【実際のサイズはどのくらい?】60インチテレビ・60型のおすすめ5選【2022最新】

引越しや買い替えのタイミングで大画面の大型テレビが気になっている方も多いのではないでしょうか。この記事では、60インチテレビを置くのにおすすめな部屋の広さや視聴距離、壁掛けなど60インチテレビの選び方を徹底解説します。60インチテレビおすすめ5選もぜひ参考にしてください。

2021/12/03 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
Hisense(ハイセンス)

65U7F

東芝と共同開発の「NEOエンジン 2020」を搭載したテレビです。映像のノイズを減らし、鮮やかでシャープな映像を映すのがポイント。また、臨場感のある「Eilex PRISM」を採用しており、リアリティ溢れるサウンドを体感できます。さらに、ドルビーオーディオにも対応しているので、映画館にいるかのような力強い迫力のあるサウンドを楽しめるのが魅力です。

ソニー(SONY)

XRJ-65A90J

ナチュラルな映像美と臨場感のあるサウンドが魅力の4K有機ELテレビです。独自設計の「A90J」が有機ELパネルの能力を引き出すことで、高コントラストかつ鮮やかな映像を実現しました。また、「ソニー・ピクチャーズ」との連携コンテンツサービスも利用できます。さらに、壁掛けに対応しており、テレビの角度も細かく調整できるのが魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

65XUB30

110°CSデジタル地上デジタル放送・BSデジタルに対応しているトリプルチューナーを搭載したテレビです。裏番組のダブル録画もできるのがポイント。「HDR」対応なので、グラデーションや明暗のコントラストも美しく再現します。また、「DOLBY AUDIO」に対応しているので高品質なサウンドも楽しめるのが魅力です。

レグザ(Regza)

65Z740X

4Kチューナーを2基内蔵しているので、裏録画もできる大型テレビです。好みのテーマや視聴履歴に合わせて番組を自動録画する便利機能も搭載しています。また、見逃してしまった地デジ番組でも、番組表から遡って視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載。うっかり録画し忘れたときでも安心です。さらに、別売りの外付けHDDでは約80時間分の地デジ番組を自動録画できます。

Sharp

4T-C65CQ1

回転式スタンドを採用しており、好みの位置に合わせて画面の向きを調節できるテレビです。ソファで寛ぎながら観るだけでなく、キッチンで家事をしながらの「ながら見」も快適にできます。さらに、10億色以上の色彩表現を実現した「リッチカラーテクノロジープロ」技術によって従来より色鮮やかな映像を楽しめるのがポイント。地デジ・ネット動画問わず4K画質の美しい映像で映し出せます。

関連する記事

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルものサムネイル画像

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルも

2021/10/21

80インチ以上のテレビおすすめ9選|サイズ感は?85インチ以上もご紹介のサムネイル画像

80インチ以上のテレビおすすめ9選|サイズ感は?85インチ以上もご紹介

2021/11/04

【2022最新】70インチテレビのおすすめ15選!実際のサイズは?70インチ以上の大型テレビものサムネイル画像

【2022最新】70インチテレビのおすすめ15選!実際のサイズは?70インチ以上の大型テレビも

2022/07/16