キヤノン PowerShot G5X デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥45,040
キャノン powershot g5x カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、キャノン powershot g5x カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/04/15 更新

写真家、カメラ評論家

田中希美男

撮影レンズの光軸上にEVFを配置した一眼レフカメラふうなスタイルのコンパクトカメラ

F1.8~2.8の開放F値でフル判換算24mm相当から100mm相当の画角をカバーする大口径で高性能なズームレンズを内蔵しながらも、カメラ幅が約10センチほどの小型な高級コンパクトカメラです。カメラの中央上部に電子ビューファインダー(EVF)を設置したカメラデザインで、まるで一眼レフカメラのようなスタイルです。イメージセンサーは約2000万画素の1.0型裏面照射型CMOSを使っています。背面の液晶モニターは自在に角度が変えられるバリアングル式なので自撮り撮影も容易にできます。連写性能はAF/AE連動で最高5.9コマ/秒なのでピントを合わせながらの高速連写も可能です。外部との通信機能はWi-FiとNFC対応です。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

F値

絞り値とも呼ばれる、レンズの明るさを表す指標。焦点距離÷レンズの有効口径で計算される。f値が小さいほど光がたくさん入る。レンズをもっとも開いた時(=f値がもっとも小さいとき)が、もっとも集光力が大きく、その時のF値のことを「開放F値」と呼ぶ。写真の「ボカし」に大きく影響する値。

電子ビューファインダー(EVF)

ファインダー内に格納された小さなモニターを見ることができる仕組みのこと。よく光学ビューファインダー(OVF)と比較される。撮影時に細かく設定した、明るさや色合いの状態が反映されたものを撮影前に見ることができ、夜間での撮影もしやすい。電源をつけないと使えないこと、多少の遅延が生じることが弱点。

オートフォーカス(AF)

シャッターボタンを半押しすると、自動で被写体にピントを合わせてくれる機能。静物撮影に向いているシングルAF、動物撮影に向いているコンティニュアスAF、それらハイブリッド型のAFモード自動切り替え、が存在する。

CMOSセンサー

カメラの撮像素子の一種。CCDセンサーと比較し、消費電力が小さく、処理スピードが速いと言う特徴を持つ。技術の進歩により、CCDセンサーとの画質差も解消されているため、現在はほとんどのカメラがCMOSセンサーを搭載している。

NFC

NFCは近距離無線通信規格の一つで、正式名称はNear Field Communication。簡単に言うと、「かざすように近づけるだけ」で、周辺機器とBluetooth接続ができる機能のこと。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

35mm換算(フルサイズ判換算)

初心者が非常につまづきやすいポイント。 同じレンズを用いても、カメラのセンサーサイズが異なると画角がかわる(=写る範囲が変わる)。そのため、「仮にセンサーサイズが35mm判だったらどれくらいの画角なのか?」と計算したものを35mm換算と言う。カメラレンズの画角性能を比較する時に、全てのレンズを統一した基準で比較することが可能になるため、換算された数値同士の比較で欲しいカメラを決めるとわかりやすい(初心者の方は35mm換算された画角を比べて商品を選ぶと良い)。

裏面照射型CMOSイメージセンサー

カメラのイメージセンサー(撮像素子)の一つ。通常の表面照射型のCMOSセンサーに比べて、より高感度なセンサーとなっており、高解像度な撮影が可能となった。夜間などでも鮮明な画像を残すことができる。

PowerShot G5Xのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

G5 Xのカメラデザインが好きでAPS-C判センサー採用機種を求めている人におすすめ

キヤノン
PowerShot G5 X MARK Ⅱ
5,775円〜

キヤノン powershot g5 xの基本スペック

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G5 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG5X

価格:59,100円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー キャノン(Canon) 商品名 PowerShot G5 X
撮像素子 1型CMOS(裏面照射型) F値 1.8~2.8
有効画素数 2020万画素 光学ズーム 4.2倍
焦点距離 36.8~100mm 撮影感度 ISO125~12800
手ぶれ補正 レンズシフト式 AF(オートフォーカス) コントラストAF
連写速度 5.9コマ/秒 動画 FULL HD(MP4)
サイズ 112.4x76.4x44.2mm 重量 約353g
その他機能 Wi-Fi対応

キャノン powershot g5 x対応の充電器

str

str Canon キヤノン NB-13L 用 デュアル USB 急速互換充電器 カメラ バッテリー チャージャー CB-2LH [バッテリー2個まで同時充電可能 純正 互換電池共に対応 ] PowerShot G7 X / Power Shot G7 X Mark II / Power Shot G9 X Mark II / PowerShot SX630 HS / Power Shot SX720 HS / Power Shot SX730 HS / PowerShot G5 X / PowerSho

価格:1,799円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2個同時に充電が可能な充電器です。純正バッテリーにも互換バッテリーにも充電することができます。USB端子がある機器に接続すれば、どこでも充電することができます。LCD充電量表示機能も搭載しています。さらに別売りのアダプターを使用すれば自動車のシガーライターソケットに接続して車での充電も可能です。

