【コスパ最強】ランク王編集部が選ぶ格安テレビのおすすめ15選【2020最新版】

格安テレビを選ぶ人の中には、一人暮らしを始めたばかりでテレビを選んだ経験が無く、どのようなテレビがおすすめなのか分からない人も多いと思います。今回は、各メーカーの特徴とおすすめの格安テレビの選び方を詳しく説明するので、テレビ選びで失敗しないようにしましょう!

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【5選】

格安テレビはあり?なし?

液晶テレビの技術が進歩していない2006年では、トリノオリンピックやFIFAワールドカップを楽しむには、性能の高い液晶テレビが必要でした。しかし、今はテレビの技術が成熟していて、スペックの高くない格安テレビでも十分な画質を得ることができます。

 

更に、日本の家電業界の経営不振によって、日本の技術者が流れ込んでいる企業もあるため、外国製の格安テレビでも十分な品質を持った製品は沢山あります。そのため、テレビの画質にこだわりのない人は、格安テレビを普通に選んでも大丈夫な時代になっています!

格安テレビを販売している各メーカーの特徴

格安テレビを買う人の中には、初めて一人暮らし用のテレビを買う人も多いと思うので、格安テレビを販売している、各メーカーの特徴について詳しく説明していきます。

パナソニック

パナソニックが販売するVIERAは映像の色が鮮やかといった特徴があり、人気のあるテレビとなっています。VIERAシリーズはラインナップが豊富で格安テレビもあり、4Kでない画像でも4K相当の画質になる技術を持っているため、HDの格安テレビでも画質の評判が良いです。

シャープ

シャープではAQUOSというテレビを販売していて、AQOUSではクアトロンという4色の光を使って色を表現する技術が有名で、色彩の表現力が高いことが特徴です。シャープは液晶の製造能力が高いので、テレビを安く販売できるといった強みがあります。

ソニー

テレビ事業においても、ソニーは4Kテレビなどの付加価値の高い商品を販売することで、高い利益率を得る高級路線に力をいれている企業となっています。また、ソニーの業績はそこまで悪くないため、格安で買えるテレビが少なくなっています。

東芝

東芝のREGZAシリーズは直下型LEDライトが付いているため、有機ELほどでは無いですが、白と黒のコントラストがはっきりした映像を映し出せます。また、REGZAでは、見逃した番組でも番組表から再生できる「タイムシフトマシン」といった画期的な技術を持っています。

ハイセンス

ハイセンスは中国製格安テレビで代表的なメーカーとなっていて、今まで中国の製品は「安かろう悪かろう」というイメージが強かったのですが、東芝と合併したため、東芝のREGZAエンジンの技術を使えるようになったため、コスパの良い製品に仕上がっています。

LG

LGエレクトロニクスはサムスンの次に有名な韓国の家電メーカーであり、2015年に美しい黒色を作り出せる有機ELを開発したことで有名です。LGでは有機ELを使える大型のテレビの製造を中心に行っているため、日本の家電メーカーよりも安く大型テレビの販売を行っています。

maxzen

maxzenは、日本にあるMOASTOREの子会社となるため、実は日本の企業となります。maxzenではコストを削減するために、海外でテレビの製造を行い、特許の切れた技術を用いているため、他のメーカーよりも圧倒的に安い値段でテレビを販売しています。

三菱電機

三菱電機は今では企業を中心に製品を販売しているため、販売している家電の製品は限られていますがテレビの販売は行われています。三菱電機のREALシリーズはブルーレイディスクが内蔵されていて、すぐに4K番組の録画を行える製品もあります。

テレビの画面サイズの選び方

テレビの画面サイズによって適切な視聴距離が異なり、大体1インチにつき5cm程度の距離となっています。視聴距離が長すぎても短すぎても目が疲れてしまうので、必ず適切なサイズのテレビを選ぶようにしましょう!

