102400ですが、ソニーの場合はISO感度が409600と超高感度です。この数値のおかげで、夜間でも鮮明に撮影することが可能になりました。

連写性能・画像効果

乗り物やスポーツなど動いている被写体を撮影する場合、ISO感度とAF(オートフォーカス)機能の連写性が高く、速く正確なものを選びましょう。

 

仕様書でAF値は確認できます。もう一つの方法は、画面上で表示されているAFセンサーの密度を確認することです。密度が高いと、被写体が画面のどこに動いてもフォーカスが合い逃すことはありません。

動画のサイズ

カメラは写真を撮影するだけではなく、動画も撮影できます。1台で二役をこなす場合、きれいな動画を撮影したいときは動画機能もチェックしましょう。

 

ソニーのミラーレスカメラはフルハイビジョンだけではなく、新しいモデルは4K動画の撮影も対応しています。4Kテレビで再生したり、動画配信サイトにアップロードすることも可能です。

画素数はバランスが大事

画素数はカメラ以外の撮影機材でもチェックするポイントです。実は、画素数が高いからといって、きれいに撮影できるわけではありません。プロ用のカメラには画質を上げるために、画素数を落としていることもあります。そのため、画素数が高いことにこだわるのではなく、画質と画素数のバランスが大切です。

今すぐ見る!おすすめのソニーミラーレスカメラ10選

おすすめのソニーのミラーレスαの機能をご紹介します。種類はいくつかあり、中には熟練者向けの高級モデルもあります。機能もカメラによって特徴があるため、機能によって値段も異なります。ここで紹介する機能を参考にしてください。

優れたピント機能

まずは、撮影するときに大切なピント機能についてご紹介します。ミラーレスαのピント機能の特徴「ピントを合わせたまま連写撮影が可能」なことと、「液晶モニターでかんたん」に操作できることです。では、詳しく見ていきましょう。

ピントを合わせたまま連射撮影が可能

被写体によっては、連写撮影をしたいときもあります。動く被写体を撮影するときこそ、ピントがしっかりと合っていないときれいに撮影できません。

 

1秒間に11枚連写できる機能を搭載しているα6100とα6400は、ピントを合わせたまま連写撮影が可能です。連写はボタンを押したままで、連写中も瞳AF機能がしっかりと表情を捉えます。

液晶モニターでかんたん

ミラーレスカメラは液晶モニターを使用しています。スマホのように液晶モニターでさまざまな操作をすることが可能です。

 

たとえば、ピントを合わせたい部分を液晶モニター上でタッチすると、シャッターを切るまで合わせ続けてくれます。タッチした被写体が動いてもピントを合わせてくれるため、構図を崩すことなく撮影可能です。

マウントアダプターで世界中のレンズが使える

便利なアイテムの1つにマウントアダプターがあるのをご存じでしょうか?ソニーのミラーレスカメラもマウントアダプターを使うことで、撮影する範囲が広がります。マウントアダプターを使って、世界中のレンズで撮影してみましょう。

ソニー製レンズには2種類のマウント

純正レンズを使う場合、「Aマウント」と「Eマウント」の2種類があります。わかりやすい違いは型番であるため、レンズを探すときは型番をチェックしましょう。

 

  • Aマウント:ソニーの伝統的なレンズ規格。型番「SAL」
  • Eマウント:新しいレンズ規格。ミラーレスカメラに採用。Aマウントとは口径が違う。型番「SEL」

豊富なレンズにはCarl Zeiss(カールツァイス)社も

ソニーで扱っているEマウントレンズは57種類、その中の1つにカールツァイス社製があります。カールツァイス社のレンズは光の反射によって焼けてしまうことがほとんどなく、色彩が美しい写真が撮影できます。カールツァイスのレンズは赤色で文字が刻印されているため、気になる人はチェックしてみましょう。

ボディ内蔵手ぶれ補正機能

撮影に集中しているとブレてしまうこともあります。ボディ内に手ぶれ補正機能が内蔵されているため、カメラ初心者でもブレることなくきれいに撮影可能です。

 

ただし、カメラによっては手ブレ補正機能がないタイプもありますのでその場合はレンズに内蔵されているタイプを選びましょう。初心者であれば、カメラ内蔵タイプを購入することがおすすめです。

モニターを回転させて自撮りに対応

写真は自分が被写体になることもあります。モニターを回転させることで、自撮りにも対応可能です自動設定される自撮り用タイマー機能がついているため、慌てることなく撮影できます。

