オリンパス STYLUS 1 デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥23,888
OLYMPUS STYLUS 1 カメラ の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、OLYMPUS STYLUS 1 カメラ がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/04/15 更新

写真家、カメラ評論家

田中希美男

ズーム全域F2.8一定の28~300mm相当の高倍率ズームを内蔵した一体型コンパクトカメラ

28mm相当の画角から望遠300mm相当の画角をカバーする光学10.7倍ズームを内蔵して、ズーム全域で開放F値F2.8一定を保っています。幅が約10センチ、高さが約9センチ、厚みは約5.5センチで重さは約400グラムの小型軽量なカメラです。最短撮影はワイド側で10センチまで、望遠側では80センチまで近づけますが、さらにズーム位置は固定になりますが5~60センチの範囲でAF撮影できるスーパーマクロモードも備えています。連写性能は最高7コマ/秒でフルHDの動画撮影も可能です。約1200万画素の1/1.7型CMOSセンサーを使用して、一眼レフのようなスタイリングのカメラです。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

F値

絞り値とも呼ばれる、レンズの明るさを表す指標。焦点距離÷レンズの有効口径で計算される。f値が小さいほど光がたくさん入る。レンズをもっとも開いた時(=f値がもっとも小さいとき)が、もっとも集光力が大きく、その時のF値のことを「開放F値」と呼ぶ。写真の「ボカし」に大きく影響する値。

オートフォーカス(AF)

シャッターボタンを半押しすると、自動で被写体にピントを合わせてくれる機能。静物撮影に向いているシングルAF、動物撮影に向いているコンティニュアスAF、それらハイブリッド型のAFモード自動切り替え、が存在する。

CMOSセンサー

カメラの撮像素子の一種。CCDセンサーと比較し、消費電力が小さく、処理スピードが速いと言う特徴を持つ。技術の進歩により、CCDセンサーとの画質差も解消されているため、現在はほとんどのカメラがCMOSセンサーを搭載している。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

STYLUS 1のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

ステップズーム撮影やインターバル撮影の機能を盛り込んだSTYLUS 1の後継機種

オリンパス
STYLUS 1S
29,800円〜

ポップアップ式照準器・ドットアイを内蔵した珍しい光学50倍ズーム内蔵のカメラ

オリンパス
SP-100EE
18,800円〜

OLYMPUS STYLUS 1の基本スペック

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK

価格:42,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー OLYMPUS(オリンパス) 商品名 コンパクトデジタルカメラ STYLUS-1
撮像素子 1/1.7型CMOS(裏面照射型) F値 2.8
有効画素数 1200万画素 光学ズーム 10.7 倍
焦点距離 28mm~300mm 撮影感度 通常:ISO100~12800
手ぶれ補正 レンズシフト式 AF(オートフォーカス) イメージャAF
連写速度 7コマ/秒 動画 1920x1080(フルHD),MOV(MPEG-4AVC/H.264)/AVI(MotionJPEG)
サイズ 116x87x56.5 mm 重量 402g
その他機能 Wi-Fi対応,PictBridge対応

OLYMPUS STYLUS 1のバッテリー

str

SIXOCTAVE BLS-1 互換 バッテリー オリンパス OLYMPUS STYLUS 1/STYLUS 1s / OM-D E-M10 / OM-D E-M10 MARK II / PEN / PEN Lite E-P1 E-P2 E-P3 E-PL6 E-PL7 E-PL5 E-PM2 E-PL3 E-PL2 E-PM1 E-PL1s E-410 E-420 E-620 E-PL1 等対応

価格:1,199円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SIXOCTAVE BLS-1は、幅広い商品に対応しており価格が安い事から人気の高い互換バッテリーです。過放電防止の保護回路が内蔵されているので、過電流や過充電を防止できます。 また、6ヶ月の保証が付いているのも嬉しいサービスです。

OLYMPUS STYLUS 1のおすすめポイント

コンパクトながら高画質

STYLUS 1はコンパクトなデジタルカメラですが、10倍ズームや全域でF2.8の明るさ、1/1.7インチの撮像素子などの機能により高画質を可能にした商品です。 一眼レフのように大きくないので、持ち歩いたり首からぶら下げたりしても苦にならないのも魅力です。

便利なWi-Fi機能

STYLUS 1にはWi-Fiが内蔵されていて、スマートフォンのアプリであるOLYMPUS Image Shareと連携させる事でSTYLUS 1で撮った写真をスマートフォンに転送できます。 更にスマートフォンを使ってリモート撮影をする事も可能になっており、撮影をする楽しさの幅が広がります。

動画も楽々

STYLUS 1はフルハイビジョン、ハイスピード、アートフィルターなどのムービー機能も付いています。手ぶれ補正も付いているので歩きながら撮影しても綺麗に撮る事が可能になりました。 また、テレビとSTYLUS 1をHDMIケーブルで繋げば撮影した映像を皆で楽しむ事も出来ます。

