コンデジ対応ジンバルおすすめ人気5選|ジンバルとは?使い方も

動画撮影する方の間で人気が高まっているコンデジ対応ジンバル。プロカメラマンのようになめらかな動画を撮影したい場合におすすめのアイテムです。今回は、ジンバルとは何かという基本知識から、コンデジ対応ジンバルの選び方や使い方、DJIなどのおすすめ製品を紹介します。

2023/01/16 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
Hohem

Hohem iSteady Multi

スマホや重量400g以下のアクションカメラ、コンデジに対応し、Sony Multi Camera Control Cableが利用できるためSONYのRXシリーズにおすすめしたいジンバルです。SONYのコンデジだけでなく、その他メーカーのコンデジや85mm幅までのスマホ、アクションカメラにも対応しています。本体重量は550gです。

 

操作系統もコンパクトで使いやすく、手軽に使えるため入門機としても最適です。Hohem iSteady Multiの特徴である最大600°回転できるパンモーターによって回転方向にも手ブレ補正をかけられるため、映画のようなパノラマ撮影が可能です。ただし防水仕様ではないので、雨天時やアウトドアでの使用を考えている方は他の防水対応ジンバルを選ぶことをおすすめします。

メーカー
Hohem
商品名
iSteady Multi
重量
550g
耐荷重量
400g
Feiyu Tech

Tech G6 Plus

マジックリングでスムーズな撮影が可能

800gまでのカメラに対応しているため、コンデジはもちろん、小さめのミラーレスや一眼レフなど多くの機種で使用できるジンバルです。本体の重量は663g、連続稼働時間は12時間です。特徴は新しく搭載された「マジックリング」。ジンバルとカメラをWiFi接続することで、ジンバルのハンドル部に搭載されているリングで、カメラのズームやフォーカスを操作できます。

 

3軸のしっかりした手ブレ補正効果に加えて防水機能を搭載しているため、悪天候や水辺での撮影でも安心です。

メーカー
Feiyu
商品名
Tech G6 Plus
重量
663g
耐荷重量
800g
Zhiyun

Crane-M2

小型のミラーレスやコンデジ、スマホなど、720gまでのカメラが装着可能なジンバルです。6つの操作モードを搭載しており、特にカメラを常に一定方向に固定するロック機能が好評を得ています。ジンバルとしてはクラス最小、最軽量のボディで重さは500gほどです。

 

ポケットやバッグに入れて持ち歩きがしやすいため、旅行やアウトドアでの使用にも最適ですが、連続稼働時間は7時間と他のジンバルに比べると短くなっています。

 

WiFiとBluetooth機能が搭載されており、シームレスなワイヤレスカメラコントロールが可能で、YouTubeなどのSNSへアップロードするVlogを撮りたい方にもおすすめです。ただし対応しているカメラが限られているため、使用予定のカメラの対応可否はあらかじめチェックしておきましょう。

メーカー
ZHIYUN
商品名
Crane-M2
重量
約500g
耐荷重量
720g
モザ(MOZA)

AirCross 2

堅牢なマグネシウム合金を採用し、約1kgの軽量な本体に3.2kgの耐荷重量を備えたジンバルです。コンデジはもちろん、ほとんどのスマホやミラーレス一眼カメラに対応します。「スマートホイール」を使えばフォローフォーカスの制御ができるほか、3軸それぞれの制御も可能です。スマホと連携すると、スマホ本体の動きを模倣してジンバルの精度をさらに高められます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
モザ(MOZA)
商品名
Aircross 2 ブラック・アルペンホワイト
重量
1050g
耐荷重量
3.2kg
DJI

RSC 2

コンデジとミラーレス一眼、デジタル一眼レフカメラに加えてスマホにも対応するジンバルです。折りたたみ設計となっているので、持ち運びや収納しやすいのが特長です。指先に設置したフロントダイヤルを使えば、ジンバルを手にしたまま片手でスムーズなフォーカス調整ができます。また、ワンタッチで縦位置撮影のポートレートモードへの切り替えもでき、まるでプロのような高品質な動画撮影が可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
DJI
商品名
RSC 2
重量
約1216 g
耐荷重量
3kg
DJI

DJI POCKET 2

高精度で手ブレを補正する3軸ジンバルを備えたジンバルつきカメラです。約1秒で写真や動画の撮影を開始できるクイック撮影により、撮りたい場面を逃さず撮影できます。高精細な4K動画の撮影に対応し、HDR映像であれば露出レベルをエリアごとにわけてレイヤー化したポップな表現も実現します。さらに「Active Track 3.0」を使うと、動いている被写体を自動追跡してフレーム内に収めてくれます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
DJI
商品名
DJI POCKET 2
形状
ハンドヘルド型
F値
1.8
有効画素数
6400万
焦点距離
20mm
ISO感度
100~6400
動画
4K
サイズ
124.7×38.1×30mm
重量
117g
その他機能
美顔効果、ストーリーモード、タイムラプスなど
モザ(MOZA)

MOIN Camera MPC01

3軸手ブレ補正可能なジンバルが一体化した、4K対応のジンバルカメラです。手のひらサイズに2.45インチタッチモニターを搭載し、そのまま手ブレの少ない動画を簡単に撮影できます。電源と撮影ボタンだけのシンプルなカメラは、タッチモニターで直感的に操作でき、専用スマホアプリでの操作や編集作業にも対応しています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
モザ(MOZA)
商品名
MOIN Camera MPC01
形状
ハンドヘルド型
F値
2.2
有効画素数
1200万
焦点距離
14mm
ISO感度
100~3200
動画
4K
サイズ
129×37.8×32mm
重量
175g
その他機能
スマホアプリ対応
FeiyuTech

Feiyu Pocket

6層広角120°レンズを採用したカメラ一体型のジンバルです。本体は115gと軽量で、その名の通りポケットに入るほどのコンパクトさなので、持ち歩きや長時間の撮影も容易にこなせます。ソニー製のカメラを搭載しており、小型ながら定点タイムラプスやモーションタイムラプスの撮影が可能で、オールフォローモードを使えば宙に浮いているような動画も手軽に撮影できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
FeiyuTech
商品名
Feiyu Pocket
形状
ハンドヘルド型
F値
2.8
有効画素数
851万
焦点距離
14mm
ISO感度
100~3200
動画
4K
サイズ
124.5×40.5×30mm
重量
115g
その他機能
オブジェクトトラッキング、Wi-Fiモジュール搭載、遠隔操作対応など