【2019年最新】タイムラプス動画が撮れる人気おすすめコンデジ5選!撮影方法も紹介

最近よく見かけるタイムラプス動画ですが、コンデジでも簡単に撮影することができます。こんなタイムラプス動画が簡単に撮ることができるコンデジのおすすめを5つ紹介します。また、タイムラプス動画の撮影のポイント・コツも紹介します。

タイムラプスとは?

長時間、定点観測的に撮影された動画を見かけることがありますよね。
こういった動画を「タイムラプス動画」と呼びます。

 

これは、カメラを固定して一定間隔で連続撮影した大量の画像をつなぎ合わせて、1つの動画にしたもので、インターバル動画とも呼ばれます。タイムラプスという言葉は知らなくても、その動画は目にしたことがある人も多いと思います。

 

例えば夜空の様子だったり、なにかを建築している様子だったりと、見応えのある動画が多いのですが、このタイムラプス動画は専門的な知識がなくてもコンデジがあれば比較的簡単に撮影できます。

インターバル撮影の特徴・方法を解説|対応のおすすめデジタルカメラも紹介

コンデジでタイムラプス動画を撮る方法

では、コンデジでタイムラプス動画を撮影する方法を紹介します。

必要な機材

タイムラプス撮影に必要な機材ですが、「長時間露光が可能なカメラ」「三脚」のみでOKです。
タイムラプス機能がついているコンデジがあれば、固定するための三脚だけあれば撮影できます。

 

撮影した写真をタイムラプス動画にするためには、パソコンなどで編集ソフトを使う必要がありますが、動画そのものを作成する機能があるコンデジもあります。編集ソフトを使う場合でも、無料のもので十分に動画を作成できます。

撮影のポイント

タイムラプス動画の撮影のポイントを説明します。

 

まず重要になるのはカメラを固定することです。

タイムラプスでは、何百枚も撮影した写真をつなげて動画にするので、カメラを三脚にしっかりと固定する必要があります。
ここがうまくいかないと、タイムラプス動画は失敗します。

 

次はピントです。

基本的に同じ場所を取り続けるので、ピントが変わらないようにする必要があります。
ピントはマニュアルフォーカスで合わせて、テープで固定するといいでしょう。
同様に、ホワイトバランスもオートではなくマニュアル設定にするのがおすすめです。

撮影方法について

実際にデジカメでタイムラプス動画を作るための撮影は、カメラのインターバル機能を使います。(一定時間で自動的に撮影する機能)

この時、インターバルの時間を短くすると自然なタイムラプス動画になります。 ただし、その分写真の枚数が増えてしまうので、バッテリーを多く消費してしまいます。

 

そのため、長時間撮影する場合はインターバルを長く、短時間ならインターバルを短くするといいでしょう。また、コンデジのバッテリー容量も多いほうが長時間撮影できます。

 

撮影が始まれば、あとは終わるまで待つだけです。

写真をタイムラプス動画にする方法

カメラでの写真撮影が終われば、あとはそれをつなげて動画にすればタイムラプス動画が完成します。

 

撮った写真をタイムラプス動画にしてくれる機能があるデジカメもありますが、そうでないなら写真をパソコンなどに取り込んでから、編集ソフトで動画にする必要があります。

 

編集ソフトが必要になりますが、フリーソフトでも十分にタイムラプス動画が作成できます。フリーソフトとしてはSriusCompが有名です。

 

動画の作り方はソフトによって違いますが、基本的には簡単で、カメラから取り込んだ写真を選択して並べて動画に合成するだけです。
最初は難しいかもしれませんが、一度操作してみれば簡単にできると思います。

タイムラプス動画を簡単に撮影できるコンデジおすすめ5選

最近では、タイムラプス動画を簡単に撮影できるコンデジが増えています。

 

ここでは、タイムラプス機能があるコンデジの中からおすすめのものを5つ紹介します。

CANON PowerShot G7 X

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

価格:63,170円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キヤノンの定番人気シリーズのPowerShotです。
基本的な機能も優れていますが、特に星空を撮影するのに最適です。
また、タイムラプス動画を撮影するための設定も簡単にできるカメラです。

 

ただ、このPowerShot G7 Xの弱点としては、バッテリーをフル充電してもタイムラプス動画を30秒ぐらいしか撮影できない点です。

 