 

また、タッチパネルやリアルタイム瞳AF機能によってピントを簡単に合わせることができるため、撮影したい自分の表情を逃すことはありません。

ソニー

SONY α9 II

価格:386,699円 (税込)

最新の画像処理エンジンのBIONZ X(ビオンズ エックス)搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新の技術である画像処理エンジンの「BIONZ X」を搭載しているため、解像度と低ノイズを両立し質感表現を追求したため高画質性能を実現しました。ディテールリプロダクション技術が向上したため被写体の質感を細部まで表現し、絞っても高い解像度を維持することが可能です。

 

撮影時、従来品ではブラックアウトしていました。しかし、ブラックアウトフリー連続撮影機能によってブラックアウトせずに連続撮影が可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α9 II
撮像素子 35mmフルサイズ(35.6×23.8mm)・Exmor RS CMOSセンサー シャッタースピード 電子:1/32000~30秒・メカニカル:1/8000~30秒
有効画素数 約2420万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
ISO感度 【静止画】メカシャッター時: ISO100-51200 ・ 電子シャッター時: ISO100-25600 ・【動画】 ISO100-51200 記録メディア SDカード・SDHCカード・SDXCカード
手ぶれ補正機構 あり 連写速度 最高20コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160)30p サイズ 約128.9×96.4× 77.5mm
重量 約593g レンズキット あり
その他機能 WBブラケット機能・動体予測
ソニー

SONY α9

価格:510,000円 (税込)

評判のいい高容量バッテリーを搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

撮影に時間がかかる場合、少しでも長く使用できるように交換用バッテリーを用意したり、高容量バッテリーを使用するなどの方法で対策しています。α9のバッテリーは従来の2.2倍の容量をもつ「NP-FZ100」を搭載しているため、一度の充電で480枚も撮影が可能になりました。さらに、デュアルスロットを採用したため同時記録が可能です。忙しい現場のプロからも評判のいい機能や部品を搭載したことによって、撮影時のストレスを減らすことが可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α9
撮像素子 35mmフルサイズ(35.6×23.8mm)・Exmor RS CMOSセンサー シャッタースピード 電子:1/32000~30秒・メカニカル:1/8000~30秒
有効画素数 約2420万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
ISO感度 【静止画】 メカシャッター時: ISO100-51200 ・電子シャッター時: ISO100-25600 ・【動画】 ISO100-51200 記録メディア SDHCカード・SDカード・メモリースティックPRO Duo・SDXCカード
手ぶれ補正機構 あり 連写速度 最高約20コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160)30p サイズ 126.9×95.6×63 mm
重量 588g レンズキット なし
その他機能 自分撮り機能・オートフォーカス機能
ソニー

SONY α6600

価格:154,800円 (税込)

自動追尾撮影ができるためストレスフリーとの評判

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

α6600は液晶モニターで被写体をタッチすると、自動追尾機能のおかげで動く被写体も逃すことなく撮影可能です。ペットや子どもの一瞬の表情も撮影できるため、それまで以上に美しく思い出を残すことができるとの評判です。

 

動画も美しく残すことができるようにSuper 35mmフォーマットを搭載したことによって、本格的な4K動画が撮影可能になりました。マイク端子とヘッドホン端子によって、音も美しく記録できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α6600
撮像素子 APS-C23.5mm×15.6mm・Exmor CMOSセンサー シャッタースピード 1/4000~30秒
有効画素数 2420万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
ISO感度 静止画撮影時:ISO100-32000・動画撮影時:ISO100-32000 記録メディア SDカード・SDHCカード・SDXCカード・メモリースティックPRO Duo・メモリースティックPRO-HG Duo
手ぶれ補正機構 あり 連写速度 最高約11コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160)30p サイズ 120×66.9×69.3mm
重量 418g レンズキット あり
その他機能 タッチトラッキング・ピーキング機能
ソニー

Α7R IV

価格:228,800円 (税込)

画素数が評判のカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

α7RⅣの画素数は約6100万画素もあるため、どれだけトリミングをしても問題がないという評判です。画素数が売りのモデルであるため新開発の裏表照射型CMOSセンサーを搭載し、フルサイズミラーで圧倒的な解像度を実現しました。

 

