【2021完全版】テレビの転倒防止(地震対策)グッズのおすすめ12選!

災害の発生率に伴いテレビ転倒防止グッズの重要性に注目が集まっています。テレビの転倒によりテレビが破損したり、下敷きによるケガ人が続出したりしているためです。そこで、今回はおすすめのテレビ転倒防止グッズをご紹介します。もしものときに備えて早めの対策を心がけましょう。

2021/10/21 更新

毎日の娯楽として習慣になっている人も多いテレビはなくてはならない家電のひとつです。最近では大型テレビが人気を集めています。平均的な40V型のテレビの重さは約20㎏で、それ以上大型のテレビはもっと重たいです。災害などで大きなテレビが倒れたら怪我をする危険があります。

 

テレビが倒れると立派な凶器になってしまいます。もしものときのために、十分な備えが大切です。この記事では、おすすめのテレビの転倒防止(地震対策)グッズを紹介します。100均でも役に立つグッズが販売されているのでチェックしてみましょう。

今すぐ見る!テレビ転倒防止グッズおすすめ12選

震度5強以上の地震により、家電や家具が倒れてきたために大けがをした人がたくさんいます。場合によっては死の危険性も考えられます。日本は地震大国と呼ばれていて、いつ大きな地震や台風などの災害に見舞われるか分かりません。そのため、災害に備えて日ごろからテレビの転倒を防ぐグッズを備えておくことが重要です。ここでは、テレビ転倒防止対策をする必要性について見ていきましょう。

転倒から身を守る

テレビ転倒対策グッズが必要な理由として、地震や台風などでテレビが転倒して人に倒れてくるのを防ぐためです。NHKの情報番組『あさイチ』によると、阪神淡路大震災で負傷した約4万4000人のうち、「家具・家電製品の下敷きが原因だった人」は46%、「ガラス・金属・建築構造物の破片などが原因だった人」は25%となっています。

 

倒れてきて怖い家電の1つにテレビがあげられます。最近ではテレビは薄型が好まれているため、冷蔵庫などより倒れる確率も高くなっています。

テレビから確実に情報を得る

震災直後にはSNSなどで真偽不明の情報がたくさん出回ります。また、災害でパニックになり冷静さを失ってしまうと、その情報が真実でなくとも鵜呑みにしてしまい、それに従って行動してしまうことも少なくありません。災害や地震時には、非難についてや停電・断水の情報、さらに余震・本震などの情報が必要となりますがSNSよりもテレビの情報の方が信憑性が高く確実です。

 

テレビが転倒により故障してしまうと、大切な情報が途切れてしまい不便な生活が強いられてしまいます。そのことからも、テレビの転倒は事前に防いでおくことが必要です。

小さい子供やペットの安全を守る

テレビが転倒するのは、災害時に限ったことではありません。小さい子供さんがいる家庭では、子供さんが大好きなキャラクターが登場すると、テレビを叩いて大喜びする光景を見たことがあるのではないでしょうか。子供さんには力がないから大丈夫と安心している人も多いと思いますが、叩く場所によってはテレビに圧がかかってしまい、テレビが転倒していまう場合も考えられます。

 

また、ペットを飼っている家庭では予測不可能な動きをするため、急にテレビ台に乗ったり、テレビに衝突してしまう可能性もあります。そういったことでも転倒しないように、テレビ転倒防止グッズがおすすめされています。

今すぐ見る!テレビ転倒防止グッズおすすめ12選

ひとことで「テレビ転倒防止グッズ」といっても、大きくわけて3種類あります。それぞれ耐久性や利便性が違うので、家庭環境に合ったタイプのグッズを使用しましょう。

テレビを壁に固定するタイプ

これは、壁に穴を開けてテレビやテレビ台と壁を固定するタイプです。このタイプのテレビ転倒防止グッズは、テレビの配線も後ろに隠せるのでリビングをすっきりさせたい人や、おしゃれに見せたい人におすすめです。壁と固定してあるので、強度が強くテレビが倒れてくることはほとんどありません。

