キャノン PowerShot SX70 HS デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥51,470
キャノン PowerShot SX70 HS カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、キャノン PowerShot SX70 HS カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

21mm~1365mm相当の光学65倍ズームレンズを内蔵の最新型モデル

高倍率ズームを内蔵した一体型コンパクトカメラの最新モデルです。フル判換算で 広角21mm相当から1365mm相当の画角をカバーする光学65倍ズーム搭載の超望遠ズームレンズを内蔵しながらも小型で約600グラムの軽量さです。ファインダーを覗いただけで自動的に液晶モニターとEVFが切り替わるアイセンサー付きなので自然でスムーズな撮影ができます。液晶モニターは3.0型のバリアングル式なので自在に角度を変えてハイアングルやローアングルでの撮影もできるし自撮り撮影も可能。最高約10コマ/秒の高速連写でシャッターチャンスも逃さないし、4K動画撮影もできるし、Wi-FiとBluetoothに対応しているので撮影しながら画像をスマホに自動送信もできます。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

バリアングル液晶

可動式モニターの一種。上下左右自由にモニターを動かすことができるため、ハイアングル、ローアングルどちらの撮影にも向いている。モニターをひっくり返すと自撮りをすることも可能。

電子ビューファインダー(EVF)

ファインダー内に格納された小さなモニターを見ることができる仕組みのこと。よく光学ビューファインダー(OVF)と比較される。撮影時に細かく設定した、明るさや色合いの状態が反映されたものを撮影前に見ることができ、夜間での撮影もしやすい。電源をつけないと使えないこと、多少の遅延が生じることが弱点。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

35mm換算(フルサイズ判換算)

初心者が非常につまづきやすいポイント。 同じレンズを用いても、カメラのセンサーサイズが異なると画角がかわる(=写る範囲が変わる)。そのため、「仮にセンサーサイズが35mm判だったらどれくらいの画角なのか?」と計算したものを35mm換算と言う。カメラレンズの画角性能を比較する時に、全てのレンズを統一した基準で比較することが可能になるため、換算された数値同士の比較で欲しいカメラを決めるとわかりやすい(初心者の方は35mm換算された画角を比べて商品を選ぶと良い)。

PowerShot SX70 HSのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

4K動画撮影も可能でBluetooth/Wi-Fi機能も内蔵

NIKON
COOLPIX P950
95,436円〜

SX70HSの4年前に発売された機種だが内蔵ズームは同じで基本性能に大幅な差はない

Canon
PowerShot SX60 HS
31,500円〜

キャノン PowerShot SX70 HSの基本スペック

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot SX70 HS 光学65倍ズーム 4K動画対応 PSSX70HS

価格:52,920円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー キャノン(Canon) 商品名 PowerShot SX70 HS
映像素子 1/2.3型CMOS (裏面照射型) F値 F3.4~F6.5
有効画素数 2030万画素 光学ズーム 65倍
焦点距離 21mm~1365mm 撮影感度 100~3200倍
手ぶれ補正 光学式 AF(オートフォーカス) コントラストAF
連写速度 1~1/2000 コマ/秒 動画 3840x2160(4K)
サイズ 127.1x90.9x116.6 mm 重量 574g
その他機能 Wi-Fi対応 Bluetooth対応 PictBridge対応

PowerShot SX70 HSのケース

キヤノン

Canon ソフトケース (ブラック) CSC-300BK

価格:3,880円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CSC-300はPowerShot SX70 HSの専用カメラケースです。ソフトケースではあるものの、非常に頑丈な作りになっているため、安心して持ち運ぶことができます。

PowerShot SX70 HSの充電器

キヤノン

Canon バッテリーチャージャー LC-E12

価格:4,187円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LC-E12はPowerShot SX70 HSの専用充電器です。口コミを見る限り、LC-E12の評価は高く多くの方が満足しています。過充電の心配もないため、安心してお使いいただけます。

PowerShot SX70 HSのバッテリー

キヤノン

Canon バッテリーパック LP-E12

価格:4,540円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LP-E12はPowerShot SX70 HSの専用バッテリーです。コンパクトデジタルカメラのバッテリーは容量が少ないものも多いですが、LP-E12に対する口コミで、そういったレビューはあまり見かけません。

キャノン PowerShot SX70 HSのおすすめポイント

プログレッシブファインズーム

PowerShot SX70 HSは最大130倍のプログレッシブファインズーム機能を搭載しています。プログレッシブファインズームはズーム時でも解像度を損なわない設計のことで、通常は50~80倍くらいのものが多いです。

