【2022】43インチテレビの人気ランキング|43型テレビとの違い・サイズ感は?【4K・有機EL】

PCでマルチにコンテンツを楽しむことができる昨今ですが、「PS5やswitchを大画面でプレイしたい」「43インチのテレビで迫力ある映像を楽しみたい」方も多いですよね。この記事では43V型(43型テレビ)について、大きさ・視聴時の最適距離・選び方・おすすめ商品を紹介します。

2022/05/23 更新

編集部おすすめの記事

マルチにコンテンツを楽しむことができるようになりPCでテレビや映画を視聴する方が増えています。利便性に関しては抜群のPCですが、やはり「迫力のある大画面で映画を観たい・ゲームをプレイしたい」方も多いですよね。

 

テレビを新しく導入しようと思っている方におすすめなのが43インチサイズのテレビ。比較的コンパクトな部屋でも使いやすい汎用性のあるテレビです。しかし、実際の大きさがピンとこない・よく分からないまま買って後悔したくない方も多いのではないのでしょうか。

 

この記事では、43インチテレビのサイズ感や43V型(43型テレビ)との違いについて触れながら、それぞれの機能について解説します。4K対応やPS5・switchなどのプレイにもに最適な人気おすすめ商品15選も併せて紹介するので、買い替えや導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

購入予定のテレビと設置予定の部屋の大きさが適切か確認するために、まずは43インチテレビの概要を解説します。サイズ感・適した視聴距離・価格の相場を把握し、製品のイメージを掴みましょう。知りたいことが決まっている方は、下のリンクをクリックしてすぐにチェックできます。

 

テレビにおいてのインチとは対角線の長さのことですが、サイズ感がピンとこない方も多いですよね。43インチテレビの対角線は109.22cmで、横幅は95.20cm・縦幅が53.50cmほどなので覚えておくと便利です。

 

ただし、上記は一般的な数字であり、製品により若干異なることもあります。また、重量はIOデータ製43インチテレビを例にすると約9.1kgほどです。

テレビの大きさを表す単位として、「インチ」と「V型」があります。それぞれの単位の詳細は以下の通りです。

 

  • V型:「V」=「Visual Size」を指す。実際に画像が映し出される画面部分の大きさを表す。
  • インチ:テレビのフレームに隠れた部分も含んだ大きさを表す。

 

従って、インチとV型が同じ数字表記だとV型の方が画面が大きく見えます。ただし、画面が大きく見えてもフレームが細いとテレビ全体としては小さくなることがありますよ。可能であれば実際の大きさを店頭で確認するのがおすすめです。

テレビのサイズは部屋の大きさに合わせて決めるのが一般的です。部屋に合っているかは最適視聴距離を求めることで確認できます。最適視聴距離とはテレビを1番きれいに見ることができ、なおかつ長時間の視聴も目が疲れにくい距離のことです。

 

液晶テレビのような一般的なテレビの最適な視聴距離は画面の高さのおよそ3倍ですが、4K液晶テレビの場合はその半分程度の0.8mが目安。解像度が高いので、近くで視聴しても映像の美しさが損なわれることがないためです。

 

部屋サイズは4.5畳〜6畳程度が適切。43インチテレビは一人暮らしの部屋にもおすすめのサイズですよ。テレビのサイズについてもっと詳しく知りたい方は下記リンクをご覧ください。

43インチテレビの価格相場は7~9万円が一般的です。高画質にこだわり4Kテレビを選ぶ場合は、1~2万円程度割高になります。

 

画質や機能が充実するほど価格が上がる傾向にあり、安いものだと3万円台、高いものだと10万円を超えるものも。少しでも安くテレビを手に入れたい方は、下のリンクのチェックもおすすめです。

43インチテレビは一人暮らしにもおすすめです。43インチテレビであれば、高画質の映像を独り占めできますよ。大きさが気になる方には40インチテレビもおすすめです。搭載されている機能や予算に合わせて選びましょう。

一口に43インチテレビといっても、さまざまなメーカーから多くの商品が発売されています。そこでここからは、最低限押さえたい選び方のポイントを解説。下の項目に沿って解説するので、気になる内容がある方はリンクをクリックして確認しましょう。

 

テレビにおいて画質の良さを表すのが画素数と解像度です。画素数は映像を表現する際の「点」を意味していて、この点が多いほど解像度が上がり画像が繊細でなめらかに見えます。通常の液晶(ハイビジョン)、フルHD(2K)、4K、8Kの順に解像度が上がり、高価になる傾向にあります。それぞれの解像度は以下の通りです。