30インチ未満

一般的なテレビのサイズは32型から46型の大きさとなりますが、32型よりも小さなテレビを小型テレビと呼びます。小型テレビは狭い場所でも設置できますが、適切な視聴距離が1m程度の距離となるので、一人暮らし向きのテレビとなっています。

30インチ以上50インチ未満

30インチ以上50インチ未満の中型テレビは、色々な場所における上に見やすいといった長所を兼ね備えているため、流通量の多いサイズとなります。視聴距離が1.5mから2m程度と比較的長く、値段も小型のテレビと大差ないため、どんな人にもおすすめできるテレビとなります。

50インチ以上

50インチ以上の大型テレビは幅が1mを超えるため、視聴距離が3m程度と長いですが、置ける場所が限られてくる上に値段も50インチ未満のものより大幅に高くなります。そのため、映画好きな人や子供を何人も持つような大家族向けのテレビとなっています。

画面サイズ以外の選び方

格安テレビを選ぶ人の中には、今までにテレビを購入したことが無くて、どのようなテレビを選んだら良いのか分からない人もいると思います。そのような人のために、画面サイズ以外のテレビの選び方について、詳しく説明していきたいと思います。

テレビの画質

テレビの画質はテレビの大きさの次に重要な性能となりますが、格安テレビでは画面サイズによって画質が大体決まっています。40型未満の格安テレビはHDとなっているものの、それでも高い評価を得ている機種もあるので、テレビの画質にそこまで神経質になる必要は無いです。

 

それでも4Kテレビが欲しい人は、格安テレビでも50型以上であれば4Kになっているモデルが多いので、50型以上の大型テレビを選びましょう。ただし、4Kチューナーが付いていないと4Kの映像を見ることが出来ないので、4Kチューナー対応かどうか確認しておきましょう。

HDR機能

HDRとは「High Dynamic Range」の略であり、色の輝度の幅を広げることによって、色彩の表現力を上げる技術となるので、HDR機能付の4Kは普通の4Kよりも画質が高くなります。格安テレビでもHDR10対応の物が有るので、画質にこだわる人はHDR対応のテレビを選びましょう。

録画機能

格安テレビであっても、まともなメーカーの製品であれば録画機能は普通についています。ただし、複数の番組を同時に録画できる機種と一つの番組しか録画できない機種に分かれるので、録画機能を頻繁に使う人は裏番組録画対応の物を選びましょう。

LAN機能で選ぶ

テレビでは有線LANしか付いていないものと、有線LANと無線LANの両方が付いているものに分かれます。無線LAN対応のテレビならどこでも設置することができるので、テレビの置き場所に困っている人は、無線LANにも対応した物を選びましょう。

三種類のチューナーが付いたテレビを選ぶ

一般的なテレビでは、地上デジタル・BSデジタル・CSデジタルの三種類のチューナーが付いています。ただし、激安テレビの中にはチューナーが一種類しかない物もあり、地上デジタル以外の番組を見れない機種もあるので、必ず三種類のチューナーが付いたテレビを選びましょう。

 

dボタンが付いているテレビを選ぶ

dボタンはテレビのクイズ等のイベントに参加する時に使われる機能となっています。ノーブランドの粗悪なテレビでない限りはdボタンが付いていると思いますが、LANを繋いでインターネットに接続しないと、dボタンが使えないことに気を付けましょう。

テレビが安く買える時期について

年末年始がテレビを一番安く買うのに最適な時期となりますが、年末年始以外にもテレビの入れ替え時期や、家電量販店の決算時期でもテレビを安く購入できます。

テレビの入れ替え時期

テレビ等の家電は非常に大きいので、新製品のモデルが販売される時期が近付くと、店のスペースを確保しようとして型落ちになりそうな機種を安く販売します。一般的にテレビは秋にモデルチェンジする機種が多いので、6月から8月がテレビの安くなる時期となります。

家電製品店の決算時期

家電量販店では決算時期というものがあり、3月末と9月末に決算を行うため、3月と9月ではテレビに限らず様々な家電の価格が下がります。ただし決算にかけられる機種は限られてくる上に、多くの店で決算セールが行われるため、どこの店で一番安く買えるか見極める必要があります。

年末年始のタイミング

クリスマスの時期やお正月の時期になると需要が一気に高まり、様々な電化製品がたくさん売れるようになります。特に正月になると家電量販店でも福袋を販売するようになるので、年末年始のタイミングも安く家電を買うのにおすすめの時期となります。

ジェネリック家電とは?

