【2021年最新版】液晶テレビの人気おすすめランキング20選【家電芸人もおすすめ?売れ筋モデルも!】

現在もまだまだ主流な高コスパで人気の液晶テレビ。この記事では、液晶テレビの人気メーカーや安い製品、液晶テレビの選び方について徹底解説。人気の液晶テレビおすすめ20選もご紹介しますので、一人暮らしを始める方やテレビの買い替えを考えている方は参考にしてください。

2021/08/17 更新

テレビは、私たちの日常生活に欠かせない家電です。そんなテレビの中でも主流である液晶テレビは、「液晶パネル+バックライト」の組み合わせで構成されています。最近人気の「有機ELテレビ」には画質が劣るものの、本体価格が安くサイズ展開も豊富なのが特徴です。

 

近年のテレビは解像度の進化が激しく、10年前の最先端だったフルハイビジョンから、現在は4Kが主流となりました。また、さらに画素数がレベルアップした8K対応テレビも注目を集めています。このように、液晶テレビと言っても画質の種類や機能はさまざま

 

この記事では、液晶テレビの選び方からついていると便利な機能、人気メーカーをご紹介します。また、人気の液晶テレビが知りたい!という方に、2021年最新のおすすめ液晶テレビ20選をサイズ別にご紹介しますので、そちらもぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!液晶テレビおすすめ20選

液晶テレビの購入を検討する際、よく比較されるのは有機ELテレビです。有機ELテレビの1番の特徴は、ディスプレイそのものが光る自発光方式を採用した美しい映像表現。構造上薄型化や軽量化がしやすく、本体のデザイン性を求める方や高精細な映像を楽しみたい方におすすめですよ。

 

一方で、本体価格が高いことやランニングコストがかかること、大型サイズの展開しかなくラインナップが少ないことがデメリットです。本体価格やランニングコストがかかっても映像の美しさを重視したい方は有機ELテレビ、コスパを重視したバランスのいいテレビを選びたい方は液晶テレビを選ぶといいでしょう。

 

液晶テレビ・有機ELテレビを含めたテレビの最新おすすめ商品は下記のリンクからチェックすることができるので参考にしてくださいね。

液晶テレビ

有機ELテレビ

メリット

メリット

 

  • 消費電力を抑えられる
  • 価格が比較的安い
  • 普及率が高く選びやすい
  • 寿命が長い
  • ラインナップが多い
  • 高画質
  • 薄型で奥行き省スペース
  • 軽量

デメリット

デメリット
  • 反応速度が遅め
  • ボディに厚みがある
  • 消費電力が多い
  • 価格が高い
  • 寿命が短い
  • ラインナップが少ない

液晶テレビを選ぶ場合、同じサイズのテレビでも機能によって値段のお手頃なものから高価なものまで幅広い種類があります。テレビは安い買い物ではないので慎重に選ぶことが必要です。ここでは、以下の項目について説明するので先に読みたい項目がある方は次の目次から飛んでくださいね。

 

 

 

 

視聴距離を確認して部屋に合ったサイズを選ぶ

テレビ選びの第一の基準は、最適な視聴距離を測ることです。液晶テレビは大きければ大きいほどいいというものではありません。視聴距離から正しいサイズのものを設置しなければ、目が疲れてしまったり、画質の粗さが目立ってしまったりします。以下でサイズ別の最適視聴距離を表にまとめたので参考にしてください。

サイズ 最適視聴距離
32型 1.2m
40型 1.5m
43型 1.6m
49型 1.8m
55型 2.0m

 

部屋の間取りを確認し、何型までのテレビを置くことが出来るかあらかじめ確認しておきましょう。 ちなみに、4K以上の高画素数テレビだと、この最短視聴距離をさらに2分の1まで縮めることができます。4Kテレビは粒子が細かく、たとえ通常の地上デジタル放送であっても4K画質にコンバートするので、画面に近づいても粗く見えません。

解像度はフルHDか4Kか

液晶テレビはその画面の解像度によって、画質や見え方が大きく変わってきます。ここではそんな解像度についてご説明し、どれがいいのかを紹介します。

 

フルHD(フルハイビジョン)テレビは小型テレビに多い解像度

「解像度」が画質に関わるワードということは知っていても、そこまで詳しくはわからないという方もいるのではないでしょうか。画素の密度を解像度といい、解像度が大きくなるにつれ映像がなめらかになります。

 

フルハイビジョンは、横x縦で1920×1080個の粒子で画面を構成しています。近年4Kテレビの販売に伴い2Kテレビと呼ばれることも。価格が安く小型のテレビに多い解像度です。

 