 

  • フルHD(2K):1920×1080画素(約200万画素)
  • 4K:3840×2160画素(約800万画素)
  • 8K:7680×4230画素(約3300万画素)

 

43インチのテレビで映像の美しさにこだわるなら解像度は4Kチューナー内蔵がおすすめです。8Kはさらに高解像度ですが、50インチ以上の大きなサイズ展開がメインになっています。

 

また、4Kテレビを選ぶ際は4Kチューナー内蔵のタイプを選びましょう。外付けチューナーを別途購入することなく、すぐに4K画質のテレビ放送を受信・視聴することができます。本記事では4Kの解像度のテレビをメインに紹介しますよ。他の解像度に興味がある方は下のリンクをご覧ください。

テレビのパネルの種類は液晶テレビと有機ELテレビの2種類です。43インチテレビの場合は液晶テレビから商品を選ぶことになります。50インチ以上のサイズがメインの有機ELテレビに魅力を感じる場合は、サイズを再検討するのがおすすめです。

 

液晶テレビはラインナップ数が多く、サイズ展開も豊富なのでお部屋のサイズに合ったものを選びやすくなっています。また、価格がリーズナブルなだけでなく消費電力も少ないので、購入後もお財布に優しいのが魅力です。43インチのサイズ展開は有機ELテレビにはありません。

 

有機ELテレビと比較すると画質が劣る・本体が重い・厚みがあるところがデメリットになります。画質面では黒の表現が苦手とされがちですが、液晶テレビにも映像を美しく表現する機能が多くありますよ。後ほどおすすめ機能も紹介します。

有機ELは液晶テレビに必要となるバックライト・プラズマテレビにある放電スペースが不要なため、テレビを薄く作ることができます。液晶テレビの薄さが約5~7cmとなりますが、有機ELはその約1/10程度となる5mmという薄さです。

 

また、液晶テレビと違って有機物を発光材料に使っている自発光方式の映像表示形式であるため、黒浮きの心配がなく発色が美しいのもポイント。スポーツ映像や映画といったものを高画質で観るのにおすすめです。

 

先述したように有機ELテレビは50インチ以上の大きいサイズ展開がメインになっています。本記事ではおすすめ商品としての紹介はしていないので、有機ELテレビに興味がある方は下のリンクをご覧ください。

画質に影響を与える要素として、バックライトをチェックするのもおすすめです。バックライトは「エッジ型バックライト」と「直下型バックライト」の2つに分けられます。それぞれの特徴は以下の通りです。

 

  • エッジ型バックライト:液晶パネルの上下、もしくは左右にLEDライトが内蔵されている
  • 直下型バックライト:液晶パネルの後ろにLEDライトが内蔵されている

 

エッジ型バックライトは消費電力が抑えられるのが最大のメリット。一方で、直下型バックライトは均一な明るさと高輝度の映像を楽しむことができるのがメリットです。ただし、エッジ型に比べて高価になるので予算に合わせて選びましょう。

テレビ番組をただ見るだけでなく、録画機能やネット接続機能・画質を向上させる機能など、テレビをさらに楽しむ機能に注目してテレビを選ぶのもおすすめです。

 

倍速機能とは、液晶ディスプレイにおいて残像感を軽減するための技術です。1秒間の表示が従来は60フレームだったものを120フレームにまで引上げることで、残像感の軽減を実現しています。特に、動きの激しい映像で起こりやすいブレに対して有効です。

 

そのため、スポーツや映画などを観ることが多い方におすすめ。ただし、倍速機能を使ってゲームをプレイする場合はゲームとの相性により遅延が起こる可能性があります。ゲームをする際はゲームモード機能搭載のテレビやゲーミングテレビがおすすめです。

43インチテレビ購入時には、HDDが内蔵されているのかもチェックしましょう。内蔵されていない場合は外付けHDDを購入するか、BDレコーダーのような録画機能付きの機器を用意して接続した上で録画する必要があります。

 

最近では外付けHDDにも安価で黒色以外のおしゃれなカラー製品が発売されています。ただの録画機器だけでなくインテリアとしても有効なものを選ぶのもいいですね。

 

また、HDDのチューナー数のチェックも必ず行いましょう。チューナー数が複数ある場合は裏番組の録画が可能になります。搭載数が多いほど同時録画できる番組数も増えるので必要な数を選ぶのがおすすめです。

