【2023年最新】4Kテレビのおすすめ32選|サイズ別に人気モデルを紹介

4Kテレビはこれからの買い替えの標準。しかし、見た目には違いがわかりにくく選ぶのに困りますよね。本記事では4Kテレビの選び方やメーカーごとの特徴を解説します。さらに人気の高い40インチ・50インチ・60インチクラスの4Kテレビおすすめランキングをご紹介。「買ってはいけないテレビメーカー」や「買ってはいけないテレビ」の特徴も必見です。

2023/01/28 更新

編集部おすすめの記事

目次
※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

テレビのサイズや画質にそれほどこだわらない方は、価格の面からフルHDテレビに決め切って次のステップ(【結論再掲】これまでのまとめ)に進みましょう。

 

ちなみに、現在販売されている最小の4Kテレビは40インチであるため、最低でも73.5cm以上の視聴距離を取ることができない方は、自動的にフルHDから選択をすることになります。

 

 

 

 

さて、お気付きの方も多いかと思いますが、

 

4Kテレビ(4K液晶/有機EL)は部屋に対してテレビのサイズを大きくできます。

 

最適視聴距離もフルHDの半分で算出する場合が多いですが、算出した数値をそのまま受け取るべきかは一考すべきです。

VA方式とIPS方式は利用シーンで選ぶ!

 

液晶パネルについて調べると必ず出てくるVA方式IPS方式ですが、「液晶分子の回転する方向が〜」と言われてもわからない!という方がほとんどだと思います。

 

そこで本記事では思い切って以下のようにおすすめをしています。ポイントは利用シーンです

 

  • VA方式
    一人暮らしで、自分一人で正面からテレビを見ることが多い方
  • IPS方式
    家族暮らしで、複数人がいろいろな角度からテレビを見ることが多い方

思い切った解説にはなりますが、こちらを意識してお選びいただけると大きく間違えることはないです。なお、画質を気にする方にTN方式はあまりおすすめできませんので説明からは省きます。

 

 

ちなみに、それぞれのパネルの特徴を説明すると以下のようになりますので、気になる方は参考にしてみてください。

 

【VA方式のパネルを使った液晶テレビ】

  • 正面から見た時のコントラストが強く、色が鮮やか。
  • 斜めから見た時の視野角が甘く、色がくすんで見える。

 

【IPS方式のパネルを使った液晶テレビ】

  • 斜めから見た時、画面がきれいに見える。
  • 正面から見ると色味に物足りなさを感じる。

 

また、ソニーのトリルミナスディスプレイなど、ブランドごとにさらに改良を加えた液晶もありますが、かなり専門的になるため、本記事では解説を省略します。

 

「画質へのこだわりがマニアほどではない」という方は、そこまでブランドごとの違いを意識せずに選んでも失敗はありません。

この記事を読んでいる方は4Kテレビに絞って探している方かと思うので、この章は一部割愛し、そもそもの解像度とは?についてのみ補足します。

▶︎各画質の解像度について詳しく知りたい方はこちら

 

解像度、画素数・・・聞いたことはあるけどイマイチピンとこない方も多いと思います。テレビはたくさんの光の粒で映像を表示する仕組みですが、

  • 画素数:その粒がどれだけあるのか?
  • 解像度:その粒がどれだけの密度で存在しているのか?

を意味していると理解するといいです。

ドット絵を想像していただくとわかりやすいかもしれません。たくさんのドットが集まっていると滑らかな絵に見えるのと同じ仕組みですが、4KテレビはフルHDと比べて4倍の画素数(=粒の密度)を誇ります

1位
シャープ

4T-C40AJ1

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2018年6月に発売した製品で、BJ1シリーズの前モデルになります。大きな違いは4Kチューナーの搭載非搭載になっており、価格自体にも大きな差が出ています。画面が少し白っぽいというのとAndroidTVの安定感に少し欠けるという荒削りな部分はあるものの、価格に対する優位性はやはり見過ごせないほどのコスパをほこる機種です。インチ数も大きすぎず小さすぎず、寝室などでネット動画を気軽に楽しみたいなどの需要を満たしてくれる良製品で人気があります。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
40V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.7 m
消費電力【W】
117 W
年間電気代【円】
2673 円
2位
シャープ

4T-C40AH2

本商品は、高精細な4K低反射液晶パネルを採用している液晶テレビです。画素の粗さが気にならないのが魅力。また、広色域技術「リッチカラーテクノロジー」により、色彩豊かなリアルな色を届けてくれます。「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」も採用されており、臨場感豊かな映像を楽しむことができますよ。