キャノン powershot g5 x対応のバッテリー

Powerextra

Powerextra Canon/キャノン NB-13L 純正互換バッテリー Canon PowerShot G5X G7X G7X Mark II G9X G9X Mark II SX620 HS SX720 HS SX730 HS 対応

価格:1,999円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USBで給電する設計なのでモバイルバッテリーからもコンセントからも充電可能です。旅行やハイキングの思い出作りに最適です。また残量表示もできます。過充電保護つきで耐火性もあるバッテリーです。

キャノン powershot g5 xのおすすめポイント

バリアングル液晶を採用

同じ被写体でもカメラアングルで写真の印象は大きく変化します。キヤノン powershot g5 xは角度を自由に変えられるバリアングル液晶を採用しています。これによりハイアングルでもローアングルでも液晶モニターを見ながら簡単に撮影することを可能にしています。

豊かな色階調を表現した高画質な撮影が可能に

キヤノン powershot g5 xは1.0型の裏面照射型CMOSセンサーを搭載、1画素あたりの受光面積を大きくしています。そのため2020万画素と高画素でありながらもノイズの少ない高感度な撮影や豊かな色階調を表現した高画質な撮影が可能になりました。

高精細EVFによって本格的なファインダー撮影が可能に

EVF(電子ビューファインダー)はほぼ100%の高い視野率と周辺部に至るまでの高い解像感を実現しています。実際にどのような写真になるかを確認しながら撮影をすることが可能です。ここにキヤノンがもつ光学技術が集まっています。

キャノン powershot g5 xの悪い点をレビュー

少し厚みがありポケットにはいらない

キヤノン powershot g5 xの口コミをみると少し厚みがあるのでポケットに入らないという内容のものがあります。カバンに入れるのであれば不自由はしないのですが、カバンから出し入れするのではなく手軽にポケットにいれて持ち運びたいというのであれば不便に感じることがあります。

望遠側100mmは中途半端

望遠レンズだと遠くのものでも大きく写ります。さてキヤノン powershot g5 xの焦点距離は望遠側だと100mmです。これではいかにも中途半端な数値で物足りないと感じるかもしれません。しかし、遠くのものを撮影する機会が多いというのでなければ望遠側100mmで充分です。

付属のストラップが微妙

キヤノン powershot g5 xの口コミをみると付属のカメラストラップがイマイチであるという内容のものがあります。またストラップの幅が狭いとカメラの重さを感じてしまいます。powershot g5 xのストラップはやや細いです。この問題はカメラストラップを変えることで解決するので、そんなに大きな問題ではないといえます。

キャノン powershot g5 xの良い点をレビュー

バリアングル液晶がとても便利

地面スレスレからカメラをやや上に向けて撮影することで面白い写真を撮ることができます。キヤノン powershot g5 xはバリアングル液晶を採用しています。これだと液晶部分を自由に動かせるのでローアングルでの撮影でも簡単にできます。

EVFなのでイメージしやすい

powershot g5 xのファインダーはEVFを採用しています。これだとファインダーをみれば、明るさや色合いの設定を変更したときにどのような写真が撮れるかイメージしやすいです。まわりの明るさに関係なく映像がみえやすいというメリットもあります。

小型なのでどこへでも持って行ける

大きく重いカメラだと持ちはこびが不便です。しかしPowerShot G5 Xは小さいうえに軽量です。重量は約353gです。これなら重さは感じさせません。外出先でなにか撮影したいものを見つけるかもしれません。そんなときのことを考えて携行可能なカメラを探している方にPowerShot G5 Xはおすすめです。

キャノン powershot g5 xの口コミを集めました

スナップ写真を撮るために持ち歩くにはいいと思う。画質もフォーサーズと比較してもあまり変わらない。 もう少し厚みが薄ければもっと良いのだが。

出典:https://www.amazon.co.jp

サッとカメラを構えて、決定的瞬間を撮影する、キヤノン powershot g5 xはそんなときに適しています。ただやや厚みがあるので持ち歩きには不便という口コミがあります。

F2.8の明るいレンズはGOODですが望遠側100mmは中途半端。 200mm F2.8 はないとこのカメラの必要性は無いなぁ。

出典:https://www.amazon.co.jp

キヤノン powershot g5 xの焦点距離は36.8~100mmです。望遠側100mmはいかにも中途半端というレビューも目立ちますが、100mmあれば大抵のものは撮れます。そんなに悪くはありません。

付属のストラップが使いにくい。使わなければいいだけなのですが、ちょっと細くて頼りないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

カメラのストラップは意外と重要なアイテムです。手に巻いて落下防止にも使えます。ただキヤノン powershot g5 xのストラップは長さがあまりありません。そのため半端なストラップと酷評しているレビューサイトもあります。

コンデジとしては大きい部類になるので、ポケットには入りません。 小さめもミラーレスぐらいなので、カバンに入れる運用がメインになるでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンデジというからにはコンパクトなサイズであってほしいのですが、キヤノン powershot g5 xはコンデジとしてはやや大きめです。ポケットに入れるのは無理がありますが、カバンには入るので持ち運びの面で不自由することはないと思われます。

