【2023】買ってはいけないメーカーは?|テレビの人気メーカー12社の特徴比較

今回は東芝・シャープ・ソニー・TCL・オリオン・マクスゼンなどテレビメーカー12社の特徴比較をします。 また、各テレビメーカーのおすすめ商品ランキングもご紹介。「故障しやすいメーカー」「買ってはいけないテレビメーカー」はあるのかについてもお答えします。ぜひご覧ください。

2023/01/11 更新

編集部おすすめの記事

目次
※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

現在、ランク王では該当のテレビをご購入される方・すでにご購入された方に対して、口コミ募集キャンペーンを実施しております。スマホでGoogle Formsにて2つのアンケートにお答えいただきます。
ご協力いただけた方には、アマゾンギフト券を差し上げます。

 

該当のテレビの一覧は以下のリンクにまとめられております。
「キャンペーン対象のテレビの型番一覧」を見る

 

アンケートにお答えいただく際に、実際に購入された商品とご自身の名前、もしくはご自身だと分かるようなペンネームなどを写真で送っていただくことになります。ご了承ください。

 

キャンペーンの概要は以下のリンクにまとめられております。少しでもお得にテレビをご購入したい方ご購入されたテレビを他の人にもおすすめしたい方は是非とも以下のリンクからキャンペーンの内容をご確認ください。ご協力のほどよろしくお願いいたします。
「【ランク王】口コミ募集キャンペーン」を見る

1位
パナソニック

TH-43FX500

パナソニック TH-43GX500の型落ち商品です

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

こちらのテレビはパナソニック TH-43GX500の型落ち商品です。現在は最新モデルの、パナソニック TH-43GX500が発売されているので、そちらの購入がおすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
118 W
年間電気代【円】
3213 円
2位
パナソニック

TH-43EX750

本商品は「ヘキサクロマドライブ」を搭載しているビエラシリーズのテレビです。明るいシーンや暗いシーンも忠実に色を再現してくれます。また、「ダイナミックサウンドシステム」により迫力ある低音を実現。外部スピーカーがなくても、心地いい音を楽しむことができますよ。

さらに、「スマートTVアプリ」を使えば、大画面でオンデマンド映画を見たりゲームを楽しんだりできます。「アレコレチャンネル」で画面表示を切替えずに見たい番組を簡単に視聴や録画予約ができるのも魅力の1つ。放送中の番組もネット動画の映画も気になる欲張りな方に最適な商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
倍速駆動
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
155 W
年間電気代【円】
3078 円
3位
パナソニック

TH-43EX600

価格を抑えたインターネット対応テレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

FireOSを搭載したパナソニックの4K液晶テレビの廉価版です。価格が抑えられているため画質自体が少し暗めになっており、倍速液晶も付いてはいませんがとにかくネットワーク機能がこの価格の中では群を抜いて際立っています。基本の有名なところはもちろん網羅していますし、AbemaTVやTwitch、OpenRecなどの専門性の高いチャンネルにまでしっかりと対応しているのが大きなポイント。価格が抑えめなので子供部屋などにもうってつけの機種です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
150 W
年間電気代【円】
3375 円
パナソニック

TH-49HX850

左右だけでなく、上下からも包まれるような臨場感を体感できる立体音響システム「Dolby Atmos®」を搭載した液晶テレビです。また、AIHDRリマスター機能により、4K衛星放送をよりきれいに調整して再生できるという強みがあります。転倒防止スタンドが付属おり、地震や衝撃による転倒を防げるのもポイントです。

さらに、4Kと通常の番組を同時に録画できるので、見たい番組が重なって困っている方にもおすすめ!リモコンやスマートスピーカーを通した音声操作にも対応しています。4Kお部屋ジャンプリンク機能が使える対応機器を取り入れれば、録画した番組を好きな場所で見られます。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
162 W
年間電気代【円】
3510 円
1位
シャープ

AQUOS LC-60US40 [60インチ]

本商品は、「N-Blackパネル」を採用しているシャープの4K液晶テレビです。明るいリビングで使用しても光の反射を抑えて、見やすさを確保してくれます。また、オンキヨーと共同開発した内蔵の「サブウーハー」と「フルレンジスピーカーによる2.1chスピーカー」により、音にもこだわっていますよ。

