【2022最新】32インチテレビ人気おすすめランキング20選|一人暮らしにも!

コスパがとてもよく、一人暮らしの方に人気がある32インチテレビ。この記事では、32インチテレビの大きさ・サイズ、選ぶポイント、おすすめのメーカーを解説します。また、録画機能付き・You Tube対応などの「32インチテレビのおすすめランキング」もご紹介。安い型落ちの情報も要チェックです。

2022/01/14 更新

現在のテレビは50インチを超える大画面タイプから、19インチのような小さいタイプまでさまざまなサイズがラインナップされています。その中でも32インチテレビは一人暮らしの方や、寝室に2台目として設置する方にとてもおすすめの大きさです。

 

また、価格がテレビの中でも比較的安い上、臨場感のある映像を楽しめるコスパの良さも人気の理由です。しかし、32インチのテレビにもさまざまな種類があり、どう選んだらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

 

画面の大きいテレビを買ったとしても部屋の大きさと合っていなければ、快適に視聴することはできません。本記事では32インチのテレビの選び方・おすすめの商品をご紹介します。テレビの買い替えや購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!【32インチテレビ】世の中ランキング

32インチテレビは縦が39.8cm・横が70.8cmが実際の大きさです。「インチ」とはテレビ画面の対角線の長さのことを指します。1インチが約2.54cmなので、32インチの対角線の長さは約81.28cmです。そして、縦と横の比率は16:9で作られているため上記のようなサイズとなっています。

 

また、32インチと32V型は同じ意味だと理解されていることが多いですが、実際の本体サイズは32V型の方が少し大きいです。32インチは画面の一部にフレーム枠が重なっていて、画面として見える範囲が5cmほど狭くなるため、32V型よりもサイズが少し小さくなるからです。

 

テレビのサイズ表記や最適な大きさについては以下の記事で解説しているので、もっと詳しく知りたい方はぜひ合わせてチェックしてください。

最適視聴距離とは、テレビを快適に見られる距離のことです。最適な視聴距離はディスプレイの縦の長さの3倍と言われています。32インチのテレビの画面は約40cmなので、最適な視聴距離は120cmということになりますね。

 

また、4Kテレビの場合は、画面サイズの1.5倍になります。テレビを設置したい部屋の広さやソファーからテレビまでの距離を元に、何インチのテレビがいいか考えましょう。一般的な一人暮らしの部屋の広さには32インチテレビがぴったりです。個人差もありますので、自分にあった距離を見つけてください。

今すぐ見る!【32インチテレビ】世の中ランキング

現状32インチ以下の4Kテレビは販売されていません。そもそも液晶テレビは小さな点が集まることで映像を構成しています。その小さな点の数が多ければ多いほど「高密度=解像度が高い」ということなので、より高精細な映像を映し出せる仕組みです。

 

しかし、小さいサイズのテレビに「4Kの高解像度」で映し出しても高精細さを表現しきれないため、現状では32インチの4Kテレビは販売されていないのです。

32インチテレビは種類が多く、どれを選べばいいのか迷う方も多いと思います。そこでここでは、失敗しない選び方のポイントをご紹介します。先に読みたい項目がある方は直接下の目次から飛んでくださいね。

 

  1. 画質はHDかフルHDか
  2. 液晶ディスプレイの方式は3通り
  3. 接続端子の種類と数
  4. 壁掛けするなら対応テレビを選ぶ
  5. 便利な付属機能に注目!
  6. 価格で選ぶ

画質はHDかフルHDか

32インチテレビの画質にはHD(ハイビジョン)、フルHD(フルハイビジョン)と大きく分けて2つあります。それぞれのメリット・デメリットを解説します。

比較的価格の安い「HD(ハイビジョン)」

32インチテレビはHD(ハイビジョン)が主流とされています。HD(ハイビジョン)のテレビは制作コストを削減しているため、比較的安い価格で購入することが可能です。フルHD(フルハイビジョン)や4Kと比べると画質はやや劣るものの、32インチの画面であれば、十分きれいな映像を楽しめますよ。

