【49型テレビ】49インチサイズのおすすめテレビ10選【ソニーやパナソニックも】

ワンルームや子ども部屋にもおすすめサイズの49インチテレビ。今回は49インチテレビの特徴や実際の大きさや視聴距離、49V型テレビとの違いなどをまとめました。おすすめ商品10選も紹介しますので、49インチテレビをお探しの方はぜひ参考にしてください。

2023/02/13 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

VA方式とIPS方式は利用シーンで選ぶ!

 

液晶パネルについて調べると必ず出てくるVA方式IPS方式ですが、「液晶分子の回転する方向が〜」と言われてもわからない!という方がほとんどだと思います。

 

そこで本記事では思い切って以下のようにおすすめをしています。ポイントは利用シーンです

 

  • VA方式
    一人暮らしで、自分一人で正面からテレビを見ることが多い方
  • IPS方式
    家族暮らしで、複数人がいろいろな角度からテレビを見ることが多い方

思い切った解説にはなりますが、こちらを意識してお選びいただけると大きく間違えることはないです。なお、画質を気にする方にTN方式はあまりおすすめできませんので説明からは省きます。

 

 

ちなみに、それぞれのパネルの特徴を説明すると以下のようになりますので、気になる方は参考にしてみてください。

 

【VA方式のパネルを使った液晶テレビ】

  • 正面から見た時のコントラストが強く、色が鮮やか。
  • 斜めから見た時の視野角が甘く、色がくすんで見える。

 

【IPS方式のパネルを使った液晶テレビ】

  • 斜めから見た時、画面がきれいに見える。
  • 正面から見ると色味に物足りなさを感じる。

 

また、ソニーのトリルミナスディスプレイなど、ブランドごとにさらに改良を加えた液晶もありますが、かなり専門的になるため、本記事では解説を省略します。

 

「画質へのこだわりがマニアほどではない」という方は、そこまでブランドごとの違いを意識せずに選んでも失敗はありません。

東芝(TOSHIBA)

レグザ 49G20X 4K

省エネ大賞を受賞!高機能で安いお値打ちモデル

G20Xシリーズは、REGZAの特徴である非常に多機能な設計はもちろん、独自のテクノロジーによる高画質、高音質を搭載しているモデルです。前面直下型のバックライトで高輝度ながらも節電が可能で、省エネ大賞を受賞したことがあります。49型の大きい画面でありながらも価格は10万円を少し越す程度なので低価格で購入したい方には最適です。HDRタイプでリアリティのある映像を楽しむことができます。

 

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
東芝(TOSHIBA)
商品名
レグザ 49G20X 4K
画面サイズ
49インチ
画素数
3840×2160
録画機能
外付けHDD
サイズ
107.4.0×60.4cm/123.2cm
重量
20.5kg
機能
「おまかせ録画」機能
省エネ性能
-
東芝(TOSHIBA)

レグザ 49Z730X

録画性能に優れたテレビ

東芝のREGZAは、放送済みの番組を過去番組表から視聴できる「タイムシフトマシン」機能を搭載しています。そのため、録画をし忘れた番組をいつでも楽しむことが可能です。全面直下型のLEDバックライトと新映像処理エンジンを搭載、引き締まった美しい黒を表現することができます。高画質で明瞭な高音質と迫力のある重低音で映像を楽しめる人気のテレビです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
東芝(TOSHIBA)
商品名
レグザ 49Z730X
画面サイズ
49インチ
画素数
3840×2160
録画機能
外付けHDD
サイズ
107.4×60.4cm/123.2cm
重量
16.5kg
機能
美肌リアライザーHDR
省エネ性能
-
1位
ソニー