さらに、「Netflix」ボタンに加えて、「YouTube」のダイレクトボタンが搭載されているので、ボタンを押すだけでYouTubeが起動します。手軽にコンテンツを楽しみたい方に最適ですね。独自技術の「リッチブライトネス」により、消費電力を抑えながらも画面輝度を従来比の15%以上に高めてくれる優れものです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
60V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
480スピード
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.1 m
消費電力【W】
252 W
年間電気代【円】
4860 円
3位
シャープ

LC-32W5

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年モデルのシャープの32インチ液晶です。こちらの製品は最近ではめっきり見なくなった赤白黄色のコンポジット入力端子に加えてPCモニタとしても使いやすいD-Subの15ピン端子も付いており、他デバイスからの信号を受けやすいテレビになっているのが大きなポイント。プレゼンテーションの資料などをパッと映すことができるため、会議使用目的での購入も非常に多い製品です。OS未搭載ながらもいくつかのインターネット動画に対応しているのもポイントが高いです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
32V型(インチ)
画素数 
1366x768
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
74 W
年間電気代【円】
1080 円
シャープ

AQUOS BH1ライン

本商品は4Kチューナー内蔵の、「AQUOSシリーズ」シンプルモデルの液晶テレビです。気になる照明や外光の映り込みを低減する「高精細4K低反射パネル」を採用。BS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵し、4K放送を視聴しながらUSB外付けハードディスクに別チャンネルの4K放送を録画できます。

また、「バスレフ型スピーカーボックス」の搭載により、低音域から高音域まで臨場感豊かにサウンドをリアルに再現。さらに、価格は6万円程度と比較的低価なため、コスパ重視で40型の4Kテレビを購入したい方におすすめしたい商品です。
AQUOS BH1ラインのバリエーション展開
40インチ 4T-C40BH1
詳細を見る
50インチ 4T-C50BH1
詳細を見る
60インチ 4T-C60BH1
詳細を見る
種類
液晶テレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
1位
東芝

55BZ710X

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年に発売した東芝の4K液晶テレビです。4K放送が始まる前のテレビなので4Kチューナーは内蔵していませんが、代わりに地デジ/BS/CSのチューナーが3基ずつ搭載されているため、外付けのHDDをつけて2番組まで同時に録画することが可能です。さらにこちらはBAZOOKAと呼ばれる重低音重視の大型のバスレフスピーカーを内蔵しているため、シアターセットなしで迫力の音声を楽しむことが可能。シアターバーがいらない=場所を取らないということになるので置き場所の省スペース化にも一役買っています。倍速液晶、直下型LED搭載と画質もしっかりと保証されている、非常に良質なテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
256 W
年間電気代【円】
3537 円
2位
東芝

32S21

低価格で直下型LED!くっきり見やすいテレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年9月に発売した東芝の32インチハイビジョンテレビです。ネット機能などが付いていないため、リモコンが非常に扱いやすいのとテレビの立ち上がり自体が非常に早いのが大きな特徴になります。また、この価格でありながらも直下型のLEDを採用しているため、画面が非常に明るく目に優しい液晶になっているのは嬉しいポイント。ゲームダイレクトモード搭載で今もなおゲーム用モニターとしても根強い人気をほこります。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
32V型(インチ)
画素数 
1366x768
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
57 W
年間電気代【円】
972 円
3位
東芝

43M520X

コスパに優れたネット機能搭載テレビ

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

東芝のMシリーズの旧型モデルです。現行のテレビとの違いは4Kチューナーがシングルチューナーというところが主な違いになっており、それ以外は大差がないため価格を抑えたい方には特におすすめのモデルになっています。
4Kテレビながら非常に価格が抑えられており、他メーカーのネット搭載テレビに比べてコンテンツは少なめですがYoutubeなどの有名所はしっかりと網羅したネット連携も付帯していますので価格に対しての満足感が高いテレビになっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
VAパネル
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
121 W
年間電気代【円】
2241 円
4位
東芝

