SONYのデジタルカメラの一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方

SONY(ソニー)のデジタルカメラの一覧と最新情報についてまとめています。SONY(ソニー)のおすすめの最新デジカメ、人気のおすすめ選び方、トラブル対応から他社との比較まで。SONY(ソニー)のデジカメに関して調べている人は是非参考にしてください。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】デジカメの最強おすすめ特集【14選】選び方と最新情報を紹介 ▶︎【2020年最新】デジカメの選び方を分かり易く解説【コレさえ読めば失敗・後悔しない】
ソニー(SONY)

Cyber-shot DSC-RX100M7

価格:139,200円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Cyber-shot DSC-RX100M7は2019年8月30日に発売されたばかりのソニー製デジタルカメラです。有効画素数2010万画素1型CMOSセンサー搭載、光学ズーム8倍でレンズは広角24mm4K動画撮影と素晴らしい高スペックでまとめられており、現行最強機との声も多いです。

 

このRX100シリーズはサイバーショットの代名詞とも言えるの高級ラインナップで、まさに新発売を待ち焦がれていた方も多いでしょう。期待に違わぬ高画質・高スペックに、シリーズ通して変わらない高級感溢れるコンパクトボディは、やはりデジカメとして素晴らしい出来を誇ります。

 

値段分の価値は十分にあるとも評判ですので、カメラが好き、写真も動画も高画質がいいという方は、ファンも多いこのRX100シリーズの最新作に触れてみてください。

DSC-RX100M7の評価・レビュー・製品情報・価格比較はこちら

ソニーは誰しもが知るAV機器メーカーで、テレビやブルーレイレコーダーといった印象が強い方も多いでしょう。従来のカメラ好きの方の間では、一眼レフのα(アルファ)シリーズで、初めてチルト液晶を採用し女性向けの機種を発売するなど、最先端で革新的なメーカーの印象もあるかと思います。

 

しかし近年のデジカメ作りに対しては、その高性能さとコンパクトさの両立には目を見張るものがあります。ポーチにも入るコンデジサイズフルサイズのCMOSセンサーを実現し、カメラとしての画質の追求は留まるところを知りません。またAV機器メーカーとしての技術をふんだんに採用し動画撮影もプロレベルと評判で、AFが早く綺麗で簡単です。

 

デジカメの販売台数は年々手軽なスマートフォンに押され減少の一途を辿っていますが、ソニーのデジカメ部門はそんなスマートフォンに、カメラだからこその高画質真っ向から勝負を挑んでいます。これがカメラ好きの方からも支持される理由ですね。

デジタルカメラ(メーカー:ソニー)の商品一覧(全25商品)

最新のソニーの人気おすすめデジカメについてまとめました。今一体どのデジカメが売れているのか、購入者の口コミや専門家のコメントについて知りたい方は是非ご覧ください。

ソニーの人気おすすめデジカメの記事はこちら

ソニーのサイバーショットは、今や高級デジカメの代名詞とも言えます。一番の売れ筋は何と言っても1型CMOSセンサーを搭載した高画質機の『RX100』シリーズで、ほぼ毎年新型が発売されており、その度に新機能を搭載しています。RX100の初代は2012年発売ですが、その技術の進化には著しいものがあります。

 

さらに、驚異のフルサイズセンサーを搭載した『RX1』シリーズに、高倍率ズームである『HX/WX』シリーズ、簡単シンプルで値段のお手頃な『W』シリーズなどもあります。総じて完成度も評価も高いデジカメを製造していますが、やはりメインの売れ筋は高画質・高機能のRX100シリーズだと言えるでしょう。

SONYの人気デジカメ!サイバーショット(Cyber-shot)の魅力とおすすめ機種を紹介!

