【2022最新】ソニーのビデオカメラのおすすめ7選|4K・フルHDをそれぞれ紹介

ソニーのビデオカメラは、手振れ補正機能が優秀で保存も手軽にできることから人気が高いです。本記事では、ソニーのビデオカメラのおすすめ商品を、4K・フルHDに分けて紹介します。魅力や選び方、パナソニックとの違いなども解説するので、ぜひ参考にしてください。

2021/11/10 更新

運動会や発表会など、イベントの撮影に欠かせないビデオカメラ。スマホでも撮影はできますが、画質や使い心地にこだわるならビデオカメラを使いたいですよね。中でもソニーのビデオカメラは、高画質かつ手ブレ補正機能に優れていることで有名です。

 

しかし、ソニーのビデオカメラと言っても種類が豊富なので、自分の目的に合ったモデルを選ぶのが難しい考える方も多いです。そこで本記事では、ソニーのビデオカメラのおすすめ商品を紹介します。

 

最新モデル「HDR-CX680」やパナソニックとの比較、魅力や選び方についても詳しく解説するので、ぜひ選ぶ際の参考にしてください。

今すぐ見る!ソニーの4Kビデオカメラの世の中ランキング4選
今すぐ見る!ソニーのフルHDビデオカメラの話題の商品3選

ソニーのビデオカメラは、手ブレ補正・高画質・保存や編集の利便性などが特徴です。ここでは、それぞれの魅力を詳しく解説します。

手ブレ補正機能が充実

ソニーのビデオカメラは、手ブレ補正機能が充実しているのが魅力です。お子様の運動会やスポーツの試合など、被写体が動くような状況でもブレのない映像が撮影できます。また、長時間の撮影で手が疲れたときでも、補正により安定した撮影が可能です。大画面で見てもブレを感じない鮮明な映像を楽しめます。

高画質で映像が綺麗

ソニーはテレビや家庭用ゲーム機なども手掛けており、圧倒的な高画質が魅力です。ビデオカメラの映像も同じく滑らかな高画質が特徴で、繊細な映像を撮影できます。話題の4K映像に対応したビデオカメラも販売しており、よりリアルで臨場感のある映像を楽しめますよ。

保存や編集が簡単&便利

ソニーのビデオカメラは撮影した映像の保存や編集が簡単にできます。ダビングも簡単で、家族や友人間で手軽に映像を共有できるのも魅力です。編集に関しては、切り替え効果やBGMを使ったショートムービーが自動で作成できるので、簡単に思い出を振り返ることができます。スマホへの共有も簡単で、SNSへのアップにも便利です。

ソニーのビデオカメラの中でも大人気なモデル「HDR-CX680」は、暗い所でもノイズを低減した高画質映像が撮影できます。60倍の全画素超解像ズーム機能を備えており、本物同様のリアルなズーム映像を撮影できるのが強みです。

 

一方で、最新機種の「FDR-AX45」と「FDR-AX60」は、4K撮影が可能でより鮮明な映像を楽しめます。4Kでのズーム性能も30倍と高倍率なので、遠くの被写体もはっきりと捕らえることが可能です。HDR-CX680でも十分高性能ですが、画質にこだわりたい場合は最新モデルを選ぶことをおすすめします。

今すぐ見る!ソニーの4Kビデオカメラの世の中ランキング4選
今すぐ見る!ソニーのフルHDビデオカメラの話題の商品3選

パナソニックのビデオカメラも、ソニーと並ぶ人気商品です。パナソニックのビデオカメラには、サブのカメラで撮影した映像をメインの映像の端に入れられる「ワイプ撮り」機能を搭載しているモデルがあります。また、他のメーカーに比べてもずば抜けて高性能な望遠ズーム機能が特徴です。

 

USBでの充電も可能で、外出中のバッテリー切れに対応しやすいのも魅力といえます。ソニー・パナソニック共にそれぞれのよさがあり、どちらのメーカーのビデオカメラも高性能です。編集や保存のしやすさや手ブレ補正機能を重視する場合は、ソニーのビデオカメラを選びましょう。

ソニーのビデオカメラはラインナップが豊富で、機能性もシリーズごとに異なるため、自分の用途に合わせて最適なものを選ぶ必要があります。ここでは、ソニーのビデオカメラの選び方を解説するので、ぜひ参考にしてください。