デュアルセンシングIS

PowerShot SX70 HSは望遠時の手ブレを抑えるデュアルセンシングIS機能を搭載しています。手ブレに強いコンパクトデジタルカメラは多いですが、望遠時に手ブレを補正できる製品は少ないので、カメラ初心者の方におすすめです。

フレーミングアシスト

PowerShot SX70 HSは被写体を自動で追尾するフレーミングアシスト機能を搭載しています。ズーム倍率が上がるほど、被写体を追うことは困難になってくるのですが、フレーミングアシストを使えば、動きの激しいシチュエーションでも対応する事が可能です。

キャノン PowerShot SX70 HSの悪い点をレビュー

重量がかなり重い

本製品はUIデザイン、コストパフォーマンスに優れた製品なのですが、性能が高い分、コンパクトデジタルカメラにしてはかなり重くなっています。その重量は500 gを超えてくるので、力の弱い方だと手ブレしてしまうこともあります。

ファンクションボタンがない

本製品には、お気に入りの機能をワンタッチで呼び出せるファンクションボタンが存在しません。機能やフィルターが豊富な分、毎回毎回お気に入りの機能を選択するのは面倒なのが残念なポイントですね。

VGA記録がない

本製品にはPCの標準規格である640×480ピクセルで記録できないため、ブログなどに投稿する際にいちいちトリミングをしなければいけないというデメリットがあります。ブロガーの方にとっては、かなり大きいデメリットとなるのではないでしょうか。

キャノン PowerShot SX70 HSの良い点をレビュー

抜群のズーム倍率

本製品は最大65倍という、コンパクトデジタルカメラの中でもトップクラスの光学ズーム性能を持っています。通常この倍率までズームすると、かなり解像度が落ちるのですが、プログレッシブファインズームを搭載しているため、高い解像度でズームすることができます。

スポーツモード

本製品は激しく動く被写体を自動で追尾し、ピントを合わせるスポーツモードを搭載しています。スポーツモードにより連写撮影でもピントが合うため、運動会や野鳥、ペットの撮影などに特化しています。

ズーム時でも手ブレしない

コンパクトデジタルカメラの多くは、どんなに標準時の手ブレ補正が良くても、ズーム時になると一気に手ブレしてしまいます。PowerShot SX70 HSの場合はデュアルセンシングISを搭載しているため、ズーム時でも手ブレをかなり抑えてくれるというメリットがあります。

キャノン PowerShot SX70 HSの口コミを集めてみました

付属の充電器が爆速充電、気づけばオレンジから直ぐ緑色に! バッテリーもスリムで数個携帯していますが苦にならないです。

出典:https://review.kakaku.com

コンパクトデジタルカメラのバッテリーは容量が小さいものも多いので、急速充電は大きなメリットですね。急にカメラが撮りたくなったときに、すぐ充電できるのは嬉しいですね。

多彩な撮影シーンモード、バリアングル液晶、4K動画撮影、Wi-Fi 接続での画像転送など充実した機能性です。

出典:https://review.kakaku.com

今回紹介した製品は豊富なフィルターを兼ね備えています。様々なシーンに合ったフィルターをかけることで表現の幅も広がるでしょう。4K動画に対応しているのも大きなメリットとなるのではないでしょうか。

超望遠の世界を撮ってみたくなり、手持ちのミラーレス一眼(EOS M5)を売却して購入…結果大満足でした! コンデジよりは大きいですが、一眼レフを持ち歩くことを考えれば全然フットワーク軽く動けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

PowerShot SX70 HSはコンパクトデジタルカメラにしてはかなり大きい部類に入ります。大きいというデメリットを持っていますが、その分性能はかなり一眼レフに近く、コストパフォーマンスにも優れます。

製品に付属の取説は使い物にならない。詳しい取説を購入したら高価なので驚いた。

出典:https://www.amazon.co.jp

確かにこの手の製品の付属取扱説明書は情報量が少なく、初心者にとって優しいとは言えません。カメラ製品は取扱説明書と別に詳しい使い方ガイドが別売りされている場合も多いので、操作に自信がない方はそちらを購入すると良いでしょう。

普段はニコン5600を使っています❗今回 長距離の山陰 四国の旅に行くのでズーム望遠までカバーできるpowershotをと思い購入しました❗ ニコンのサブ機種として420を使ってましたがレンズが破損してしまい使用でき無くなり購入至りました 使いかっての良い設計で手におさまり素晴らしいカメラです