被写体によりバリアングルはとても便利だと思いました。とくに縦位置にしたとき助かります。

出典:https://review.kakaku.com

キヤノン powershot g5 xはバリアングル液晶なので液晶部分を自由に動かすことができます。ローアングルでもハイアングルでも体勢を変えずに撮影をすることができます。

多機能なのにコンパクトにまとまっていて、気軽に持ち出せるのもイイ。 見た目は玩具っぽいのに中身は本格的なカメラだ、というギャップもイイ。

出典:https://review.kakaku.com

PowerShot G5 Xはキヤノン製のカメラのなかでも多機能なカメラです。非常にコンパクトで重量も軽いです。使いやすさを重視していて、EVFを覗きながら指先だけで各種設定を変更することが可能です。

ファインダーはEVFで、撮影直後の画像も表示可能。

出典:https://review.kakaku.com

EVFはカメラで明るさや色合いを変更すると、ファインダー内の像にもこれが反映されます。これだとファインダー内で実際に撮れる写真に近いものをみることができるので、どのような写真になるのかをイメージしやすいです。

小さくて軽量です。EVFの部分の出っ張りが邪魔になりますが、比較的大きな上着などのポケットでしたら入ります。

出典:https://review.kakaku.com

外出先で撮影することを考えればカメラの重量も大切な要素です。旅行にはあまり重いカメラを持っていくことはできません。第一持ち出すのが面倒です。でもPowerShot G5 Xは小さく軽量のカメラなのでどこへでも持っていくことができます。

キャノン PowerShot G5 XとPowerShot G5 X Mark IIの違い

キヤノン

デジタルカメラ PowerShot G5 X Mark II

価格:102,060円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PowerShot G5 X Mark IIはPowerShot G5 Xと同様にキヤノンから発売されているデジタルカメラです。どのような違いがあるのか比較してみました。


PowerShot G5 X Mark IIはPowerShot G5 Xの上位機種です。PowerShot G5 X同様、電子ビューファインダーを採用していますが、PowerShot G5 X Mark IIはポップアップ式EVFを採用することで本体サイズをよりコンパクトにしています。また可動式モニターはPowerShot G5 Xと異なり、バリアングル式ではなくチルト式を採用しています。これによりモニターを素早く動かすことができます。


PowerShot G5 X Mark IIのほうがサイズ的に小型です。そのため持ち歩きに便利なデジタルカメラを探している方にはおすすめといえます。

キャノン PowerShot G5 XとPowerShot G3 Xの違い

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G3X EVFキット 広角24mm 光学25倍ズーム PSG3XEVFKIT

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PowerShot G3 XもPowerShot G5 Xと同じキヤノン製のデジタルカメラで、G5 Xよりも約4ヵ月前に発売されたモデルです。両者の違いを比較してみました。

 

大きな違いとしてレンズの焦点距離が挙げられます。PowerShot G3 Xはレンズの焦点距離がG3 Xは24mm~600mmです。これだけ見ると望遠側は100mmのG5 Xより優れているように見えますが、レンズの明るさも見ておく必要があります。G3 Xは600mm相当まで使える反面、望遠端の開放F値はF5.6です。G5 XはF1.8からF2.8なのでレンズの明るさではG3 Xより勝っていることがわかります。そのため暗い場面で撮影をすることが多いのであれば、G5 Xのほうがおすすめといえます。

 

また重さにも大きな差があります。G5 Xの本体重量は約353gです。これに対してG3 Xの本体重量は約690gです。2倍近い差があります。軽量で小型のデジカメを使いたいのであればG5 Xがおすすめです。

キャノン PowerShot G5 XとPowerShot G7 X MarkIIの違い

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

価格:50,510円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PowerShot G7 X Mark IIもPowerShot G5 Xと同じキヤノン製のデジタルカメラです。PowerShot G7 X Mark IIはPowerShot G5 Xよりも新しいモデルです。ではG7 X Mark IIとG5 Xの違いは何でしょうか。

 

G5 XにはEVFがありますが、G7 X Mark IIにはありません。これだけみるとG5 Xのほうが優れているように見えますが、G7 X Mark IIにも長所があります。それはG5 XはG5 Xと比較するとバッテリーライフが長いことです。

 

デジカメにとってバッテリーのもちは重要です。長時間使うことができるのです。EVFにこだわらない方にはPowerShot G7 X Mark IIがおすすめといえるでしょう。

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G5 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG5X

価格:59,100円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キヤノン powershot g5 x デジタルカメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

powershot g5 xは1.0型の裏面照射型CMOSセンサーを搭載することで、1画素あたりの受光面積を大きくし、ノイズが少ない高感度撮影と豊かな色階調表現を可能にしています。

 

また高精細EVFによって本格的なファインダー撮影を可能にしています。どのような写真を撮影することができるのかを確認しながら使うことができるのが魅力です。また角度を自由に変えられるバリアングルなのでさまざまなカメラアングルで撮影をすることができます。

 

キヤノン powershot g5 xは画像の精細さやノイズの少なさ、メニュー操作や設定のしやすさ、液晶画面は見やすさで選ぶならおすすめのデジタルカメラです。