4Kテレビの買い時はいつ?4Kテレビの必要性は?おすすめ商品14選も紹介!

テレビの買い替えのタイミングで4Kテレビを検討してる方もいるのでは。4Kテレビは高価なので買い時や買い替え時期を狙うのがおすすめです。本記事では新製品の発売時期などの買い時や買い替え時期を解説しながら、4Kテレビの必要性・選び方・おすすめ商品を紹介するので参考にしてください。

2023/01/10 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

現在、ランク王では該当のテレビをご購入される方・すでにご購入された方に対して、口コミ募集キャンペーンを実施しております。スマホでGoogle Formsにて2つのアンケートにお答えいただきます。
ご協力いただけた方には、アマゾンギフト券を差し上げます。

 

該当のテレビの一覧は以下のリンクにまとめられております。
「キャンペーン対象のテレビの型番一覧」を見る

 

アンケートにお答えいただく際に、実際に購入された商品とご自身の名前、もしくはご自身だと分かるようなペンネームなどを写真で送っていただくことになります。ご了承ください。

 

キャンペーンの概要は以下のリンクにまとめられております。少しでもお得にテレビをご購入したい方ご購入されたテレビを他の人にもおすすめしたい方は是非とも以下のリンクからキャンペーンの内容をご確認ください。ご協力のほどよろしくお願いいたします。
「【ランク王】口コミ募集キャンペーン」を見る

1位
ハイセンス

43A6800

一人暮らしにもオススメの高コスパテレビ!

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

海外メーカー、ハイセンスの43インチ4K内蔵テレビです。4Kチューナー内蔵、最低限のネット連携機能を備えて5万前後の非常にコストパフォーマンスに優れたテレビですので、セカンドテレビや限られた予算の一人暮らしでも選びやすいのが大きなメリット。画質は少々白っぽいのと残像感があるというのはありますが、4Kのパネルということもありそこまで大きくは気にならないレベルです。また、ゲームモードが搭載されているので一瞬の遅延が命取りになるゲームをする場合の安価なモニターとしても優秀。とにかく低予算で回したい方におすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
120 W
年間電気代【円】
2835 円
2位
ハイセンス

50A6100

4K高コスパテレビ!単機能で操作も楽ちん!

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

中国の総合家電メーカー、ハイセンスの4K液晶テレビです。50インチというサイズながらも50,000円を切るコストパフォーマンスをほこり、お手軽な金額で高精細な画質を体感することが可能。インターネット機能はほとんどついておらず、単機能ではあるものの余計な機能がついていないので使いやすさ、わかりやすさの面に秀でています。ネット対応させたいということであれば後付でFireStickTVなどを使用することも検討しましょう。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
-
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
110 W
年間電気代【円】
2646 円
3位
ハイセンス

50A6800

4Kチューナー内蔵、ネット動画対応の低価格高機能モデル!

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2018年の12月発売のハイセンスの4K液晶です。後追いで出た50E6800とは台座の作りで差別化されており、コチラのほうが5kgほど重い分、重厚感があります。ハイセンスと聞くと海外メーカーのイメージが強いですが、コチラの機種は東芝レグザで使用されている「レグザエンジンNEO」を使用しているため、東芝と同じ明るい白味の強いパネルになっています。コストパフォーマンスが高く、この価格帯では珍しい外付けHDDでの地上波/BS/CSの2番組同時録画、4Kチューナー内蔵、VODサービス対応とこれ一台でほとんどのことが事足りるのは大きな強み。とにかく安くて高機能なモデルがほしいという方に人気の製品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
140 W
年間電気代【円】
3105 円
ハイセンス

KJ-55X9500G

高コスパなゲームモニターとしても優秀なテレビ

こちらはソニーの液晶テレビで2019年発売のモデルです。AndroidTVが標準で搭載されており、YouTube以外にもAndroidTV対応のアプリも楽しむことが出来ます。その他AmazonプライムビデオにNetflix、HuluやDAZNなど数多くの動画配信サービスにも対応しています。付属のリモコンにはYouTubeワンタッチボタンが搭載されているため、通常のチャンネル操作と同じ感覚でYouTubeを視聴することが出来ます。また、スマートスピーカーとの連携も強く、GoogleアシスタントとAmazonアレクサに対応出来ますのでWi-Fi環境で数多くのサービスと連携させることが可能です。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