KJ-49X9000F

動きに強い高画質の液晶テレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

高画質で動きに強いソニーの4K液晶上位機種です。直下型LEDを使用しているため、パネル全体が明るくくっきりとした画質に加え、倍速液晶を搭載しているためスポーツやアクション映画などの動きの激しいシーンのなめらかさも大きな特徴。また、ソニーの4KといえばAndroidTVを搭載しているため、YoutubeやHuluなどのメジャーどころはもちろん、自身でアプリを追加することによりさまざまなコンテンツを大画面のTVで楽しむことが可能です。価格は多少高めですが、それを補ってあまりある満足感の高い製品になっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
190 W
年間電気代【円】
4590 円
2位
ソニー

KJ-49X9000E

必要なものをシンプルに抑えた高画質テレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年発売の少し前の機種になるものの、高画質であるための高輝度、倍速液晶を非常にリーズナブルな価格で実現した液晶テレビです。9500Eに比べて音質は落ちるものの、コストパフォーマンスが非常に良好でネット動画の4K動画なども高精細で見られるのが大きな特徴。倍速液晶も搭載されているので動きの滑らかさも言うまでもありません。画面自体も明るい自然な色合いの液晶になっているため長時間見ていて疲れづらいのも大きなポイントです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
モーションフローXR480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
165 W
年間電気代【円】
4023 円
ソニー

BRAVIA X9500Hシリーズ

2.96
全96件の口コミを分析
画質
デザイン
操作性
音質
応答性能
機能性
サイズ
ネットTV
初期不良
耐久性
Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\超PayPayジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

BRAVIA X9500Hシリーズのバリエーション展開

49インチ

KJ-49X9500H

¥ 95,980

55インチ

KJ-55X9500H

¥ 153,800

種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
195 W
年間電気代【円】
4725 円
1位
パナソニック

TH-49EX750

本商品は「ヘキサクロマドライブ」を搭載しているビエラシリーズのテレビです。明るいシーンや暗いシーンも忠実に色を再現してくれます。また、明暗差・陰影をリアルに再現できるコントラスト補正でリアリティのある映像を届けてくれますよ。

さらに、映像の遅延を半減してくれる「ゲームモード」が搭載されているので、ゲームをスムーズに楽しみたい方にピッタリです。「アレコレチャンネル」で画面表示を切替えずに見たい番組を簡単に視聴や録画予約ができるのも魅力の1つ。放送中の番組もネット動画の映画も気になる欲張りな方に最適な商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
倍速駆動
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
170 W
年間電気代【円】
3375 円
2位
パナソニック

TH-49EX850

未だ語り継がれる名器

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年モデルながらもあまりの話題性と売れ行きに生産が追いつかなくなり、そのまま終売になってしまった絶大な人気のあるパナソニックの4K液晶テレビです。ソニーのX9500Eシリーズなどもそうですが、こちらの機種はテレビの両脇に巨大なスピーカーを配置してあり、総出力100Wという桁外れの高音質スピーカーを搭載。ハイレゾ音源にも対応できるというモデルになっています。画質もパナソニックのプラズマで培ったノウハウを活かし、明るくくっきりした液晶を実現。画質、音質ともに最高級のテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
倍速駆動
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
200 W
年間電気代【円】
3672 円
3位
パナソニック

TH-49GX850

パナソニック TH-49GX855の型落ち商品です

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

こちらのテレビはパナソニック TH-49GX855の型落ち商品です。現在は最新モデルの、パナソニック TH-49GX855が発売されているので、そちらの購入がおすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
162 W
年間電気代【円】
3510 円
4位
パナソニック

TH-49GX500

そのほかにも、ネットフリックスをはじめ、多くのネット動画も楽しめます。4Kの作りになっているので解像度も高く、近くでも見ても画面が粗くないのも嬉しいポイントですね。BS4K・110度CS4Kチューナーを内蔵し、外付けハードディスク(別売)への録画にも対応しています。

上下左右178度の広い視野角を持つIPS液晶パネルで、幅広い角度から色彩豊かな美しい映像をご覧いただけます。大勢でゲームや映画鑑賞をする時にもおすすめ!また、カラーマネジメント回路「色忠実補正回路」により、忠実な色再現が可能になりました。綺麗な映像でゲームを楽しみたい方に最適な1台です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+HLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
128 W
年間電気代【円】
3483 円
パナソニック

