オリンパス stylus 1s デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥33,779
オリンパス stylus 1s カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、オリンパス stylus 1s カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

約1200万画素の1/1.7型CMOSを使った28~300mm相当の高倍率ズーム内蔵カメラ

STYLUS 1Sは2013年発売のSTYLUS 1の後継機種として2014年に発売された高倍率ズーム内蔵の一体型コンパクトカメラです。カメラの基本性能はほとんど同じで、AFのターゲットポイントにスモールターゲットが選べるようになったこと、フォーカスピーキング機能、ステップズーム機能やインターバル撮影機能が加わりました。28mm相当の画角から望遠300mm相当までをカバーする光学10.7倍ズームですが、ズーム全域で開放F値F2.8一定を保っていること、最短5センチまで近接撮影が可能なスーパーマクロモードを搭載してることなどが特長のカメラです。別売のワイド/テレコンバージョンレンズも用意され、22.4mm相当の広角やデジタルズームを使わずに510mm相当の望遠撮影もできます。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

F値

絞り値とも呼ばれる、レンズの明るさを表す指標。焦点距離÷レンズの有効口径で計算される。f値が小さいほど光がたくさん入る。レンズをもっとも開いた時(=f値がもっとも小さいとき)が、もっとも集光力が大きく、その時のF値のことを「開放F値」と呼ぶ。写真の「ボカし」に大きく影響する値。

オートフォーカス(AF)

シャッターボタンを半押しすると、自動で被写体にピントを合わせてくれる機能。静物撮影に向いているシングルAF、動物撮影に向いているコンティニュアスAF、それらハイブリッド型のAFモード自動切り替え、が存在する。

フォーカスピーキング機能

マニュアルフォーカスをした際に、ピントが合っている被写体の輪郭を色付けてくれる機能。これにより、どこにピントが合った状態で撮影できるのかがわかりやすくなる。

ステップズーム機能

ズーム操作をすると、あらかじめ設定されている焦点距離で自動的にズームが止まる機能のこと。

インターバル撮影機能

設定した時間間隔で、自動的に連続撮影してくれる機能。この機能を用いることでタイムラプス動画を作成することも可能。

stylus 1sのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

STYLUS 1Sの旧型モデルだがカメラ性能はほとんど同じ、より低価格が魅力

OLYMPUS
STYLUS 1
32,100円〜

遠くの被写体が捉えやすい照準器・ドットアイを内蔵した光学50倍ズーム内蔵カメラ

OLYMPUS
SP-100EE
16,600円〜

オリンパス stylusS1sの基本スペック

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS-1S 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1S BLK

価格:33,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー オリンパス(OLYMPUS) 商品名 OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS-1S ブラック STYLUS-1S BLK
撮像素子 1/1.7型 CMOSセンサー F値 2.8
有効画素数 1200万画素 光学ズーム 10.7倍
焦点距離 6.0mm~64.3mm 手ぶれ補正 光学式
AF(オートフォーカス) イメージャAF 連写速度 7.00コマ/秒
動画 フルHD/HD:MOV(MPEG-4AVC/H.264) サイズ 116.2x87x56.5 mm
重量 402g その他機能 タッチパネル Wi-Fi対応

オリンパス stylusS1sのバッテリー

str

SIXOCTAVE BLS-1 互換 バッテリー オリンパス OLYMPUS STYLUS 1/STYLUS 1s / OM-D E-M10 / OM-D E-M10 MARK II / PEN / PEN Lite E-P1 E-P2 E-P3 E-PL6 E-PL7 E-PL5 E-PM2 E-PL3 E-PL2 E-PM1 E-PL1s E-410 E-420 E-620 E-PL1 等対応

価格:1,199円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SIXOCTAVE BLS-1 互換 バッテリーは「OLYMPUS BLS-1/ BLS-5/ BLS-50」が使用可能なものであればこのほかにも対応するバッテリーです。過電流保護回路が内蔵されていて、過充電や過放電も防止します。6ヶ月の保証つきです。

オリンパス stylus1sのおすすめポイント

手が出やすい価格帯

オリンパス stylus 1sの販売価格は約40,000円です。これならまあ手が出やすい価格帯といえます。デジタルカメラの場合、安ければ安いほどよいとはなりません。ある程度、高価であるくらいがちょうどいいです。

 

安物を買ってすぐに傷んでしまうとコスパ面では悪くなります。適度に高くしかも手が出やすい価格帯であることがベストです。

小さくて軽い

オリンパス stylus 1sはコンパクトなデジタルカメラです。高機能でも大型だと持ち歩くのがめんどくさく感じてしまいます。せっかく新しいデジカメを買っても持ち歩かないのでは買う意味がありません。