数年前はフルハイビジョンが最も高画質でしたが、現在はテレビの高画質化が進んでいるためフルハイビジョンはテレビの中では標準的なものという扱いとなっています。

4Kテレビは最新の高画質

4Kの画素数は3840×2160となっており、粒子の縦横の数はフルハイビジョンの4倍です。たとえ同じ40型の大画面テレビであっても、鮮明できれいな画質で映像を楽しむことができます。リビングサイズのテレビで現在販売されているのは4Kが主流です。

 

ちなみに、4K放送を見るには、対応チューナー内蔵テレビを購入する必要があります。「4K対応テレビ」と「4Kテレビ」では意味合いが違い、「対応テレビ」はチューナーが内蔵されていない場合が多く、外付けで購入しなければならないので注意してください。

 

それぞれの画面解像度を、以下の表にまとめました。

画質 画面解像度
HD 1280×720
フルHD(2K) 1920×1080
4K 3840×2160
8K 7680×4320

液晶パネルの種類・機能で選ぶ

液晶パネルは全て同じように見えても、それぞれのメーカーの技術が詰まっています。見るものによって、どんな機能を重視したらいいのかを紹介します。

 

VA方式とIPS方式

液晶パネルはVA方式とIPS方式に分かれています。VA方式は液晶分子の回転する方向が垂直で、IPS方式は水平です。これによって液晶パネルを透過した光の拡散の具合に違いがでます。ユーザーとして使い勝手にどんな違いがでてくるかをそれぞれ説明します。

 

【VA方式のパネルを使った液晶テレビ】

  • 正面から見た時のコントラストが強く、色が鮮やか。
  • 斜めから見た時の視野角が甘く、色がくすんで見える。

 

【IPS方式のパネルを使った液晶テレビ】

  • 斜めから見た時、画面がきれいに見える。
  • 正面から見ると色味に物足りなさを感じる。

 

この特徴をとらえた上で テレビの配置を考えると、正面から見ることが多そうな方はVA方式の液晶テレビ、ダイニングテーブルから斜めに見たり、寝転んだりしながら見上げるような形になる方はIPS方式を選んだ方がいいでしょう。

HDR対応モデル

HDRは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略で、映像の輝度を向上させる機能のこと。従来通りの液晶テレビでは、映像の明るさの表現には限界があったものを向上させた技術です。

 

たとえば、テレビ中継で花火の放送を見たときに、実際の花火よりも暗いと感じたことはないでしょうか。それは、地デジ放送の輝度の表現に対する限界に達しているからです。一方、HDR対応の放送は暗いところでも実際の光を逃さない放送が可能となっています。

 

HDRは今のところ衛星放送などで対応していますが、視聴側がHDR対応のテレビでない場合は従来通りの表現として放送されます。買い替えの際に4KかつHDR対応の液晶テレビを選ぶと、次世代のテレビ放送を実感できますよ。

スポーツ観戦やゲームには倍速機能が必須

液晶テレビの技術は日々進歩していますが、「動き」が液晶テレビの弱点という点は未だに変わっていません。激しい動きの映像を写す際、焼き付きによる残像感は液晶パネルの構造上どうしても発生してしまう仕方のないものでした。

 

しかし、それを解決したのが倍速駆動機能です。倍速駆動とは、たとえばある動画を60枚の画像で作り上げるところを、倍の120枚で作り上げます。倍になればその分動きが滑らかになります。

 

例えば野球やサッカー、バスケットボールなどのスポーツ観戦や、動きの速い格闘ゲームが趣味の方は、この倍速駆動は是非とも欲しい必須機能の1つだと言えます。特にゲームに向いているテレビの特徴は、以下の記事もご覧ください。

テレビ1台で録画したいなら内蔵HDDは必須

最新機種をご購入の場合、外付けHDDやブルーレイレコーダーとの連携はほぼ全ての機種が可能となっていますが、内蔵HDDの機種が特におすすめです。テレビにあらかじめハードディスクが内蔵されているため、他の録画機械を購入する必要がありません。

 

スマートにテレビを設置したい、テレビの周辺機器を増やしたくないというインテリアにこだわりのある方にはおすすめです。また、面倒な配線も必要ないので、全てを1台で済ませてしまいたいという方にもこのタイプがいいでしょう。

 

また、録画機能を充実させるにはチューナー数を検討するのもおすすめです。チューナーが複数あるタイプを選ぶと番組録画を行いながら裏番組を見たり、W録画したりすることが可能になりますよ。

インターネット接続が可能かをチェック

VODと呼ばれる動画配信サービス対応テレビを購入すれば、テレビでそのまま配信動画を観ることが可能です。このように動画配信サービスをテレビで簡単に見る機能が搭載されているテレビを「スマートテレビ」ともいいます

 

