【永久保存版】テレビのインチサイズ決定方法【最適な大きさのテレビを】

ここでは部屋の畳数に合わせたテレビのサイズ決定方法や最適視聴距離を、4Kテレビ・フルハイビジョンテレビそれぞれに合わせてご紹介します。4Kテレビとフルハイビジョンテレビは最適サイズが変わってきますので、テレビの買い替えを失敗したくない方は是非参考にしてください。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【8選】選び方と最新情報をご紹介

テレビの最適なサイズは部屋の畳数によって変わってきます。また、2K(フルハイビジョン)テレビと比べて4Kテレビでは解像度が格段に向上したため、最適な視聴距離が従来の約半分となり、大画面も置けるようになりました。ここではそんな畳数に応じたテレビのサイズをご紹介していきます。

4Kテレビ

もともとテレビは画面の高さ×3倍が最適な視聴距離だと言われてきました。4Kテレビはその半分の1.5倍が最適視聴距離となるので、それを踏まえてまとめるとこのようになります。

畳数 サイズ
4.5〜6畳 43v型
6畳 46v型
8畳 49v型
8〜10畳 52v型
10畳以上 60v型
12畳以上 70v型

フルハイビジョンテレビ

フルハイビジョンテレビは従来の薄型テレビの考え方と同じく、テレビの高さ×3倍の距離が最適視聴距離とされています。それを元にまとめるとこのようになります。

畳数 サイズ
4.5畳未満 32v型
4.5〜6畳 40〜43v型
6畳 46v型
8畳 49v型
8〜10畳 52v型
10畳以上 60v型
12畳以上 70v型以上

※これらの表にはSHARP、Panasonic、SONYの公式HPを参照しています。

上記で少し触れたテレビの最適な視聴距離について、具体的な例を出して説明していきましょう。しかし、まず先に前提として、フルハイビジョンテレビと4Kテレビとでは、最適視聴距離の算出方法が違うことを頭に入れておく必要があります。

 

  • フルハイビジョンテレビは『画面の高さ×3倍』
  • 4Kテレビは『画面の高さ×1.5倍』

 

これがテレビの最適視聴距離を算出するときの基本となります。例えば、画面サイズが60.4cmの43v型の4Kテレビの場合は、60.4cm×1.5で90.6cmが最適な視聴距離となります。それでは、それをもとにおおよその視聴距離を一覧にするとこのようになります。

 

4Kテレビ

サイズ 最適視聴距離
43v型 約0.8m
46v型 約0.85m
49v型 約0.9m
52v型 約1m
60v型 約1.1m
70v型 約1.3m

4Kテレビは『画面の高さ×1.5倍』ですので、これを元に平均的な4Kテレビのサイズで算出しています。こうして見ると、部屋に設置出来るテレビサイズは従来に比べてぐっと大きくなっていることがわかります。

フルハイビジョンテレビ

サイズ 最適視聴距離
32型 約1.2m
40v型/43v型 約1.5m
46型 約1.7m
49型 約1.8m
52型 約1.9m
60型 約2.2m
70型 約2.6m

フルハイビジョンテレビは『画面の高さ×3倍』ですので、これを元に平均的なフルハイビジョンテレビのサイズで算出しています。

テレビのサイズの言い方として、昔は「1インチ1万円」などと言っていた時代があったことを、覚えている人も多いでしょう。その「インチ」が今はほとんど「V型」という表示に置き変わっていることはお気づきですか?このインチとV型はほとんど同じではありますが、少しだけ違いがあります。

 

V型のVとは「ビジュアルサイズ」のことで、実際に目で見ることのできる画面サイズを指します。インチとはテレビのフレームも含めたサイズのことを指しており、今はテレビフレームも非常に細い時代なので、大きな差はないものの、同じ40インチと40V型であれば、40V型の方が目に見える面積は大きいテレビとなります。

