【最新】42インチテレビのおすすめ7選|買うなら中古が狙い目?

テレビにはいろいろなサイズがあり、どのメーカーのものを買っていいのか迷いますよね。本記事では、その中でも42インチテレビの実際の大きさ・最適な視聴距離・価格の相場などについて説明します。また、人気メーカーごとの特徴やおすすめの42インチテレビもご紹介します。

2022/08/18 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

42インチテレビは比較的大きめなサイズで、ワンルームの一人暮らしやこじんまりした部屋には向かない場合があります。2番組同時録画機能が搭載された機種などもあり、見たい番組がそれぞれ異なっていても安心です。そのため、どちらかといえば家族向きです。

 

また、42インチテレビは市場に出回っている数も他のサイズより少なめで、生産終了したものもあります。あまり新しく生産されていないため、買うとすると中古の方が多いかもしれません。そのため、5万円以下で買える機種も多くあり手頃に購入できる可能性があります。

 

今回は、42インチテレビは実際にはどれぐらいの大きさで、どんな方におすすめなのかを、選び方・人気メーカー・おすすめ製品とあわせて詳しく解説します。さらに、市場に出回っている価格相場なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。

それでは、実際に42インチテレビの特徴をみていきましょう。42インチといっても、いくつか知っておかなければいけないポイントがあります。お部屋の広さやライフスタイルに合あっているかどうかを、必ず確認してください。

 

【目次】

テレビ画面の大きさを表す単位は、インチの他にV型といった表示も多いです。V型のVは「Visual Size」の略で、映像が表示される範囲を指します。映像が映る範囲の大きさは42インチ<42V型となり、42V型の方が大きくなります。

 

これに対し、インチはテレビ画面でない縁の部分も含むので、縁の部分を差し引くと42インチよりも小さくなります。つまり、テレビ画面として正確に42インチの大きさで見られるのは42V型です。

 

現在の薄型テレビはほとんどがV型で統一されているので、42インチテレビと表記されているものは基本的に42V型テレビとなります。

それでは、42インチテレビの実際の大きさを解説します。モニターサイズを正確に表すと、縦幅52.27cm・横幅92.81cm・対角線の長さ106.68cmです。このうち、42インチを表すのは対角線の長さです。

 

1インチが2.54cmなので、2.54cm×42=106.68cmとなります。また、実際の重さはスタンドを含めて20kg前後が多いです。サイズが大きめなのでワンルームや狭い部屋よりも、広めの部屋に置くのが向いてます。一人暮らしでも広い部屋に置くのであればおすすめですよ。

テレビの最適な視聴距離の目安は、画面の高さの3倍とされています。42インチテレビの場合、縦幅=高さが52.27cmなので、この3倍の156.81cmが最適な距離です。また、4Kテレビの場合は同じく高さの1.5倍のため、半分の長さである78.405cmとなります。

 

サイズ

画面の高さ

視聴距離

46V

57cm

1.7m

52V

65cm

1.9m

60V

75cm

2.2m

70V

87cm

2.6m

80V

100cm

3.0m

 

 

なお、あくまでも目安の距離なので、近すぎると思えば多少離しても構いません。お部屋のレイアウトや広さに合わせて調整してください。

42インチテレビの大きさや最適な距離が確認できたら、次は予算が気になるところですよね。42インチテレビは約5万円前後が相場ですが、中古であれば2~3万円のものもあります。高価なものでは10万円近いものもありますが、他のサイズに比べて市場に出回っている数は少なめです。

42インチテレビを選ぶ際は、ポイントがいくつかあります。大きさも大事ですが、せっかくテレビを視聴するのであれば、やはり見やすさや映像の美しさにはこだわりたいところです。失敗しないためにも選ぶポイントを説明していきます。

 

【目次】

テレビを選ぶ際に、まず押さえておきたいのは画質です。テレビを視聴する際、高精細できれいな映像を楽しみたいですよね。また、解像度にも種類があり、ハイビジョン・フルハイビジョン・4Kがあります。いいものは金額が高く、折り合いをつける必要がありますが、可能な限り画質のいいものを選びましょう。

 

【目次】

ハイビジョンとは日本における高精細度テレビジョン放送の愛称で、ワイドアスペクト比16:9を実現し、鮮明な映像を実現したテレビジョン放送です。

 

ハイビジョンテレビの画素数は、1366×768ピクセルあるいは1280×720ピクセルですが、本来のハイビジョンの解像度は1920×1080ピクセルなので、この高精細な映像の描写は完全にはできません