マット式のタイプ

マット式はテレビの下に敷いて粘着力を利用し、テレビのずれや転倒を防止します。使うときのポイントはマットを敷く場所のほこりをよく拭くこと。ほこりがついたままだとすぐに取れたり、ズレやすくなったりしてしまいますので注意が必要です。転倒防止グッズの中で最も種類が多く、60kg~80kgの耐荷量のものが多いです。

ベルトタイプ

テレビの軽量化に伴い、ベルトタイプのテレビ転倒防止グッズも販売されており、背面に壁掛け用のネジ穴があるテレビに使用できます。ネジ穴を使いベルトをネジで設置したら、テレビ台へ向けてピンと張り、ベルトの先にあるキャッチプレートをテレビ台に粘着させて固定します。

 

テレビの足が細く不安定なタイプにおすすめのタイプです。ベルトタイプのテレビ転倒防止グッズは、マット式だと耐久性が不安だけど、壁に穴を開けてまで固定するのには抵抗があるという人に向いています

ポールタイプ

ポールタイプはベルトタイプにより強度が強く、しっかりテレビを固定します。テレビの前倒れを防ぎ、強い揺れでも安心です。ベルトタイプと同じく後ろからテレビを固定します。DIYが必要な商品もあるので購入前に確認しましょう。

手軽に設置できるタイプ

ベルト式や、ポール式は設置に時間がかかってしまいますが、マット式のように手軽に取り付けられるタイプも人気です。粘着力でテレビ台と接着するフィルムタイプや、吸盤で固定するタイプなどさまざまな種類が販売されています。自分で取り付けやすいタイプを選びましょう。

せっかくテレビ転倒防止グッズを設置しても、選ぶポイントを間違えれば機能を果たさなくなってしまうこともあります。災害時にあわてないためにも、家庭に合ったテレビ転倒防止グッズを備えましょう。

テレビのサイズに合わせる

テレビが小さいタイプなら、「大型用」と記載か無い限りどの商品でも問題はありません。大画面で重さもあるテレビは注意が必要で、小さいテレビの転倒防止グッズを使用してしまうと、地震が起きた際にテレビを支えきれずに倒れてしまう場合があります。テレビ転倒防止グッズを購入する際には、テレビのサイズを測り、グッズの説明に記載されている「対応サイズ」「耐荷重」が合うものを準備しましょう。

賃貸の場合は穴あけ不要のタイプ

賃貸に住んでいる人は、壁に傷をつけないタイプの転倒防止グッズを選ぶ必要があります。現在は、穴空け不要なタイプも多く販売されています。マット式のような敷くタイプや、粘着テープで固定するタイプも震度6相当に対応するものもあり安心です。

耐震性・耐用年数をチェックする

テレビ転倒防止グッズには、ほとんどの商品に耐震度の表記があります。近年では震度7相当の大きな地震に備え、耐震度も震度7にまで対応している商品が多いです。

 

また、転倒防止グッズは劣化で効果がなくなる場合があるので耐用年数が長いものを選びましょう。効果がなくなったら早めに買い替えることをおすすめします。

ふだん子供やペットに影響がないもの

子供やペットは、新しいものがあると触ったり引っ張ったりしがちです。また、少し形が変わってしまったり出っ張ったりすると、子供やペットには生活の妨げになり、ぶつかってしまったときにケガをしたりします。マット式のテレビ転倒防止グッズは引っ張る力には対応できない場合があるので、ポールやベルトなどで固定する必要があります。

テレビ転倒防止グッズの必要性を感じてる経験者の人たちの口コミを集めました。テレビ購入の際には、転倒防止グッズについて説明されない場合も多いです。そのため、自分で転倒防止グッズを設置する必要があります。口コミを参考にテレビ転倒防止グッズを選びましょう。