ソニーのデジカメと一眼レフを比較した場合、唯一『RX1』シリーズのみが、一眼レフに太刀打ちできる画質と言って良いでしょう。これは一眼レフと同等のフルサイズセンサーを搭載しているためで、この機種はコンデジらしいコンパクトな本体に高画質を実現した、ソニーならではの高級機です。

 

一眼レフとの違いをあげますと、レンズ交換ができるかできないか、それにボディが小さすぎるが故のグリップの悪さファインダーの有無などがあげられます。画質は一眼レフ同等ですので、あとはその人それぞれの使い勝手での比較となります。それに、一眼レフならではの手にした時の満足感も挙げられますね。

 

しかし『RX1』は高級機で値段も高く、中にはミラーレス一眼のエントリー機の方がレンズセットでも安い場合がありますので、家庭での利用や入門機をお探しでしたら、そちらで探した方がいいでしょう。ソニーの一眼レフαシリーズは、初心者の方や女性のユーザーも多くおすすめです。

ソニーのデジカメを選ぶ場合に気をつけたい点は、ソニーは新型が発売された旧式モデルであっても現行機種として扱う為に、種類が常に膨大にあるということです。しかし発売年数やシリーズの違いによって、それぞれに性能の差はありますので、ここではその選び方のポイントをご紹介します。

 

ソニーのこだわりでもあるセンサーサイズから、高倍率ズームwi-fi機能。流行りの自分撮りや、ソニーの技術の詰まった動画撮影機能など、 それぞれの重要な点を踏まえて自分に何が必要かをチェックしていきましょう。

WiFi対応で選ぶ

Wi-Fi機能は是非ともあった方が使い勝手がよくなる機能で特におすすめです。ソニーのデジカメの場合、スマートフォンの方に先にImaging Edge MobileというアプリをインストールしてWi-Fi転送します。また、別途スマートフォンシンクアプリがあればデジカメの電源オフ時に画像が自動転送されるようにも出来ます。

 

また、PlayMemories Camera Appsというアプリをインストールすると、なんとフィルターや合成などのカメラ機能を追加することができます。さらに、ソニーのテレビであるブラビアにWi-Fi DirectかDLNAレンダラ―機能があれば、Wi-Fiで静止画をテレビへ写すことも出来ます。

 

ソニーのスマートフォンも作っているノウハウのあるメーカーだからこその拡張性を最大限に引き出す為にも、Wi-Fi機能は特におすすめです。

【2019年最新】WiFi対応のおすすめデジカメ10選と選び方

防水対応で選ぶ

防水機能水上アクティビティプール、あるいはシュノーケリングなど水中撮影には欠かせません。また家族でのキャンプなどの際にお子さんに持たせても安心で、重視される方も多いですね。しかし、残念ながらソニーの防水対応カメラはたった1機種しかありません。

 

それがDSC-RX0M2で、これは世界最小カメラとして手のひらにすっぽりおさまる匣体の製品です。本体の大きさからは想像できないほど画質はいいですが、手振れ補正対策で三脚・あるいはジンバルとセット利用を想定されており、どちらかというとGoProなどのアクションカメラの部類の製品だと言えます。

 

値段も高く、通常のスナップ写真を撮影するなどのデジカメらしい使い方では、おそらく不便を感じる場合も多いと予想されます。防水カメラに関しては、ソニーにこだわらず他メーカーで探した方が、使い勝手も良く納得のいく製品の出会えるでしょう。

防水カメラのおすすめ一覧と選び方【2019年最新デジタルカメラ】

光学ズームで選ぶ

光学ズームはデジカメとスマートフォンカメラの違いを一番に感じられる、大きな特徴です。スマートフォンでのデジタルズームではどうしても画像が荒くなってしまいますが、デジカメの光学ズームであればレンズ自体をズームさせますので、綺麗な画質のまま遠くの撮影ができます。

 

最近は30倍以上超望遠ズームカメラが流行りで、ソニーも高倍率ズームのデジカメを数多く発売しています。運動会などの行事での使用から、野鳥や景色の撮影にはたまたの撮影など、高倍率ズームカメラがあれば、利用シーンが一気に広がり、撮影が楽しくなります。

【2019年最新】コンパクトデジタルカメラの光学ズーム|特徴とおすすめの選び方を紹介

30倍

ソニーの光学ズーム30倍の高倍率デジカメなら、まさに運動会など子供の行事の撮影に最適です。5倍程度の望遠の場合、グラウンドが広いと被写体が遠く大きく映らない場合がありますが30倍なら安心です。さらにソニーのデジカメはAFが早く、素早いものの撮影に最適です。

60倍

ソニーのデジカメには現状で光学ズーム60倍の機種はなく、最大で50倍です。他メーカーでは100倍を超える機種も発売されているなか少々物足りなさもありますが、50倍でも野鳥の撮影などは十分にできます。なんといっても、ソニーの武器でもあるAFの速さでシャッターチャンスを逃しません