先述のハイビジョンテレビでは、ハイビジョンの映像を完全に描写できませんでした。しかし、フルハイビジョンテレビの画素数は1920×1080ピクセルと、ハイビジョンの本来の画質をすべて、つまりフルに表現できるため、フルハイビジョンと呼ばれています。

 

現在販売されているハイビジョンテレビの多くは、このフルハイビジョン仕様になっています。テレビを購入する際、できればこの画素数は確保しておきたいところです。

4Kテレビは、画素数が3840×2160ピクセルあり、解像度はフルハイビジョンの4倍にもなります。そのため、フルハイビジョンでも大画面では画像の粗さが目立ちますが、4Kでは気にならないほどの高画質です。

 

さらに、4Kチューナーを内蔵していれば、高精細で美しい4K放送を視聴でき、見られる番組の幅も広がります。もし予算に余裕があるなら、4K対応テレビを選ぶのをおすすめします。

LEDバックライトは液晶の技術であり、LEDの配置の仕方で「直下型」か「エッジ型」の2種類にわかれます。直下型はパネルの背面にLEDをびっしりと敷き詰められています。

 

そのため、ムラのない映像を映し出せ、発色にも優れているのが特徴です。直下型はLEDを多く使い、比較的上位モデルに多いタイプです。

 

LEDバックライトのうち、エッジ型はLEDを画面の上下か左右のみに配置しているタイプで、均一な白を再現します。使用するLEDが少ない分、直下型より低めなコストで生産できて消費電力も抑えられます。

通常のテレビ番組の他にも、YouTubeなどインターネットに繋いで映像を楽しみたい方もいます。その場合は、インターネット接続に対応しているかどうかを確認する必要があります。

 

また、接続方法が有線接続か無線接続かによっても、必要な環境が変わってきますので、あらかじめ確認してください。

 

【目次】

インターネット接続に固定電話回線を使用する場合は、有線タイプになります。固定電話回線がない場合は、改めて固定電話回線を開通するか、無線タイプに対応したテレビを選んでください。

 

有線タイプは安定してインターネットの接続ができるので、動画配信にはやや有利です。

WiFiなどの無線に対応しているタイプは、固定電話回線につなげなくてもインターネット接続ができるので、コードも不要で場所も選びません。機種によっては、異なる部屋同士で通信して録画映像等の動画を共有できます。

 

ただし、無線で電波を飛ばして受信するタイプは受信が不安定になる場合もあります。

「VOD」とは「ビデオ・オン・デマンド」の略で、インターネット経由で映像コンテンツを見られるサービスです。Amazonプライム・ビデオ・U-NEXT・Netfliのようなサービスを指します。

 

現在の大型テレビでは、必要最低限の機能しか付いていない低価格のテレビではない限りVODに対応しています。また、メーカーや機種ごとに見られるサービスは限られている場合がありますので、気になる方はあらかじめチェックしてください。

どれを購入すればいいのか迷った場合、メーカーで決めるのがおすすめです。各メーカーごとにさまざまな特徴があるので詳しくご説明します。

 

【目次】

東芝はREGZAシリーズを展開しています。高性能映像処理回路「REGZAエンジン」による高画質や、残像の少ない「ゲームモード」が特徴です。さらに、録画予約をしなくても見たいテレビ番組を見たいときに見られる「タイムシフト機能」などを搭載しています。

ソニーはBRAVIAシリーズを展開しています。日本でも屈指の薄型・軽量技術が特徴です。また、独自の解像エンジンを搭載しており、映像がとてもきれいに映し出されます。さらに、オーディオメーカーとしても有名なソニーは、高音質でも有名です。

パナソニックはビエラシリーズを展開しています。独自のカラーマネジメント回路で構成された「ヘキサクロマドライブ」を搭載した高画質が売りの1つです。また、ネットワーク関連の機能が充実しているのも特徴です。

三菱は、HDDやブルーレイなど録画機能を内蔵した「録画テレビ」REALシリーズを展開しています。小さい型からあるので、ひとり暮らしで部屋の中をすっきり見せたい方におすすめです。独自開発のレーザーバックライトで明度の高い色の表現ができます。

 

また、声で知らせてくれる「しゃべるテレビ」といったアシスト機能も特徴です。そのため、より便利な機能を求める方は、三菱電機のテレビをおすすめします。

シャープはAQUOSシリーズを展開しています。シャープが発売した世界初の8K対応液晶テレビはさまざまな技術で高画質を実現しました。また、AQUOS臨場感のある高画質な映像が特徴です。

 

そのため、映像の美しさにこだわりたい方におすすめです。ココロビジョンと呼ばれるAIを搭載するなど、機能も充実しています。

SHARP(シャープ)

42V型 液晶 テレビ アクオス 4T-C42DJ1

価格:80,900円 (税込)

2021年最新の液晶テレビ!