テレビによっては、Netflix(ネットフリックス)のボタンがリモコンにそのままついている便利なモデルも。他にもAmazonプライムビデオ・Hulu・YouTubeなどさまざまな動画配信サービスを簡単に視聴できます。

 

パソコン・スマートフォン・タブレットで見るのと違い、テレビの大画面で動画配信サービスを楽しみたい方には特におすすめです。

今すぐ見る!液晶テレビのおすすめ20選

各メーカーでは、毎年6月~9月にモデルチェンジを行うため、型落ちとなった商品が大幅に値下げされます。液晶テレビをより安く購入したいのであれば、モデルチェンジの時期を狙うのもおすすめです。型落ちでも1年~2年であれば、機能の大きな違いもないので掘り出し商品が見つかるかもしれません。

続いては液晶テレビの主要メーカーを比較してご紹介します。メーカーそれぞれに人気シリーズがあり、特徴もさまざまなのでしっかりとチェックしましょう。先にお目当てのメーカー特徴だけを見たい人は、下の目次から直接ご覧くださいね。

 

東芝製テレビの特徴|便利機能が充実

REGZAシリーズを展開している東芝。REGZAエンジン」という高性能映像処理回路による高画質、残像の少ない「ゲームモード」や録画予約をしなくても見たいテレビ番組を見たいときに見れる「タイムシフトマシン機能」などが搭載してあります。圧倒的な映像美の評価は高く、約10億色の色をテレビで再現可能でおすすめです。

ソニー製テレビの特徴|映像だけでなく音質にもこだわりたい方に

ソニーはBRAVIAシリーズを展開しています。日本でも屈指の薄型・軽量技術が特徴です。また、独自の解像エンジンを搭載しており、映像がとても綺麗に映し出されます。また、オーディオメーカーとしても有名なソニーは、サウンドが優れていることでも有名です。

パナソニック製テレビの特徴|ネットワーク機能にも優れている

パナソニックはビエラシリーズを展開しています。独自のカラーマネジメント回路で構成された「ヘキサクロマドライブ」を搭載した高画質が売りのひとつ。また、ネットワーク関連の機能が充実しているのも特徴です。

シャープ製テレビの特徴|最新機能搭載

シャープはAQUOSシリーズを展開しています。シャープが発売した世界初の8K対応液晶テレビはさまざまな技術で高画質を実現しました。ココロビジョンと呼ばれるAIを搭載するなど、最新機能が他のメーカーよりも充実しています。

三菱電機製テレビの特徴|一人暮らしにもおすすめ

三菱は、HDDやブルーレイなど録画機能を内蔵した「録画テレビ」REALシリーズを展開しています。小さいサイズからあるので、ひとり暮らしで部屋の中をすっきり見せたいという方におすすめです。独自開発のレーザーバックライトで明度の高い色の表現が可能となっています。

24〜32インチ

ソニー

KJ-24W450E

価格:33,835円 (税込)

オートチャプター・1.3倍早見再生で快適に視聴できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「クリアレゾリューションエンハンサー」を搭載し、自然な色合いでノイズの少ない映像を映し出します。地上デジタルの映像を精細かつ、奥行きのある表現で楽しめるのが魅力。外付けのハードディスクをつければ、テレビ番組を視聴していても裏番組の録画もできます

 

また、CM前後やシーンの切り替わりなどで番組を自動で区切る「オートチャプター」や短時間で視聴できる「1.3倍早見再生」といった便利な機能がついているのもおすすめしたいポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SONY(ソニー) 商品名 KJ-24W450E
画面サイズ 24インチ 画素数 1366x768
画質 - 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 558x368x147 mm 重量 4.2kg
機能 オートチャプター・1.3倍早見再生など 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
ソニー

KJ-32W730E

価格:42,800円 (税込)

「クリアボイス」でセリフが聞き取りやすくなる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高精細フルHDパネルと「X-Reality PRO(エックス リアリティー プロ)」を搭載し、あらゆる映像を高精細に映し出します。外付けのハードディスクを使えば録画・再生も可能。テレビ番組を見ながら裏番組の録画もできます。また、無線LAN内蔵なので、自宅にWi-Fi環境があれば、気軽にYouTubeやNetflixが楽しめるのも魅力。聞き取り辛いセリフや声は便利な「クリアボイス」機能を使うとはっきり聞こえるようになります。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SONY(ソニー) 商品名 KJ-32W730E
画面サイズ 32インチ 画素数 1920x1080
画質 フルハイビジョン 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 728x473x174 mm 重量 5.6kg
機能 クリアボイス・無線LAN内蔵など 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

32WB10P

価格:24,800円 (税込)