出典:https://www.amazon.co.jp

今回紹介した製品のズーム性能が非常に高いです。こちらの口コミの方もおっしゃるように、PowerShot シリーズは使い勝手の良い設計なので、初心者の入門機としての利用もおすすめできます。

連写機能が非常に悪い。このカメラは連写撮影限界枚数が画面左上に表示され、SDカードによりこれが変わるが、クラス10のSDカードで連写限界枚数がわずか45枚。

出典:https://www.amazon.co.jp

今回紹介した製品の連写撮影性能はオートフォーカスの設定によってかなり変わるので、使用する際には事前知識が必要となります。コンパクトデジタルカメラ初心者であれば問題なく使用できるでしょう。

モデルチェンジを待って購入しました。 ですから性能などは申し分なく良い機体だと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

今回紹介した製品はコストパフォーマンスに優れた製品で、性能も申し分ないでしょう。全体的にバランスの良い機体なので、無難にコンパクトデジタルカメラを買いたい人におすすめです。

価格プラスαの性能です

出典:https://www.yodobashi.com

コンパクトデジタルカメラにおいてコストパフォーマンスは重要な要素となってくるので、コストパフォーマンスについての評価が高い本製品は優秀と言える製品であるのではないでしょうか。

キャノン PowerShot SX70 HSとNikon COOLPIX P900の違い

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P900 ブラック クールピクス P900BK

価格:44,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

COOLPIX P900はPowerShot SX70 HSと同じネオ一眼にあたるコンパクトデジタルカメラです。

 

COOLPIX P900とPowerShot SX70 HSは、「有効画素数」「光学ズーム」「動画の画質」において違いがあります。

 

有効画素数については、PowerShot SX70 HSは有効画素数が2030万画素であるのに対し、COOLPIX P900の1605万画素有効画素数は83倍となっています。

解像度はPowerShot SX70 HSの方が圧倒的に優秀です。

 

光学ズームについては、PowerShot SX70 HSは光学ズームが65倍であるのに対し、COOLPIX P900の光学ズームは83倍となっています。

 

動画の画質については、PowerShot SX70 HSは4Kに対応しているのに対し、COOLPIX P900は対応していません。

 

COOLPIX P900とPowerShot SX70 HSの違いに関する結論としては、ズーム性能に関してはCOOLPIX P900の方が優秀で、画質に関してはPowerShot SX70 HSの方が優秀です。解像度の高い写真を重視する方にはPowerShot SX70 HSを購入する方が得策だといえるでしょう。

キャノン PowerShot SX70 HSとPowerShot SX60 HSの違い

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot SX60 HS 光学65倍ズーム PSSX60HS

価格:43,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PowerShot SX60 HSはPowerShot SX70 HSと同じキャノンから発売されているPowerShot シリーズのコンパクトデジタルカメラです。

 

PowerShot SX60 HSとPowerShot SX70 HSは、「有効画素数」「動画の画質」において違いがあります。

 

有効画素数については、PowerShot SX70 HSは有効画素数が2030万画素であるのに対し、PowerShot SX60 HSの有効画素数は1610万画素となっています。

 

動画の画質については、PowerShot SX70 HSは4Kに対応しているのに対し、PowerShot SX60 HSは対応していません。

 

PowerShot SX60 HSとPowerShot SX70 HSの違いに関する結論としては、コストパフォーマンスに関してはPowerShot SX60 HSの方が優秀で、スペックに関してはPowerShot SX70 HSの方が優秀です。解像度を重視する方にはPowerShot SX70 HSを購入する方が得策だといえるでしょう。

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot SX70 HS 光学65倍ズーム 4K動画対応 PSSX70HS

価格:52,920円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャノン PowerShot SX70 HSについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

商品概要についてですが、価格やスペック面を考慮した上で、どの方にも非常にお求めやすいタイプの商品といっても過言ではありません。

 

続いて、おすすめポイントについてですが、やはり、「プログレッシブファインズーム」と「デュアルセンシングIS」と「フレーミングアシスト」は、ご購入を検討する上で大事な要素になりますし、特に「デュアルセンシングIS」に関しては、鮮鋭な描写を重要視する方にとって、ご購入の決め手だと言えるでしょう。

 

続いて、口コミやレビューについてですが、Amazonや価格.comを見る限り、ポジティブなレビューの方が多い印象です。

レビューを見る限り、今回紹介した製品のご購入は満足できるものなのではないでしょうか。

 

最後に、総合的な評価やおすすめ度合いに関してですが、デザイン面、スペック面、レビューの印象など、全ての要素を加味した上で、多くの方にとって非常に良い商品になるでしょう。