センサーによってノイズ処理やキャップレスオンチップレス構造やARコーティングなど、さまざまなイメージセンサー技術をコンパクトなボディに内臓しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α7R IV
撮像素子 フルサイズ35.7mm×23.8mm・Exmor R CMOSセンサー シャッタースピード 1/8000~30秒
有効画素数 6100万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
ISO感度 静止画撮影時:ISO100-32000・動画撮影時:ISO100-32000 記録メディア SDカード・SDHCカード・SDXCカード
手ぶれ補正機構 あり 連写速度 最高約10コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160)30p サイズ 128.9×96.4×77.5mm
重量 580g レンズキット なし
その他機能 UHS-II対応デュアルスロット・高速AF性能・フリッカーレス撮影
ソニー

Sony α7C

価格:235,609円 (税込)

コンパクトサイズで最新のフルミラーレス一眼カメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最小・最軽量の509gのコンパクトサイズにもかかわらず、最新のフルミラーレス一眼カメラです。コンパクトサイズですがさまざまなソニーの技術を詰め込んでいるため、思い出を美しく残すことができます。

 

たとえば、最新のAFを搭載しているため、静止画・動画のどちらで撮影をしても被写体を見逃すことなくカメラが自動でピントを合わせてくれます。動画の場合、4Kでの撮影も可能なため高解像力の画質を残すことが可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α7C
撮像素子 35mmフルサイズ (35.6 x 23.8mm)・Exmor R CMOSセンサー シャッタースピード 電子:1/8000~30秒・メカニカル:1/4000~30秒
有効画素数 2420万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
ISO感度 【静止画】ISO100-51200 ・【動画】ISO100-51200 記録メディア SDカード・SDHCカード・SDXCカード
手ぶれ補正機構 あり 連写速度 最高約10コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160)30p サイズ 124×71.1×59.7mm
重量 424g レンズキット なし
その他機能 光学式5軸ボディ内手ブレ補正・リアルタイムトラッキング
ソニー

Sony α6100 ILCE-6100L

価格:98,800円 (税込)

うれしいコスパのミラーレスカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

α6100 ILCE-6100Lは、ソニーのミラーレスカメラの中では10万円以下のうれしいコスパを実現したカメラです。しかし、搭載されている機能は他のカメラと差はありません。

 

たとえば、高精度で高速AFのリアルタイム瞳AFとリアルタイムトラッキングに対応しています。ボディはコンパクトサイズですが、フルサイズミラーレスカメラの画像処理アルゴリズムを引き継いでいます。そのため、細部の質感が他のモデルよりもアップしました。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α6100・ILCE-6100L
撮像素子 APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)・Exmor CMOSセンサー シャッタースピード 1/4000~30秒
有効画素数 2420万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
ISO感度 静止画撮影時:ISO100-32000・ 動画撮影時:ISO100-32000 記録メディア SDカード・SDHCカード・SDXCカード・メモリースティックPRO Duo・メモリースティックPRO-HG Duo
手ぶれ補正機構 なし 連写速度 最高約11コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160)30p サイズ 120×66.9×59.4mm
重量 352g レンズキット あり
その他機能 リアルタイム瞳AF・Dレンジオプティマイザー機能
ソニー

Sony α7S III ILCE-7SM3

価格:409,000円 (税込)

最新のフルサイズイメージセンサーを搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新のフルサイズイメージセンサーとBIONZ XRを搭載したことによって、フルサイズ領域での4K全画素読み出し、10bitのビット深度、4:2:2カラーサンプリングなどレベルの高い品質を実現しました。動画を4Kで撮影しスローモーションで再生した場合、最大5倍で再生するため表現の幅が広がりました。

 

また、αシリーズの中では初めてカメラからHDMIケーブルを使って、外部レコーダーに出力することが可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α7S III・ILCE-7SM3
撮像素子 35mmフルサイズ (35.6 x 23.8mm)・Exmor R CMOSセンサー シャッタースピード 1/8000~30秒
有効画素数 1210万画素 記録フォーマット JPEG/RAW/HEIF
ISO感度 静止画撮影時: ISO80-102400 ・ 動画撮影時: ISO80-102400 記録メディア CFexpressカードTypeA SDカード・SDHCカード・SDXCカード
手ぶれ補正機構 あり 連写速度 最高約10コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160)120p サイズ 128.9×96.9×80.8mm
重量 614g レンズキット なし
その他機能 アーキテクチャー・S-Cinetone・像面位相差AF
ソニー