子供部屋や寝室におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子ども部屋や寝室に2台目のテレビが欲しいというときにおすすめの、32インチ液晶テレビです。コスパのよさとアイリスオーヤマ独自チューニングの映像美が魅力で、コンパクトでも明るい色から漆黒までリアルに再現。見たい番組が重なったとき、どちらかを見ながらもう片方の番組を録画できる、Wチューナーを搭載しているのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ) 商品名 32WB10P
画面サイズ 32インチ 画素数 1366x768
画質 - 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 732x477x180 mm 重量 4.03kg
機能 Wチューナー 省エネ性能(★~★★★★★) -
MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機)

REAL(リアル) LCD-32LB8

価格:31,218円 (税込)

独自の映像処理技術を採用

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直下型LEDバックライトが画面を明るく照らし、独自の映像処理技術や画面の明るさを自動で制御する機能も搭載されています。好きなドラマ・映画・スポーツ番組を高画質で楽しみたいときにおすすめです。また、音質にもこだわりがあり、低音から高音までサラウンド感覚のすてれを音声を実現しています。さらに、インターネットに接続すれば、TSUTAYA TVの視聴も可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機) 商品名 LCD-32LB8
画面サイズ 32インチ 画素数 1366x768
画質 - 録画機能 -
寸法/サイズ 743x497x211 mm 重量 6.6kg
機能 TSUTAYA TV・ホームネットワーク 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★

24〜32インチ比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5916427の画像

    SONY(ソニー)

  • アイテムID:5916428の画像

    SONY(ソニー)

  • アイテムID:5916429の画像

    IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

  • アイテムID:5916430の画像

    MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機)

  • 商品名
  • ブラビア KJ-24W450E
  • ラビア KJ-32W730E
  • 32WB10P
  • REAL(リアル) LCD-32LB8
  • 特徴
  • オートチャプター・1.3倍早見再生で快適に視聴できる
  • 「クリアボイス」でセリフが聞き取りやすくなる
  • 子供部屋や寝室におすすめ
  • 独自の映像処理技術を採用
  • 価格
  • 20690円(税込)
  • 53729円(税込)
  • 24800円(税込)
  • 31218円(税込)
  • メーカー
  • SONY(ソニー)
  • SONY(ソニー)
  • IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)
  • MITSUBISHI ELECTRIC(三菱電機)
  • 商品名
  • KJ-24W450E
  • KJ-32W730E
  • 32WB10P
  • LCD-32LB8
  • 画面サイズ
  • 24インチ
  • 32インチ
  • 32インチ
  • 32インチ
  • 画素数
  • 1366x768
  • 1920x1080
  • 1366x768
  • 1366x768
  • 画質
  • -
  • フルハイビジョン
  • -
  • -
  • 録画機能
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • -
  • 寸法/サイズ
  • 558x368x147 mm
  • 728x473x174 mm
  • 732x477x180 mm
  • 743x497x211 mm
  • 重量
  • 4.2kg
  • 5.6kg
  • 4.03kg
  • 6.6kg
  • 機能
  • オートチャプター・1.3倍早見再生など
  • クリアボイス・無線LAN内蔵など
  • Wチューナー
  • TSUTAYA TV・ホームネットワーク
  • 省エネ性能(★~★★★★★)
  • ★★★★
  • ★★★
  • -
  • ★★★★

40〜49インチ

Panasonic(パナソニック)

TH-40JX750

価格:75,959円 (税込)

パナソニック2021年最新の4K液晶テレビ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TH-40JX750はパナソニックから発売された2021年最新の液晶テレビです。4Kダブルチューナー内蔵で、鮮やかで繊細な映像を大画面で楽しめます。シーンに合わせて画質を最適化する「AIオート画質」により、どんな場面でもクリアな映像を視聴できるのがポイント。ネット配信サービスにも対応しているので、高画質で映画を見たい方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Panasonic(パナソニック) 商品名 TH-40JX750
画面サイズ 40インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 904x548x174 mm 重量 7kg
機能 VODサービス 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
東芝

40S22

価格:19,980円 (税込)

コンテンツに適した画質や色合いに調整する!高画質薄型テレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1シーンごとにヒストグラムを作成して映像信号を補正し、きめ細やかな映像を再現します。高画質化と快適な操作を実現する映像化処理エンジンと「レグザエンジンファイン」が美しい映像を映し出します

 

また、ゲームや映画など適した画質や色合いで映るので、こだわりの画質でコンテンツの魅力を引き出してくれる点がこのテレビの強みです。大きくて見やすいリモコンのボタンやボタンの色が変更できるなど、自分の使いやすいようにカスタマイズできる点も魅力。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー TOSHIBA(東芝) 商品名 40S22
画面サイズ 40インチ 画素数 1920x1080
画質 フルハイビジョン 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 905x557x160 mm 重量 7.5kg
機能 レグザエンジンファインなど 省エネ性能(★~★★★★★) -
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