画質で選ぶ

ビデオカメラに共通する重要なポイントは画質です。画質は主に「フルHD」と「4K」に分かれます。購入前に、それぞれの特徴をチェックしましょう。

コスパ重視ならフルHD

フルHDは4Kに比べて画質は劣りますが、それでも十分高画質です。ズーム機能は4Kよりも高性能なので、画質とズーム性能のバランスを重視したい方におすすめします。また、フルHDは4Kに比べて価格もお手頃でコスパに優れているのもメリットです。

画質重視なら4K

画質を重視したい場合は、4K対応のビデオカメラを選ぶのがおすすめです。4KはフルHDの約4倍の高画質で、まるで本物を肉眼で見ているかのようなリアルで繊細な映像が撮影できます。価格は比較的高価でズーム性能はフルHDに負けますが、撮影したときの空気感ごと高画質な映像に残したい方におすすめです。

ズーム性能で選ぶ

ズームの性能も、ビデオカメラを選ぶ上で重要なポイントです。機種によって可能なズーム倍率が異なるため、目的に合ったズーム性能を搭載したビデオカメラを選びましょう。

 

遠くにいる家族や友人を撮り逃したくない場合にも、ズーム性能が高いと近くに行って撮影する手間もなく、快適に撮影できます。4K対応のビデオカメラの場合、ズーム倍率はあまり高くないですが、ズームした状態でも高画質な映像が撮影できるので、あわせてチェックしてください。

連続撮影時間は7時間以上を選ぶ

ビデオカメラは、連続撮影時間が7時間以上のものを選びましょう。7時間より短いと、バッテリー持ちが短いと感じ不便です。また、外出先や連泊などで長時間の撮影を想定する場合は、予備バッテリーも一緒に持ち歩くことをおすすめします。

持ち運びのしやすさはサイズ・重量をチェック

ビデオカメラを持ち運ぶ頻度や時間が多い場合は、持ち運びのしやすさも重視しましょう。サイズが大きいと持ち運びの際に荷物が嵩張り、重量が重いと撮影中も手が疲れます。持ち運びのしやすさや使いやすさを考えて、なるべくコンパクトで軽量のものを選ぶのがおすすめです。

ソニーのビデオカメラは、その他の便利機能も充実しています。あわせてチェックして、自分に最適な機能を見つけましょう。ここでは、手ブレ補正機能とオートフォーカス機能について解説します。

手ブレ補正機能

ソニーのビデオカメラには、手ブレ補正機能が充実したモデルがたくさんあります。手ブレ補正機能には「空間光学手ブレ補正」と「光学式手ブレ補正」の2種類があるので、それぞれのメリット・デメリットを確認しましょう。

綺麗な映像を撮影するなら「空間光学手ブレ補正」

空間光学手ブレ補正は、レンズが空中に浮いているような状態になっており、レンズとイメージセンサーが一体化して揺れを吸収する機能です。ビデオカメラ本体が揺れてもブレのない映像を撮影できます。運動会やスポーツの試合など、動きの大きい被写体を撮影する際に最適です。

三脚を利用しての撮影なら「光学式手ブレ補正」

光学式手ブレ補正では、1枚の手振れ補正用レンズが動くことで補正を行います。ズーム機能の利用が少ない場合や、大きく動く被写体が映らない三脚を利用しての撮影に最適です。空間光学手ブレ補正に比べると補正力は劣りますが、機能性は十分だといえます。

 

動く被写体の撮影やズーム機能を使用する際は上手く補正されない場合もあるので、その特徴を理解した上で選びましょう。

オートフォーカス機能

オートフォーカス機能は自動で被写体にピントを合わせてくれる機能です。動く被写体もしっかりと認識し、どんな瞬間も取り逃しません。特に、運動会のようなスポーツシーンにも最適で、狙った瞬間に被写体を撮影できます。

 

撮り逃しを防止したい場合には、オートフォーカス機能搭載のものを選びましょう。

ソニーの4Kビデオカメラの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 ソニー

FDR-AX45

価格:89,818円 (税込)

コスパ◎250倍もの拡大ができる優れもの!