OLYMPUS STYLUS 1の悪い点をレビュー

操作性に難がある

画面はタッチパネルですがダイヤルやボタンが多く、出っ張っていないので押しにくいと感じる方もいるようです。また、グリップに関しても女性や手の小さな方にはしっくりくると思いますが、男性には若干細く感じるようです。

シャッタースピードが遅い

STYLUS 1のシャッタースピードは他の製品に比べて遅く、動きの速い被写体を撮影するとブレてしまう事が多いようです。シャッターを切るのに時間がかかるので静止画ならば問題ないでしょうが、動きの速い人や物を撮る事が多い方には向かないタイプです。

カメラに防衛装備が付いていない

基本的に高性能でコンパクトながら万能性を評価されているSTYLUS 1ですが防塵・防滴・防水機能などが付いていません。カメラを使うシーンは人それぞれですが、頻繁に屋外で使う方にはカメラ本体を保護する機能が付いていない事を不便に感じているようです。

OLYMPUS STYLUS 1の良い点をレビュー

液晶画面が綺麗

STYLUS 1の液晶は104万画素と高画質なので綺麗でとても見やすいです。更に14段階の設定が可能になっており自分の好みや明るさに合わせられるので、炎天下でも画像が確認できて便利という声がありました。

 

また、モニターが上下にチルトするチルト液晶なのも便利に感じる様です。

 

携帯性に優れている

コンパクトデジタルカメラというジャンルの中では、若干大き目のサイズに分類されるSTYLUS 1ですが、機能面を考えればこのサイズによく収めたと感じるというレビューがありました。また、一眼レフに比べれば持ち運ぶのが楽というレビューも多かったです。

操作がし易い

STYLUS 1は高性能なカメラでありながら、機能の設定などを含め操作がしやすい商品なのが魅力の1つになっています。

 

さすがに初心者では難しいかも知れませんが、一般的な知識がある方には一眼レフに引けを取らない機能が付いているので満足のいく商品になっているようです。

OLYMPUS STYLUS 1の口コミを集めました

【ホールド感】 しっかり握りこむにはちょっと小さいですね。 しかし、ゴム張りのグリップの出っ張りもしっかり用意されており、 滑り落してしまうことはまずないでしょう。

出典:https://review.kakaku.com

ホールド感については、小さいという意見やもっと深い方がいい等の口コミが多く見られました。カメラに慣れていない方は使いこなせるようになるまで少し時間が掛かりそうです。

【画質】画質は1200万画素と他機種の方が良かったりする事があります。自分は十分だとは思いますがもっといい画質を!という方はソニーのサイバーショットなんかを選んでも良いかもしれません。

出典:https://review.kakaku.com

確かに1200万画素は一般的なデジタルカメラと比べると小さく、あまり良いとは言えません。ですが、この口コミのように1200万画素で十分と感じる方も多いと思いますし静止画画素数にこだわらない方には問題ないカメラです。

【画質】暗所で粘る。夕方にありがたみを感じる。しかし、CMOSゆえの特性か、もわっとしたノイズが出やすい。ISOもオートで上がるので仕方がない。こればっかりはCCDがよい。くっきり感がほしい。プリントする分には違いはわからなくなります。 F2.8通しなので、少し絞って使うと好みの画像になります。

出典:https://review.kakaku.com

ISOの最大感度が12800のSTYLUS 1は小さい部類なので仕方ない事かも知れません。もし夜景などの周りが暗い空間で撮影を行う場合にはSTYLUS 1は不向きと言えます。

購入し初めて本機のみで撮影に出かけたところ途中からシャッター半押しのピント合わせの状態で一瞬ノイズが出るようになり緑の合点マークは出るのですが撮影された画像はすべてひどいものになってしまいました。その後は何回半押ししてもまだら模様のレインボーノイズのようなものが一瞬出て綺麗に撮影できなくなりました。バッテリーを外したりセットを初期化しても改善されません。

出典:https://review.kakaku.com

数は多くありませんが、初期不良と思われる口コミを何個か目にしました。こちらの口コミはセンサーの故障が原因のようです。このような不具合の場合は交換サービス行ってくれます。

【液晶】 見やすいし、タッチパネルになっているのがよい。字は細かいがいろいろな情報が表示される。 きちんと意味を理解して使用できれば、こんなに面白いカメラはない。

出典:https://review.kakaku.com

やはり104万画素という事もあり液晶が綺麗で見やすいようです。操作しやすいタッチパネル、タッチシャッター、チルト機能なども人気の秘訣です。複雑な機能が多い訳ではないので理解するのに時間は掛からないと思います。