40FB10P

価格:43,800円 (税込)

コスパがよく評価も高い

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイリスオーヤマ独自チューニングが、自然の色を忠実に再現します。フルハイビジョン液晶テレビの美しい映像美に、明暗のコントラストを実現したVAパネルを搭載しているのもポイント。ダブルチューナーを搭載しており、外付けHDDを使用すれば、番組を視聴しながら裏番組の録画も可能です。また、接続端子も豊富に揃うので、オーディオに接続したりゲーム機に接続したりもできます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ) 商品名 40FB10P
画面サイズ 40インチ 画素数 1920x1080
画質 フルハイビジョン 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 906x568x215 mm 重量 6.24kg
機能 - 省エネ性能(★~★★★★★) -
ハイセンス

43U7F

価格:25,980円 (税込)

低価格でも高画質を実現!4Kチューナー内蔵テレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの機種はハイセンスというメーカーのとてもお手頃な値段の液晶テレビとなります。しかし、手頃な値段といっても搭載機能は値段以上のものがあり、4K液晶は当然として、この値段帯であるのに4Kチューナー内蔵で、HDRや動画配信サービスも対応しています。

 

国内メーカーの液晶テレビで、この値段帯でこれだけの機能を搭載している機種はなかなかありません。とにかく安く4Kチューナー内蔵の液晶テレビが欲しいという場合は、ほぼ一択といってもいいくらいです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Hisense(ハイセンス) 商品名 43U7F
画面サイズ 43インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 959x615x194 mm 重量 9.1kg
機能 VODサービス・ホームネットワークなど 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
ソニー

KJ-43X8500H

価格:90,519円 (税込)

素早い映像も滑らかで美しく

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビ番組やネット動画などあらゆる映像も精細感とコントラストを向上させ、美しい4K・HDR相当の映像にします。倍速駆動パネルを搭載し、映像の動きを予測・前のコマの間に新しいコマを作り補間するので、素早い映像も滑らかで見やすいのがポイント。「トリルミナスディスプレイ」を採用し、繊細な色やみずみずしい質感も再現します。Netflixやアマゾンプライム、YouTubeなどのネットコンテンツも豊富です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SONY(ソニー) 商品名 KJ-43X8500H
画面サイズ 43インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 965x624x264 mm 重量 11.3kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★
ソニー(SONY)

KJ-49X9500G

価格:109,800円 (税込)

スポーツ観戦といえばこちら

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」エンジンという高画質プロフェッサーを搭載しており、高精細・なめらかな階調表現・高コントラストな高画質液晶を実現しています。また、ソニーといえばスポーツ動画に強いと言われていますが、その技術は本機でも遺憾無く発揮されています。バックライトの制御や倍速駆動を駆使して、動きの激しい映像であっても、他にはない滑らかな動きでスポーツ動画観覧を素晴らしいものにしてくれます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SONY(ソニー) 商品名 KJ-49X9500G
画面サイズ 49インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1093x699x274 mm 重量 14.4kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★
Panasonic(パナソニック)

VIERA TH-49GX755

価格:94,800円 (税込)

お手頃価格のパナソニック4K液晶テレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックのビエラ「TH-49GX755」も大変人気の商品となっています。臨場感あふれるサウンドと映像が特徴です。ちなみに、パナソニックは液晶パネルにIPS方式を採用しており、こちらの機種も斜めからの閲覧には非常に強い機種となっています。斜めから見ることが多そうな場合や、寝転んで見上げるような形になりそうなら、そのメリットを最大限に活かすことが可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Panasonic(パナソニック) 商品名 TH-49GX755
画面サイズ 49インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1106x701x242 mm 重量 15kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★

40〜49インチ比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5916433の画像

    Panasonic(パナソニック)

  • アイテムID:5916434の画像

    TOSHIBA(東芝)

  • アイテムID:5916435の画像

    IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

  • アイテムID:5916436の画像

    Hisense(ハイセンス)

  • アイテムID:5916437の画像

    SONY(ソニー)

  • アイテムID:5916438の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5916439の画像

    Panasonic(パナソニック)