そのため、映画好きの方やゲームで使用したい方にピッタリ!さらに、音声「くっきり」ボタンが搭載されているので、ドラマ好きの方にも最適です。どんなシーンでもしっかりセリフを聴くことができますよ。3チューナーを備えているため、USB外付けハードディスク(別売)を付ければ、2番組同時録画しながらも別の番組が楽しめるのもポイントの商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
40V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
0.7 m
消費電力【W】
130 W
年間電気代【円】
3240 円
3位
シャープ

AQUOS BJ1ライン

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

シャープのコストパフォーマンスが非常に良好な40インチ4Kテレビです。4KBS/4KCSチューナーがこの価格で内蔵となっているため、非常にお買い得であると同時に高精細なテレビを単体で楽しむことが可能。また、AndroidTVも搭載しているので、ネット環境があればネット動画やVODサービスを心ゆくまで堪能することができます。画面の明るさは少し白っぽさを感じるものの十分明るいといえます。スイーベルスタンドなため、普段座って見る位置が複数箇所ある場合に好きな角度に調節をしながらテレビを視聴できるのは大きなメリットです。
リビングから一人暮らしにまで様々な使用が可能な万能テレビといえます。
AQUOS BJ1ラインのバリエーション展開
40インチ 4T-C40BJ1
詳細を見る
種類
液晶テレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
シャープ

AQUOS CL1ライン

新4K衛星放送はもちろん、ネット動画も明るく色鮮やかな映像で楽しめるのが魅力です。4K画像処理エンジン「Medalist S1」が、高精細・高色彩・高コントラストな4K映像を実現しました。また、低反射パネルが外光や照明の映り込みを低減するので、明るいリビングでも見えやすく色鮮やかな映像を映し出します。

音声の聞き取りやすさを高める「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」はシャープ独自の技術で、音抜けのいいサウンドを再現するのが特徴。そのほかにも画面角度を調整できる「回転スタンド」や、画面で取扱説明書が見られる機能など、使用者のことをとことん考えた使いやすいテレビです。
AQUOS CL1ラインのバリエーション展開
40インチ 4T-C40CL1
詳細を見る
43インチ 4T-C43CL1
詳細を見る
50インチ 4T-C50CL1
詳細を見る
55インチ 4T-C55CL1
詳細を見る
種類
液晶テレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
1位
ソニー

KJ-49X9000F

動きに強い高画質の液晶テレビ

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

高画質で動きに強いソニーの4K液晶上位機種です。直下型LEDを使用しているため、パネル全体が明るくくっきりとした画質に加え、倍速液晶を搭載しているためスポーツやアクション映画などの動きの激しいシーンのなめらかさも大きな特徴。また、ソニーの4KといえばAndroidTVを搭載しているため、YoutubeやHuluなどのメジャーどころはもちろん、自身でアプリを追加することによりさまざまなコンテンツを大画面のTVで楽しむことが可能です。価格は多少高めですが、それを補ってあまりある満足感の高い製品になっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
190 W
年間電気代【円】
4590 円
2位
シャープ

LC-45US45

本商品は「N-Blackパネル」搭載している45型薄型テレビです。高精細・広色域・明暗表現力と3つの要素を最大限に活かし、見やすく美しい4K映像を実現します。また、2.1ch「 フロントオープンサウンドシステム」により、音抜けのよいクリアなサウンドをダイレクトに届けてくれる優れもの。

そのため、外部スピーカーを付けずにいい音で番組や映画を楽しみたい方にピッタリです。「ビジュアル モーションガイド」を使えば、番組情報とネット情報を同じ画面上に表示できます。さまざまなコンテンツを存分に活用したい方にもおすすめしたい商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
45V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
480スピード
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
180 W
年間電気代【円】
3429 円
3位
東芝

43M520X

コスパに優れたネット機能搭載テレビ

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

東芝のMシリーズの旧型モデルです。現行のテレビとの違いは4Kチューナーがシングルチューナーというところが主な違いになっており、それ以外は大差がないため価格を抑えたい方には特におすすめのモデルになっています。
4Kテレビながら非常に価格が抑えられており、他メーカーのネット搭載テレビに比べてコンテンツは少なめですがYoutubeなどの有名所はしっかりと網羅したネット連携も付帯していますので価格に対しての満足感が高いテレビになっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
VAパネル
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
121 W
年間電気代【円】
2241 円
4位
ハイセンス

43A6800

一人暮らしにもオススメの高コスパテレビ!

