キヤノン PowerShot G3X デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥33,000
Canon PowerShot G3X カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Canon PowerShot G3X カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/04/15 更新

写真家、カメラ評論家

田中希美男

約2000万画素の1.0型センサーと24~600mm相当の光学25倍ズーム内蔵の高級コンパクト

凝縮感がいっぱいで仕上げの良いカメラボディに高倍率ズームレンズを内蔵した高級コンパクトカメラです。タッチパネル式のチルト型液晶モニターを採用している。小型化を優先させて内蔵ファインダーは省略されているが別売アクセサリーとして外付けの電子ビューファインダー・EVF-DC1が用意されていて、カメラ上部のシューに取り付けられる。ダイヤル式のカメラ操作系を多用していて大型のモードダイヤルのほか露出補正ダイヤルなどがあります。フル判換算で24mm相当から望遠600mm相当の画角をカバーする高倍率ズームのズーミングは、レンズ鏡筒の幅広なズームリングを回転する電動式で、被写体の大きさが一定に保って自動ズーミングするオートズーム機能も備えています。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

チルト液晶

可動式モニターの一種。モニターを手前に引くことで上下に動かすことができる。バリアングル式と違い、左右に動かすことはできない。最近は、横方向に動かすことができる3軸チルト液晶も誕生している。

電子ビューファインダー(EVF)

ファインダー内に格納された小さなモニターを見ることができる仕組みのこと。よく光学ビューファインダー(OVF)と比較される。撮影時に細かく設定した、明るさや色合いの状態が反映されたものを撮影前に見ることができ、夜間での撮影もしやすい。電源をつけないと使えないこと、多少の遅延が生じることが弱点。

35mm換算(フルサイズ判換算)

初心者が非常につまづきやすいポイント。 同じレンズを用いても、カメラのセンサーサイズが異なると画角がかわる(=写る範囲が変わる)。そのため、「仮にセンサーサイズが35mm判だったらどれくらいの画角なのか?」と計算したものを35mm換算と言う。カメラレンズの画角性能を比較する時に、全てのレンズを統一した基準で比較することが可能になるため、換算された数値同士の比較で欲しいカメラを決めるとわかりやすい(初心者の方は35mm換算された画角を比べて商品を選ぶと良い)。

PowerShot G3Xのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

約1500万画素の1.5型センサーを採用し24~120mm相当をカバーするズーム内蔵の高級コンパクト

キヤノン
PowerShot G1X II
28,999円〜

約2000万画素の1.0型センサーと24~100mm相当の光学4.2倍ズーム内蔵の小型コンパクトカメラ

キヤノン
PowerShot G7 X MARKII
66,776円〜

Canon PowerShot G3Xの基本スペック

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G3X 広角24mm 光学25倍ズーム PSG3X

価格:66,710円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー キャノン(Canon) 商品名 PowerShot G3X
撮像素子 1型CMOS F値 F2.8~F5.6
有効画素数 2020万画素 光学ズーム 25倍
焦点距離 24mm~600mm 撮影感度 ISO125~12800
手ぶれ補正 光学式 AF(オートフォーカス) TTLオートフォーカス
連写速度 5.9コマ/秒 動画 1920x1080(フルHD)、60fps
サイズ 123.3x76.5x105.3 mm 質量 690g
その他機能 Wi-Fi対応、NFC対応

Canon PowerShot G3Xのケース

キヤノン

Canon ソフトケース CSC-G5BK PSG3X専用 CSC-G5BK

価格:5,346円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品はメーカー純正のソフトケースです。

デジタルカメラは持ち運んで使用する方が多いため、同時にケースの購入をおすすめします。

Canon PowerShot G3Xの充電器

キヤノン

Canon バッテリーチャージャー CB-2LC

価格:3,639円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品はバッテリーを充電する充電器になります。

デジタルカメラはバッテリーで稼働しているので、充電器が壊れた際は購入してください。

Canon PowerShot G3Xのバッテリー

Canon

純正Canon バッテリーパック NB-10L 並行輸入品

価格:4,498円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品はメーカー純正の交換用バッテリーになります。