  • 商品名
  • TH-40JX750
  • レグザ 40S22
  • 40FB10P
  • 液晶テレビ 43U7F
  • ブラビア KJ-43X8500H
  • KJ-49X9500G
  • VIERA TH-49GX755
  • 特徴
  • パナソニック2021年最新の4K液晶テレビ!
  • コンテンツに適した画質や色合いに調整する!高画質薄型テレビ
  • コスパがよく評価も高い
  • 低価格でも高画質を実現!4Kチューナー内蔵テレビ
  • 素早い映像も滑らかで美しく
  • スポーツ観戦といえばこちら
  • お手頃価格のパナソニック4K液晶テレビ
  • 価格
  • 75959円(税込)
  • 38399円(税込)
  • 43800円(税込)
  • 64800円(税込)
  • 94023円(税込)
  • 109800円(税込)
  • 94800円(税込)
  • メーカー
  • Panasonic(パナソニック)
  • TOSHIBA(東芝)
  • IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)
  • Hisense(ハイセンス)
  • SONY(ソニー)
  • SONY(ソニー)
  • Panasonic(パナソニック)
  • 商品名
  • TH-40JX750
  • 40S22
  • 40FB10P
  • 43U7F
  • KJ-43X8500H
  • KJ-49X9500G
  • TH-49GX755
  • 画面サイズ
  • 40インチ
  • 40インチ
  • 40インチ
  • 43インチ
  • 43インチ
  • 49インチ
  • 49インチ
  • 画素数
  • 3840x2160
  • 1920x1080
  • 1920x1080
  • 3840x2160
  • 3840x2160
  • 3840x2160
  • 3840x2160
  • 画質
  • 4K
  • フルハイビジョン
  • フルハイビジョン
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 録画機能
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 寸法/サイズ
  • 904x548x174 mm
  • 905x557x160 mm
  • 906x568x215 mm
  • 959x615x194 mm
  • 965x624x264 mm
  • 1093x699x274 mm
  • 1106x701x242 mm
  • 重量
  • 7kg
  • 7.5kg
  • 6.24kg
  • 9.1kg
  • 11.3kg
  • 14.4kg
  • 15kg
  • 機能
  • VODサービス
  • レグザエンジンファインなど
  • -
  • VODサービス・ホームネットワークなど
  • VODサービス・ネットワーク対応
  • VODサービス・ネットワーク対応
  • VODサービス・ネットワーク対応
  • 省エネ性能(★~★★★★★)
  • ★★★
  • -
  • -
  • ★★★★
  • ★★
  • ★★
  • ★★★★

50〜60インチ

東芝

50M530X

価格:42,980円 (税込)

番組表を自動で作成する

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4KビューティーXNIより、映像の種類を細かく検知します。細かい部分はより精細に、平坦な部分はより滑らかに4K放送の美しさを再現しています。「みるコレ」機能を使えば、お好きなテーマを登録するだけで自動で録画してくれます。 さらに「おまかせ録画番組表」により、録画された番組をあなただけの番組表として自動で作成してくれます。

 

※おまかせ録画は、USBハードディスク接続時に対応しています。インターネット接続環境が必要です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー TOSHIBA(東芝) 商品名 50M530X
画面サイズ 50インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1112x682x207 mm 重量 13.5kg
機能 VODサービス・ネットワーク・ゲーム対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★★
SHARP(シャープ)

アクオス 4T-C50DN2

価格:119,262円 (税込)

2021年5月発売!最新の4K液晶テレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4T-C50DN2はシャープの2021年最新4K液晶テレビです。「4K超解像アップコンバート」技術により、繊細でクリアな映像を再現します。また、多くのネット配信サービスに対応し、地上放送だけでなくネット動画も高画質で楽しめるのが魅力。リモコンには配信サービスにダイレクトにアクセスできる「アプリダイレクトボタン」が搭載されており、ネット動画をワンクリックで視聴できる手軽さも嬉しいポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SHARP(シャープ) 商品名 アクオス 4T-C50DN2
画面サイズ 50インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1126x739x253 mm 重量 21.5kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
SHARP(シャープ)

アクオス 4T-C50CL1

価格:86,903円 (税込)

新4K衛星放送を楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

50インチの大画面で、新4K衛星放送を始め、ネット動画なども美しい映像で再現します。新開発の4K画像処理エンジン「Medalist S1」を搭載しているので、高精細・高コントラストを可能にしているのもポイントです。

 

さらに、前面開口機構を採用したころで、音抜けがよく聞き取りやすいのも嬉しいところ。角度を調節できる回転スタンドや、操作の仕方がわからないときに画面で確認できる電子取扱説明書など、便利な機能も搭載されています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SHARP(シャープ) 商品名 4T-C50CL1
画面サイズ 50インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1126x739x253 mm 重量 22kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
TOSHIBA(東芝)

レグザ 55M530X

価格:88,000円 (税込)