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4T-C42DJ1は、シャープから発売された2021年最新の液晶テレビです。4Kダブルチューナー内蔵なので、明るく鮮やかな映像を楽しめます。また、高性能な「低反射パネル」を採用し、明るい部屋でもクリアで見やすい画面を実現しました。さらに、さまざまなネット配信サービスにも対応しているので、映画・スポーツ・アニメまで楽しめるのがポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
SHARP(シャープ)
商品名
4T-C42DJ1
画面サイズ
42 V型(インチ)
画素数
3840x2160
画質
4K
録画機能
外付けHDD
寸法/サイズ
956x607x247 mm
重量
9.9 kg
機能
スマートスピーカー連携・VODサービス
省エネ性能(★~★★★★★)
★★
シャープ(SHARP)

AQUOS  2T-C42BE1

価格:42,000円 (税込)

使いやすさを重視!スタンダードモデル

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2T-C42BE1は直下型LEDバックライトを採用しており、画面を全体的に明るく保つのでクリアな映像を楽しめます。チューナーは、地上・BS・110度CSデジタルチューナーをそれぞれ2チューナー搭載しており、番組を視聴しながら外付けハードディスクに裏番組の録画もできますよ。

 

リモコンには音声くっきりボタンを搭載し、聞き取りにくい会話などもしっかり聞こえます。リモコンには番組検索ボタンがあり、ボタンを押すと検索の仕方が簡単に選べて見たい番組をすぐに探せます。

 

取扱説明書はこちら

スペック詳細はこちら

メーカー
SHARP(シャープ)
商品名
2T-C42BE1
画面サイズ
42V型ワイド
画素数
1,920×1,080
画質
フルハイビジョン(フルHD)
録画機能
USB外付けハードディスク(別売)対応
寸法/サイズ
95.6×24.7×60.7cm
重量
約8.7kg
機能
AQUOSファミリンク対応・ホームネットワーク機能など
省エネ性能(★~★★★★★)
-
パナソニック(Panasonic)

ビエラ TH-P42S2

価格:32,000円 (税込)

省電力で画質も充実!お手頃なシリーズ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Panasonicから2010年に発売されたモデルです。2010年と古いタイプではありますが、プラズマパネルを搭載し、画質も充実した1台です。また、省電力で比較的お求めやすい価格のため、買い替えやもう1台欲しいときにおすすめですよ。エコナビを搭載しているので無駄なくテレビを使えます。もちろん、簡単・便利な「ビエラにリンク!」も使えます。

 

取扱説明書はこちら

スペック詳細はこちら

メーカー
Panasonic(パナソニック)
商品名
VIERA TH-P42S2
画面サイズ
42V型
画素数
1920×1080
画質
フルハイビジョン(フルHD)
録画機能
-
寸法/サイズ
テレビスタンド含む 幅:102.9×70.4×33cm
重量
約25kg(テレビスタンド含む)
機能
-
省エネ性能(★~★★★★★)
-
パナソニック(Panasonic)

ビエラ TH-42C305

価格:49,800円 (税込)

買い替えにもぴったりなモデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらも同じくPanasonicから発売されたVIERA TH-42C305です。発売が2015年なのでお値段はやや高くなりますが、機能も充実しているので買い替えや買い足しにも最適です。斜めから見た時に視差の少ないIPSパネルと省エネに優れたLEDバックライトを採用しています。

 

また、アクトビラにも対応しているので、ネットコンテンツを楽しみたい方にもおすすめです。裏番組録画には対応していませんが、対応のUSBハードディスクをつなぐと番組を録画できます。

 

取扱説明書はこちら

スペック詳細はこちら

メーカー
Panasonic(パナソニック)
商品名
VIERA TH-42C305
画面サイズ
42V型
画素数
1,920×1,080
画質
フルハイビジョン(フルHD)
録画機能
USBハードディスク録画対応
寸法/サイズ
テレビスタンド含む 96×61×24cm
重量
約11kg
機能
アクトビラ・オフタイマー/オンタイマーなど
省エネ性能(★~★★★★★)
-
パナソニック(Panasonic)

ビエラ TH-P42V2

価格:89,820円 (税込)