現在東芝と業務提携を結んでいるハイセンスのコスパに優れた43インチ液晶です。こちらの最大の特徴はなんといってもこの価格で4Kチューナーとネット対応をしている点で、画面自体は少し白飛びがきついものの暗いシーンなどでは明るさをいかんなく発揮。長時間視聴を行っても疲れづらいのは大きなメリットと言えます。また、ゲームのコントローラー操作の遅延を少なくしてくれるゲームモードも対応しているため、格闘ゲームやFPSなどの瞬時の判断が要求されるコアなゲーマーにも人気のあるモデルになっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
248 W
年間電気代【円】
5724 円
1位
ソニー

KJ-49X9000F

動きに強い高画質の液晶テレビ

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

高画質で動きに強いソニーの4K液晶上位機種です。直下型LEDを使用しているため、パネル全体が明るくくっきりとした画質に加え、倍速液晶を搭載しているためスポーツやアクション映画などの動きの激しいシーンのなめらかさも大きな特徴。また、ソニーの4KといえばAndroidTVを搭載しているため、YoutubeやHuluなどのメジャーどころはもちろん、自身でアプリを追加することによりさまざまなコンテンツを大画面のTVで楽しむことが可能です。価格は多少高めですが、それを補ってあまりある満足感の高い製品になっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
190 W
年間電気代【円】
4590 円
2位
ソニー

BRAVIA A1シリーズ

BRAVIA A1シリーズの口コミ評価
2.79
全16件の口コミを分析
56
画質
56
デザイン
56
操作性
56
音質
56
応答性能
56
機能性
56
サイズ
56
ネットTV
56
初期不良
56
耐久性
BRAVIA A1シリーズのバリエーション展開
65インチ KJ-65A1
詳細を見る
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
490 W
年間電気代【円】
-円
3位
ソニー

BRAVIA KJ-65X9000F [65インチ]

本商品は、ソニーから発売されている迫力と高画質を兼ね備えた65V型4Kテレビです。4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」を搭載し、HDRリマスターやSuper Bit Mapping 4K HDRなどの処理が可能になりました。また、なめらかな映像を表現する「倍速駆動」に加え、ソニー独自の「高精度な制御」が画面の明るさを保ちます。

さらに、残像感を効果的に低減させてくっきりとした映像を描き出すので、長時間テレビを楽しみたい方におすすめです。テレビのスタンド内に「サウンドバー」がキレイに収まる省スペース設計!レイアウトに左右されず、設置場所に困らないのも嬉しいですね。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
284 W
年間電気代【円】
6345 円
ソニー

BRAVIA X9500Hシリーズ

BRAVIA X9500Hシリーズの口コミ評価
3.59
全1496件の口コミを分析
74
画質
74
デザイン
67
操作性
72
音質
72
応答性能
69
機能性
74
サイズ
74
ネットTV
72
初期不良
72
耐久性
BRAVIA X9500Hシリーズのバリエーション展開
49インチ KJ-49X9500H
詳細を見る
55インチ KJ-55X9500H
詳細を見る
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
195 W
年間電気代【円】
4725 円
1位
パナソニック

TH-43FX750

本商品は、鮮やかな表現が楽しめる液晶テレビです。映像中の色や明暗を自動で判別して最適な表示を行う機能を採用。リアルな画質を提供するための「ノイズ処理」もされています。また、15Wのサウンドが搭載されているので、臨場感のあるクリアな映像も楽しめますよ。

さらに、「上下左右178度まで対応」という幅広い角度からでも綺麗に映像が見られる設計なため、広い部屋に置く場合や大人数でゲームを楽しむ時にも最適!「転倒防止機能」や「2番組同時裏録画機能」など、ゲーム好きだけでなくファミリー層には嬉しい機能がたくさん採用されたモデルです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
156 W
年間電気代【円】
3186 円
2位
パナソニック

TH-65FZ1000

本商品は、パナソニックから発売されている高精細映像が楽しめる有機ELテレビです。色彩の質が上がり、「ヘキサクロマドライブ プラス」という機能により3Dのような画質を楽しめます。また、音質に関しては低音の強化がされており、臨場感を体験できるのも嬉しいポイント。

さらに、背面全体も美しいデザインなので、壁にかけてもスタイリッシュ。インテリアにこだわりたい方に最適ですね。パネル最薄部がわずか4.6mmというパネルの薄さは、まるでその場にいるかのような空気感・奥行き感を楽しむことができます。リアルな雰囲気で映画を見たいかたや、映画館気分を味わいたい方におすすめしたい商品です。
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
515 W
年間電気代【円】
5859 円
3位
パナソニック

