【2022最新】24インチテレビのおすすめ16選|DVD内蔵モデルも

一人暮らしの方や寝室に置いたりゲームをしたりするのにちょうどいい24インチテレビ。価格が安いものが多く、小型で場所も取りません。今回は、そんな24インチテレビの人気モデルを紹介します。選び方のポイントも合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

2021/12/06 更新

大きなテレビはいらないけれど、好きな番組を見たりゲームをしたりする用に小型のテレビが欲しいと思っている方も多いでしょう。24インチテレビは設置スペースをあまり取らないため、一人暮らしの方や寝室・ゲーム用に置くのに人気の大きさです。

 

比較的リーズナブルな価格で購入できるので、子供部屋用や寝室用などに1台ずつ購入するのもおすすめですよ。また、最近ではさまざまなメーカーから高機能なテレビが多数販売されています。そのため、どのメーカーのどのシリーズのテレビがいいのか、購入に悩んでしまう方も多いです。

 

そこで本記事では、24インチテレビのおすすめ製品や選び方を紹介します。24インチテレビの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!24インチテレビの世の中ランキング

はじめに、24インチテレビの基本情報について解説します。実際の大きさや重さ、価格相場など知っておくべき項目を挙げているので、ぜひ参考にしてください。

 

24インチテレビの実際のサイズと重さ

24インチテレビの画面の大きさはおおよそ「横53.04cm×縦29.87cm」です。さらに、テレビのフレーム部分とスタンドの約2~8cmを含めると、実際の大きさは「横55~60cm×縦35~40cm」くらいになります。

 

厚み(奥行き)はどのメーカーもおおよそ2cm未満に抑えており、24インチテレビは実際に使ってみると本当にスペースを取りません。また、最近のモデルは2.5kg~6kgほどの軽量なものも多く、1人で移動可能な大きさと重量を兼ね備えた使いやすいサイズのテレビになっています。

サイズ表記 画面横幅(cm) 画面縦幅(cm) 厚さ(奥行き) 重さ(kg)

24型(インチ)

画面のみ

53.04cm 29.87cm 約2cm未満 2.5kg~6kg

24型(インチ)

フレーム、スタンドを含む

55~60cm 35~40cm 約2cm未満 2.5kg~6kg

24V型ってなに?24型とどう違う?

24インチテレビと24V型のテレビの場合、24V型の方が実際の画面は大きくなります。薄型テレビで使用されているV型のVは「ビジュアルサイズ」の略であり、実際に画面が映る部分の大きさのことを指しています。

 

ブラウン管24インチテレビの場合、画面の外側にあるフレームで隠れた部分の大きさも含めて24インチと表していました。しかし、現在の薄型テレビのほとんどはV型で統一されていて、一般的に現在24インチテレビと呼ばれているものは、24V型(画面24インチ)テレビのことを指します。

 

昔の24インチテレビと今の24インチテレビと呼ばれている液晶テレビの画面の大きさは違っているため、ずっと使っていたテレビを買い替える際には思っていた大きさと違う印象を受ける可能性もあります。少し分かりにくいのですが留意しておいてください。

24インチテレビの価格相場は?

24インチテレビは2~5万円くらいの価格のものが多く、安価なものは1万5千円くらいからあり、比較的手を出しやすい価格設定になっています。3万円出せば大手メーカーのものが手に入りますよ。

 

また、東芝・パナソニック・シャープなどの人気メーカーのテレビは、基本的な機能を取り揃えていています。省エネ率がとても高く、安価なテレビの2分の1の電力で済むこともあるので、価格と長い目でみたコストパフォーマンスの両方を考えて選んでください。

液晶テレビの最適な視聴距離はテレビの高さ(縦)×3倍が目安とされています。24インチテレビの場合、高さ約30cmとして×3で90cmほど離れてテレビを見ると最適な距離、ということになります。

 

また、おおよそ1mほどのスペースがあればいいため、一人暮らし・子供部屋・寝室などにも使いやすいサイズです。部屋の広さで見ると、4~6畳ほどが24インチテレビに最適な広さとなります。