テレビが粉々になり子供が下敷きになるところだった

東京都に住む60代の女性の口コミです。この方の家は42型の液晶テレビで、地震のときに倒れてしまい、粉々になってしまいました。お子様が近くにいて、危うく下敷きになったところだったとヒヤヒヤされました。

 

テレビメーカーに電話をしたら、転倒防止ベルトを勧められなかったかと聞かれそうですが、取扱説明書には、設置時の補強として「転倒防止バンドで固定する」と記載があったものの、設置費を払っているのに転倒防止策はしてもらえませんでした。

転倒防止策を怠り修理代が3万5千円

薄型テレビを購入したという岩手県に住む70代の女性の方は、メーカーから直接納品されて設置もすると言われていましたが、転倒防止策はしてもらえなかったそうです。地震でテレビが倒れて故障してしまったことで販売店に修理を頼みましたが、修理代は震災であることを考慮しても3万5千円だと言われ、修理代に商品代金の8割以上かかってしまったそうです。

業者によっては転倒防止ベルトの説明がない

地震でテレビが転倒したため、買い換えたという千葉県に住む50代男性は、地震でテレビが転倒した後に、テレビの付属部品として転倒防止のベルトが付いていたことを知ったそうです。でも、テレビを購入した際には業者の人に設置してもらったものの、転倒防止対策については何も説明がなかったといいます。

 

テレビを買い換えた際には、申し出なくても転倒防止のベルトを設置してたそうです。最初のテレビを買った際に、転倒防止ベルトをつけていたら、買いなおさずに済んだのではないかと感じたそうです。

平安伸銅工業

液晶テレビ用耐震固定ポール

< >
アイテムID:5691300の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5691300の画像1枚目
  • アイテムID:5691300の画像2枚目
  • アイテムID:5691300の画像3枚目
  • アイテムID:5691300の画像4枚目
  • アイテムID:5691300の画像5枚目
  • アイテムID:5691300の画像6枚目

価格:2,045円 (税込)

テレビの前倒れ防止に

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビ台に傷をつけず、液晶テレビの転倒を抑制します。取り付けた後もテレビ正面からは目立ちにくいのでインテリアの邪魔になりません。取り付けの状態によっては後側に転倒する場合があるのでしっかり取り付けましょう。

PERLESMITH

テレビ壁掛け金具

価格:2,699円 (税込)

転倒知らずの壁掛け型

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PERLESMITHのテレビ影掛け金具は取り付けにドリルが必要ですが、一度取り付けてしまえば、もし地震が来た場合でもテレビの転倒を防ぐことができます。32インチから70インチのテレビに対応し、 耐荷重60kgと安心です。

スタープラチナ(スタープラチナ)

TVセッター壁美人 TI200 TVSKBTI200MB

価格:14,800円 (税込)

ホッチキス固定型でテレビ台も不要

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタープラチナのTVセッター壁美人は、壁にテレビをホッチキスで取り付けるタイプ。耐震性は東日本大震災と同等クラスの震災にも耐えられるほどといわれています。23~37型にはSサイズ、37~47型にはMサイズがおすすめです。

エレコム

耐震ベルト ネジどめタイプ TS-005N

< >
アイテムID:5691467の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5691467の画像1枚目
  • アイテムID:5691467の画像2枚目
  • アイテムID:5691467の画像3枚目
  • アイテムID:5691467の画像4枚目
  • アイテムID:5691467の画像5枚目

価格:2,173円 (税込)

震度7相当の振動試験クリア

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

40V型のテレビまで対応。震度7相当の振動試験もクリアしたテレビ裏面のVESA穴を利用した、テレビの前方への転倒を防止するネジどめタイプの耐震ベルトです。ベルトをテレビ背面のネジ穴に取り付け、ベルトの固定パーツ側を設置場所へ貼り付けることで、前方への転倒を防止します。ベルト長さを調節できるので設置場所を選ばないのもポイント。