32S22

コストパフォーマンス良好の中型テレビ

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

32インチの国内モデルとして非常に人気の高い東芝の液晶テレビです。この価格ながらもWチューナー搭載で外付けHDDでの裏番組録画に対応しており、利便性が高いのが特徴です。画質もこの大きさのテレビの中では明るめで見やすい画質というのも大きなポイント。低遅延のゲームモードも搭載しているのでゲームモニターの選択肢としても有用です。一人暮らしや子供部屋などでの設置に向いています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
32V型(インチ)
画素数 
1366x768
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
52 W
年間電気代【円】
1296 円
オリンパス

REGZA Z740Xシリーズ

見逃した番組や録画し忘れた試合などを後から楽しめる、人気のタイムシフトマシン機能を搭載した東芝の液晶テレビです。80Wのマルチアンプにより中高音はよりはっきりと、重低音はより迫力ある音響で楽しめます。また、ボイスで操作できる機能・好きなテーマからおまかせ録画できる機能・最大6チャンネルを同時再生できる機能など、便利な機能が盛りだくさんです。

ネット動画をテレビ画面で見たい方や、4K画質のゲームを大きな画面で楽しみたい方にもおすすめします。AIによって部屋の環境に適した画質に調整されるので、手軽に高画質・高音質の映像体験をしたい方は、ぜひ検討してください。
REGZA Z740Xシリーズのバリエーション展開
50インチ 50Z740X
詳細を見る
55インチ 55Z740X
詳細を見る
65インチ 65Z740X
詳細を見る
種類
4K液晶テレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+HLG
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
東芝

43M540X

こちらは43V型のBS/CS 4Kチューナー内蔵の液晶テレビです。チューナーなしで4K新衛星放送の視聴が可能なモデルになっています。より緻密に映像を再現する映像エンジン「レグザ エンジン Evolution」とサウンド技術を搭載し、さらに美しい画質と音質を実現しています。

HDR10、ARCにも対応しており、外付けHDDでより音質にこだわることもできます。地上、BS/CSは3チューナー搭載しているため、地デジ、BS/CSすべてで2番組を裏番組録画することが可能。ゲームモードももちろん搭載しており、大型なので家族や友人と楽しめるゲーム用テレビとしておすすめします。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
116 W
年間電気代【円】
2187 円
1位
ソニー

KJ-49X9000F

動きに強い高画質の液晶テレビ

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

高画質で動きに強いソニーの4K液晶上位機種です。直下型LEDを使用しているため、パネル全体が明るくくっきりとした画質に加え、倍速液晶を搭載しているためスポーツやアクション映画などの動きの激しいシーンのなめらかさも大きな特徴。また、ソニーの4KといえばAndroidTVを搭載しているため、YoutubeやHuluなどのメジャーどころはもちろん、自身でアプリを追加することによりさまざまなコンテンツを大画面のTVで楽しむことが可能です。価格は多少高めですが、それを補ってあまりある満足感の高い製品になっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
190 W
年間電気代【円】
4590 円
2位
ソニー

BRAVIA A1シリーズ

BRAVIA A1シリーズのバリエーション展開
65インチ KJ-65A1
詳細を見る
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
490 W
年間電気代【円】
-円
3位
ソニー

KJ-55X9500E

本商品は、映像も音もこだわった液晶テレビです。「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」や「X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジ プロ)」により、リアリティー豊かな4K映像を実現しています。加えて、磁性流体スピーカはハイレゾにも対応しているので、圧倒的な臨場感を味わえますよ。

そのため、映画をより楽しみたい方にピッタリ!「Android TV(TM)機能」も搭載されているので、放送・動画・アプリも音声で操作できます。あらゆるコンテンツを高画質で楽しめるのは嬉しいですね
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
スリムバックライトドライブ プラス(エッジ型LED部分駆動)
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
モーションフローXR480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
225 W
年間電気代【円】
5508 円
ソニー

BRAVIA X9500Hシリーズ

BRAVIA X9500Hシリーズのバリエーション展開
49インチ KJ-49X9500H
詳細を見る
55インチ KJ-55X9500H
詳細を見る
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
195 W
年間電気代【円】
4725 円
1位
ハイセンス