もっと長時間の撮影をするのなら、値段が上がりますが、上位機種のG7 X MarkIIのほうがいいかもしれません。

キャノン powershot g7 x デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

SONY サイバーショット DSC-RX100M3

ソニー(SONY)

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

価格:55,310円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーの人気シリーズのコンデジです。
コンデジながら一眼レフの性能を持つおすすめのカメラです。

 

星空を撮影するのに十分な高感度性能があります。
また、ノイズを効果的に抑える「エリア分割ノイズリダクション」機能が搭載されているので、星空をくっきりと撮影できます。

 

ソニーのカメラは動画の品質に定評があり、このRXシリーズはUSB給電機能もあるので、長時間のタイムラプス動画も撮影できます。

 

ただし、タイムラプス動画を撮影するには、1028円する「タイムラプス」というアプリをインストールする必要があります。

SONY DSC-RX100M3 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

PANASONIC LUMIX DMC-FZ1000

パナソニック(Panasonic)

パナソニック デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

価格:79,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このカメラはコンデジというよりは一眼レフに近いかもしれませんが、レンズ一体型のカメラでコンデジと一眼レフの間ぐらいの位置付けのデジカメです。

 

サイズが少し大きいのでコンデジとは言えないかもしれませんが、なんといっても特徴は4Kで撮影できる点です。

 

より高画質なタイムラプス動画を撮影したいなら、このカメラがおすすめです。

パナソニック DMC-FZ1000 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

Nikon COOLPIX P900

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P900 ブラック クールピクス P900BK

価格:44,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらも一眼レフカメラのように見えますが、レンズ交換はできない一体型のデジカメです。
サイズは少し大きいですが、性能面からかなりおすすめできます。

 

星雲などはカメラにおまかせでタイムラプス動画が撮影できますし、月を撮影するための「月モード」もあります。

 

このカメラの一番の特徴は、バリアングル液晶がついている点です。
バリアングル液晶があると、撮影の状況を確認しやすいので、撮影に失敗しにくくなっています。

ニコン coolpix p900 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

タイムラプス対応で安いコンデジ|Kenko DSC1655Z

ケンコー

ケンコー デジタルカメラ DSC-1655Z ブラック

価格:22,560円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最後に紹介するのがこのカメラです。
このデジカメは、安価でタイムラプス動画が簡単に撮影できるのが特徴です。

 

値段は1万円しないぐらいの安価なデジカメですが、1656万画素のCCD搭載でISO感度も1600まで使えて5倍ズームもあります。また、720pの動画も撮影できます。

このカメラは、タイムラプス動画を撮影するのに便利な機能が多く、30秒、1分、5分、10分、30分、60分の間隔でインターバル撮影ができます。

 

なにより便利なのは、設定を決めたら後は自動的にカメラがタイムラプスムービーを作ってくれる点です。
撮影した後に編集ソフトで動画にする必要がないので、簡単にタイムラプス動画を作ることができます。

インターバル撮影とタイムラプス撮影の違いとは

タイムラプス動画などの説明では、インターバル撮影とタイムラプスという言葉が出てきます。中にはほぼ同じような意味で使われていることがありますが、正確には少し違います。

 

まず、インターバル撮影ですが、これは、静止画を等時間間隔で撮影することです。
タイムラプス撮影は、実際にはタイムラプス動画のことで、動画を微速度撮影することです。

 

つまり、インターバル撮影で撮影した静止画をつなぎ合わせて動画にしたものがタイムラプス動画になります。

 

カメラの仕様などには、この辺を混同しているものがあり、タイムラプス撮影と書いてあっても、実際にはインターバル撮影で、カメラで動画が作成できないものもありますので注意しましょう。

まとめ

ここまで、タイムラプスについてと、コンデジでタイムラプス動画をつくる方法を紹介しました。また、タイムラプス動画を簡単につくることができるコンデジのおすすめを5つ紹介しました。

 

紹介したコンデジは、すべて比較的安価なものですが、機能面で本格的なものから、安価でイージーなものまで幅広く選びました。

 

タイムラプスを少し試してみたいなら安価なものでもいいですし、もっと本格的に撮影する場合でも十分対応できるコンデジもあります。

 

どのコンデジでも、簡単にタイムラプス動画が撮影できますので、一度チャレンジしてみてください。

【2019年最新】星空撮影の方法とおすすめのデジタルカメラ5選【簡単・綺麗】