VIERA GZ2000シリーズ

VIERA GZ2000シリーズの口コミ評価
2.93
全97件の口コミを分析
51
画質
62
デザイン
58
操作性
41
音質
83
応答性能
58
機能性
51
サイズ
66
ネットTV
58
初期不良
58
耐久性

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

パナソニックの有機EL最上位モデルです。パネル、エンジン、スピーカーなどどれをとっても申し分ない製品で、他の有機ELテレビと比べても画面の明るさとメリハリが際立っています。テレビ背面に一体になっているイネーブルドスピーカーの働きにより、部屋の壁を反響してサラウンドを形成。これにより画面と音声の臨場感が非常に大きく増しています。インターネット対応、4K放送裏番組録画可能とまさに死角なしの上位モデルです。
VIERA GZ2000シリーズのバリエーション展開
55インチ TH-55GZ2000
詳細を見る
65インチ TH-65GZ2000
詳細を見る
種類
有機ELテレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
4位
パナソニック

VIERA GZ2000シリーズ

VIERA GZ2000シリーズの口コミ評価
2.93
全194件の口コミを分析
51
画質
62
デザイン
58
操作性
41
音質
83
応答性能
58
機能性
51
サイズ
66
ネットTV
58
初期不良
58
耐久性

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

パナソニックの有機EL最上位モデルです。パネル、エンジン、スピーカーなどどれをとっても申し分ない製品で、他の有機ELテレビと比べても画面の明るさとメリハリが際立っています。テレビ背面に一体になっているイネーブルドスピーカーの働きにより、部屋の壁を反響してサラウンドを形成。これにより画面と音声の臨場感が非常に大きく増しています。インターネット対応、4K放送裏番組録画可能とまさに死角なしの上位モデルです。
VIERA GZ2000シリーズのバリエーション展開
55インチ TH-55GZ2000
詳細を見る
65インチ TH-65GZ2000
詳細を見る
種類
有機ELテレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
パナソニック

TH-49HX850

左右だけでなく、上下からも包まれるような臨場感を体感できる立体音響システム「Dolby Atmos®」を搭載した液晶テレビです。また、AIHDRリマスター機能により、4K衛星放送をよりきれいに調整して再生できるという強みがあります。転倒防止スタンドが付属おり、地震や衝撃による転倒を防げるのもポイントです。

さらに、4Kと通常の番組を同時に録画できるので、見たい番組が重なって困っている方にもおすすめ!リモコンやスマートスピーカーを通した音声操作にも対応しています。4Kお部屋ジャンプリンク機能が使える対応機器を取り入れれば、録画した番組を好きな場所で見られます。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
162 W
年間電気代【円】
3510 円
パナソニック

VIERA HX850シリーズ

VIERA HX850シリーズの口コミ評価
3.23
全226件の口コミを分析
71
画質
69
デザイン
55
操作性
58
音質
68
応答性能
65
機能性
71
サイズ
65
ネットTV
65
初期不良
61
耐久性
4K映像本来の色を忠実に描き出す高画質技術「ヘキサクロマドライブ」を搭載したテレビです。人肌など淡い色から、輝く陰影の中の微妙な色合いまで、リアルに映し出すのが特徴。また、ドルビーアトモス対応の音声処理システムを搭載しており、テレビ本体のスピーカーだけで立体音響が楽しめます。

さらに、NetflixやAmazonプライム・ビデオなどのVODサービスに対応しているのも魅力。難しい操作も面倒な設定も不要で、ホーム画面から見たいコンテンツをサクサク探せます。高画質な映像と立体感のある音響に加えて、さまざまなコンテンツを楽しみたい方におすすめします。
VIERA HX850シリーズのバリエーション展開
43インチ TH-43HX850
詳細を見る
種類
液晶テレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
1位
シャープ

AQUOS LC-60US40 [60インチ]

本商品は、「N-Blackパネル」を採用しているシャープの4K液晶テレビです。明るいリビングで使用しても光の反射を抑えて、見やすさを確保してくれます。また、オンキヨーと共同開発した内蔵の「サブウーハー」と「フルレンジスピーカーによる2.1chスピーカー」により、音にもこだわっていますよ。