インターネット接続はパソコンや携帯に限らず、近年ではテレビでも行うことが可能です。テレビにてインターネット接続を行うと、VOD(ビデオオンデマンド)を視聴したりYouTube等の動画サービスを大画面で楽しんだりすることができますよ。無線LANに対応しているとすぐに接続できて便利です。

大きな買い物になるため、製造メーカーも選ぶ際に大事な決め手になります。ここでは、代表的なテレビメーカーをご紹介するので、選ぶ際の参考にしてください。

 

REGZAシリーズを展開している東芝。「REGZAエンジン」という高性能映像処理回路による高画質、残像の少ない「ゲームモード」や録画予約をしなくても見たいテレビ番組を見たい時に見られる「タイムシフト機能」などが搭載されています。

ソニーはBRAVIAシリーズを展開しており、日本でも屈指の薄型・軽量技術が特徴です。また、独自の解像エンジンを搭載しており、映像を非常にきれいに映し出すことができます。また、オーディオメーカーとしても有名なソニーは、サウンドが優れていることでも有名です。

パナソニックはビエラシリーズを展開しています。独自のカラーマネジメント回路で構成された「ヘキサクロマドライブ」を搭載した高画質な画面がポイント。また、ネットワーク関連の機能が充実しているのも特徴の1つです。

シャープはAQUOSシリーズを展開しています。シャープが発売した世界初の8K対応液晶テレビはさまざまな技術で高画質を実現しました。ココロビジョンと呼ばれるAIを搭載するような機能が他のメーカーよりも充実しています。

三菱は、HDDやブルーレイなど録画機能を内蔵した「録画テレビ」REALシリーズを展開しています。独自開発のレーザーバックライトで、明度の高い色の表現が可能。小さいサイズ展開が豊富なので、一人暮らしの部屋に合ったテレビを導入したい方におすすめです。

中国のメーカーHisenseからは、映像のノイズを抑える「NEOエンジン」を搭載したテレビが発売されています。「低遅延ゲームモード」が搭載されているのが特徴で、FPSや格闘ゲームなど、1分1秒を争うシビアなゲームもストレスなくプレイすることが可能です。

1位
パナソニック

TH-43FX500

価格:79,800円 (税込)

パナソニック TH-43GX500の型落ち商品です

\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのテレビはパナソニック TH-43GX500の型落ち商品です。現在は最新モデルの、パナソニック TH-43GX500が発売されているので、そちらの購入がおすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
974x624x232 mm
重量 【kg】
11 kg
2位
パナソニック

TH-43EX750

価格:100,812円 (税込)

ダイナミックサウンドシステムで音◎ビエラシリーズのテレビ

\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は「ヘキサクロマドライブ」を搭載しているビエラシリーズのテレビです。明るいシーンや暗いシーンも忠実に色を再現してくれます。また、「ダイナミックサウンドシステム」により迫力ある低音を実現。外部スピーカーがなくても、心地いい音を楽しむことができますよ。 さらに、「スマートTVアプリ」を使えば、大画面でオンデマンド映画を見たりゲームを楽しんだりできます。「アレコレチャンネル」で画面表示を切替えずに見たい番組を簡単に視聴や録画予約ができるのも魅力の1つ。放送中の番組もネット動画の映画も気になる欲張りな方に最適な商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
974x625x351 mm
重量 【kg】
16.5 kg
3位
パナソニック

TH-43EX600

価格:78,100円 (税込)

価格を抑えたインターネット対応テレビ

\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FireOSを搭載したパナソニックの4K液晶テレビの廉価版です。価格が抑えられているため画質自体が少し暗めになっており、倍速液晶も付いてはいませんがとにかくネットワーク機能がこの価格の中では群を抜いて際立っています。基本の有名なところはもちろん網羅していますし、AbemaTVやTwitch、OpenRecなどの専門性の高いチャンネルにまでしっかりと対応しているのが大きなポイント。価格が抑えめなので子供部屋などにもうってつけの機種です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
969x624x315 mm
重量 【kg】
11 kg
4位
パナソニック

TH-43F300

価格:75,000円 (税込)

簡単な接続で録画が可能な43V型液晶テレビ!