高解像度できれいな映像が見られる「フルHD(フルハイビジョン)」

フルHD(フルハイビジョン)はHD(ハイビジョン)と比べて解像度が高く、人物や背景などがよりきれいに映し出せるのがメリットです。ただし、価格は5万円台からと比較的高くなるデメリットもあるので、予算と比較しながら選びましょう。

 

「フルHD(フルハイビジョン)は意味がない」という声もありますが、高解像度で画質がきれいになる分、迫力も増すので映画やドラマなどテレビをよく見る方には、フルHD(フルハイビジョン)がおすすめです。

液晶ディスプレイの方式は3通り

32インチテレビの液晶ディスプレイには、TN方式、VA方式、IPS方式の3方式があります。それぞれに特徴が異なるので、わかりやすく解説します。

一般的なテレビに多い「TN方式」

TN方式は「ねじれネマティック」と呼ばれることもある方式で、電圧がかかることで液晶分子がねじれ、光を遮断したり通過したりする仕組みです。携帯電話やパソコンに多く使われている方式で、比較的安く手に入るのが特徴。ただし、視野角が比較的狭いため、複数人で見るには不向きといった特徴があります。

コントラストの高さが売りの「VA方式」

VA方式は液晶の分子が水平になったり垂直になったりと変化することで、光量を調整する方式です。コントラストの高さと応答速度の早さが特徴。ただし、TN方式と同様に視野角が狭いので、斜めから見るとあまり綺麗に見えない点がデメリットです。

斜めからでも違和感なく見える「IPS方式」

IPS方式は液晶の分子が方向を横方向に動いて光量を調整する方式です。TN方式・VA方式よりも視野角が広いので、大画面テレビに多く採用されています。また、色の再現性が高いのも特徴です。大画面のテレビで映画やドラマを楽しみたい方におすすめ。

接続端子の種類と数

テレビにパソコン・ゲーム機・外付けHDDなどを接続する予定なら、端子の種類と数を確認しておきましょう。パソコン・ゲーム機などと接続するなら「HDMI端子」、ネットを有線接続するなら「LAN端子」、外付けHDDと接続するなら「USB端子」が必要です。

 

また、32インチテレビは小型なため端子1種類につき1~2つしか搭載していない場合があります。テレビを使う目的をはっきりさせて、必要な端子の種類・数を備えたテレビを選ぶようになさってください。

壁掛けするなら対応テレビを選ぶ

テレビをテレビ台の上に置かず、壁掛けや天井吊りにすると省スペースでスタイリッシュです。しかしながら、すべてのテレビが壁掛けに対応しているわけではありません。

 

テレビの背面にネジ穴がなかったり、背面や配線部分の出っ張りが大きいと壁掛けは難しいです。そのため、家電量販店やメーカー公式で壁掛け対応か確認した上で選ぶほうが失敗がありません。

便利な付属機能に注目!

発売されているメーカーによって搭載されている機能が異なるので、これから紹介する内容を参考にしてテレビを選びましょう。

番組録画をしたいなら「HDD内蔵の録画機能付き」

テレビ番組の録画には記憶媒体であるHDDや外付けのレコーダーが必要になることが多いです。テレビとは別で購入しないといけないので、費用がかかるというデメリットがあります。しかし、HDD内蔵型のテレビを購入すればHDDや外付けのレコーダーは不要なので、1台で全てまかなうことができます。

裏番組を録画したいなら「Wチューナー」

裏番組を録画したい方はチューナー数を必ず確認しましょう。2チューナー以上搭載されていればテレビを見ながらでも、裏番組の録画ができます。そのため、家族と見たい番組の時間帯が重なっていても安心です。

楽しみが広がる「インターネット通信機能」

インターネット通信機能が搭載されているテレビでは、Wi-Fiのような通信機能を利用して、YouTubeやNetflixなどの動画通信サービスをテレビ画面で見られるのが大きな魅力。大画面でドラマや映画などのネット配信動画を見たい方に特におすすめです。