TH-49HX850

左右だけでなく、上下からも包まれるような臨場感を体感できる立体音響システム「Dolby Atmos®」を搭載した液晶テレビです。また、AIHDRリマスター機能により、4K衛星放送をよりきれいに調整して再生できるという強みがあります。転倒防止スタンドが付属おり、地震や衝撃による転倒を防げるのもポイントです。

さらに、4Kと通常の番組を同時に録画できるので、見たい番組が重なって困っている方にもおすすめ!リモコンやスマートスピーカーを通した音声操作にも対応しています。4Kお部屋ジャンプリンク機能が使える対応機器を取り入れれば、録画した番組を好きな場所で見られます。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
162 W
年間電気代【円】
3510 円
パナソニック

VIERA HX750シリーズ

2.18
全13件の口コミを分析
画質
デザイン
操作性
音質
応答性能
機能性
サイズ
ネットTV
初期不良
耐久性
Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\超PayPayジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る
色忠実補正回路を採用することで、さまざまな輝度の色合いをより忠実に再現して描写できるようになりました。明るく高コントラストな映像から暗くシックな印象の映像まで、より美しく再生可能です。また、Dolby Atmos®という音響システムを搭載しているので、上下左右の方向から包まれるような迫力ある音響を満喫できます。

立体音響を楽しめる動画・音楽・映画の魅力を、より引き出してくれるテレビです。プライムビデオやYouTubeをはじめとするネット配信サービスにも対応しているため、さまざまなコンテンツの作品を大きな画面で楽しみたい方にもおすすめします。

VIERA HX750シリーズのバリエーション展開

49インチ

TH-49HX750

¥ 93,280

種類
液晶テレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
1位
LGエレクトロ二クス

49SK8500PJA

本商品は、65V型レグザ液晶テレビです。映像処理に「レグザエンジンEvolution-S」を使用し、よりスピーディーで滑らかなグラデーションの映像再現が実現。4Kチューナー内蔵により、地デジのノイズを低減した高精細でなめらかな4K映像を満喫できます。外付けHDD搭載で、W録画にも対応しているのもポイントです。

さらに、みるコレ機能で好きなテーマに合わせた番組を勝手に録画してくれるのも魅力です。多くの動画配信サービスにも対応しているので、アニメやドラマを手軽に楽しみたい方にピッタリ!別売りの壁掛け金具で壁掛けすればさらに場所を取らずに便利ですよ。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
TruMotion 240
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
150 W
年間電気代【円】
2862 円
2位
LGエレクトロ二クス

49UM7100PJA

ネット対応のコスパテレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

LGの良コスパで人気を博している4K液晶テレビです。テレビ自体の画質もそれなりですが、こちらの機種はこの価格でIPSパネルを採用し、視野角が広くどの角度から見ても画面の色が変わることがありません。また、サウンドにもこだわっており、オートサウンドチューニングという部屋のどの位置に座ってどんな角度でテレビを見ているかということをAIが自動認識し、最適な音響に調整してくれるという近未来的なシステムも搭載しています。
とにかく価格を抑えてフルスペックのテレビが欲しい方には是非ともおすすめできる製品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
120 W
年間電気代【円】
2754 円
LGエレクトロ二クス

49NANO86JNA

49NANO86JNAはナノレベルで表現が進化した「Nano Cell Display」を搭載した4K液晶テレビです。ノイズを低減して色鮮やかさを向上させ、より鮮明な表現が実現しました。有機ELにも採用されている高性能映像エンジンが、フレーム単位で色合いを調整するので、映像が持つ本来の美しさを極限まで引き出します。

また、「Dolby Vision IQ」は周囲の明るさに合わせて画面の輝度を自動調整するため、どんなシーンで視聴しても美しい映像が楽しめます。従来のテレビよりも、さらに色鮮やかな映像を視聴したい方におすすめの製品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
TruMotion 240
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
145 W
年間電気代【円】
3186 円