【バッテリー】 バッテリー持ちは良い方だと思います。動画を何十時間も撮っていなければ普通に1日もちます。予備も買っておくのが理想ですが…

出典:https://review.kakaku.com

STYLUS 1のバッテリーに関しては長持ちする訳ではないようですが、困ると感じた事が無いという意見が多かったです。よっぽど撮る物が多いと分かっている時だけ予備を用意すれば問題ありません。

機能性についてはほぼ文句無しです。またカメラにwifiが内蔵されているので、わざわざパソコン経由で写真をスマホに送る…なんて事をしなくて済みます。またwifiを使ってスマホでカメラを遠隔操作出来たり撮った写真をその場で編集…なんて事も出来ます。これら機能の充実性が自分がstylus1を買おうと思ったきっかけです。

出典:https://review.kakaku.com

スマートフォンのアプリOLYMPUS Image Shareを利用し、撮影した写真をスマートフォンに転送できる機能は簡単で便利な為、魅力を感じる方も多いようです。

こういうのを探していました。コンパクトながらズームもすごい!1/1.7インチセンサーで、画質も良い!レンズは全域f2.8!液晶もキレイで、なおかつチルト式! 操作感は、とにかくレスポンスが良い!サクサクしていて、ストレス無し!

出典:https://www.amazon.co.jp

STYLUS 1に関する口コミで1番多かったのが、上記のように万能カメラだという声でした。画質、操作性、携帯性、機能性など総合的に見て「待ちに待っていたカメラ」という意見も見受けられます。

OLYMPUS STYLUS 1とSTYLUS 1sの違い

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS-1S 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1S BLK

価格:30,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

STYLUS 1が発売された1年後に登場したのがSTYLUS 1sです。サイズや重量、画素数、ズームなどの機能は変わりませんが、新機能としてスモールAFターゲット、フォーカスピーピング、タイムラプス動画、ステップズームなどが追加されてました。

 

中でも、被写体にピンポイントでフォーカスを合わせられるスモールAFターゲット機能と28mmから300mmと9段階の決められた焦点距離を自動でズームできるステップズーム機能の搭載は、初心者にも上級者にも魅力的な機能です。

 

また、本体のボタン配置などは変わっていませんが正面のグリップラバーが革グリップに変わっています。その効果なのかは分かりませんが、STYLUS1に多かったホールド感が悪いという口コミは減っています。

OLYMPUS STYLUS 1とSTYLUS SH-1の違い

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS SH-1 シルバー 光学式5軸手ぶれ補正 光学24倍&超解像48倍ズーム SH-1 SLV

価格:35,764円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

STYLUS SH-1は2014年に発売されたモデルで外見もだいぶ変わっています。サイズは108.8×63.2×42.4mmとコンパクトになっており重量も271gと軽量化されています。

 

STYLUS SH-1の1番の特徴は、世界初の動画、静止画に対応した光学式5軸手ぶれ補正を実現した事です。また、最大F値が6.9と大きくなっており照明などの明るい被写体を撮るには最適です。光学ズームも24倍と大きくなっていて、望遠撮影をする際には手ぶれ補正が大きな効果を発揮します。

 

非常に軽くて小さいカメラながら高性能なので、スマートフォンのカメラでは物足りない方にはおすすめの商品です。

OLYMPUS STYLUS 1とPEN E-PL8の違い

オリンパス

OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 ダブルズームキット ブラウン

価格:52,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PEN E-PL8は2016年に発売されたミラーレス一眼です。STYLUS 1よりもコンパクトに作られていて、シンプルながらかわいいデザインという事もあり女性に人気の商品です。

 

PEN E-PL8の特徴の1つが自撮りです。液晶が上開きになるのが一般的なカメラですが、目線が合わせやすい事や自然の姿で自撮りを行えるようにPEN E-PL8は下開きモニターになっています。

 

他にも強力な手ぶれ補正、肌を滑らかに補正してくれるeポートレート、動画と音楽を組み合わせて映像を作成するクリップス機能など様々な場面で楽しみながら使える機能が満載です。

 

バッテリーの持ちも良いという声が多く、カメラ初心者の方におすすめの商品です。

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK

価格:48,682円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OLYMPUS STYLUS 1 デジタルカメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

STYLUS1の魅力は光学ズーム10倍以上、全域F2.8の明るさ、通常よりも大きな撮像素子、スマートフォンと連動できるWi-Fi内臓等々が挙げられますが、様々な機能を搭載しながらコンパクトなボディに仕上がっている事が1番の特徴です。

 

どれほど高性能なカメラであっても、持ち運びが面倒なサイズになっていれば使う機会も減ってしまいます。STYLUS1は一眼レフに比べれば多少劣ってしまいますが、その分どこにでも持ち歩けるという利点があります。

 

口コミを見ても「買って良かった、満足していると」いう意見が多かった商品ですので、趣味などでカメラを買いたいと考えている方にはおすすめです。