4Kチューナー内蔵の低価格モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kチューナーが内蔵されているので、このままで4KのBSCSデジタル放送を見ることができます。4Kチューナー内蔵のお手頃価格な液晶テレビを探されている方にはとてもおすすめです。また、2番組同時視聴のタブルウインドウや「みるコレ」というタレントやジャンルなどで当てはまった番組を自動で録画する機能を搭載しています。さらに、「4K瞬速ゲームダイレクト」というゲームモードもあるので、ゲーム用モニターを探されている方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー TOSHIBA(東芝) 商品名 55M530X
画面サイズ 55インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1230x750x207 mm 重量 15.5kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応・ゲームモード 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★★
ソニー

KJ-55X9500H

価格:138,510円 (税込)

価格ドットコムでも大人気!最新おすすめ液晶テレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはソニーのブラビア2020年最新モデルとなっています。速い動きも明るいままくっきり映し出す「X-Motion Clarity」を搭載しているので、スポーツ観戦する方にもおすすめです。また、音響に強いソニーだからこそ搭載できる「Acoustic Multi-Audio」は、映像から音が出ているかのような音質を感じることができます。画質・音質・価格総合的に見ると、こちらのKJ-55X9500Hがおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SONY(ソニー) 商品名 KJ-55X9500H
画面サイズ 55インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1230x779x310 mm 重量 8.1kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★
パナソニック

TH-55HX950

価格:126,980円 (税込)

テレビ本体だけでも立体音響が楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高画質技術「ヘキサクロマドライブ」が人肌や輝く色、淡い色までリアルに映し出します。また、液晶パネルの「バックライトエリア制御」と、信号処理「エリアコントラスト制御」を合わせた「Wエリア制御」により、高コントラストと豊かな明暗の表現力が映像をより美しく映し出します。ドルビーアトモス対応の音声処理システムでテレビ本体のみだけの音声でも立体音響が楽しめるのも魅力です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Panasonic(パナソニック) 商品名 TH-55HX950
画面サイズ 55インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1231x766x350 mm 重量 28.5kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
ハイセンス

55U8F

価格:89,800円 (税込)

重厚感あるサウンドが魅力

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AL超解像がシーンごとに適した超解像処理を実施し、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現。AIモーション別超解像処理ではAIが動きの速さを識別して、動きによって適切な超解像処理を施すのでノイズを抑えたクリアな美しい映像が楽しめます。ダイレクトに迫力が届く、フロントスピーカーを搭載しており、重厚感あるサウンドが直接届きます。ライブのような臨場感や迫力を自宅で楽しみたい方にピッタリな商品です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Hisense(ハイセンス) 商品名 55U8F
画面サイズ 55インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1232x786x261 mm 重量 18.1kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

55UB10P

価格:71,169円 (税込)

コスパよしな55インチ液晶テレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

55インチサイズでも手が届きやすい価格が魅力の、4Kタイプモデルです。ありのままの自然な色合いを映し出す、アイリスオーヤマ独自チューニングを採用しています。大画面でも高精細画質で美しい映像を楽しめるのも4Kならではです。直下型LEDバックライトが画面全体を照らすので、鮮やかな画面でドラマやスポーツ番組を視聴できます。ただし、4K放送の視聴には、別途チューナーが必要です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ) 商品名 55UB10P
画面サイズ 55インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1242x777x246 mm 重量 13.3kg
機能 - 省エネ性能(★~★★★★★) -
SHARP(シャープ)

60V型 液晶 テレビ アクオス 8T-C60DW1

価格:313,262円 (税込)

2021年最新の8Kチューナー内蔵液晶テレビ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8T-C60DW1はシャープの2021年最新の8K液晶テレビです。画素数は約3,300万で、圧倒的な高画質の映像を楽しめます。また、解像度の低い映像でもクリアな映像に再現可能な「8K精細感復元」を搭載しているのも特徴。さらに、YouTubeの8K動画再生にも対応しています。「とにかく高画質にこだわりたい」という方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SHARP(シャープ) 商品名 8T-C60DW1
画面サイズ 60インチ 画素数 7680x4320
画質 8K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1356x870x290 mm 重量 34kg
機能 VODサービス・ネットワーク対応 省エネ性能(★~★★★★★) ★★

50〜60インチ比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5916442の画像

    東芝

  • アイテムID:5916443の画像

    SHARP(シャープ)

  • アイテムID:5916444の画像

    SHARP(シャープ)

  • アイテムID:5916445の画像

    TOSHIBA(東芝)

  • アイテムID:5916446の画像

    SONY(ソニー)

  • アイテムID:5916447の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • アイテムID:5916448の画像

    Hisense(ハイセンス)

  • アイテムID:5916449の画像

    IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

  • アイテムID:5916450の画像

    SHARP(シャープ)

