5000円前後のおすすめデジカメ5選!カメラを安く買うコツと注意点も紹介!

カメラ初心者の人は、お手頃価格で使いやすいのデジカメを買いたいですよね。そんな人のために5000円前後でデジカメ・トイカメラを買いたいとき、選ぶポイントや買い方についてまとめました。おすすめの格安デジカメや中古品・トイカメラについてもまとめたので、チェックしてみてください!

2021/06/16 更新

普段はスマホのカメラを使うけど、イベントなどでたくさん写真を撮る時はデジカメを使う、という方も多いですよね。デジカメがあると便利ですが、出番の少なさを考えると高価な機種を買うのは躊躇してしまいますよね。

 

そんな方におすすめなのが5000円以下で購入できるデジカメです。しかし、安いデジカメには注意が必要です。安い機種には安いなりの理由があるからです。そこで本記事では、5000円以下でデジカメを購入する際の注意点や選び方について詳しく解説します。

 

また、5000円前後のおすすめデジカメ5選もピックアップしました。さらにデジカメをできるだけ安く購入する方法についてもご紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

今すぐ見る!5000円前後のデジカメおすすめ5選

一般的なデジカメの価格帯は2~3万円程度です。それを5000円で買おうと思うと、廉価機種の型落ちモデル・中古品・中国メーカーの製品あたりに絞られてしまいます。ここでは、これら3つの特徴を説明します。

廉価機種の型落ちモデル

もともと安い機種が型落ち品になると、さらに値下がりして5000円前後で購入できることがあります。しかし廉価機種は新機種に比べ性能がよくありません。性能面より、安いこと・新品であることを重視する方におすすめです。

 

値下がりの時期については本記事「デジカメを格安で手に入れる方法」で紹介していますので、参考にしてください。

今すぐ見る!デジカメを格安で手に入れる方法

中古商品

数年前に発売された機種の中古品も5000円程度で購入可能です。特に、国内メーカーの商品は壊れにくいので中古品でも長く使えるものがたくさんあります。廉価機種の型落ちモデルより、優れた性能のデジカメが見つかる場合もあります。なるべく性能のいい機種を安く購入したいなら、中古商品から探してみてはいかがでしょうか。

中国メーカーのデジカメ

ネットで購入するなら中国メーカーのデジカメも検討してみてください。かわいいデザインのものも多いので子どもへのプレゼントにもおすすめです。中には評価の高いものありますが、価格と性能は比例します。廉価機種の型落ちモデルと同様、性能はあまり期待できませんまた、取扱説明書の日本語がわかりにくい場合もあるため購入の際は注意してください。

昨今のスマホカメラの性能は5000円以下のデジカメよりずっと優秀です。スマホより高性能なデジカメは、5000円以下では手に入らないと考えた方がいいでしょう。安いデジカメは現場用・業務用、子どものおもちゃ用など、高画質でなくてもいいから安いものがほしいという方に向いています。

 

また、フリマアプリに出品する商品を安いデジカメで撮影するのはおすすめできません。ピントが甘く、鮮明に映らないためです。ライバルの多いジャンルだと不利になる場合もあるため、気をつけましょう。

今すぐ見る!5000円前後のデジカメおすすめ5選

5000円以下のデジカメだと、基本的な性能に大きな差はありません。また、選べるほど多くの商品もないので、ほかの候補と比べて特別性能が悪いものは選ばないようにするのが重要です。具体的なチェックポイントについてみていきましょう。

画素数とセンサーサイズ

画素数はデジカメ購入時にまずチェックしたいポイントです。画素数が多いほど、大きいサイズで印刷してもきれいに仕上がります。スマホにも6400万画素以上の高性能機種が続々登場しており、それと同程度のデジカメを5000円以下で探すのは難しいかもしれません。

 

また、写真の写りを良くするためには、センサーサイズの大きさも重要です。スマホよりも高画質で写真を撮りたいと考えるならば、最低でも1/2.3型のセンサーサイズが必要になります。

光学ズーム倍率とF値

遠くの被写体をきれいに撮りたいなら、光学ズーム倍率をチェックしましょう。光学ズームは被写体そのものをズームで大きくしてから撮影する機能です。そのため、拡大しても画質が粗くなりません。光学ズーム倍率が高い機種ほど、遠くの被写体をきれいに映せます

 

