パナソニックのデジタルカメラの一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方

パナソニックのデジタルカメラの一覧と最新情報についてまとめています。パナソニックのおすすめの最新デジカメ、人気のおすすめ選び方、トラブル対応から他社との比較まで。パナソニックのデジカメに関して調べている人は是非参考にしてください。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
パナソニック

DC-TZ95-W

価格:48,100円 (税込)

ライカブランドの高性能な高倍率ズームを内蔵した最新の薄型コンパクトカメラ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

光学30倍ズーム内蔵の自撮り撮影も可能な180度チルト式タッチパネル液晶モニター付きで300gそこそこの軽量薄型コンパクトカメラです。内蔵ズームはライカDCバリオエルマーでフル換算24mm相当から720mm相当の画角をカバーしてくれる。さらにパナソニック独自画像処理技術の超高解像iAズーム機能を活用すれば高い解像感を保ったまま1440mm相当の超望遠で撮影もできる。そんな超望遠撮影でもシャッタースピード換算で5段ぶんの補正をしてくれる5軸ハイブリッド手ぶれ補正の機能を備えているのでぶれの少ないシャープな画像が得られるし、高解像の4K動画撮影でもその機能を活用できるなどこのカメラには魅力が多い。
撮像素子 
1/2.3型MOS
光学ズーム 
30 倍
タッチパネル 
GPS機能 
-
4K対応 
360度カメラ 
-
タイムラプス 
Wi-Fi 
防水性能
-
防塵性能
-
耐衝撃性能
-
カラー
ホワイト

LUMIX DC-TZ95は、2019年4月25日に発売されたLUMIXシリーズの最新製品です。2017年7月に発売されたLUMIX DC-TZ90の後継機にあたります。

 

コンパクトデジタルカメラでありながら、有効画素数2030万画素の1/2.3型CMOSセンサー、光学30倍ズームのライカ製レンズ、5軸ハイブリッドの手ぶれ補正機構を採用したハイスペックモデルです。また、ズームアップ時にありがちな被写体のフレームアウトに対応するために、一時的に広角側にシフトして被写体を追うことが出来るズームバック機構が搭載され、さらに快適に撮影を行うことが出来るようになりました。

 

通信面については、Wi-Fiに加えてBluetooth4.2を新たに搭載し、スマートデバイスと低電力で常時接続することが出来るようになりました。

パナソニックのデジカメは、LUMIXという名称で統一されており、LUMIXといえばパナソニックのデジカメだとわかるほどに名前が浸透しています。そして、LUMIXシリーズはその高倍率が特徴のシリーズであると言われています。

 

一般的に、高倍率になればなるほど画質が低下すると言われています。ですが、パナソニックはドイツの老舗メーカーであるライカ社と提携し、ライカ製レンズを採用することで画質の低下を抑制することに成功しています。ライカ製レンズの恩恵により、広角側から望遠側まで美しい映像を再現することができると言われています。また、高速フレームに強いため、動画撮影能力も他社製品より優れていると言われています。

 

デジタルカメラといえばゴツゴツとした、無骨なイメージを持つ人も少なくはありません。ですが、LIMUXシリーズはコンパクトデジタルカメラから一眼カメラに至るまで、おしゃれなカメラとして作り上げられており、女性がファッションの一部として持ち歩けるカメラとされています。おしゃれで気軽に使える、本格的なデジタルカメラであると言えます。