【2020年】コンデジ対応のおすすめスタビライザーを紹介!【動画撮影に欠かせない】

コンデジでスタビライザーを使いたい。歩きながら綺麗な動画を撮りたい。そう思ったことはありませんか?ここではコンデジでスタビライザーを使う際のポイントや選び方をわかりやすくまとめていますので、スタビライザーを選ぶ際の参考にしてみてください。

コンデジの動画撮影にはスタビライザーが便利!手振れ防止効果が!

コンデジで動画を撮る時の手振れをなんとかしたい。そう思った時に三脚もいいですが、スタビライザーを使用するのはいかがでしょう。ジンバルとも呼ばれるこの器具を使えば、コンデジでも持ち歩きながら綺麗な動画を撮影したり、静止画でもさっとピントを合わせることが出来ます。手ブレを吸収しカメラにブレを伝えない効果があります。

 

最近のスタビライザーは三脚にもなる商品も多く、またスマートフォン用のスタビライザーも発売されるなど種類も多岐に渡ります。普段から使用している人も増えており、特に外国人観光客の街角での撮影風景をみると、スタビライザーは標準装備だという方が非常に多いです。

 

また、コンデジの動画機能が飛躍的に向上しており4K撮影も出来る時代となっているため、ビデオカメラを買わずにコンデジ+スタビライザーで撮影を済ます方も増えています。ここではそんなスタビライザーの種類や選び方のポイントに付いてご紹介します。

【4K/フルHD】動画機能のおすすめデジカメ一覧と選び方

スタビライザーとジンバルは同じもの?

スタビライザーにはモーター付きの電動式と重りをつけて揺れを軽減するタイプの機械式があり、電動式スタビライザーのことをジンバルと呼びます。

【2019年最新】コンデジ対応のおすすめジンバルを紹介!選び方から使い方も解説

コンデジ用スタビライザーの選び方

それでは、スタビライザーの種類を補正方式や形状からご紹介し、その他のチェックポイントもご案内しますので、選ぶ時の参考にしてみてください。

補正方式をチェック

まずスタビライザーの補正方式をチェックしましょう。これによって作画の美しさが変わりますが、商品価格が大きく変わることも見逃せません。

安いスタビライザーなら手動式(機械式)

手動式(機械式)のスタビライザーは、付属の重りを調節して機器のバランスを保ち、手ぶれを抑えます。メリットは構造が単純なため、どなたにでも扱いやすいこと、そして価格が安価であることです。

 

慣れるまで少々時間がかかることもありますが、導入コストが安いため初めてスタビライザーを使うコンデジ単体での手振れ補正とどれほど違うか試してみたい、という方にはおすすめです。しかしながら、下で紹介する電子式と違い本体が大きいのはマイナス面だと言えます。

本格的な撮影には電動式

電動式スタビライザーでは、電動モーターの自動補正により常に安定した綺麗な撮影が可能です。手動式(機械式)と作画を見比べた場合、微細なぶれへの補正に顕著な違いが現れてきますので、長時間動画やコンテスト・プロ用に撮影するのであればこちらをおすすめします。

 

デメリットとしては、しっかりとした商品では販売価格が3万円以上も珍しくないほど高価な商品だということと、設定が複雑で慣れが必要だということです。最近ではスマホカメラ需要で1万円を切る電動式も発売されていますが、何軸補正であるのか、耐荷重などしっかりと確認が必要です。

形状による違い

次に、形状による違いを見ていきましょう。それぞれ紹介していきますので、何がご自分に合っているのか参考にしてください。

趣味の撮影にハンドヘルド型

グリップが付いており、片手で持って使用できる簡単なタイプは、このハンドヘルド型になります。趣味での撮影投稿動画撮影用では一番幅広く使われているタイプです。価格も機械式の安価なものから、電動式のミドルクラスのものまで、比較的手に入れやすいものとなっています。

プロも使うボディマウント型

ボディマウント型というタイプも存在します。両手で補正器具を扱うため非常に補正効果が大きく安定します。こちらも手動式(機械式)と電動式がどちらも存在し、3000円ほどの低価格なものから、20万円を超えるプロ用のものまで価格も幅広いです。

 