 

レンタルをしなくても、自宅でリモコン1つで気軽に見ることが可能です。最近ではインターネット通信機能が搭載されているテレビが多く発売されているので、ぜひチェックしてください。

DVD・ブルーレイが再生できる「レコーダー機能付き」

レコーダー機能が内蔵されているテレビを選べば、別途DVDレコーダーやブルーレイレコーダーを購入しなくでもテレビ1つで再生可能です。HuluやNetflixなどの動画配信サービスにはない映画やドラマ、好きなアーティストのコンサート映像などを見たい方におすすめ。まだ、レコーダーをお持ちでない方はぜひレコーダー機能付きテレビをご検討ください。

目の疲れを軽減する「ブルーライトカット付き」

スマホやパソコンに限らず、テレビも長時間見ているとブルーライトによる目の疲れを感じやすくなります。在宅時間が増えた昨今、テレビで映画やドラマ、ゲームをする時間が増えた方にはブルーライトカット機能が搭載されたテレビがおすすめです。

価格で選ぶ

32インチテレビの相場は2万円台~10万円で、だいたい3万円前後で購入できるものが多いので、一人暮らしの方や、寝室のテレビとして置くのにも購入しやすい価格になっているのが1番の魅力です。

 

2万円~3万円台のテレビでも十分な機能が搭載されていますが、録画した映像を保存するためのHDDが内蔵されているテレビより高機能を求めるのであれば、より高い価格のテレビが必要になります。

 

32インチでHDDが内蔵されているテレビは少ないですが、HDDが内蔵されていなくても外付けで購入すれば問題ありません。使うシーンや置く場所、使う頻度に合わせて、予算を決めた上で購入するテレビを選びましょう。

32インチテレビは多くのメーカーから販売されています。ここでは人気メーカーとおすすめシリーズの特徴をご紹介します。

 

※クリックすると見出しにジャンプします

シャープ「AQUOS」|色鮮やかな映像

シャープは映像関連機器としてAQUOSシリーズを展開しています。世界初の8K対応液晶テレビを発売していて、液晶に強みがあるブランドです。また、より色鮮やかな映像を映し出せる「リッチカラーテクノロジー」を搭載したモデルも販売されています。

東芝「REGZA」|ノイズの少ない高画質な映像

東芝は冷蔵庫や洗濯機などの生活家電が人気のメーカーです。そんな東芝が展開しているテレビシリーズは「REGZA(レグザ)」。REGZAはノイズの少ない高画質な映像を映す「レグザエンジン」や高精細な映像を届ける「地デジビューティHD」を搭載しているのが魅力です。

パナソニック「VIERA」|幅広いラインナップが魅力

パナソニックで有名なのはVIERAシリーズです。お風呂で見られる10V型(対角線が25.4cm)のポータブルテレビから、高画質・大画面の65V型(対角線が165.1cm)テレビまで幅広いラインナップが魅力の1つとなっています。

 

パナソニックはさまざまな製品を販売していますが、テレビにおいてはインターネットでの動画視聴や他の機器との接続がスムーズになっているモデルが多く展開されています。

ソニー「BRAVIA」|こだわり抜いたおしゃれなデザイン

ブラビアシリーズを展開しているソニーは海外でも人気を集めています。コンパクトサイズの24V型(対角線が60.96cm)から大画面の85V型(対角線が215.9cm)まで幅広いサイズのテレビを展開しています。

 

ソニーは映像にも定評がありますが、画質の良さだけではなくテレビのデザインにもこだわりがあるので、インテリアとしても人気を誇っています。

【32インチテレビ】世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 ソニー

KJ-32W730E

価格:24,980円 (税込)

高精細な映像でネット動画も楽しめる!高画質フルHD液晶テレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビ番組からブルーレイまで、あらゆるコンテンツを臨場感あふれる映像で表現する「高画質フルHD液晶テレビ」です。207万画素のフルハイビジョンをリアルに表示するので、ブルーレイディスクやPS4などのゲームプレイで本領を発揮します。