自撮り機能で選ぶ

SNSの流行で、旅行の楽しみとして自撮り写真を人と共有したい投稿したいという方もいらっしゃるでしょう。そんな時は、液晶画面が回転する『バリアングル液晶』や、液晶画面が移動する『チルト液晶』搭載の機種ですと、画面を確認しながらシャッターが切れますのでおすすめです。

 

さらに、液晶画面と同時にカメラのWi-Fi対応もチェックしましょう。撮影した写真を簡単にスマートフォンに転送出来れば、SNSでの利用がとても簡単になりますね。

【2019年最新】自撮りに最適なデジカメのおすすめ人気ランキングと選び方

動画撮影機能で選ぶ

ソニーはビデオカメラも製造している大手AV機器メーカーだけあり、デジカメにもビデオカメラ同等の素晴らしい技術のノウハウが込められています。手軽に動画撮影するのでしたら、デジカメ1台で済ませた方が荷物も増えず使い勝手もいいので、ソニー製デジカメでの動画は積極的に使っていきたい機能です。

 

特にRXなど高級機になりますと、まるでプロ仕様同等の素晴らしい動画撮影ができるとも評判ですので、せっかくでしたらこれを活用しない手はないでしょう。

【4K/フルHD】動画機能のおすすめデジカメ一覧と選び方

4K(3840x2160)

【スポーツ・映画鑑賞に】人気の4Kデジカメおすすめランキング10選

今はテレビも標準で4K対応となってきています。そのため、お子さんやホームビデオなどの撮影をデジカメでするのであれば、やはりこちらも4K動画撮影可能な機種であれば、画質が崩れることもなく綺麗なままで閲覧出来ます。

フルHD(1920x1080)

フルHDパソコンスマートフォンなどで閲覧する動画では、まだまだ採用されている解像度です。SNSへの投稿などの小さな画面の閲覧であればまだまだ綺麗に見ることができるでしょう。ファイルのデータサイズが小さく加工しやすいのも魅力です。

画質で選ぶ

画質にこだわりがある場合、センサーサイズに着目しましょう。センサーサイズが大きければ大きいほど、多くの光を取り込むことができ、豊かな色階層での鮮やかな色彩表現に、ノイズは少なく白飛びや黒つぶれも少ない鮮明な写真が撮影できます。おすすめは1型以上のサイズです。

 

ソニーのデジカメラインナップを見ると、画質へのこだわりが強く感じられます。それは主にセンサーサイズに現れており、1型以上のセンサーサイズの高級機をメインラインナップに据え、フルサイズ機まで製造しているのはソニーの特徴でもあります。

ソニーのデジカメを購入するなら、同時に付属品の予備やアクセサリーについても考えた方が良いでしょう。後から足りないと気付いてしまうと、その都度対応機種を確認し付属品を選ぶという作業をしなければなりません。

 

ここではそんなデジカメを扱う上で必要なバッテリーの予備からケースまで、必要になってくる付属品とそのポイントを網羅しますので、購入の際の参考にしてみてください。

バッテリー

デジカメを使用する上でバッテリーの予備は最低一つはあった方がいいでしょう。連続使用時間はバッテリー容量や機種の性能にも左右されるので一概には言えませんが、1日持てば十分持ちがいいと言えます。新品のバッテリーパックの場合、普通にデジカメを使用して3年もすれば寿命がきますので、買い替えが必要になります。

Amazonで「ソニー デジカメ バッテリー」について見る

充電器

予備のバッテリーを購入するなら、予備の充電器もあった方がおすすめです。バッテリーパックを充電する際に、一つずつしか充電できないのでは、使用する時に二つ同時に持ち出せないからです。予備のバッテリーを常備して撮影するのであれば、二つ同時に充電できるよう充電器も用意しましょう。

Amazonで「ソニー デジカメ 充電器」について見る

ケース

オシャレなデジカメケースのおすすめ人気ランキング 10選【使いやすさ抜群!】

デジカメは精密機器ですので、落としたりぶつけたりするとせっかくの性能が損なわれる場合があります。修理も高く、見積もりに出した挙句に泣く泣く買い替えたという声も少なくありません。お気に入りの機種を守るためにもケースを利用をおすすめします。