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は光学式20倍ズーム、電子ズームを含めると250倍もの拡大性能を誇るハンディカムシリーズのビデオカメラです。焦点距離26.8mmのビデオカメラ業界では最高峰の広角レンズを搭載しており、幅広い撮影を実現してくれます。また、180通りもの組み合わせの中から撮影状況に合わせた最適な映像を取れるように、カメラが自動設定してくれる「おまかせオート」を搭載。

さらに、フレームレートも圧倒的に高く、撮影した4K動画から決定瞬間を静止画としてきれいに切り出せる機能も秀逸。値段相応の圧倒的性能を誇るおすすめのモデルです。
2位 ソニー

FDR-AX700

価格:196,380円 (税込)

画質にこだわりたい方に!被写体の細部や微妙なグラデーションまで鮮明に

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は高解像度になった有機ELファインダー「Tru-Finder」を採用した最上級モデルです。撮影中のピント合わせや画角の確認も従来品より快適に行えるようになりました。また、付属の大型アイカップを使えば、晴天下でのフレーミングや撮影後の画像チェックも簡単にできるのも嬉しいポイント。

さらに、タッチパネル式ワイド液晶パネルも高解像度を追求したモデルのため、被写体の細部や微妙なグラデーションまで鮮明に映し出します。本格的に撮影を行う方や、とことん画質にこだわりたい方に最適のビデオカメラです。
3位 ソニー

FDR-AX60

価格:119,818円 (税込)

運動会や家族旅行などの思い出をしっかり残したい方に

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はナイトショット機能が搭載されているビデオカメラです。ライトが点かず赤外線で撮影するので、寝ているお子さんの睡眠を邪魔することなく可愛い寝顔を動画として残せます。画質は4Kなので、高性能で鮮やかなのも嬉しいポイントです。

また、レンズリングが搭載されているので、ズームやピントの微調整も可能。演出の幅が広がります。さらに、SONY独自の「空間光学手ぶれ補正」機能で手持ち撮影時やズーム撮影時でも手ぶれを抑えて、キレイに撮影することができます。充実した手ぶれ補正機能が欲しい方におすすめの商品です。
4位 ソニー

Handycam FDR-AX100

価格:119,765円 (税込)

キレイな映像と一緒によりリアルなサウンドを残したい方に◎

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はソニーのデジタル4Kビデオカメラシリーズの中でも、より高感度撮影が可能な1型センサーを搭載したモデルです。従来モデルの4.9倍の受光面積を持ち、暗所撮影時のノイズの低減し、クリアで鮮やかな映像を残すことができます。また、7枚羽根の円形絞りを採用することで、ボケ味を生かした柔らかい雰囲気の映像を残せるのも魅力の1つ。SONY独自の「5.1chサラウンドサウンドマイクロホン」も搭載しています。

そのため、ドラマチックな映像表現を家庭向けハンディカムで楽しみたい方におすすめです。さらに、手ぶれ補正に優れており、旅行中の持ち歩きはもちろん子供を追いかけながらの撮影にぴったりです。安定した滑らかな映像を簡単に撮影できます。

ソニーのフルHDビデオカメラの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 ソニー

HDR-CX470

価格:30,700円 (税込)

コスパ◎初心者でも使いやすいフルハイビジョンビデオカメラ

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HDR-CX470はコストパフォーマンスに優れたビデオカメラです。価格は3万円弱と安いですが光学ズームを搭載し、30倍まで上げられます。また、電子式ズームは350倍と破格の性能を誇り、手振れ補正もいいので、遠くからでもしっかりお子さんの姿を撮影できるのも嬉しいポイント。

重さは190gととても軽く、長時間の撮影でも非常に疲れづらいの魅力の1つです。内蔵メモリーが32GBあるのも便利なポイント。画質にあまりこだわらない方は、価格も安いのでおすすめです。コンパクトで軽量なので、運びやすさや持ちやすいという点も特徴といえます。
2位 ソニー

HDR-CX680-W

在庫なし

ソニー独自の空間光学手ブレ補正機能を搭載したビデオカメラ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は手振れ補正性能の高さから人気のあるビデオカメラです。空間光学方式を採用しているため、とにかく手振れ補正性能が高く、動きながら録画してもブレの無い動画を撮影できます。質量が300gと比較的軽く、カメラを持ちやすいのも嬉しいポイント。また、高速にピントを合わせるファストインテリジェントオートフォーカスも魅力の1つです。