  • 商品名
  • 50V型 東芝液晶テレビレグザ 50M530X
  • アクオス 4T-C50DN2
  • アクオス 4T-C50CL1
  • レグザ 55M530X
  • ブラビア KJ-55X9500H
  • 55V型 パナソニックVIERA液晶テレビ TH-55HX950
  • 55V型 ハイセンス 55U8F
  • 55UB10P
  • 60V型 液晶 テレビ アクオス 8T-C60DW1
  • 特徴
  • 番組表を自動で作成する
  • 2021年5月発売!最新の4K液晶テレビ
  • 新4K衛星放送を楽しめる
  • 4Kチューナー内蔵の低価格モデル
  • 価格ドットコムでも大人気!最新おすすめ液晶テレビ
  • テレビ本体だけでも立体音響が楽しめる
  • 重厚感あるサウンドが魅力
  • コスパよしな55インチ液晶テレビ
  • 2021年最新の8Kチューナー内蔵液晶テレビ!
  • 価格
  • 74800円(税込)
  • 119262円(税込)
  • 86903円(税込)
  • 88000円(税込)
  • 164835円(税込)
  • 148247円(税込)
  • 106800円(税込)
  • 71169円(税込)
  • 313262円(税込)
  • メーカー
  • SONY(ソニー)
  • Panasonic(パナソニック)
  • Hisense(ハイセンス)
  • IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)
  • SHARP(シャープ)
  • 商品名
  • KJ-55X9500H
  • TH-55HX950
  • 55U8F
  • 55UB10P
  • 8T-C60DW1
  • 画面サイズ
  • 55インチ
  • 55インチ
  • 55インチ
  • 55インチ
  • 60インチ
  • 画素数
  • 3840x2160
  • 3840x2160
  • 3840x2160
  • 3840x2160
  • 7680x4320
  • 画質
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 8K
  • 録画機能
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 寸法/サイズ
  • 1230x779x310 mm
  • 1231x766x350 mm
  • 1232x786x261 mm
  • 1242x777x246 mm
  • 1356x870x290 mm
  • 重量
  • 8.1kg
  • 28.5kg
  • 18.1kg
  • 13.3kg
  • 34kg
  • 機能
  • VODサービス・ネットワーク対応
  • VODサービス・ネットワーク対応
  • VODサービス・ネットワーク対応
  • -
  • VODサービス・ネットワーク対応
  • 省エネ性能(★~★★★★★)
  • ★★
  • ★★★★
  • ★★
  • -
  • ★★

ジェネリックテレビとは、大手メーカーの技術を利用してシンプルな機能のみを搭載し、低価格を実現した製品のことです。機能はシンプルでいいから安くテレビを買いたい人や、一人暮らしで多くの機能は必要ない人におすすめですよ。

 

その他にもコスパを重視したい方や、一人暮らしにおすすめのテレビの選び方を次のリンクで詳しく解説しているのでチェックしてみてください。型落ちテレビを狙うのもおすすめです。

欲しいテレビが決まったら、新しいテレビを導入する準備をしましょう。テレビ台の耐荷重の確認も重要です。

 

テレビケーブルの接続は早いと10分ほどで完了

テレビの配置は、コンセントの位置や部屋のレイアウトに合わせて考えましょう。基本的なコード類の接続は、スムーズに行うことができればさほど時間はかかりません。使用するのは電源ケーブル・アンテナケーブル・B-CASカードです。テレビの設置方法はこちらの記事で詳しく解説します。

テレビ台は耐荷重を確認!壁掛けテレビも人気

テレビの配置場所が決まったら、設置するテレビ台も準備しておきましょう。テレビ台は設置可能なテレビの重さが決まっているので必ず耐荷重を確認してください。また、壁掛け可能な液晶テレビの場合はスペースを有効活用できる壁掛け金具を使っての設置もおすすめです。

 

ただし、金具を使う場合は基本的に壁に穴をあける必要があるので注意してください。壁を傷つけたくない場合は、壁掛けテレビ風のテレビスタンドが便利です。以下の記事もぜひ参考にしてください。

新しいテレビを導入するにあたって以前使っていた液晶テレビを処分する場合は、処分方法もしっかりチェックしましょう。液晶テレビは「家電リサイクル法」の対象製品であるため、通常の粗大ごみとして廃棄はできません。

 

一般廃棄物運搬業の認可を得た業者や、テレビの引き取りが可能な店舗に引き取りを依頼する必要があります。ただし、有機ELテレビの場合はリサイクル法の対象外となるので注意してください。詳しくは以下の記事をチェックしてくださいね。

一口に液晶テレビといっても、4Kチューナー内蔵なのか、倍速は対応しているのかなどの機能によって、価格もさまざま。ご自身にぴったりのテレビで楽しい時間を過ごしてくださいね。

テレビ 液晶の全商品一覧

商品一覧を見る