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

海外メーカー、ハイセンスの43インチ4K内蔵テレビです。4Kチューナー内蔵、最低限のネット連携機能を備えて5万前後の非常にコストパフォーマンスに優れたテレビですので、セカンドテレビや限られた予算の一人暮らしでも選びやすいのが大きなメリット。画質は少々白っぽいのと残像感があるというのはありますが、4Kのパネルということもありそこまで大きくは気にならないレベルです。また、ゲームモードが搭載されているので一瞬の遅延が命取りになるゲームをする場合の安価なモニターとしても優秀。とにかく低予算で回したい方におすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
120 W
年間電気代【円】
2835 円
5位
パナソニック

TH-43FX750

本商品は、鮮やかな表現が楽しめる液晶テレビです。映像中の色や明暗を自動で判別して最適な表示を行う機能を採用。リアルな画質を提供するための「ノイズ処理」もされています。また、15Wのサウンドが搭載されているので、臨場感のあるクリアな映像も楽しめますよ。

さらに、「上下左右178度まで対応」という幅広い角度からでも綺麗に映像が見られる設計なため、広い部屋に置く場合や大人数でゲームを楽しむ時にも最適!「転倒防止機能」や「2番組同時裏録画機能」など、ゲーム好きだけでなくファミリー層には嬉しい機能がたくさん採用されたモデルです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
156 W
年間電気代【円】
3186 円
東芝

43M540X

こちらは43V型のBS/CS 4Kチューナー内蔵の液晶テレビです。チューナーなしで4K新衛星放送の視聴が可能なモデルになっています。より緻密に映像を再現する映像エンジン「レグザ エンジン Evolution」とサウンド技術を搭載し、さらに美しい画質と音質を実現しています。

HDR10、ARCにも対応しており、外付けHDDでより音質にこだわることもできます。地上、BS/CSは3チューナー搭載しているため、地デジ、BS/CSすべてで2番組を裏番組録画することが可能。ゲームモードももちろん搭載しており、大型なので家族や友人と楽しめるゲーム用テレビとしておすすめします。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
116 W
年間電気代【円】
2187 円
パナソニック

TH-49HX850

左右だけでなく、上下からも包まれるような臨場感を体感できる立体音響システム「Dolby Atmos®」を搭載した液晶テレビです。また、AIHDRリマスター機能により、4K衛星放送をよりきれいに調整して再生できるという強みがあります。転倒防止スタンドが付属おり、地震や衝撃による転倒を防げるのもポイントです。

さらに、4Kと通常の番組を同時に録画できるので、見たい番組が重なって困っている方にもおすすめ!リモコンやスマートスピーカーを通した音声操作にも対応しています。4Kお部屋ジャンプリンク機能が使える対応機器を取り入れれば、録画した番組を好きな場所で見られます。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
162 W
年間電気代【円】
3510 円
フナイ

FL-43UF340 [43インチ]

本商品は、フナイより発売されている4K対応のスマートテレビです。出演者の関連情報や拡大表示できる番組表といった録画に便利な機能が充実し、再生の際にも見つけやすいのがポイント!録画したものをジャンルごとに検索したり、早見再生ができたりと使い勝手も抜群。また、豊富なサウンドモードを備えているのも嬉しいです。

そのため、シーンごとにサウンドを調整したい方におすすめです。番組の音量も自動で調節してくれるため、面倒な手間も不要。聞き取りやすさを重視される方にも向いています。また、4K高画質で視聴できるため、音とあわせて映像美にもこだわりたい方に最適です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
98 W
年間電気代【円】
-円
1位
LGエレクトロ二クス

OLED55C7P

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

OLED55C9PJAの旧モデルになります。現行との違いは4Kチューナーが内蔵になっているかなっていないかの違いが大きな部分です。この価格で非常に高画質多機能というところが大きな特徴で倍速液晶で動きがなめらか、有機ELで画面がくっきり、DOLBY ATMOS対応のため疑似サラウンドも可能とどこのメーカーも上位クラスにしか採用しない機能が目白押し。独自のWebOSを搭載しているため、ネット動画などもすいすい見られるのも大きな利点です。
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
370 W
年間電気代【円】
6318 円
2位
シャープ

4T-C50AM1

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2018年のシャープアクオス上位モデルです。上位モデルとはいえどコスパの高さが魅力でこのインチ数で80,000円を切るモデルというのはなかなかありません。AndroidTVによるネット動画視聴、ココロビジョンによるおすすめ番組の紹介、アクオスブルーレイで録画した番組を無線で視聴などなど、ネット連携機能が非常に優れているテレビになっています。液晶画面は明るめでやや白っぽいものの、目に優しいモデルです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
480スピード
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
168 W
年間電気代【円】
3969 円
4位
シャープ