レンズのF値も確認してみてください。F値はレンズの明るさに関する数値です。F値が少ない方がレンズの性能がよく、室内などの暗い場所でもブレの少ない写真が撮れます

コンパクトに持ち運べるデジカメを選ぶ

5000円前後のデジカメを買うなら、コンパクトで他のデジカメにはない軽量小型のものを選ぶのがおすすめです。予算が5000円前後となると、値段的にあまり多くの機能は期待できず、画質も高級コンデジに比べるとかなり劣ります。

 

そのなかでも格安デジカメが他のデジカメに比べて優れている点は、コンパクトに持ち運べることです。中には手のひらサイズほどの小さなデジカメもあり、アクセサリー感覚で持ち運ぶことができます。

アンティークな雰囲気にとれるトイカメラもおすすめ

トイカメラとは、見た目がおもちゃのような作りのカメラです。製造コストを最低限に抑えて作られているので、かなり作りが甘く写真の再現度も一般的なデジカメに比べると劣ります。しかし、微妙にずれて写る被写体や、実際の色調とは違う色合いに写る写真が、逆に味があっていいと好評です。

 

また、子どもや初心者でも簡単に操作ができるので、低価格で持ち運びに便利なコンパクトデジタルカメラをさがしている人におすすめです。

オリンパス

デジタルカメラ VG-170

価格:1,730円 (税込)

暗い場所でもきれいに撮影

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有効画素数1400万画素、光学ズーム5倍対応です。フラッシュが強く、暗い所でもしっかり明るく撮影できます。この価格で手ぶれ補正や顔認証もついていて、普通のコンデジと比べてそん色ありません。オート撮影機能も充実しているので、普段カメラを使わないからベストな設定が分からないと言う人でも安心して使うことができます。子どもでも使いやすいので、コンパクトで格安のデジカメを持ち歩きたいという人におすすめです。

 

取扱説明書はこちら

メーカー OLYMPUS(オリンパス) 商品名 デジタルカメラ VG-170
撮像素子 1/2.3型CCD F値 F2.8~F6.5
有効画素数 1400万画素 光学ズーム 5倍
焦点距離 26mm~130mm ISO感度 ISO80~1600
手ぶれ補正 あり AF(オートフォーカス) -
連写速度 14コマ/秒 動画 1280x720
サイズ 103.7×62.5×22.2mm 重量 147g
その他機能 PictBridge対応
ジョワイユ

JOYWP500

在庫なし

防水対応の高コスパモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

500万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタルカメラです。この値段で4倍ズームがついており、また最大3メートルまでの防水対応ということで、かなり高機能な格安デジカメになっています。撮影シーンに合わせて露出や彩度を調整したり、動画撮影も可能です。また、最近のデジカメとしては珍しく乾電池が電力源になっています。5000円以下の高機能防水デジカメを探している方に、おすすめしたいカメラです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー JOYEUX(ジョワイユ) 商品名 デジタルカメラ ジョワイユJOYEUX 12MEGA PIXIEL WOTER PROOF HD VIDEO CAMERA
撮像素子 CMOS F値 F2.8
有効画素数 500万画素 光学ズーム -
焦点距離 6mm ISO感度 -
手ぶれ補正 - AF(オートフォーカス) -
連写速度 - 動画 1280x720
サイズ 98.4×74.3×28.1mm 重量 115g
その他機能 防水
Rosdeca

デジタルカメラ DC311

価格:5,149円 (税込)

子どもへのプレゼントに最適

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中国メーカー・Rosdecaのデジカメです。有効画素数は3600万画素と多くはありませんが、セルフタイマーや笑顔キャッチなど便利な機能を搭載しています。動画の撮影もできますし、ウェブカメラとしての使用も可能です。バッテリーは2つ付属しているため、バッテリー切れを気にせずたくさん撮影できますよ。コンパクトで軽く、ピンクやグリーンなどカラフルな色が揃っています。子どもへのプレゼントにいかがでしょうか。

メーカー Rosdeca 商品名 デジタルカメラ DC311
撮像素子 CMOS F値 -
有効画素数 3600万画素 光学ズーム -
焦点距離 - ISO感度 -
手ぶれ補正 - AF(オートフォーカス) -
連写速度 - 動画 1920×1080
サイズ 97×57×21mm 重量 90g
その他機能 -
ケンコー・トキナー

DSC PIENI

価格:2,200円 (税込)