Amazonで「ソニー デジカメ ケース」について見る

ストラップ

【2019年版】デジカメストラップの人気おすすめランキング10選

ストラップを使用し、カメラを首から下げて持ち運びをすると、カバンの中もすっきりとし、何よりいつでもカメラを構えることができるので使い勝手がとてもいいです。見た目も無難なものからおしゃれなものまで数多くありますので、それぞれデザインを楽しむこともできます。

Amazonで「ソニー デジカメ ストラップ」について見る

USBケーブル

デジカメのUSBケーブルはパソコンに写真を取り込んだり、テレビに動画を写したりする際に使用します。また、最新のデジカメでは、スマートフォンのようにUSB充電が可能なものも発売されています。USBを購入する時は、そのデジカメの対応タイプがmini-bなのかmicro-bなのか、はたまたtype-Cであるのか確認しなければなりません。

Amazonで「ソニー デジカメ usbケーブル」について見る

SDカード

デジカメに最適なSDカードの人気おすすめランキング10選【2019年最新】

デジカメを使用する際に、写真や動画を保存するためSDカードは必需品です。これは付属品ではなく別途購入する必要があります。SDカードは安いものも多く発売されていますが、値段の違いはメーカー保証、そして転送速度になります。

 

ソニーのデジカメで動画も撮影するという場合、スピードクラス10のものを選びましょう。高画質化が顕著な最近のデジカメ事情では、低速のSDカードを使用すると、動画が停止したりカクカクしてしまう可能性があります。

Amazonで「ソニー デジカメ sdカード」について見る

「このバッテリーは使えません」と表示される場合、いくつかの理由が想定されます。まずは、純正バッテリーではないことです。バッテリーを別で購入した場合に考えられますが、ソニーのバッテリーパックは非常によく似たコピー品も出回っています。

 

次にバッテリーの接触不良です。この場合は、バッテリーとカメラの接続部分の金属を綺麗に拭いてください。しかしそれでも治らない場合は、残念ながらバッテリーか本体の故障が考えられます。

 

バッテリーの故障ならば買い替えですみますが、本体の故障ですと修理しなければなりません。保証期間内でしたら無償で修理してもらえますので、なるべく早く修理に持ち込みましょう。

一時期、ソニーからモノクロ専用のデジカメが発売されるのではないかとの噂が経ちました。モノクロ撮影機はライカ製「Mモノクローム」があり、ニッチな市場とその専門性から非常に高価で、そこにソニーが参入するのではと期待した人もいるでしょう。

 

しかし、現状ではソニーからモノクロ専用デジカメは発売されていません。やはりあまりにも市場が狭いからであるのか、あるいは技術的な理由なのか、残念ながらこの機種は噂で終わってしまったようです。

ソニーのセンサーフルサイズのデジカメと言えば『RX1』シリーズで、35mmフルサイズセンサー搭載の高級機です。新型も発売されており、このシリーズを待ち望んでいる方は確実にいますが、何と言っても価格が飛び抜けて高価で手が出にくいことも事実です。

 

そこで、デジカメサイズにこだわらず本来フルサイズが搭載されているデジタル一眼レフに目を向ければ選択肢が広がります。エントリーモデルから高級機までさまざまなラインナップがありますので、満足いく機種が見つかるでしょう。

運動会の撮影で使用したいなら、ソニーのサイバーショットはまさに最適です。グラウンドの端に設けられた観覧席からでもお子さんをアップにする30倍高倍率ズーム機能に、即座にピントを合わせる高速AFがあれば、どんな瞬間でも逃さず思い出として残すことが出来ます。

 

またサイバーショットは追尾フォーカスも得意で、たとえグラウンドの端から端へと走り回るお子さんでも、しっかりとピントを合わせておくことが可能です。ピント合わせが甘く迷いがあると、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまいますが、ソニーは動くものの撮影は大得意です。

【2019年最新】運動会におすすめの人気デジカメランキングと選び方

DSC-RX100

ソニー(SONY)

Cyber-shot DSC-RX100

価格:34,600円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Cyber-shot DSC-RX100は2012年6月15日に発売されたソニー製デジタルカメラです。サイバーショットの中でも高級機の位置付けである1型センサーを搭載したRX100シリーズの、まさに初代の名機です。もちろん、センサーサイズ以外にも、大口径F1.8レンズに有効画素数2020万画素と堂々のスペックを誇ります。