4T-C50AN1

バランスの良い明るいネット対応テレビ

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2018年発売のシャープの旧モデルテレビです。現在はBN1ラインになっています。お手頃な価格ながら、少し白っぽいキライはあるものの非常に明るく長時間見ていても疲れづらい液晶とAndroidTV搭載によるネット連携機能が魅力。スマートフォンやタブレットを無線でテレビに出力することも可能なため、普段小さな画面で見ているコンテンツを大画面に表示して楽しむことができます。4Kチューナーも内蔵しているので、4K放送をそのまま視聴することができるのも嬉しいポイントです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
480スピード
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
175 W
年間電気代【円】
4401 円
5位
ハイセンス

50A6100

4K高コスパテレビ!単機能で操作も楽ちん!

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

中国の総合家電メーカー、ハイセンスの4K液晶テレビです。50インチというサイズながらも50,000円を切るコストパフォーマンスをほこり、お手軽な金額で高精細な画質を体感することが可能。インターネット機能はほとんどついておらず、単機能ではあるものの余計な機能がついていないので使いやすさ、わかりやすさの面に秀でています。ネット対応させたいということであれば後付でFireStickTVなどを使用することも検討しましょう。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
-
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
110 W
年間電気代【円】
2646 円
ソニー

BRAVIA X9500Hシリーズ

BRAVIA X9500Hシリーズのバリエーション展開
49インチ KJ-49X9500H
詳細を見る
55インチ KJ-55X9500H
詳細を見る
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
195 W
年間電気代【円】
4725 円
東芝

50M540X

本商品は地デジのノイズを高精度に抑制しながらテロップまで、クッキリとした映像で再現する地デジビューティXに対応しています。また、さまざまな画質が混在するネット動画の映像に高画質処理を実施。低階調な映像ではコントラストと精細感がアップします。

従来編集とHDR編集された同一の映像素材の違いをAI(人工知能)が機械学習。得られたパラメーターをもとに、通常の映像を高精度にHDRクオリティに変換し、コントラストの高いリアルな映像で再現します。変化する視聴環境に合わせてAIが画質を自動調整するので、ネット動画を楽しみたい方のもピッタリです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
126 W
年間電気代【円】
2322 円
フナイ

FL-50UF340

Amazonで詳細を見る
\ 期間限定!口コミを投稿してお得に買える! /
キャンペーン詳細を見る
フナイ FL-50UF340

画面サイズに関する1件のバリエーションがあります

本商品は、フナイより発売されている4K対応のスマートテレビです。出演者の関連情報や拡大表示できる番組表といった録画に便利な機能が充実し、再生の際にも見つけやすいのがポイント!録画したものをジャンルごとに検索したり、早見再生ができたりと使い勝手も抜群。また、豊富なサウンドモードを備えているのも嬉しいです。

そのため、シーンごとにサウンドを調整したい方におすすめです。番組の音量も自動で調節してくれるため、面倒な手間も不要。聞き取りやすさを重視される方にも向いています。また、4K高画質で視聴できるため、音とあわせて映像美にもこだわりたい方に最適です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
99 W
年間電気代【円】
-円
フナイ

FL-55UF340

Amazonで詳細を見る
\ 期間限定!口コミを投稿してお得に買える! /
キャンペーン詳細を見る
フナイ FL-55UF340

画面サイズに関する1件のバリエーションがあります

本商品は、フナイより発売されている4K対応のスマートテレビです。出演者の関連情報や拡大表示できる番組表といった録画に便利な機能が充実し、再生の際にも見つけやすいのがポイント!録画したものをジャンルごとに検索したり、早見再生ができたりと使い勝手も抜群。また、豊富なサウンドモードを備えているのも嬉しいです。

そのため、シーンごとにサウンドを調整したい方におすすめです。番組の音量も自動で調節してくれるため、面倒な手間も不要。聞き取りやすさを重視される方にも向いています。また、4K高画質で視聴できるため、音とあわせて映像美にもこだわりたい方に最適です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
110 W
年間電気代【円】
-円
1位
シャープ

AQUOS LC-60US40 [60インチ]

本商品は、「N-Blackパネル」を採用しているシャープの4K液晶テレビです。明るいリビングで使用しても光の反射を抑えて、見やすさを確保してくれます。また、オンキヨーと共同開発した内蔵の「サブウーハー」と「フルレンジスピーカーによる2.1chスピーカー」により、音にもこだわっていますよ。