さらに、「Netflix」ボタンに加えて、「YouTube」のダイレクトボタンが搭載されているので、ボタンを押すだけでYouTubeが起動します。手軽にコンテンツを楽しみたい方に最適ですね。独自技術の「リッチブライトネス」により、消費電力を抑えながらも画面輝度を従来比の15%以上に高めてくれる優れものです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
60V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
480スピード
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.1 m
消費電力【W】
252 W
年間電気代【円】
4860 円
2位
シャープ

LC-45US45

本商品は「N-Blackパネル」搭載している45型薄型テレビです。高精細・広色域・明暗表現力と3つの要素を最大限に活かし、見やすく美しい4K映像を実現します。また、2.1ch「 フロントオープンサウンドシステム」により、音抜けのよいクリアなサウンドをダイレクトに届けてくれる優れもの。

そのため、外部スピーカーを付けずにいい音で番組や映画を楽しみたい方にピッタリです。「ビジュアル モーションガイド」を使えば、番組情報とネット情報を同じ画面上に表示できます。さまざまなコンテンツを存分に活用したい方にもおすすめしたい商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
45V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
480スピード
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
180 W
年間電気代【円】
3429 円
シャープ

AQUOS BH1ライン

AQUOS BH1ラインの口コミ評価
3.1
全588件の口コミを分析
61
画質
66
デザイン
58
操作性
66
音質
52
応答性能
57
機能性
77
サイズ
62
ネットTV
62
初期不良
61
耐久性
本商品は4Kチューナー内蔵の、「AQUOSシリーズ」シンプルモデルの液晶テレビです。気になる照明や外光の映り込みを低減する「高精細4K低反射パネル」を採用。BS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵し、4K放送を視聴しながらUSB外付けハードディスクに別チャンネルの4K放送を録画できます。

また、「バスレフ型スピーカーボックス」の搭載により、低音域から高音域まで臨場感豊かにサウンドをリアルに再現。さらに、価格は6万円程度と比較的低価なため、コスパ重視で40型の4Kテレビを購入したい方におすすめしたい商品です。
AQUOS BH1ラインのバリエーション展開
40インチ 4T-C40BH1
詳細を見る
50インチ 4T-C50BH1
詳細を見る
60インチ 4T-C60BH1
詳細を見る
種類
液晶テレビ
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
1位
LGエレクトロ二クス

OLED55C7P

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

OLED55C9PJAの旧モデルになります。現行との違いは4Kチューナーが内蔵になっているかなっていないかの違いが大きな部分です。この価格で非常に高画質多機能というところが大きな特徴で倍速液晶で動きがなめらか、有機ELで画面がくっきり、DOLBY ATMOS対応のため疑似サラウンドも可能とどこのメーカーも上位クラスにしか採用しない機能が目白押し。独自のWebOSを搭載しているため、ネット動画などもすいすい見られるのも大きな利点です。
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
370 W
年間電気代【円】
6318 円
2位
LGエレクトロ二クス

49SK8500PJA

本商品は、65V型レグザ液晶テレビです。映像処理に「レグザエンジンEvolution-S」を使用し、よりスピーディーで滑らかなグラデーションの映像再現が実現。4Kチューナー内蔵により、地デジのノイズを低減した高精細でなめらかな4K映像を満喫できます。外付けHDD搭載で、W録画にも対応しているのもポイントです。

さらに、みるコレ機能で好きなテーマに合わせた番組を勝手に録画してくれるのも魅力です。多くの動画配信サービスにも対応しているので、アニメやドラマを手軽に楽しみたい方にピッタリ!別売りの壁掛け金具で壁掛けすればさらに場所を取らずに便利ですよ。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
TruMotion 240
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
150 W
年間電気代【円】
2862 円
LGエレクトロ二クス

OLED48CXPJA

人工知能(AI)を統合した映像エンジンを搭載し、どんな映像でも4K並みの画質で楽しめる有機ELテレビです。スポーツやゲームのような動きが速い映像も、高フレームレートによりブレや残像の少ないなめらかな動きで再現します。また、液晶テレビよりブルーライトの発生が少ない有機ELパネルを採用しているので、長時間視聴しても目に優しく疲れにくいのが特徴です。

「DolbyAtmos」対応かつ、AIが映像のジャンルに合わせてサウンドを調整する「AIサウンドプロ」により、まるで映画館にいるようなリアルな臨場感のサウンドを高精細な映像とともに楽しめます。画質と音質にとことんこだわりたい方におすすめします!
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
48V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
256 W
年間電気代【円】
4644 円