43A50

コスパに秀でた単機能テレビ

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2018年のハイセンスのフルハイビジョンモデルテレビです。この価格でIPSパネルを採用しており、どの角度から見てもしっかりと視聴できるのが大きな利点。ネット接続機能や4K視聴はできないものの、それを補って余りあるリモコンの簡単さとコスパの良さをほこります。直下型のLEDを使用しているため、部分ごとの明るさのメリハリが大きなのも特徴の一つ。ご年配の方や機械操作に不安のある方でもすぐに使用できる製品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
1920x1080
HDR方式 
-
パネル種類
IPSパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
1.6 m
消費電力【W】
65 W
年間電気代【円】
1971 円
2位
ハイセンス

43A6800

一人暮らしにもオススメの高コスパテレビ!

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

海外メーカー、ハイセンスの43インチ4K内蔵テレビです。4Kチューナー内蔵、最低限のネット連携機能を備えて5万前後の非常にコストパフォーマンスに優れたテレビですので、セカンドテレビや限られた予算の一人暮らしでも選びやすいのが大きなメリット。画質は少々白っぽいのと残像感があるというのはありますが、4Kのパネルということもありそこまで大きくは気にならないレベルです。また、ゲームモードが搭載されているので一瞬の遅延が命取りになるゲームをする場合の安価なモニターとしても優秀。とにかく低予算で回したい方におすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
120 W
年間電気代【円】
2835 円
3位
ハイセンス

HJ43K3120

良コスパ選択肢として優秀なテレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

今ではほとんど流通していない2016年のハイセンスのフルハイビジョンモデルのテレビです。43インチと中型でありながらも価格が非常に抑えられており、一人暮らしやセカンドルーム、客間などの普段使用しない部屋に置いておくテレビとして重宝されています。ダブルチューナーなどの基本的なところは一通り押さえつつ、今では珍しいAndroidスマホをケーブル接続でテレビに映し出すMHL規格に対応したHDMI端子を持っているのも大きな特徴です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
1920x1080
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
1.6 m
消費電力【W】
70 W
年間電気代【円】
2160 円
ハイセンス

KJ-55X9500G

高コスパなゲームモニターとしても優秀なテレビ

こちらはソニーの液晶テレビで2019年発売のモデルです。AndroidTVが標準で搭載されており、YouTube以外にもAndroidTV対応のアプリも楽しむことが出来ます。その他AmazonプライムビデオにNetflix、HuluやDAZNなど数多くの動画配信サービスにも対応しています。付属のリモコンにはYouTubeワンタッチボタンが搭載されているため、通常のチャンネル操作と同じ感覚でYouTubeを視聴することが出来ます。また、スマートスピーカーとの連携も強く、GoogleアシスタントとAmazonアレクサに対応出来ますのでWi-Fi環境で数多くのサービスと連携させることが可能です。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

現在東芝と業務提携を結んでいるハイセンスのコスパに優れた43インチ液晶です。こちらの最大の特徴はなんといってもこの価格で4Kチューナーとネット対応をしている点で、画面自体は少し白飛びがきついものの暗いシーンなどでは明るさをいかんなく発揮。長時間視聴を行っても疲れづらいのは大きなメリットと言えます。また、ゲームのコントローラー操作の遅延を少なくしてくれるゲームモードも対応しているため、格闘ゲームやFPSなどの瞬時の判断が要求されるコアなゲーマーにも人気のあるモデルになっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
248 W
年間電気代【円】
5724 円
1位
LGエレクトロ二クス

OLED55C7P

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

OLED55C9PJAの旧モデルになります。現行との違いは4Kチューナーが内蔵になっているかなっていないかの違いが大きな部分です。この価格で非常に高画質多機能というところが大きな特徴で倍速液晶で動きがなめらか、有機ELで画面がくっきり、DOLBY ATMOS対応のため疑似サラウンドも可能とどこのメーカーも上位クラスにしか採用しない機能が目白押し。独自のWebOSを搭載しているため、ネット動画などもすいすい見られるのも大きな利点です。
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
370 W
年間電気代【円】
6318 円
2位
LGエレクトロ二クス