ここでは、24インチテレビの選び方を解説します。録画機能やBS放送など、使う人によって必要な機能は異なるので、ぜひ購入の際の参考にしてください。

 

解像度|フルHD(フルハイビジョン)が人気

テレビの映像の美しさは解像度で決まります。解像度の種類には「HD(ハイビジョン)」「フルHD(フルハイビジョン)」「4K」などがあります。ただし、24インチのテレビは、4K対応しているものが少ないので、ほとんどの場合はHDかフルHDの2択になります。

 

24インチテレビで映像にこだわる場合は、フルHDのテレビがおすすめですしかし、24インチテレビのサイズの場合、HDとフルHDの映像美の差はそれほどないため、他に魅力的な機能があればそちらを優先して選ぶのもいいでしょう。

録画機能|一気見するのに便利

「好きなアーティストの番組は全部予約したい」「ドラマがとても好き」という方は録画機能が充実した24インチテレビを選びましょう。仕事や家事・育児などで忙しい方はリアルタイムで視聴するのは難しいと思うので、録画機能が内蔵されているテレビの購入をおすすめします。

 

また、一般的な予約録画だけでなく、裏番組録画や数日分の番組をまとめて録画できるものなど、さまざまな機種が販売されています。安価な24インチテレビには、これらの機能を持たないものもあるため、録画予約機能や裏番組録画が可能かは購入前にチェックしましょう。

インターネット対応|YouTubeも見たい方必見

インターネット接続に対応しているテレビなら、YouTubeやhulu、Netflix (ネットフリックス) などのビデオオンデマンド (VOD)も見られます。

 

24インチテレビは小型ですが、スマホやタブレットで見るよりも大きくて快適に見られますよ。VODなどを観たい方や充実したおうち時間を過ごしたい方はインターネット接続に対応したテレビもおすすめです。

ブルーレイ・DVD内蔵|映画やライブも楽しみたい

ブルーレイ内蔵やDVD内蔵機能を搭載したテレビを選ぶと、手軽に映画やライブ映像を見られるようになります。見たい番組がない時でもテレビを使って暇つぶしをするのにもぴったりですね。テレビ番組だけではなく、より一層活用したい方におすすめの機能です。

チューナー数|裏番組録画やBS放送に

テレビチューナーは、テレビ放送を受信するための機器のことを言います。裏番組録画をするためにはチューナーが2つは必要です。そのため、裏番組録画がしたい方はチューナーが2つ以上付いているモデルを選びましょう。

 

BS放送やCS放送の番組も見たい方はBSやCSのチューナーが内蔵されているか、BSやCSの外付けのHDDが付けられるかなどもチェックしてください。

24インチテレビはさまざまなメーカーから販売されています。また、メーカーごとに人気シリーズがありそれぞれに特徴も異なります。ここでは、人気テレビメーカーについて簡単にご紹介します。

 

Panasonic(パナソニック)は複数置きたい方におすすめ

パナソニックは1918年創業の国内でも人気のメーカーです。パソコンやオーディオといったデジタル機器を始め、冷蔵庫・炊飯器などの生活家電、美顔器やドライヤーなどの美容機器まで幅広く販売しています。

 

そんなパナソニックが販売しているテレビの人気シリーズは「VIERA(ビエラ)」です。VIERA別の部屋の録画番組を見られる「お部屋ジャンプリンク」という機能が特徴的。寝室用や子供部屋用など、複数テレビを置きたい方にとても便利です。

TOSHIBA(東芝)は録画中にもテレビを見たい方におすすめ

東芝は1875年創業の老舗電機メーカーで、サイクロン式クリーナーや「ZABOON」と呼ばれる全自動洗濯機などの生活家電が人気を集めています。そんな東芝が販売しているテレビの人気シリーズは「REGZA(レグザ)」です。

 

REGZA録画しながら別の番組を自由に視聴できる「ウラ録」機能が特徴で、見たい番組がたくさんある方におすすめのテレビです。

SONY(ソニー)は映像美を求める方におすすめ

ソニーは1946年創業のメーカーで、特にオーディオ機器に力を入れています。とことん音質にこだわったスピーカーやイヤホン・ヘッドホンなどの音響機器が人気です。そんなソニーが販売しているテレビの人気シリーズは「BRAVIA(ブラビア)」です。