ジェネリック医薬品と同じように、期限の切れた特許を使って作られた家電をジェネリック家電と呼びます。ジェネリックテレビで代表的なメーカーはmaxzenという日本メーカーであり、他の日本ブランドのテレビよりもはるかに安い値段で購入できます。

コスパ最強の格安テレビ15選

ここでは、必要十分な性能を持っているのにも関わらず、値段が安くてコスパの良い格安テレビを紹介するので、自分の予算と用途に合ったテレビを選びましょう!

30インチ未満の小型テレビ5選

Hisense(ハイセンス)

19V型 液晶テレビ 19A50

価格:16,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンスが販売する中国製格安テレビで、全体的な性能はそれほど高く無いですが、1万円台の製品なのにも関わらず3年保証が付いていることが特徴となります。そのため、とにかく安いテレビが欲しい人におすすめの商品となります。

メーカーHisense(ハイセンス)商品名19A50
画面サイズ19インチ画素数1366x768
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ462x300x148 mm重量2.2 kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)★★
スペック詳細https://www.hisense.co.jp/tvs/led/19a50/取扱説明書https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/08/19_24_32_43_49A50-32K30_usermanual.pdf
シャープ(SHARP)

19V型 液晶 テレビ AQUOS 2T-C19ADB

価格:24,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープが販売するテレビは海外製のテレビに比べると少し高いですが、裏番組を録画できるだけでなく、2つの画面を同時に表示できる機能が付いた高性能なテレビとなっています。ただし、ゲームのモニター使うと残像が目立つといった欠点があります。

メーカーシャープ(SHARP)商品名AQUOS 2T-C19AD-B
画面サイズ19インチ画素数1366x768
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ443x325x210 mm重量3.6 kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
スペック詳細https://jp.sharp/aquos/products/2tc19ad_spec.html取扱説明書https://jp.sharp/support/aquos/download.html
パナソニック(Panasonic)

24V型 液晶 テレビ VIERA TH-24G300

価格:27,825円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パンソニックが販売する24型のテレビは、解像度はHDですが画質が高く、操作性も良くて様々な項目を設定することができるので、Amazonの評判も非常に良いです。そのため、信頼性を重視する人におすすめできるテレビとなっています。

メーカーパナソニック(Panasonic)商品名VIERA TH-24G300
画面サイズ24インチ画素数1366x768
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ562x409x180 mm重量5kg
機能VIERA LINK・アクトビラ・お部屋ジャンプリンク省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
スペック詳細https://panasonic.jp/viera/p-db/TH-24G300_spec.html取扱説明書https://panasonic.jp/viera/p-db/TH-24G300_manualdl.html
maxzen

J24SK03 24V型 デジタルハイビジョン液晶テレビ

価格:14,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

maxzenが販売する小型テレビは画素数や省エネ性能が高くなくて、画像の大きさも24型とそれ程大きくないです。しかし、値段が15,000円程度と非常に安く1000日保証も付くため、初めてテレビを選ぶ人におすすめできる機種となります。

メーカーmaxzen商品名J24SK03
画面サイズ24インチ画素数1366x768
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ552.4x388.9x130.8 mm重量2.76kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)★★
スペック詳細http://maxzen.jp/product/j24sk03/取扱説明書http://maxzen.jp/download/revised.pdf
山善(YAMAZEN)

24V型 ハイビジョン 液晶テレビ QRS-24W2K

価格:17,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山善が販売するテレビは、ノーブランドながらAmazonの人気ランキングで上位のテレビとなっています。しかし、該当する機種のスペック表や取扱説明書もなく、初期不良も目立つので、このテレビよりもmaxzenのテレビを買った方が良いです。

メーカー山善(YAMAZEN)商品名QRS-24W2K
画面サイズ24インチ画素数1366x768
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ556×78× 333 mm重量約2.3kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)不明
スペック詳細取扱説明書

30インチから50インチ未満の中型テレビ5選

オリオン電機(ORION)