49SK8500PJA

本商品は、65V型レグザ液晶テレビです。映像処理に「レグザエンジンEvolution-S」を使用し、よりスピーディーで滑らかなグラデーションの映像再現が実現。4Kチューナー内蔵により、地デジのノイズを低減した高精細でなめらかな4K映像を満喫できます。外付けHDD搭載で、W録画にも対応しているのもポイントです。

さらに、みるコレ機能で好きなテーマに合わせた番組を勝手に録画してくれるのも魅力です。多くの動画配信サービスにも対応しているので、アニメやドラマを手軽に楽しみたい方にピッタリ!別売りの壁掛け金具で壁掛けすればさらに場所を取らずに便利ですよ。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
TruMotion 240
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
150 W
年間電気代【円】
2862 円
3位
LGエレクトロ二クス

OLED65W7P

本商品は、4K対応有機ELテレビの2017年最上位モデルの有機ELテレビです。「True Color Accuracy」により、色彩能力を飛躍的に向上させ、色の再現をより鮮明に再現してくれます。また、独自の最新技術「Active HDR」を搭載しているため、輝度と明暗比も向上!

そのため、クリアでストレスのない映像で映画を楽しみたい方にピッタリです。サウンド規格「ドルビーアトモス」を搭載しているので、立体的な音響表現で耳からも満足できますよ。専用のムービングスピーカーを採用しているため、外部スピーカーを使用しない方にもおすすめしたい商品です。
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
520 W
年間電気代【円】
-円
LGエレクトロ二クス

OLED48CXPJA

人工知能(AI)を統合した映像エンジンを搭載し、どんな映像でも4K並みの画質で楽しめる有機ELテレビです。スポーツやゲームのような動きが速い映像も、高フレームレートによりブレや残像の少ないなめらかな動きで再現します。また、液晶テレビよりブルーライトの発生が少ない有機ELパネルを採用しているので、長時間視聴しても目に優しく疲れにくいのが特徴です。

「DolbyAtmos」対応かつ、AIが映像のジャンルに合わせてサウンドを調整する「AIサウンドプロ」により、まるで映画館にいるようなリアルな臨場感のサウンドを高精細な映像とともに楽しめます。画質と音質にとことんこだわりたい方におすすめします!
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
48V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
256 W
年間電気代【円】
4644 円
1位
三菱

LCD-40ML8H

使いやすさにこだわったオートターン機能搭載テレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年5月発売、40インチのフルハイビジョン液晶テレビです。とにかく使いやすさにこだわったモデルであり、リモコンのボタンの少なさと文字の大きさ、機能を絞った中でも見やすい明るい液晶などが重視されており、操作が苦手なお年寄りの方にも楽々使いこなすことができます。
また、リモコンによるテレビの首振りオートターン機能が搭載されているため、テレビに触れること無くちょうどよい角度にテレビを向き直らせることが可能です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
40V型(インチ)
画素数 
1920x1080
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
1.5 m
消費電力【W】
53 W
年間電気代【円】
1539 円
2位
三菱

LCD-A58RA2000

三菱 LCD-A58RA2000

画面サイズに関する2件のバリエーションがあります

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

ブルーレイレコーダーが内蔵されている現行では数少ないモデルの一つです。(採用しているのは三菱、パナソニックの一部機種のみ)
配線不要、最低限の配線だけで良いため、難しい設定が必要がないというのが大きなメリット。ごちゃごちゃしないのでテレビの裏の掃除が楽に行えるという声もあります。リモコンもボタンが大きく操作しやすいようになっており、お年寄りや機械の操作が苦手な方でも楽に使用を行うことができるのが利点です。画面の角度もリモコンで操作することができるため、かゆいところまで手が届く非常に利便性の高い製品になっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
58V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
174 W
年間電気代【円】
3969 円
三菱