 

stylus 1sの強みは小さくて軽いことです。持ち歩きしやすいカメラであれば写真を撮る機会も増えるでしょう。

レンズキャップ不要

カメラにはレンズを傷めないためにカメラキャップがあります。しかし使うときとしまうときにキャップを付けたり外したりするのは地味に面倒くさいです。

 

stylus 1sであれば電源をオンオフすることでレンズが出したりしまったりできるのでキャップをつけたり外したりする必要はありません。この使いやすさがおすすめのポイントです。

オリンパス stylus1sの悪い点をレビュー

一眼レフと比べると画質が悪い

あるレビューサイトには、stylus 1sは一眼レフとくらべるとどうしても画質の面でいえば見劣りする部分があると書かれています。しかし手軽に使えるという一眼レフにはないデジカメの強みもあります。職業として写真撮影をするのでなければstylus 1sは充分な機能を発揮してくれます。

携帯性がイマイチ

コンパクトデジタルカメラを使う利点は携帯性が優れていることです。小型だとどこへでも持っていくことができます。ただstylus 1sは前面がやや突出していてポケットや薄めのカバンに入れるには不便に感じるかもしれません。

USB充電に対応していない

USB充電対応だと外出先でも気軽に充電できます。デジタルカメラのバッテリーが消耗すれば充電が必要になるのですが、stylus 1sはUSB充電に対応していません。付属のリチウムイオン充電器を使わないとできないというのがやや不便に感じます。

オリンパス stylus1sの良い点をレビュー

レンズキャップを自分でする必要がない

オリンパス stylus 1sは電源を切ると同時にレンズキャップが閉じる仕様になっています。自分でレンズキャップをしたりはずしたりする必要はありません。スイッチを切るとレンズキャップが自動で閉じてくれるのは便利な機能であるといえます。

操作がカンタン

カメラ自体は高機能ではあるけど、操作性が悪くイライラすることはないでしょうか。stylus 1sの特徴に、操作がカンタンであることが挙げられます。プロを目指すのでなければ話は別ですが、撮りたいものを撮りたいからデジカメを買いたいというのであれば操作性がよいカメラを選ぶことをおすすめします。

適度な大きさがあり使いやすい

stylus 1sの悪い口コミをみると、携行性がややイマイチであるというレビューもあるのですが、小さいカメラであれば使いやすいのかというとそうではありません。とくに撮影をするときに操作する部分はある程度の大きさがあるほうが使いやすいです。

オリンパス stylus1sの口コミを集めました

広角端の焦点距離。それなりに広く撮れますが、やっぱりもうちょっと広く撮りたいと思うことが多々あります。

出典:https://review.kakaku.com

カメラを選ぶとき広角端と望遠端は、レンズ交換ができないレンズ一体型機の場合、重要なポイントとなります。オリンパス stylus 1sの場合は広角端の焦点距離に難があって使いにくいという口コミがみられます。

一眼レフほどクリアな画質ではありません。普段はD700とD7000を使用していますが、どうしても比べてしまいます。

出典:https://review.kakaku.com

やっぱり写真の専門家からみると一眼レフのほうが上です。ただ一眼レフにくらべるとデジカメは小型で重量も軽いです。写真を撮影することのプロを目指すのでないのであれば、オリンパス stylus 1sは充分な機能を発揮してくれると考えることができます。

コンデジにしては携帯性は低いです。大きく突出した前面でポケットに入れたり、薄めのカバンに入れるには不便です。

出典:https://review.kakaku.com

コンデジ=コンパクトデジタルカメラの優位性は小型で携行性に優れていることです。ただオリンパス stylus 1sは前面が大きく突出しているので携行性はイマイチと考えている方もいるようです。

予備を購入したので良いのですが、カメラでのUSB充電ができないのが不便です。

出典:https://review.kakaku.com

デジタルカメラを使うと充電が必要になります。stylus 1sは「USB充電ができない」というのはちょっと不便に感じるかもしれません。メーカーの説明によると、充電は付属のリチウムイオン充電器を使っておこないます。充電にかかる時間ですが、最長で3時間30分かかります。

電源を切って沈胴式レンズが仕舞われると、同時にシャッター式のレンズキャップが閉じる。手でキャップを付け外ししたり無くしたりしなくていい。

出典:https://review.kakaku.com

オリンパス stylus 1sの便利なところはレンズキャップを自分でつけたりはずしたりする必要がないところにあります。電源を切ると同時にレンズキャップが閉じる仕様になっています。便利な機能です。

レンズが f2.8 通しで明るいから、日陰でも夕方までフラッシュ(ストロボ)使わずに、どんどん撮れるのがいい。

出典:https://review.kakaku.com

周囲が暗いとうまく撮影することができません。ところがオリンパス stylus 1sであれば日陰でも夕方までストロボなしで撮影ができます。友人があつまってみんなで写真を撮ってもできあがった写真が微妙という心配をする必要はなさそうです。