 

この機種は2012年発売にも関わらず、現行でも通用するスペックから今だに根強い人気があり、令和の時代となった今でも売れ筋ランキングの常連です。発売日から年数が経っていてもここまで売れ続けているデジカメはソニー以外になく、本機種はそんなソニー製の中でもまさに筆頭の機種です。

「ソニー DSC-RX100 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較」

DSC-WX500

ソニー(SONY)

Cyber-shot DSC-WX500

価格:31,943円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Cyber-shot DSC-WX500は2015年6月5日に発売されたソニー製のデジタルカメラです。1/2.3型CMOSセンサーに有効画素数1820万画素そして光学ズーム30倍を搭載した、高倍率ズーム機の中では画質と価格のバランスもよく、購入しやすい人気機種です。

 

特に、高倍率である光学ズーム30倍とソニーならではのAFのピント合わせの速さで、運動会シーズンになるとこの機種を探して購入される方が非常に多いです。もちろん、それ以外の風景写真スナップ写真も綺麗に撮影可能で、高倍率のいいデジカメが一つ欲しいということであれば、まさに最適な機種だと言えるでしょう。

DSC-WX350

ソニー(SONY)

Cyber-shot DSC-WX350

価格:22,291円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Cyber-shot DSC-WX350は2014年3月7日に発売されたソニー製のデジタルカメラです。1/2.3型CMOSセンサーに有効画素数1820万画素そして光学ズーム20倍を搭載しており、特に上位機種であるWX500に比べてスリムかつコンパクトさが強い機種になります。

 

光学ズーム20倍は高倍率ズーム機の中ではやや物足りない倍率にはなりますが、それでも風景の撮影や、運動会の撮影でも利用できる倍率になります。なにより、この機種は光学ズーム20倍を搭載しながらレンズがフラットになるコンパクトさが素晴らしく、デジカメの基本である携帯性が素晴らしいです。

 

価格もとてもコストパフォーマンスがよく、この価格帯にしたらとても綺麗に撮影出来ますので、お手軽なデジカメとしては非常におすすめできる機種です。

DSC-RX1R

ソニー

Cyber-shot DSC-RX1R

価格:212,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Cyber-shot DSC-RX1Rは2013年7月5日に発売されたソニー製のデジタルカメラです。この機種の含まれる『RX1』シリーズはソニー製デジタルカメラの中でも特に特殊な位置付けであり、デジカメサイズでは不可能と思われていた一眼レフと同等のフルサイズセンサーが搭載されています。

 

デジカメと一眼レフでは、本体の小ささレンズの付け替え不要の使い勝手を選ぶか、本格的な画質を選ぶかでそれぞれを天秤にかけるところですが、このRX1Rはそのどちらをも両立させているソニーのデジカメへの本気が伺える機種です。

 

使い勝手の面では、AFが普通のデジカメ並などの声は聞こえてきますが、やはり画質に関しては絶賛されています。一眼レフ並の機能であるため価格も同等の超高級機ですが、気になる方は手に取ってみてもいいでしょう。

「ソニー DSC-RX1R デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較」

DSC-RX100M3

ソニー(SONY)

Cyber-shot DSC-RX100M3

価格:56,110円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Cyber-shot DSC-RX300は2014年5月30日に発売されたソニー製デジタルカメラです。1型センサーを搭載したRX100シリーズの3代目に当たる機種で、機能と価格のバランスもよく、こちらも売れ筋ランキング常連の超人気機種となります。

 

有効画素数2090万画素は変わらず、初代と比べ光学ズーム倍率が3.6倍から2.9倍へと下がっていますが、その分広角24mmを搭載しています。またファインダーが採用されており、RX100シリーズを求める方はズームよりも画質重視な傾向があるので、その点ではより進化していると言えます。

 

初代と比べてWi-Fi機能が搭載されたのも使い勝手が大きく向上している点で、最新のM7に比べて価格が手頃なことも、手に入れやすく人気の理由だと言えます。高画質で持っているだけで嬉しくなる高級デジカメをお探しの方にはまさにおすすめの一台です。

「ソニー DSC-RX100M3 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較」