LCD-A40BHR10

家庭内ネットワーク機能により、ネットワーク対応のテレビやパソコンとつなぐことで家中どこでも録画した番組を視聴できます。また、TUTAYA TV対応なので、返却の手間なくいつでも好きな動画が見られます。HDDとブルーレイディスクレコーダーが内蔵されているのもポイント。追加で録画機器を買う必要がなく、ごちゃつきがちなテレビ周りの配線もスッキリします。

コンパクトなサイズのため、一人暮らしやワンルームのお部屋にも無理なく設置可能です。また、動画配信設備が整っているため、映画鑑賞や録画機能をよく利用する方にも魅力的。テレビ回りがスッキリするため、整理整頓が苦手な方にもピッタリの商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
40V型(インチ)
画素数 
1920x1080
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
1.5 m
消費電力【W】
84 W
年間電気代【円】
2349 円
1位
maxzen

JU65SK04

直下型LEDバックライトやVA液晶パネルを採用し、コントラスト比の高い見やすい映像が楽しめる65インチ4K対応テレビ。3波ダブルチューナーも搭載されているので、外付けレコーダーで見たい番組の同時録画も可能です。また、本体重量も22kg弱と軽量なため、金具できちんと固定すれば、**壁掛けとしての設置ができます。なんといっても、65V型で4K対応なのに、10万円以下というコスパのよさが人気を集めています。

前モデルよりも改良されたスピーカーは、より一層音の広がりを楽しむことが可能!映画やテレビ番組の視聴はもちろん、ライブ中継など音楽を楽しみたい方にもおすすめです。さらに、番組表示などもシンプルで、年配の人にもわかりやすい親切な機能となっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
200 W
年間電気代【円】
6885 円
2位
maxzen

JU55SK03

本商品は、「LED直下型バックライト」を採用している液晶テレビです。色ムラが少なく、発色豊かで綺麗な映像を楽しめます。HDR10・HLGに対応しているので、リアルで美しい映像を届けてくれますよ。また、視野角(上下左右)は178°と広いため、どこからでも快適に視聴できるのも嬉しいポイント。

さらに、メイン基板には日本設計エンジンを採用しているので、安心にこだわる方にピッタリです。Wチューナーが搭載されているため、裏番組も同時に録画できますよ。フレームがスリムなことに加えて壁掛けにも対応しており、お部屋をスッキリと見せたい方や床には物を置きたくない方にもおすすめしたい商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
-W
年間電気代【円】
5454 円
maxzen

JU43SK03

地上・BS・110度CSの3波ダブルチューナーを搭載した4K対応液晶テレビです。大画面でも美しい映像を再現し、4Kチューナー/アンテナを使用すれば4K映像が視聴できます。また、低遅延のゲームモードや裏番組録画機能搭載の外付けHDD録画対応に加えて、HDMI入力端子4ポートを搭載しているのでPCモニターとしても使用可能です。

さらに、LED直下型バックライトにより明暗部の色ムラが少なく、発色豊かな映像を楽しめます。便利な基本機能をしっかり搭載しつつ、価格は非常にリーズナブルなので、コスパ重視の方におすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
106 W
年間電気代【円】
3456 円
1位
オリオン電機

RN-32SF10

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

画質にこだわるというのはテレビではよく聞くものの、音質にこだわって作成されたオリオン電機の珍しいテレビです。通常はっきり音声程度しかついていない音声切り替えですが、こちらのテレビはおすすめ、ミュージック、はっきり音声、お好み設定と4つのモードから切り替えることが可能です。イコライザを自由に調整が可能なため、このクラスのテレビなのに音声が際立っているのが最大の特徴。
外付けのHDDにも対応していますので録画も楽に行なえます。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
32V型(インチ)
画素数 
1366x768
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
48 W
年間電気代【円】
999 円
2位
オリオン電機

OL40XD100

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

オリオン電機という少しマイナーなメーカーではありますが非常にコストパフォーマンスに優れた製品になっています。この価格で4Kダブルチューナーを搭載し、USBHDDに録画を行える機種というのはなかなかありません。また、昨今のテレビには珍しくリモコンのボタン一つでブルーライトカットの機能も搭載されているため、長時間テレビを見ていても目が疲れたりということを和らげてくれます。
インターネット機能を一切省いているため起動やリモコンの反応のもたつきが少なく、パッと点いてテレビを視聴することができるというのが大きな利点です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
40V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
0.7 m
消費電力【W】
90 W
年間電気代【円】
2781 円
オリオン電機