メリットは安定しやすいということですが、デメリットはそのための大きさだと言えるでしょう。最近は折りたためるタイプもありますが、ハンドヘルド型と比べてかさばることには違いありません。それから、常に両手が塞がるというのもデメリットだと言えます。

いいとこどりのショルダーマウント型

ボディマウントとハンドヘルドの中間とも言えるショルダーマウント型も存在します。ボディマウント型のように両手が塞がらず、肩とボディの3点で支えるため補正も非常に安定します。ハンズフリーで使うことが出来ることも強い利点です。

 

カメラを支える際の荷重も、ボディと肩へと分散されるため疲れにくいのもいいところです。本体が大きく持ち運びの際にかさばるということを除けば、安定した綺麗な動画を長時間撮影することに非常に向いています。

コンデジ用スタビライザーを購入する時のチェックポイント

次はコンデジ用にスタビライザーを選ぶ際に確認しておきたいポイントをまとめました。

カメラの重量をチェック

スタビライザーにはそれぞれの器具によって、すべて耐重量が明記されています。この重量を上回ると補正効果が保証されないばかりか、器具の破損にも繋がってきますので、しっかりとカメラの重量を確認してから購入しましょう。

 

最近ではスマートフォン用の低価格なスタビライザーも多く発売されていますが、スマートフォン用ではなおさら耐重量に注意が必要です。また、コンデジ側にファインダーやストロボなどアクセサリーを外付けする場合も、総重量がいくつになるのか確認をした方が無難です。

【軽量で高画質】おすすめの小型デジタルカメラと選び方を紹介

どんなアングルで撮影をするのかチェック

旅行やイベントに町歩きなど、手軽な撮影をするのならは扱いやすく取り出しやすいハンドヘルド型が実用的ですし、ローアングルな撮影をするのであれば、しゃがんで吊り下げられるタイプのスタビライザーがおすすめです。

 

また、グリップが三脚にもなるタイプを使えば、固定したアングルで落ち着いて撮影することも可能です。使用用途を想定して利用シーンに合ったものを選ぶことは大切です。

連続使用時間をチェック

電気式スタビライザーの場合、バッテリーの連続駆動時間にも注目しましょう。7〜12時間の連続使用可能機種が主なものとなりますので、1日でどれほど利用するかを想像して選ぶ必要があります。また、スタビライザーのバッテリーからコンデジへ充電出来るタイプもありますが、当然使用時間は減ってしまいます。

コンデジに使えるスタビライザーおすすめ2選

Hohem Japan

Hohem iSteady Multiスタビライザー

価格:23,999円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは重量400gまで対応している電動式スタビライザーです。コンデジ・アクションカメラ・スマートフォンを主な用途と想定しているため、コンデジ用のスタビライザーをお探しの方にはまさにぴったりです。

 

しっかりとした3軸補正で三脚付きの3in1スタビライザーとしては非常にコストパフォーマンスがよく、特にSONYのRX100シリーズを使っている方には最適とのレビューも見受けられます。価格が手頃なこともあり、初めてスタビライザーを使う方にはまさにぴったりの商品です。

Zenic

スタビライザー

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは耐重量1.5kgまでカバーしている手動式スタビライザーです。電動式のような精密さは求めない撮影をする方や、スタビライザーを初めて使ってみるという方におすすめです。何と言っても価格が安いので、入門機にまさに最適です。

 

また、上記でご紹介した機種とは違い一眼レフも対応していますので、一眼レフカメラをお持ちの方はそちらにも使うことができます。またスマホ用クリップもセットでついていますので、スマホ動画を撮る際に安いスタビライザーを探しているという方にもぴったりですね。

一眼レフ用のスタビライザーはコンデジに使えるのか

一般的にカメラ用のスタビライザーと言われると、対象を一眼レフカメラとしている場合が多く見受けられます。そのため、コンデジではスタビライザーを使えないのか疑問を抱かれる方がいるようです。

 

すばり答えを言いますと、重量の範囲内であれば使えます。スタビライザーはカメラの底に付いているネジで本体と固定して使用しますが、このネジのサイズは一眼レフもコンデジも同じサイズ規格で統一されているのです。

 

これは三脚も同様で、ネジのサイズが同じだからこそ、汎用品の三脚を購入してもどのカメラでも使うことができます。同じことがスタビライザーにも言えますので、安心して選んで大丈夫です。