また、「外付けHDD裏番組録画」に対応しており、別売りのUSBハードディスクを使用すれば、好きな番組を視聴しながら裏番組の録画が可能です。さらに、インタネットに接続すると、動画配信サービスなど幅広いコンテンツを楽しめます。ほかにも、操作性に優れた赤外線リモコンや数種類のタイマー機能など、使い勝手のいい機能が満載です。
画面サイズ【V型(インチ)】 32V型(インチ) 画素数(縦) 1920x1080
録画機能 外付けHDD 幅x高さx奥行 【mm】 728x473x174mm
重量 【kg】 5.6kg 年間電気代【円】 1674円
画面サイズ【V型(インチ)】 32V型(インチ) 画素数(縦) 1920x1080
録画機能 外付けHDD 幅x高さx奥行 【mm】 728x473x174mm
重量 【kg】 5.6kg 年間電気代【円】 1674円
2位 アイリスオーヤマ

LT-32C320W

価格:23,800円 (税込)

ホワイトフレームが特徴的!見たままの鮮やかな映像美

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しいホワイトフレームが特徴的なアイリスオーヤマの32V型テレビです。肌や素材の質感、微細な明暗の違いもリアルに表現するほどの映像美が魅力。さらに直下型LEDバックライトなので色鮮やかでムラなく明るい、より美しい映像を映し出します。また地上波・BS・CS対応に加え、Wチューナーも搭載しているので裏番組の同時録画も可能です。

白いフレームはインテリアとしても美しく、ルームコーディネートにこだわりのある方やスッキリとした雰囲気にまとめたい方にピッタリ。外付けHDDを繋ぐだけで使えるHDD録画にも対応しているので、録画量が増えても安心です。
画面サイズ【V型(インチ)】 32 V型(インチ) 画素数(縦) 1366x768
パネル種類 VAパネル 録画機能 外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】 732x467x166 mm 年間電気代【円】 1871.1 円
3位 ティーシーエル

32S515

価格:26,000円 (税込)

Androidアプリに対応!外付けHDDで裏録画も可能なテレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Android OSを搭載しているのが大きな魅力です。普段スマホで使っているアプリをテレビで使えるので、動画サービスやゲームをスマホよりも大きな画面で満喫できます。Youtube・Hulu・Netflix・Amazonプライムビデオなどの動画サービスに対応しており、自分好みの豊富なコンテンツを気軽に楽しめます。

また、マイクロディミング技術によって、よりコントラストがくっきりとした映像を視聴できるのもポイント。Googleアシスタントで音声操作もスムーズに行えます。4Kには対応していませんが、価格設定は2万円台からとかなり安いので、コスパの良いテレビを購入したい方におすすめです。
画面サイズ【V型(インチ)】 32V型(インチ) 画素数(縦) 1366x768
パネル種類 VAパネル 録画機能 外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】 731x491x186mm 重量 【kg】 4.4kg
年間電気代【円】 1485円
4位 東芝

32V34

価格:20,980円 (税込)

ネット動画も高画質で楽しむハイビジョン液晶テレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまな動画配信サービスに対応しているため、映画やドラマを好きなときに楽しめるハイビジョンテレビです。「レグザリモコン」にはネット動画ダイレクトボタンが設置されているので、見たい番組へすぐにアクセスできます。また、高画質で快適な操作を実現した「レグザエンジン Power Drive」を採用しており、クラスを越えた高精細な画質が楽しめるのも魅力です。

レグザタイムシフトマシンと接続することで、テレビのリモコンだけでタイムシフトマシンの機能を操作できるのも特徴。放送中の番組を冒頭から再生したり、過去番組を簡単に見たりできます。好きな番組を手軽にいつでも楽しみたい方におすすめです。
画面サイズ【V型(インチ)】 32V型(インチ) 画素数(縦) 1366x768
録画機能 外付けHDD 幅x高さx奥行 【mm】 730x463x178mm
重量 【kg】 4.5kg 年間電気代【円】 1107円
5位 ソニー