バッテリーは消耗品なので、予備としてバッテリーの購入をおすすめします。

Canon PowerShot G3Xのおすすめポイント

「光学25倍ズーム」で高画質なズーム写真を撮影

PowerShot G3Xは光学25倍ズームが可能で、画質を落とさず遠くの被写体を撮影することができます。

広角にも対応していて、広々とした画角で、ダイナミックな撮影が可能です。

「バルブ撮影」で一味違う多彩な写真表現

バルブ撮影など、多彩な撮影機能が搭載されているため、一味違う写真を撮影することができます。

シャッターを押し続けることで露光し続け、夜間撮影や花火なども撮影することができます。

タッチパネルで直感的な操作が可能

PowerShot G3Xは本体にタッチパネルが搭載されているため、設定やフォーカスなどをタッチパネルから直感的に行うことができます。

もちろん、ライビュー機能も搭載されているのでリアルタイムで被写体を写しだすことが可能です。

Canon PowerShot G3Xの悪い点をレビュー

重量感がある

PowerShot G3Xは本体の重量が690gと一般的なデジタルカメラと比較して重量が思い設計になっています。本体に性能が詰め込まれているため重量が重くなってしまっているようです。重量が重いという点は持ち運びの面で大きなデメリットと言えます。

サイズが大きい

PowerShot G3Xは重量と同じく、本体サイズも一般的なデジタルカメラよりも大きく設計されています。

そのため、バックに入れて持ち運ぶ際にかさばってしまうという口コミが多くあります。

 

バックに綺麗に収まらないというのは持ち運びの面で大きなデメリットと言えます。

価格が高い

PowerShot G3Xは本体価格が7万弱と高価格な製品となっています。そのため、手が出しづらく決め手に欠けてしまうという口コミが多くあります。7万弱あればデジタル一眼など上位機種まで購入できてしまうため、コスパの面でデメリットと言えます。

防滴性能が弱い

PowerShot G3Xは防塵・防滴仕様になっているため、購入したという方も多いです。

しかし、防滴性能が特に弱く、水滴が入って故障してしまったという口コミがあります。

 

防滴性能目的で購入を考えている方は注意が必要のようです。

Canon PowerShot G3Xの良い点をレビュー

画質が綺麗

PowerShot G3Xは有効画素数が2020万画素とデジタルカメラの中ではかなり高画質に分類される機種です。そのため、風景写真や色あざやかな被写体を撮影する際に綺麗に撮影できて便利という口コミが多くあります。

 

デジタル一眼と比較しても引けを取らない画質なので大きなメリットと言えます。

ズーム性能がいい

PowerShot G3Xは25倍の光学式ズームを搭載しているため、遠くの被写体に対しても高画質な写真を撮影することができます。

光学ズームは従来のズームと比較しても画質を落とさず撮影できる機能なので、野鳥など遠くの被写体を多く撮影する方には大きなメリットと言えます。

夜間撮影が綺麗にできる

PowerShot G3Xはバルブ撮影など多彩な撮影方法があります。

シャッターを長く押し続けることで露光し続け、夜間など光が少ない環境でも鮮明で綺麗な写真を撮影することが可能です。

 

夜間に星や花火などを撮影したいという方には大きなメリットと言えます。

Canon PowerShot G3Xの口コミを集めました

思ったより重量感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

本体に重量感があり、持ち運ぶ際に少し不便という口コミが多くあります。 持ち運びの面で重量が重いというのはデメリットと言えます。

バックやケースに収まりが悪いのがちょっと!!

出典:https://www.amazon.co.jp

一般的なデジタルカメラと比較して、サイズが大きく、バックに収まりづらいという口コミが多くあります。 持ち運び面で不便というデメリットがあるようです。

値段的に少し高いかなぁ?

出典:https://www.amazon.co.jp

価格が高く、デジカメとしてコスパがあまりよくないという口コミが多くあります。 コスパが悪いという点は大きなデメリットと言えます。

防滴仕様だけど、防滴部がレンズだけとかで、あまり効果なし。フラッシュとかモニターの隙間から内部に水が入って壊れる。

出典:https://www.amazon.co.jp

防滴仕様ではあるが、雨の中の撮影などでは注意しないと水滴が入って故障してしまうことがあるようです。 防滴性能が弱いというデメリットと言えます。

さすがに画質きれいです、すばらしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

デジタルカメラとしては画質が非常によく、綺麗に撮影できて満足しているという口コミが多くあります。 高画質で撮影できるという点はカメラとして大きなメリットと言えます。

一眼だと数本のレンズが必要ですが G3Xならこれ一台ですみます、広角からズームまで重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

光学レンズが便利で複数のレンズがいらず、ズームの撮影ができて便利という口コミが多くあります。 一台だけで様々な撮影ができる点は大きなメリットと言えます。

夜間に満月の写真を撮りましたが、ちゃんと写っていることに感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

シャッターの開けている時間を調節できて夜間の撮影も可能で便利という口コミが多くあります。 夜間撮影が綺麗にできるという点は大きなメリットと言えます。

広角F2.8で部屋内で撮る動画はとても安定性が高くとてもいいムービーが撮れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