おもちゃ感覚で使える機能的なカメラ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらに収まるほどの超小型デジタルカメラです。レトロなデザインがおしゃれでかわいいですね。アクセサリー感覚で持ち歩きたくなります。USB充電で約1時間ほどで使用できるため、気軽に使うことができます。画質にこだわらず、とにかく写真を撮るというアクションを楽しみたいという人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ケンコー(Kenko) 商品名 デジタルカメラ DSC-PIENI
撮像素子 1/10型CMOS F値 F2.8
有効画素数 131万画素 光学ズーム -
焦点距離 3.2mm ISO感度 ISO100
手ぶれ補正 - AF(オートフォーカス) -
連写速度 - 動画 720x480
サイズ 51×36×18 mm 重量 18g
その他機能 -
Nikon(ニコン)

デジタルカメラ COOLPIX S3700

価格:5,390円 (税込)

8倍ズーム可能な薄型カメラ

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚さ20.1mm、重量118gとスリムで軽量なデジカメです。かばんに入れても場所を取らず、気軽に持ち運ぶことができます。スタイリッシュなデザインも素敵ですね。有効画素数は2005万画素、光学ズームは8倍です。2015年発売のモデルですが、日常で使う分には申し分ないスペックを誇ります。小顔・美白など12種類のメイクアップ効果で写真補正も可能です。よりきれいな画像で思い出を残せます。Wi-Fi・NFCにも対応しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Nikon(ニコン) 商品名 デジタルカメラ COOLPIX S3700
撮像素子 1/2.3型CCD F値 F3.7~F6.6
有効画素数 2005万画素 光学ズーム 8倍
焦点距離 25mm~200mm ISO感度 ISO80~3200
手ぶれ補正 レンズシフト方式 AF(オートフォーカス) -
連写速度 1.1コマ/秒 動画 1280x720
サイズ 95.9×58×20.1mm 重量 118g
その他機能 Wi-Fi・NFC

5000円以下でなくても、デジカメを買うならなるべく安く価格を抑えたいものです。以下ではそんな安くデジカメを購入する際に注目するといいポイントについて紹介します。

最新機種の型落ちを探す

デジカメを含む電気機器は半年から1年のスパンで新商品が発売されています。そのため、発売時期から時間が立つにつれて古い型は徐々に値段を下げて行き、1年経つ頃には元値の半額近くまで下がることもあります。

 

欲しいモデルをなるべく安く購入したい場合は、1年待ってモデルチェンジして型が古くなるまで待つのがおすすめです。

ボーナスの時期を狙う

ボーナスや年末年始など、人やお金の移動が激しい時期はデジカメでもセールが行われることが多いです。お店の割引と併用することでかなり格安にデジカメを購入できることもあります。また、モデルチェンジの時期がこれらの時期と被るとさらに値段が安くなる可能性が高いです。

中古のデジカメを探す

中古市場では、比較的新しい高性能モデルがリーズナブルな価格で手に入ることも。チェックする価値がありますよ。ここでは、中古のデジカメを探すのにおすすめの場所と、購入時の注意点について説明します。

インターネットをチェックする

インターネットで「格安デジカメ」と検索するだけで、かなり多くの中古デジカメを一度にチェックすることができます。出品者は多岐にわたり、素人からアマチュアやプロの人まで、様々な人が中古カメラを出品しています。

 

格安デジカメとはいえ、できるだけ詳しい情報や写真が掲載されているホームページを選ぶことが重要です。

中古専門の店をチェックする

最近は家電量販店だけではなく、カメラ専門店でも中古品専用の店舗を構えている所があります。また、実際の店舗だけではなくネット上に出品しているお店もあるので、そちらも要チェックです。

 

カメラのプロの人たちが買い取りをしてメンテナンスや出品をしているので、確実にカメラとして使えるものを購入することができます。予期せぬ不具合や購入後のトラブルも回避できます。

中古品を買うときに気を付けること

店舗で中古品を買うときは、お店の人の助言に耳を傾けましょう。実際に買取時にメンテナンスやチェックした人がいれば、その人に直接話を聞いてみてください。そうすることで、プロの目から見た気になる点やおすすめポイント、使い方の注意点などを聞くことができます。

 

もしインターネットで買う場合は、掲載画像をしっかりチェックすることと、付属品がついてくるかを確認しましょう。掲載画像を拡大してチェックすることで、傷や汚れ、不具合などを確認することができます。また、動作確認をしてあるかも確かめましょう。

5000円以下で手に入るデジカメは、残念ながら多くありません。性能もスマホカメラに劣るので、画質の良し悪しより価格の安さを重視する方におすすめです。本記事でご紹介した選び方を参考に、自分に合ったコスパのいい機種を探してみてくださいね。