さらに、「Netflix」ボタンに加えて、「YouTube」のダイレクトボタンが搭載されているので、ボタンを押すだけでYouTubeが起動します。手軽にコンテンツを楽しみたい方に最適ですね。独自技術の「リッチブライトネス」により、消費電力を抑えながらも画面輝度を従来比の15%以上に高めてくれる優れものです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
60V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
480スピード
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.1 m
消費電力【W】
252 W
年間電気代【円】
4860 円
2位
ソニー

BRAVIA A1シリーズ

BRAVIA A1シリーズのバリエーション展開
65インチ KJ-65A1
詳細を見る
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
490 W
年間電気代【円】
-円
3位
シャープ

4T-C60AJ1

60インチのスタンダードモデル

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

シャープの2018年モデル、Aラインの最もスタンダードなモデルです。倍速液晶も4Kチューナーも搭載していませんが、代わりに価格が抑えられているという点が大きな特徴になります。スイーベルスタンドになっており、角度調節を行うことができるため多様な角度から正面に向かって視聴することが可能。普段視聴する場所が何箇所かある方に特におすすめです。また、珍しくPCのD-Sub15pin端子を備えているので、PCのモニタとしても活用できるという一面も。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
60V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.1 m
消費電力【W】
213 W
年間電気代【円】
4455 円
4位
シャープ

4T-C60AN1

4Kチューナー搭載の上位機種

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

シャープの2018年モデルの4K液晶の中で最上位の機種に位置するAN1ラインの液晶テレビです。AndroidTVネット対応、スイーベルスタンドや4Kチューナー搭載などの基本的な部分はもちろんのこと、天井の光源とテレビまでの距離が近い日本の住環境を鑑みた、蛍光灯の光の映り込みが少ない液晶パネルを使用しているため没入感が高まっているのが大きな特徴です。現行のモデルと比較してもかなり優位性の高いお値段以上の性能をほこる万能機種です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
60V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
480スピード
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.1 m
消費電力【W】
224 W
年間電気代【円】
4833 円
5位
ソニー

BRAVIA KJ-65X9000F [65インチ]

本商品は、ソニーから発売されている迫力と高画質を兼ね備えた65V型4Kテレビです。4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」を搭載し、HDRリマスターやSuper Bit Mapping 4K HDRなどの処理が可能になりました。また、なめらかな映像を表現する「倍速駆動」に加え、ソニー独自の「高精度な制御」が画面の明るさを保ちます。

さらに、残像感を効果的に低減させてくっきりとした映像を描き出すので、長時間テレビを楽しみたい方におすすめです。テレビのスタンド内に「サウンドバー」がキレイに収まる省スペース設計!レイアウトに左右されず、設置場所に困らないのも嬉しいですね。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
284 W
年間電気代【円】
6345 円
オリンパス

REGZA Z740Xシリーズ

見逃した番組や録画し忘れた試合などを後から楽しめる、人気のタイムシフトマシン機能を搭載した東芝の液晶テレビです。80Wのマルチアンプにより中高音はよりはっきりと、重低音はより迫力ある音響で楽しめます。また、ボイスで操作できる機能・好きなテーマからおまかせ録画できる機能・最大6チャンネルを同時再生できる機能など、便利な機能が盛りだくさんです。

ネット動画をテレビ画面で見たい方や、4K画質のゲームを大きな画面で楽しみたい方にもおすすめします。AIによって部屋の環境に適した画質に調整されるので、手軽に高画質・高音質の映像体験をしたい方は、ぜひ検討してください。
REGZA Z740Xシリーズのバリエーション展開
50インチ 50Z740X
詳細を見る
55インチ 55Z740X
詳細を見る
65インチ 65Z740X
詳細を見る
種類
4K液晶テレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+HLG
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
ハイセンス

65U7F

\0のつく日キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ 期間限定!口コミを投稿してお得に買える! /
キャンペーン詳細を見る
ハイセンス 65U7F

画面サイズに関する3件のバリエーションがあります

鮮明かつなめらかな映像を視聴できる、「NEOエンジン2020」を搭載した4K液晶テレビです。また、「Eilex PRISM」という音響を最適に補正する技術を活用しているので、音質を向上させて臨場感のある響きを体感できるのも魅力です。ワイドビューアングルモードを選択すればどんな角度から見てもコントラストが劣化しにくいので、大人数での視聴にも適しています。

さらに、画面の大きさを3段階で調節できるという機能もあります。低遅延ゲームモードが搭載されているため、反応速度が重要な格闘ゲーム・FPSを満喫したい方にもおすすめです。手頃な価格で画質と音響にこだわったテレビをお探しの方は、ぜひこちらの製品をチェックしてください。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
202 W
年間電気代【円】
4158 円