高画質なフル・ブラックパネルが魅力

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TH-P42V2に搭載された「フル・ブラックパネル」の働きにより、高コントラストと省電力を実現しました。「エコナビ」では、無駄を見つけてビエラが自動的にエコします。たとえば、部屋の明るさに合わせて映像の明るさや画質を自動調整したり、映像や音声の信号がない状態が10分続くと自動で電源をオフしたりする節電機能なども嬉しいポイントです。

 

その他にも、操作性をよりよくした「らくらくアイコン」の機能や、離れた部屋でも録画映像などを視聴できる「お部屋ジャンプリンク」など、さまざまな機能を搭載しています。

 

取扱説明書はこちら

スペック詳細はこちら

メーカー
Panasonic(パナソニック)
商品名
VIERA TH-P42V2
画面サイズ
42V型
画素数
1920×1080
画質
フルハイビジョン(フルHD)
録画機能
-
寸法/サイズ
テレビスタンド含む 幅:103.5×69.5×308cm
重量
約24kg(テレビスタンド含む)
機能
フルブラックパネル・エコナビ・ビエラにリンク!
省エネ性能(★~★★★★★)
-
東芝(TOSHIBA)

REGZA 42Z1

価格:23,377円 (税込)

次世代プレミアムLEDモデル!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LEDバックライトを採用し、画面のコントラストもくっきりのLEDクリアパネルです。また、超解像技術「レゾリューションプラス4」は、画素数がフルハイビジョンでないDVDや地上デジタル放送などの映像を鮮明で高精細な画像に再構成します。

 

画質調整機能では、自動で最適な画質へ調整する「おまかせドンピシャ高画質3」を搭載し、常に良好な画質で視聴できます。USBハードディスク録画にも対応しており、最大4台まで接続が可能です。操作性も良好で、お子さんから高齢者までリモコンを簡単に使えます。

 

取扱説明書はこちら

スペック詳細はこちら

メーカー
TOSHIBA(東芝)
商品名
REGZA 42Z1
画面サイズ
42V型
画素数
1920×1080
画質
フルハイビジョン(フルHD)
録画機能
-
寸法/サイズ
102.0×70.4×33.8cm
重量
21.0kg
機能
-
省エネ性能(★~★★★★★)
-
東芝(TOSHIBA)

REGZA 42Z2

価格:53,660円 (税込)

確かな映像美!プレミアム高画質

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

42Z2に搭載されたレグザエンジンCEVOは、従来のレグザエンジンの約3.4倍の高速演算処理能力を持ち、快適な視聴を楽しめます。また、液晶はIPS方式を採用しているので斜めから視聴しても画像がはっきり見えます。複数人でも問題なく視聴できるのは嬉しいポイントです。

 

外付けのUSBハードディスクは2つの番組を同時録画でき、さらに別の地デジ放送を視聴できる「地デジ見ながらW録-2番組同時録画」機能を搭載しています。年末などの特番で3番組重なっても安心です。

 

取扱説明書はこちら

スペック詳細はこちら

メーカー
TOSHIBA(東芝)
商品名
REGZA 42Z2
画面サイズ
42V型
画素数
1920×1080
画質
フルハイビジョン(フルHD)
録画機能
-
寸法/サイズ
93.0×52.3cm×106.7cm
重量
16.0kg
機能
-
省エネ性能(★~★★★★★)
-

買ってはいけないテレビメーカーは、残念ながら存在します。うっかり購入して損をしないよう、そんなメーカーの特徴を解説します。まずは、安すぎるメーカーです。すべての製品ではありませんが、安さには何かしら理由があります。故障などの問題が起こりやすい場合もあるので、購入前に口コミなどを確認してください。

 

次に、TCLのテレビメーカー・テレビに特化していないメーカーです。充実した性能の高さは、各メーカーが長年培った独自の技術によって実現しています。そのため、テレビに特化していないメーカーの製品は、性能がそれほど高くない可能性があります。

 

テレビの性能面においては、8K以上・全チャンネル録画機能が付いたテレビはオーバースペックになる場合があるため、あまりおすすめしません。また、ブルーレイ一体型テレビは年数が経つと時代遅れになり、どちらかが故障した場合の修理などに手間がかかるため、避けた方が無難です。

人気テレビ番組で紹介された「家電芸人おすすめテレビ」も、選ぶ際に参考にしていただきたい高品質なテレビばかりです。それはどんなテレビなのか、以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもぜひチェックしてください。

42インチテレビは市場に出回っている数が少ないので、欲しい場合は中古市場を探すのもおすすめです。また、40インチや43インチは市場に多く出回っているので、そちらを探すのも1つの手段です。ぜひお気に入りのテレビを見つけてくださいね。