子供の学芸会や大勢で集まるシーンに活躍してくること間違いなし。撮影者の声を抑えられる、マイボイスキャンセリングが搭載されているのも便利なポイントです。4万円台後半でスペックの割に比較的安価なため、空間光学方式付のカメラを安く購入したい方にもおすすめします。
3位 ソニー

HDR-AS50

価格:21,321円 (税込)

海やプールでも安心して使える!高音質で高画質アクションカメラ

Yahoo!で詳細を見る Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は高音質で高画質な映像が特徴のアクションカメラです。アクティビティ向けのカメラなので、素早い動きも滑らかに低ノイズな映像を撮影できます。ドイツの名門光学機器メーカーであるツァイス社の「テッサー」レンズを採用することで、解像度・コントラスト・色再現性に優れた美しい映像を残すことに成功しました。

そして、臨場感まで残せるステレオマイクも魅力の1つです。小型なので風の影響を受けにくく、頭や自転車に取り付けても安定した撮影をできます。防水ハウジングが付属しているので、海やプールでも安心できます。さらに衝撃に強い構造なので、長く使えるのもメリットです。

ソニーのフルHDビデオカメラの話題の商品

  • 世の中で多く検索されている定番の商品を紹介しています。
ソニー

PXW-X320

価格:5,790円 (税込)

オートフォーカスとマニュアルフォーカスの切り替えが簡単!

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は1/2インチ Exmor 3CMOSセンサーと4:2:2 10bit XAVC Intra/Longコーデックを搭載した、ソニーのビデオカメラです。充分な画質を維持しつつ、長時間収録にも対応しています。また、アイカップ部を跳ね上げて液晶モニターを直接見ることができるのも嬉しいポイントです。さらに、オートフォーカスとマニュアルフォーカスを簡単に切り替えれるのも魅力。

別売アダプターにより、XQDメモリーカードやSDHCメモリーカードでの収録できます。PCへのファイルコピー時間は転送速度3.5Gbpsを実現。アマチュアからプロの方におすすめしたい商品です。
型番 画質 光学ズーム デジタルズーム 連続撮影時間 サイズ 重量

手ブレ補正機能

AF機能
FDR-AX45 4K 20倍 250倍 約15時間50分 14.25 x 7.3 x 8.05 cm 510 g 空間光学手ブレ補正 ファストインテリジェントAF
FDR-AX700 4K 12倍 192倍 - 28.7 x 13 x 18.15 cm 1.39 Kg 光学手ブレ補正 ファストハイブリッドAF・AF被写体追従
FDR-X3000R 4K - - - 2.94 x 8.3 x 4.7 cm 89 g 空間光学手ブレ補正 -
FDR-AX60 4K 20倍 250倍 - 16.1 x 7.3 x 8.05 cm 535 g 空間光学手ブレ補正 ファストインテリジェントAF
HDR-CX470 フルHD 30倍 60倍 約7時間55分 16 x 12 x 9 cm 215g 光学式手ブレ補正 ファストインテリジェントAF
HDR-PJ680 TI フルHD 30倍 350倍 - 12.1 x 6.15 x 6.6 cm 325 g 空間光学手ブレ補正 インテリジェントAF・ロックオンAF
HDR-CX680 フルHD 30倍 350倍 - 12.1 x 5.75 x 6.6 cm 305 g 空間光学手ブレ補正 ファストインテリジェントAF・ロックオンAF

ビデオカメラで撮影した映像を保存するには、SDカードが欠かせません。SDカードにはSDメモリーカードとmicroSDカードの2種類がありますが、ビデオカメラと相性がいいのはSDメモリーカードです。SDカードによって保存できる容量も異なるため、用途に合った容量を選びましょう。

ソニーのビデオカメラについて解説しました。シーンに合ったビデオカメラを使うことで、思い出をより鮮明な映像として残すことができます。みなさんも本記事を参考に、自分にぴったりなソニーのビデオカメラを見つけてください。

ビデオカメラ ソニー 画質 4Kの全商品一覧

商品一覧を見る

ビデオカメラ ソニー 画質 フルHDの全商品一覧

商品一覧を見る