液晶 テレビ RN-32SF10 ハイビジョン

価格:37,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリオン電気は画質よりも音質に力を入れているメーカーであり、画質は32型でHDとそれ程良くありませんが、クラスNo.1の迫力ある重低音を楽しむことができます。値段も4万円未満とお手頃で3年保証が付くので、音質を重視する人は買ってみてはいかがでしょうか。

メーカーオリオン電機(ORION)商品名RN-32SF10
画面サイズ32インチ画素数1366x768
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ735x474x170 mm重量5.5 kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
スペック詳細http://www.orion-electric.co.jp/jp/tv_product/sf/取扱説明書http://www.orion-electric.co.jp/jp/wp-content/themes/toolbox/manual/rn-32_24sf10.pdf
オリオン電機 RN-32SF10 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較
パナソニック(Panasonic)

32V型 液晶 テレビ ビエラ TH-32F300

価格:36,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TH-32F300は画面の大きさと性能に対する価格のバランスが良いため、アマゾンで大人気の商品となっています。色々な機能が付いているにもかかわらず、非常に操作が簡単で初心者向けの製品となっているので、初めてテレビを選ぶ人にもおすすめできる製品となります。

メーカーパナソニック(Panasonic)商品名VIERA TH-32F300
画面サイズ32インチ画素数1366x768
HDR方式×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ733x478x184 mm重量6kg
機能VIERA LINK・アクトビラ・お部屋ジャンプリンク省エネ性能(★~★★★★★)★★★
スペック詳細https://panasonic.jp/viera/p-db/TH-32F300_spec.html取扱説明書https://panasonic.jp/viera/p-db/TH-32F300_manualdl.html
パナソニック VIERA TH-32F300 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較
maxzen

40V型 フルハイビジョン液晶テレビ J40SK03

価格:27,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

maxzenが販売する40インチのテレビは画質がフルHDと良いのにもかかわらず、3万円未満という破格の値段で購入することが出来る製品となっています。値段が安いだけでなく3年近い保証も付くので、コスパを求める人におすすめのテレビとなっています。

メーカーmaxzen商品名J40SK03
画面サイズ40 インチ画素数1920x1080(FHD)
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ906.5x600.4x214 mm重量7 kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)★★★
スペック詳細http://maxzen.jp/product/j40sk03/取扱説明書http://maxzen.jp/download/revised.pdf
東芝

40V型地上 フルハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 40S21

価格:41,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝が販売するREGZA 40S21は4万円程度で買えるのにも関わらず、地デジノイズクリアやゲームのラグを抑える機能を持っていて、画面の不具合を抑えられる高性能なテレビとなります。全体的な評価も非常に良いので、どんな人にもおすすめできる格安テレビです。

メーカー東芝商品名REGZA 40S21
画面サイズ40インチ画素数1920x1080(FHD)
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ907x591x161 mm重量9.5 kg
機能地デジノイズクリア機能省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
スペック詳細https://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/spec/40s21.html取扱説明書http://www.toshiba-living.jp/manual.pdf?no=94608&fw=1&pid=18933
Hisense(ハイセンス)

43V型 液晶 テレビ 43A50 フルハイビジョン

価格:33,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンスが販売する43型のテレビも、3万円前半という非常にお手頃な値段にも関わらず、3年保証が付属しています。更にフルHDで2番組同時に録画可能でコスパが非常に良いので、大画面が好きな人にはおすすめできるテレビになります。

メーカーHisense(ハイセンス)商品名43A50
画面サイズ43インチ画素数1920x1080(FHD)
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ970x608x213 mm重量8kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
スペック詳細https://www.hisense.co.jp/tvs/led/43a50/取扱説明書https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/08/19_24_32_43_49A50-32K30_usermanual.pdf

50インチ以上の大型テレビ5選

LG

50V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ 50UM7300EJA

価格:71,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LGが販売する50型の大型のテレビは、4K番組に完全に対応している上に、無線LANにも対応していて置き場所の自由度が高いので、非常に人気のあるテレビとなっています。ただし50型の商品はIPSではなくVAパネルなので、視野角が狭いことに気を付けましょう。