動画機能の性能が良く、室内であれば安定した撮影が可能のようです。 動画撮影が安定して行える点は大きなメリットと言えます。

Canon PowerShot G3XとPowerShot G1X MarkⅡの違い

キヤノン

Canon デジタルカメラ Power Shot G1 X Mark II 光学5倍ズーム F値2.0 PSG1X MARKII

価格:37,400円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PowerShot G1X Mark2はPowerShot G3Xの前の機種で、PowerShot G3Xは後継機種に当たります。

発売時期はPowerShot G3Xより一年早い2014年モデルになります。

 

PowerShot G3XとPowerShot G1X Mark2の大きな違いは「有効画素数」「光学ズーム」「バルブ撮影の有無」です。

 

有効画素数ですが、上位モデルのPowerShot G3Xは2020万画素となっていますが、PowerShot G1X Mark2は1013万画素となっています。

有効画素数は撮影する写真の画質を表す部分で数値が多いほど高画質になります。

1013万画素という数値は決して低い値ではありませんが、画質の面でPowerShot G3Xの方が優れていることがわかります。

 

光学ズームですが、上位モデルのPowerShot G3Xは25倍となっていますが、PowerShot G1X Mark2は5倍となっています。

光学ズームは最短焦点距離からズームできる倍率を表すもので、倍率が高いほど、より遠くの被写体の撮影が可能です。

野鳥など遠くの被写体を撮影する際に大きく違うのでPowerShot G3Xの方が優れていると言えます。

 

バルブ撮影の有無ですが、上位モデルのPowerShot G3Xに搭載されている機能でPowerShot G1X Mark2には搭載されていません。

バルブ撮影はシャッターを開けることで、光を多く取り込み夜間撮影が可能になる機能です。

夜間に撮影する機会が多い方はバルブ機能が搭載されているPowerShot G3Xをおすすめします。

 

その他、基本的なスペックの面では大きな違いはありません。

 

価格としてはPowerShot G3Xの方が高くなっています。

 

結論として、高画質の写真を撮影したい、夜間撮影をする機会が多い方はPowerShot G3Xをおすすめします。

ただ、価格も大きく違うので、初心者の方でそこまで機能がいらないという方はPowerShot G1X Mark2でも十分です。

Canon PowerShot G3XとPowerShot G5Xの違い

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G5 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG5X

価格:62,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PowerShot G5XはPowerShot G3Xの後継機種に当たる製品で発売時期は2015年になります。

PowerShot G3XとPowerShot G5Xの大きな違いは「バリアングル液晶の有無」「重量」「光学ズーム」です。

 

バリアングル液晶は上位モデルのPowerShot G5Xに搭載されている機能でPowerShot G3Xには搭載されていません。

バリアングル液晶は液晶画面が可動式で、どの画角からでも撮影がしやすい機能になっています。

 

重量ですが、PowerShot G3Xは690gとなっていますが、上位モデルのPowerShot G5Xは353gとなっています。

PowerShot G3Xは一般的なデジタルカメラより重量があるため、持ち運びで不便と感じる方が多い製品です。なので重量が軽いPowerShot G5Xの方が持ち運びの面で優れていと言えます。

 

光学ズームですが、PowerShot G3Xは25倍となっていますが、PowerShot G5Xは4.2倍となっています。

ズーム機能を優先される方はPowerShot G3Xの方が優れていると言えます。

 

その他基本的なスペックの面では大きな違いはありません。

 

結論として、持ち運ぶ機会が多いという方は重量が軽いPowerShot G5Xをおすすめしますが、基本的にスペックは変わらないので、好みの機能で選択することをおすすめします。

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G3X 広角24mm 光学25倍ズーム PSG3X

価格:66,710円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canon PowerShot G3X デジタルカメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

PowerShot G3Xはタッチパネルの液晶で操作性も良く、デジタル一眼に引けを取らない高画質撮影などで、人気の高い製品となっています。

 

しかし、価格の面などで他の製品に劣っている部分もあります。

 

評価としてPowerShot G3Xは、初心者でカメラ一号機として購入しようとしている方には向いておらず、ある程度デジタルカメラに触れたことがある方におすすめです。

 

デジタルカメラは、基本的に操作も難しく、壊れやすい繊細な製品です。そのため、自分のレベルにあったものを選ばないと使いこなすことができずに持て余してしまうことが多いです。

 

まずは、自分が使用したい機能などを見つけ、自分にあった製品を選ぶことが重要です。ぜひ自分にあったデジタルカメラを探してみてください!