 

BRAVIAノイズの少ない自然な色合いの映像を再現する「クリアレゾリューションエンハンサー」と呼ばれる技術を搭載しているのが特徴。精細な映像美を楽しみたい方におすすめです。

SHARP(シャープ)は臨場感を求める方におすすめ

シャープは1912年創業のメーカーで、プラズマクラスター搭載の空気清浄機やヘルシオと呼ばれるオーブンレンジ・トースターなどのキッチン家電が人気です。そんなシャープが販売しているテレビの人気シリーズは「AQUOS(アクオス)」です。AQUOS臨場感のある高画質な映像が特徴なので、映像のきれいさにこだわりたい方におすすめ。

MITSUBISHI(三菱電機)は+α機能を求める方に!

三菱電機は1921年創業で、「ニクイねぇ!三菱」のテレビCMでお馴染みのメーカーです。AI搭載の冷蔵庫や自動調理機能付きのオーブンレンジなどが人気を博しています。そんな三菱電機が販売しているテレビの人気シリーズは「REAL(リアル)」です。

 

REAL画面の角度を上下左右見やすい位置に移動可能。また、声で知らせてくれる「しゃべるテレビ」といったアシスト機能も特徴です。より便利な機能を求める方におすすめです。

24インチテレビの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 ハイセンス

24A50

価格:17,880円 (税込)

ムラの少ない美しい映像が楽しめるハイビジョン液晶テレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「直下型LEDバックライト」が画面裏側全体に光源を散りばめるため、豊かな発色と色ムラの少ない映像を楽しめるハイビジョン液晶テレビです。IPSパネルを採用しているので視野角が広く、斜めからでも高画質で美しい映像を堪能できます。

また、低音域のデータ補完を行うことで、従来のスピーカーでは出力できなかった低音を再現する「スーパーバス」を搭載。薄型テレビながら臨場感と迫力のあるサウンドが楽しめます。さらに、外付けHDDでの録画に対応しており、BS・CS・地デジそれぞれ2チューナーを搭載しているので裏番組の録画も可能。見たい番組がたくさんある方には嬉しい機能です。
画面サイズ【V型(インチ)】 24V型(インチ) 画素数(縦) 1366x768
パネル種類 IPSパネル 録画機能 外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】 553x356x148mm 重量 【kg】 2.9kg
年間電気代【円】 1188円

24インチテレビの購入が決まったら、テレビ台も合わせて購入しましょう。テレビ台はDVDプレイヤーやゲーム機などのテレビ周辺アイテムが収納できたり、テレビを見やすい位置に配置できたりするとても便利なアイテムです。

 

また、おしゃれな木目調や丈夫なステンレス製など、さまざまな商品が販売されているので、あなたの部屋の雰囲気に合わせて選べますよ。テレビ台のおすすめ商品を知りたい方は以下の記事も合わせてチェックしてください。

テレビにあまり予算をかけたくない方は中古品も検討しましょう。中古品の場合には新品よりも安い価格で購入することができます。最近では、家電量販店やネット通販でも中古家電の取り扱いが増えています。

 

また、リサイクルショップでも中古家電を扱っているところもあります。さらに、消費者の買い替えサイクルが早いのと、短期間だけ利用する方が多いので、状態のいい中古品がたくさん出回っているのが現状です。

 

ただし、激安の中古テレビとなると動作が不安定なものや付属品がそろっていないものなどもあるので、購入する前によく確認をしてください。また、中古テレビでも保証を付けてくれるショップも中には存在するので、購入場所についてもしっかりと下調べしておくといいでしょう。



今回は、24インチテレビのおすすめ製品や選び方のポイントをご紹介しました。どれも人気の24インチテレビですが、付属機能や価格帯など製品によってさまざまです。ぜひ本記事を参考に、あなたが買って満足できる24インチテレビを見つけてください。

# おすすめ

テレビ 24インチの全商品一覧

商品一覧を見る