メーカーLG商品名50UM7300EJA
画面サイズ50インチ画素数3840×2160(4K)
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN・無線LAN
寸法/サイズ1215 x 775 x 175 mm重量14.3 Kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
スペック詳細https://www.lg.com/jp/tv/lg-50UM7300EJA取扱説明書https://www.lg.com/jp/support/support-product/lg-50UM7300EJA
Hisense

50V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ 50A6800

価格:65,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンスが販売する50A6800は、国産の画像エンジンを使った4K完全対応モニターでHDR10にも対応しているのにも関わらず、7万円未満で変えて3年保証が付きます。更に無線LANも使えるため、大型テレビの中で一番おすすめできるモデルとなります。

メーカーHisense(ハイセンス)商品名50A6800
画面サイズ50インチ画素数3840×2160(4K)
HDRHDR10対応チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル
録画機能外付けHDDLAN有線LAN・無線LAN
寸法/サイズ1129x719x256 mm重量13.6kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)★★★
スペック詳細https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_smart/A6800/50/取扱説明書https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2018/11/50-43A6800_usermanual.pdf
Hisense 50A6800 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較
maxzen

JU55SK03 55V型 4K対応 液晶テレビ

価格:48,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5万円未満で買える大型テレビであるにも関わらず、4Kの解像度に対応している高性能なテレビとなっていて、1000日保証も付くので非常にお得感があります。ただし、4K対応のチューナーは付いていないので、自分で外付けの4Kチューナーを用意する必要があります。

メーカーmaxzen商品名JU55SK03
画面サイズ55インチ画素数3840×2160(4K)
HDR×チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(4Kチューナー非内蔵)
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ1242.9x802.8x245.1 mm重量14.32 kg
機能省エネ性能(★~★★★★★)★★
スペック詳細http://maxzen.jp/product/ju55sk03/取扱説明書http://maxzen.jp/download/revised.pdf
TCL(ティーシーエル)

55V型 液晶 テレビ 55C601U

価格:61,083円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TCLが販売する55インチのテレビは、解像度が4KでHDR対応で画質が非常に良いだけでなく、JBLサウンドバーが付いているため音質も非常に良いです。保証が手厚くないのが欠点ですが、ハイセンスの大型テレビと同様に非常におすすめできる機種となっています。

メーカーTCL商品名55C600U
画面サイズ55インチ画素数3840×2160(4K)
HDRHDR10対応チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(4Kチューナー非内蔵)
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ1254x796x318 mm重量20.5 kg
機能EPG番組表・即時録画省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
スペック詳細https://www.tcl-jp.co.jp/product/c60/取扱説明書https://www.tcl-jp.co.jp/pdf/C60.pdf
山善

58V型 液晶テレビ 4K対応 QRC-58W4K

価格:73,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山善の58型のテレビとなるQRC-58W4Kは、格安テレビなのにも関わらず4K対応の上に、HDR10に対応しているので非常に画質は良いです。ただし、4Kチューナーは内蔵されていないため、外付けの4Kチューナーを用意する必要があります。

メーカー山善商品名QRC-58W4K
画面サイズ58インチ画素数3840 x 2160 (4K)
HDRHDR10対応チューナー地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(4Kチューナー非内蔵)
録画機能外付けHDDLAN有線LAN
寸法/サイズ71 x 1289 x 753 mm重量19.3Kg
機能EPG番組表省エネ性能(★~★★★★★)不明
スペック詳細https://www.yamazen.co.jp/yamazenbook/product/qriom/category/tv/4k50vhdrqrc-50w4k.html取扱説明書

まとめ

格安テレビについて詳しくまとめましたが、どうだったでしょうか。電化製品は技術の進歩が速いので、液晶テレビが普及し始めてから20年も経っていないですが、今では格安テレビでも十分な性能を持てるような時代になっています。

 

大型の4Kテレビを選ぶ時には、画面のサイズが最も重要な選び方となります。また、大型テレビの画質に関しては、4Kチューナー対応やHDR対応かどうかも重要な要素となるので、テレビを選ぶ時は画面のサイズと画質に注意して選びましょう!