プロセブン(Pro-7)

テレビ用転倒防止ベルトストッパー  BST-N1052B

価格:2,824円 (税込)

テレビ転倒防止グッズの定番人気

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロセブン(pro-7)のテレビ転倒防止ベルトストッパーの魅力は、設置時にテレビを持ち上げる必要がないこと。テレビの背面につけるだけで設置が完了し、前倒れも防いでくれます。41型~65型のテレビまで対応し、壁かけのテレビにも使用できます。耐用年数が8~10年と長く使用できるのもおすすめのポイントです。

Pearl’s

耐震ベルト2本セット

価格:1,350円 (税込)

ベルト式だから前倒れに強い

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Q-Beauの地震対策ベルト耐震ストッパー2本セットは、金属製のネジとベルトを使用して壁やテレビ台などに強力に固定します。前倒れも防ぎ、ベルトは40~80cmまで調整できます。壁に設置する場合はドリルが必要になりますが、転倒の心配はなくなるので安心です。

サンワサプライ

透明両面粘着ゴム(中) QL-52CL

価格:1,500円 (税込)

さまざまな揺れに対応する最強の粘着ゴム

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サンワサプライ・透明両面粘着ゴム(中)の耐震度は震度7までと高く、透明ジェルマットは超強力な粘着力。縦揺れや横揺れなどさまざまな揺れに対して、非常に強い耐性があると評判。水洗いをして衛生的に使用することができます。

不二ラテックス

テレビ用耐震シート FFT-010

価格:1,768円 (税込)

敷くだけカンタン!150㎏まで支える

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐荷量に優れている不二ラテックスの不動王薄型テレビ用耐震シート。6枚使用時は150kgのテレビまで対応できます。シートは繰り返し洗って使え、貼るだけで設置もラクラク。大画面で重さのあるテレビにおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

転倒防止粘着マット ECT-5054

価格:1,039円 (税込)

鮮やかなブルーで貼った所が一目瞭然

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイリスオーヤマの転倒防止展着マットは、鮮やかな色で貼った場所がわかりやすくお手入れを忘れる心配もありません。また、低価格でありながら耐荷量は1枚あたり25kgで、全部使用すれは100kg以下と、大型のテレビにも使用できます。

Pro-7

耐震マット(5cm×5cm)4枚入り P-N50L

価格:2,079円 (税込)

耐用年数が長いマット

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの地震グッズを扱っている人気メーカー・プロセブンから販売されている耐震マット。家電などの下に敷くだけという簡単な設置方法が魅力です。また、最大耐用年数が9年と長いのもおすすめポイント。ほこりが気になった場合は洗うことができるので清潔に使い続けることができます。

サンワサプライ

テレビストッパー QL-80

< >
アイテムID:5691342の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5691342の画像1枚目
  • アイテムID:5691342の画像2枚目
  • アイテムID:5691342の画像3枚目
  • アイテムID:5691342の画像4枚目
  • アイテムID:5691342の画像5枚目

価格:1,173円 (税込)

耐震度7の力でもスタンドを固定

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取付け時は工具不要で簡単に設置でき、取外しの際はマイナスドライバーで簡単に剝がせます。アクリル系接着剤で、設置面にしっかりと貼り付き、更にフィルムでスタンドを固定しています。アクリル系接着剤とABS樹脂製本体が、耐震度7の力でもスタンドをがっちり固定します。

ソピー

スーパー吸ちゃん S-545T

価格:1,676円 (税込)

防音にも効果あり

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄型テレビ・家具の転倒防止用耐震マットです。度7クラスに対応し、振動・衝撃も防止するので防音にも効果的です。底に貼るだけで装着でき、汚れたら洗って何度でも使えます。