\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、裏番組録画機能つきの43V型液晶テレビです。チューナーが2個搭載されており、番組を見ながら裏番組の録画ができます。USBハードディスク対応で、簡単な接続で録画が可能に。IPSパネル機能により、どの角度から見ても鮮明な画像が楽しめます。正面から見たときとほとんど変わらない環境で見ることができますよ。 さらに、「お部屋ジャンプリンク」に対応しているため、他のディーガやビエラに接続したUSBハードディスクに録画した番組を手軽に楽しむことができます。家族で個々の部屋にテレビがあるおうちでも、お気に入りの録画番組をみんなで一緒に見たい方におすすめしたい商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
パネル性能
フルハイビジョン
画素数 
1920x1080
パネル種類
IPSパネル
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
974x614x247 mm
重量 【kg】
12 kg
5位
東芝

43M520X

価格:58,000円 (税込)

コスパに優れたネット機能搭載テレビ

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝のMシリーズの旧型モデルです。現行のテレビとの違いは4Kチューナーがシングルチューナーというところが主な違いになっており、それ以外は大差がないため価格を抑えたい方には特におすすめのモデルになっています。 4Kテレビながら非常に価格が抑えられており、他メーカーのネット搭載テレビに比べてコンテンツは少なめですがYoutubeなどの有名所はしっかりと網羅したネット連携も付帯していますので価格に対しての満足感が高いテレビになっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
パネル種類
VAパネル
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
967x590x182 mm
重量 【kg】
13.5 kg
東芝

43M540X

価格:71,888円 (税込)

大勢でのゲームに!チューナーなしで4Kが楽しめる液晶テレビ

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは43V型のBS/CS 4Kチューナー内蔵の液晶テレビです。チューナーなしで4K新衛星放送の視聴が可能なモデルになっています。より緻密に映像を再現する映像エンジン「レグザ エンジン Evolution」とサウンド技術を搭載し、さらに美しい画質と音質を実現しています。 HDR10、ARCにも対応しており、外付けHDDでより音質にこだわることもできます。地上、BS/CSは3チューナー搭載しているため、地デジ、BS/CSすべてで2番組を裏番組録画することが可能。ゲームモードももちろん搭載しており、大型なので家族や友人と楽しめるゲーム用テレビとしておすすめします。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
映像処理エンジン
レグザエンジン Cloud
録画機能
外付けHDD
スピーカー数
2個
幅x高さx奥行 【mm】
959x597x168 mm
重量 【kg】
10 kg
ソニー

KJ-43X8000H

価格:63,980円 (税込)

4K映像とネット動画を楽しめる43型液晶テレビ!

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネット動画や4K映像を思い切り楽しめる43型テレビです。4K X-Reality PROという解像エンジンが、映像に合わせて最適な超解像処理を行うので、あらゆる映像を高精細な映像で視聴できます。また、X-Balanced Speakerによる、歪みが少ないクリアな高音質も魅力です。 高画質・高音質に加えて、AndroidTV機能を搭載していることも人気の理由。ネットに接続すればYoutubeやNetflixなどのネット動画はもちろん、ショッピングやゲームなどたくさんのアプリを利用できます。充実したおうち時間を送りたい方に向けた高機能テレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
映像処理エンジン
高画質プロセッサー:HDR X1超解像エンジン:4K X-Reality PRO
録画機能
外付けHDD
スピーカー数
フルレンジ×2
幅x高さx奥行 【mm】
970x630x286 mm
重量 【kg】
9.8 kg
フナイ

FL-43UF340 [43インチ]

価格:76,780円 (税込)

便利・高画質・高音質!こだわり抜いた4Kスマートテレビ

\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、フナイより発売されている4K対応のスマートテレビです。出演者の関連情報や拡大表示できる番組表といった録画に便利な機能が充実し、再生の際にも見つけやすいのがポイント!録画したものをジャンルごとに検索したり、早見再生ができたりと使い勝手も抜群。また、豊富なサウンドモードを備えているのも嬉しいです。 そのため、シーンごとにサウンドを調整したい方におすすめです。番組の音量も自動で調節してくれるため、面倒な手間も不要。聞き取りやすさを重視される方にも向いています。また、4K高画質で視聴できるため、音とあわせて映像美にもこだわりたい方に最適です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
映像処理エンジン
クリアピクス2
録画機能
外付けHDD
スピーカー数
フルレンジ×2
幅x高さx奥行 【mm】
969x616x229 mm
重量 【kg】
8.2 kg

43インチは人気のサイズのため、機種が豊富なのが特徴です。設置場所の広さのほかにも、テレビ番組・映画・ゲームなどの使用用途によってさまざまな機能を取捨選択することで、最適な製品を選ぶことができます。この記事を参考に、自分の環境に合ったものを選びましょう。