操作性は必要十分で困ることもなく、撮影に集中できる。

出典:https://review.kakaku.com

旅行にはカメラが欠かせません。また思い出つくりにもカメラは欠かせない存在です。しかしカメラの操作性や使い勝手が悪いとどうなるでしょうか。操作性がよいカメラを選ぶべきです。stylus 1sであれば操作性で困ることはありません。

コンデジにしたら大きく小さめのミラーレスくらいの大きさがある。ある程度の大きさがあるほうが操作しやすく、カメラで写真を撮っている気分になれる。

出典:https://review.kakaku.com

悪い口コミでは「携行性の面ではよくない」という内容のものもありましたが、小さければ小さいほと携行性が優れているのかというとそうでもありません。ある程度の大きさがあったほうが操作もしやすく使いやすいといえます。

オリンパス stylus 1sとstylus SH-3の違い

オリンパス

OLYMPUS コンパクトデジタルカメラ STYLUS SH-3 シルバー 光学式5軸手ぶれ補正 光学24倍&超解像48倍ズーム SH-3 SLV

価格:49,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

stylus 1sとstylus SH-3の違いはSH-3のほうが新しいモデルであるということです。stylus 1sの発売日は2013年11月29日、これに対してstylus SH-3は2016年2月26日発売の新しいモデルです。また外観もstylus SH-3のほうがオシャレです。

 

stylus SH-3はスマホ搭載のカメラではなくデジタルカメラを使ってみたいけれど、できるだけ軽くて扱いやすく望遠撮影がしたいのであればおすすめの一品です。

オリンパス stylus 1sとstylus 1の違い

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK

価格:27,999円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

STYLUS 1sとSTYLUS 1の違いとして、ステップズームの有無があります。これはズームレバーを動かすとワイドから順にカメラによって決められた焦点距離まで自動でステップアップ(またはステップダウン)する機能です。

 

ステップズームの機能はなくてよいという方であれば、stylus 1sではなくstylus 1で充分と考えることができます。

 

また撮影可能枚数はSTYLUS 1sなら約450枚、STYLUS 1であれば約410枚と40枚の差があります。たくさん写真をとるわけではない、40枚の差はたいしたことはないというのであればstylus 1でも役割を果たしてくれると考えることもできます。

オリンパス stylus 1sとOM-D E-M1の違い

オリンパス

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

価格:166,999円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OM-D E-M1はstylus 1sと同じオリンパス製のカメラです。stylus 1sとOM-D E-M1の違いにズーム倍率があります。stylus 1sのズーム倍率は10.7倍、これと比較するとOM-D E-M1のズーム倍率は24倍と大きいです。またstylus 1sには防塵防滴機能はありませんが、OM-D E-M1にはあります。そのためどのような天候でも使用することができます。

 

OM-D E-M1の特徴として大きく見やすい電子ビューファインダーがあります。また使いやすいように大型グリップを搭載していますが、小型化軽量化を実現しています。交換レンズとの組み合わせで従来の一眼レフシステムにはない機動性と高画質を実現しているのもOM-D E-M1の魅力です。

オリンパス stylus 1sとPEN E-P5の違い

オリンパス

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット(ビューファインダー VF-4セット) シルバー E-P5 17mm F1.8 LKIT SLV

価格:32,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリンパス PEN E-P5の発売日は2013年6月28日。stylus 1sと比べると半年くらい前です。有効画素数がstylus 1sとPEN E-P5では違います。stylus 1sの有効画素数は1200万画素、これに対してPEN E-P5の有効画素数は1605万画素です。stylus 1sと比べると高いので高精細な写真が撮れます。またミラーレス一眼では初搭載の1/8000秒の高速シャッターを搭載しています。

 

PEN E-P5は、小型でも快適に撮影ができるようにグリップの高さやダイヤルの位置をさまざまなパターンで検証して最適化されています。またスマートフォンでカメラを操作できるリモコン機能も備えています。スマートフォン側でタイマーを設定することができるので集合写真の撮影にも最適です。

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS-1S 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1S BLK

価格:33,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリンパス stylus 1s デジタルカメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

stylus 1sは操作性が高いカメラです。またファインダーからの視界も他の機種と比べると良いという口コミも多いです。大型・高画質・高精細なEVFを内蔵していて、さまざまな撮影条件であっても確認が可能です。やはりデジカメを選ぶなら操作しやすいものがよいです。

 

写真撮影を専門的におこなうことを仕事としているのであれば1眼レフがおすすめですが、日中の風景撮影するときや旅行での集合写真を撮るときには操作性が高いstylus 1sがおすすめです。画質も普通のコンパクトカメラより綺麗です。デジカメを選ぶときにこのレビューが参考になれば幸いです。