ここでは、100均で販売されているテレビ転倒防止グッズをご紹介します。安価なので、効果がなくなる前に買い替えをしてテレビの転倒防止に役立てましょう。

ダイソーの耐震マット

ダイソーの「耐震マット」は、テレビにピッタリ貼ると転倒や落下を予防してくれます。販売されているのは3枚入りのブルーと4枚入りの透明タイプ。粘着力が落ちてきたら水洗いすることでまた使用できます。大きさはどちらも縦5cm、横5cm。厚みはブルーが0.5cm、透明タイプは0.3cmです。ハサミでちょうど良い大きさにカットできます。

セリアの耐震対策GEL7

セリアの「耐震対策GEL7」は、高粘着力のブルーのジェルマットです。耐荷重量は4個使用した場合で25kg。Mサイズの大きさは、縦4cm、横4cm、厚み0.3cmと小さめで、テレビの大きさに合わせていくつか準備するのがおすすめです。

 

材質はウレタン系エストラマーで、摩擦や屈曲、油性などに強い弾力性のある素材です。熱が帯びると柔らかくなって冷やすと再び固くなりますが常温では変形しにくいのが特徴です。ジェルが汚れた場合には、水洗いをして自然乾燥をさせると粘着力が戻ります。

キャンドゥの家具転倒防止パッド

キャンドゥでおすすめテレビ転倒防止グッズは、「家具転倒防止パッド」です。これはマット式の耐震グッズでジェルで固定するタイプで、タンスなどの大きめな家具の手前下に敷くと、家具に角度が付いて前に倒れにくくなるアイテム。大きめのテレビを使っている人におすすめです。

 

サイズは縦5cm、横6cm、厚み1.4cm。耐熱温度約60℃で、色移りしにくく弾力のある非移行性オレフィン系エラストマーのため、熱を持ちやすいテレビにも適しています。

テレビ転倒防止グッズの必要性を実証するために、国民生活センターでは、それぞれのテレビ転倒防止対策について薄型テレビの耐震性を実験しています。実験の結果を見てもテレビ転倒防止対策の重要性がわかる内容となっています。

テレビ台に固定

ネジでテレビスタンドをテレビ台に固定した場合、震度5弱相当での大きな揺れは見られませんでした。ただ、震度5強相当から震度6弱相当では大きな揺れが見られたようです。テレビの大きさ別に耐久性を実験した結果です。

 

  • 50V型は震度6弱相当で後方への移動が見られたものの危険性は低い
  • 32V型は震度6強相当で大きな揺れが見られたが移動や転倒はない
  • 42V型は震度6強でスタンドをテレビ台に固定していたネジが抜けて転倒
  • 50V型はスタンドの首振り機構の回転軸が折れて、テレビが前方に落下

粘着マット

粘着マットでテレビを固定した場合、50V型を除いて震度6強相当でも大きな揺れは見られませんでした。50V型は震度6弱相当まで大きな揺れは見られませんでしたが、震度6強相当で転倒はしなかったもののスタンドとテレビをつないでいる部品が折れてしまったようです。

壁に紐で固定

テレビを紐で壁に固定した場合、震度5強相当で大きな揺れや移動が見られました。また、震度6弱相当では42V型や50V型が後方へ転倒し落下する事態になりましたが、前方へ落下することはありませんでした。32V型は、震度6強相当で移動が見られました。

転倒防止グッズなし

転倒防止対策をしなかった場合、震度5弱相当ではテレビに大きな揺れは見られなかったものの、震度5強相当では大きな揺れを発生し、震度6弱相当ですべてのテレビが転倒し、テレビ台から落下しました。

災害はいつ私たちの身に降りかかってくるかわからないものです。地震によってテレビが落下すれば、いつもは娯楽のテレビが一瞬にして凶器になる瞬間となります。また、災害が起きなくとも、普段の生活でもテレビが落下する危険性は潜んでいます。自分自身や家族の安全を確保するため、テレビ転倒防止対策をはじめましょう。