SONY α7S II

価格:68,980円 (税込)

ちょうどいい画素数と評判のカメラ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画素数は1200万画素であり、他のモデルでも同じ画素数のカメラは販売されています。1200万画素は使う人によっては「ちょうどいい」と感じる評判の画素数です。

 

また、最高ISO感度409600を実現したエクスモアCMOSセンサーを搭載しているため、暗闇の撮影だけではなく高速シャッターでの撮影も可能にしました。静止画、動画のどちらでも美しく高画質の映像を撮影できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α7S II
撮像素子 フルサイズ 35.6mm×23.8mm・CMOS シャッタースピード 1/8000~30秒
有効画素数 1220万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
ISO感度 静止画撮影時: ISO100-102400・動画撮影時:ISO100-102400 記録メディア SDHCカード・SDカード・メモリースティックPRO Duo・SDXCカード
手ぶれ補正機構 あり 連写速度 最高約5コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160)30p サイズ 126.9×95.7×60.3mm
重量 584g レンズキット なし
その他機能 ファストインテリジェントAF・ExmorCMOSセンサー
ソニー

SONY α6500

価格:93,800円 (税込)

最新のフロントエンドLSI搭載

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2420万画素のエクスモアCMOSセンサーを搭載しています。優れた集光率で、幅広い感度域と高感度撮影を行ったときの低ノイズ性を実現しました。また、最新のフロントエンドLSIとBIONS Xを搭載しているため、イメージセンサーに合わせて画像処理を最適化することで、きれいな画質でノイズの少ない質感描写が可能です。

 

きれいと感じた映像をそのまま写真に残すことができるため、さまざまな思い出を撮影しましょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α6500
撮像素子 APS-C 23.5mm×15.6mm・CMOS シャッタースピード 1/4000~30秒
有効画素数 2420万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
ISO感度 静止画撮影時:ISO100-25600・動画撮影時:ISO100-25600相当 記録メディア SDHCカード・SDカード・メモリースティックPRO Duo・SDXCカード
手ぶれ補正機構 あり 連写速度 最高約11コマ/秒
動画記録画素数 4K(3840x2160) 30p サイズ 120×66.9×53.3mm
重量 410g レンズキット なし
その他機能 像面位相差AFセンサー・APS-Cセンサー・高解像4K・タッチフォーカス
ソニー

Α7R IV

価格:228,800円 (税込)

軽さが評判のカメラ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの場合、カメラは旅先やイベントなどの外出先で使います。そのため、専用のカバンに入れたり自分の手持ちのバッグに入れて持ち運ぶため、気になる点がカメラの重さです。α7Rの重さは407gと軽いため、持ち運ぶときに軽いからいいという評判です。

 

軽いカメラであれば、長時間使用していても手や肩が疲れたりしません。ロックオンAF機能が搭載されているため、軽いカメラを構えたまま簡単に撮影することが可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(Sony) 商品名 α7R
撮像素子 フルサイズ 35.9mm×24mm・CMOS シャッタースピード 1/8000~30秒
有効画素数 3640万画素 記録フォーマット JPEG/RAW
ISO感度 静止画撮影時:ISO100-25600・動画撮影時:ISO200-25600 記録メディア SDHCカード・SDカード・メモリースティックPRO Duo・SDXCカード
手ぶれ補正機構 なし 連写速度 最高約4コマ/秒
動画記録画素数 フルHD(1920x1080)60p サイズ 126.9×94.4×48.2 mm
重量 407g レンズキット なし
その他機能 ピクチャーエフェクト機能・スイングパノラマ機能

きれいに撮った写真は、家族や友人などいろいろな人と共有したいでしょう。印刷をする方法もありますが、データの状態で共有することも方法の1つです。

 

ソニーのカメラでは専用のアプリをダウンロードしておくと、写真をスマホに転送できます。事前準備としてスマホに専用アプリをダウンロードし、カメラとペアリングしましょう。転送したい写真を一枚ずつでも、複数枚を同時にでも自分のスマホに転送し、あとは通常の方法で送りたい人に送信しましょう。

カメラはさまざまな機能が搭載されているため、初心者からプロまで幅広い人が使いやすくなっています。ソニーのミラーレスカメラは種類が豊富で、機能や重さなどが異なります。自分の目的に合ったカメラを見つけて、思い出をきれいに残しましょう。