OL55XD100

オリオン電機 OL55XD100

画面サイズに関する2件のバリエーションがあります

「4K美・彩・細エンジン」搭載で映像をより鮮やかに表現します。特定の色に対し、適切な補色をするため、きれいな映像を楽しむことができます。「直下型LEDバックライト」により、均一でムラの少ない豊かなコントラストを実現。本体には「ブルーライトガード機能」搭載で、長時間の視聴でもブルーライトから目を守ります。

また、HDMI端子は4系統を装備。外付けUSBHDD接続により裏番組録画が可能です。ハイパフォーマンスでありながら、コスパのよいテレビです。きれいな映像で視聴したい方におすすめの製品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
140 W
年間電気代【円】
4509 円
1位
ティーシーエル

32S515

Android OSを搭載しているのが大きな魅力です。普段スマホで使っているアプリをテレビで使えるので、動画サービスやゲームをスマホよりも大きな画面で満喫できます。Youtube・Hulu・Netflix・Amazonプライムビデオなどの動画サービスに対応しており、自分好みの豊富なコンテンツを気軽に楽しめます。

また、マイクロディミング技術によって、よりコントラストがくっきりとした映像を視聴できるのもポイント。Googleアシスタントで音声操作もスムーズに行えます。4Kには対応していませんが、価格設定は2万円台からとかなり安いので、コスパの良いテレビを購入したい方におすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
32V型(インチ)
画素数 
1366x768
HDR方式 
-
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下式LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
55 W
年間電気代【円】
1485 円
2位
ティーシーエル

43P8B

本商品は、ティーシーエルから発売されている43V型液晶テレビです。HDR10とMicro Dimming技術採用で、映像の繊細部分まで明暗くっきりと分けることと同時に、自然な色彩を再現。また、YouTube・Netflix・Hulu等の豊富なネット動画サービスに対応しています。さらに、クロームキャスト機能も内蔵で、スマートフォンで見ている映像をテレビ画面に簡単に映せるのも魅力ですね。

テレビ番組以外のコンテンツでも楽しみたい方に最適な本商品。4K放送で採用されている「HDR10」に対応しているので、鮮やかな色彩で映像を楽しみたい方にピッタリです。外付けHDDを使用すれば、視聴中に別の番組を録画することもできますよ。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下型白色LED
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
100 W
年間電気代【円】
3051 円
ティーシーエル

55C815

量子ドットLED「QLED」を採用することで、従来の液晶テレビより広い色域で豊かな色彩を楽しめるようになりました。鮮やかで精細な映像を味わえる「HDR10」「HLG」規格にも対応しています。また、前面にサウンドバー・背面にサブウーファーを搭載しており、立体音響を体感できる「Dloby Atmos」も魅力的な機能です。

さらに、Youtube・Amazon Prime Video・Netflixなどの動画サービスにも対応。オンラインの動画コンテンツも良質の映像・音声で楽しめます。大手メーカー品よりも低価格ながら高品質なので、コスパを重視する方におすすめのテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
VAパネル
バックライト
エッジ式LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
180 W
年間電気代【円】
4509 円
ティーシーエル

40S515

Androidシステムを搭載した4Kテレビです。多数の動画ストリーミングサービスに対応しているので、好みのコンテンツをカスタマイズできます。VODサービスへ直接アクセスできるボタン搭載のリモコンには、Googleアシスタントも搭載しており音声での映像検索も可能です。

また、スマホの映像を映し出せるクロームキャスト機能も搭載しています。ディスプレイには直下型LEDバックライトを搭載。高精細で美しい映像を表現します。マイクロディミング技術が明暗をくっきりと分けられるので、よりリアルな映像再現を実現しています。低価格で購入できる点も大きな魅力なので、価格重視の方におすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
40V型(インチ)
画素数 
1920x1080
HDR方式 
-
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下式LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