KJ-32W500E

価格:19,080円 (税込)

単機能で使いやすいコスパテレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2017年9月発売のソニーがほこる32インチロングセラーハイビジョンテレビです。ソニーの特徴的なくっきりした明るい画面を継承しており、長時間見ていても疲れづらい輝度のテレビであるのが大きなメリット。また、ネット機能などがついていないため、単機能でテレビの立ち上がりも早く、お年寄りの方などのリモコン操作に自信がない方でも楽に操作することができます。
一人暮らしを始める方や寝室などで寝る前に少しだけ使用する方などにもおすすめです。
画面サイズ【V型(インチ)】 32 V型(インチ) 画素数(縦) 1366x768
録画機能 外付けHDD 幅x高さx奥行 【mm】 727x455x165 mm
重量 【kg】 5.3 kg 年間電気代【円】 1404円

話題の商品

  • 世の中で多く検索されている定番の商品を紹介しています。
シャープ

2T-C32AE1

価格:24,200円 (税込)

一人暮らしのお供にピッタリの高コスパテレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープのコスパに優れるハイビジョンの32インチ液晶テレビです。ネット接続機能などはほとんどついていないいわゆる単機能テレビというものになりますが、その分価格をぐっと抑えてあるため、限られた予算になりやすい一人暮らしの候補として重宝されるテレビです。もちろん外付けHDDでの裏番組録画にも対応しているので、基本的な性能はしっかり網羅。ゲームのモニターやPCのモニターとしても使用したい方にもおすすめの製品です。
画面サイズ【V型(インチ)】 32V型(インチ) 画素数(縦) 1366x768
録画機能 外付けHDD 幅x高さx奥行 【mm】 733x484x169 mm
重量 【kg】 6.1 kg 年間電気代【円】 1053円
東芝

32S24

価格:14,980円 (税込)

2チューナーでウラ録にも対応したフルHDテレビ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「レグザエンジンファイン」採用で、高画質化や快適な操作を実現したフルHDテレビです。1シーンごとにヒストグラムを作成することで、きめ細やかな映像を再現しています。「映像モード」搭載で、ゲームや映画などコンテンツに適した映像を再現することで、よりリアルな表現が楽しめます。
2チューナーウラ録に対応しており、番組を見ながらでも別の地上/BS・110度CSデジタル放送の録画が可能に。また、録画番組を自動でチャプター分割し、見たいシーンから再生もできます。快適な映像や、録画番組をシーンに合わせて自由に楽しみたい方におすすめのテレビです。
画面サイズ【V型(インチ)】 32V型(インチ) 画素数(縦) 1366x768
録画機能 外付けHDD 幅x高さx奥行 【mm】 730x463x178mm
重量 【kg】 4.5kg 年間電気代【円】 1188円

32インチテレビを少しでも安く買うなら「型落ち」が狙い目です。型落ちとは、新モデルが発売されることで価格がぐっと下がる一世代前のモデルのこと。基本的な機能は最新モデルに劣らないため、コスパの良さから人気となっています。

 

型落ちの価格が下り始めるのは、新モデル発売の少し前から。32インチテレビの新モデル発売時期はメーカーによって異なります。2021年を例に挙げると、シャープ・ハイセンスは2月、パナソニックは10月でした。

 

年によって発売時期は異なるため公式サイトなどで最新情報をチェックして、型落ちになる時期を逃さないようにしましょう。

32インチテレビは1番売れているテレビのサイズだと言われるほど人気のあるサイズです。テレビがあればお家時間をより有意義に過ごすことができて、1日がさらに楽しくなりますよ。本記事を参考に自分にぴったり合うテレビを見つけてください。

# おすすめ # 一人暮らし # 人気

テレビ 32インチの全商品一覧

商品一覧を見る