それでは、畳数に応じたテレビのサイズもわかりましたので、ここからはそれぞれのサイズでおすすめのテレビをご紹介していきます。

〜20インチの小型テレビのおすすめ

20インチ以下の小型テレビはシャープやパナソニック、東芝などの国内メーカーも発売しており、寝室用やキッチン用、あるいは天井用などサブ機として幅広い用途があります。20インチの画面サイズは高さが23cm前後であることから、最適視聴距離はその3倍して69cm前後となります。

 

また、10インチ前後の小型サイズではポータブルテレビ防水やワンセグ、バッテリーで動くなど様々な機能があります。アンテナ線を繋ぐタイプに比べるとワンセグの画質はどうしても劣りますが、配線が不要な分非常に手軽で持ち運べるというメリットがありサブ機としてこちらもおすすめです。

【寝室に台所に浴室に】便利すぎる小型テレビのおすすめ10選【2019完全版】
19インチテレビのおすすめ5選!実際の大きさや最適な視聴距離は?
20インチ以下の小型テレビおすすめ8選【壁掛けや持ち運び対応タイプも】

24インチの小型サイズのおすすめテレビ

この24インチまでの小型サイズは主に寝室用やキッチン用、あるいはゲーム用などとして根強い需要があり売れています。また、基本的に低価格なタイプが多く、多機能機種は少ないためコストパフォーマンス重視の方にも人気です。

 

しかしながら、小型サイズでも地デジBS/CSのダブルチューナー搭載の機種は多く、USB録画も対応でテレビ視聴しながら裏番組録画ができる機種が多いです。録画機能が使えるのであれば、機能もシンプルなのでこれで十分だという人もいるでしょう。

24インチテレビのおすすめ5選【ゲーム専用や寝室用におすすめ】

32・37インチのおすすめテレビ

32・37インチのテレビはフルハイビジョンテレビが主流の商品で、一人部屋需要やサブ機として根強い需要が続いています。4.5〜6畳のお部屋でメイン機としては、推奨サイズから考えると小型の部類だと言えますが、あまりテレビを見ない方には価格も安く人気があります。

 

また、あまりテレビを見ない方であっても、動画配信サービスはよく見るという方が増えており、そのような場合はインターネット対応テレビを選ばれると良いでしょう。地上波の代わりにYouTubeをつける、Amazonプライムビデオをつけるという使い方をしている方も増えています。

 

また、店舗用や業務用で購入されていく方も多いサイズですので、高機能機から最低限機能のシンプルな機種まで、さまざまなタイプが発売されています。

【2020完全版】32インチテレビのおすすめ5選!実際の大きさや最適な視聴距離は?
【2020完全版】37インチテレビの最強おすすめ5選【高性能でリーズナブル】

40・42・43インチのおすすめテレビ

この40・42・43インチのテレビから、各メーカーも概ね4K液晶テレビを揃えて発売しています。昔は6畳の部屋には42インチが最適と紹介していた時代もありましたが、今はテレビの大型化と画素が上がったことで、6畳でも小型テレビの部類に入ります。

 

せっかくの4Kテレビを堪能するのであれば6畳ではもうワンサイズアップを推奨しますが、置き場所の関係でこのサイズに留まる場合も珍しくはありません。また各社のラインナップ上フラッグシップモデルも存在しますが、サイズの関係で価格が安い点も魅力だと言えます。

40インチテレビのおすすめ5選!実際の大きさや最適な視聴距離は?
42インチテレビのおすすめ5選【42インチテレビは中古が狙い目?】
【2020完全版】43インチテレビのおすすめ【9選】パナソニックやハイセンスが人気!

49・50インチのおすすめテレビ

この50インチ前後のテレビは、各メーカーもご家庭のリビング用のメインテレビとして売れ筋のサイズとなります。機能面でも各メーカーで『全部入り』のフラッグシップモデルが揃っているため、妥協なしの機種選びが出来るでしょう。また、最低限機能の低価格機も発売されており、コストにこだわる方にもおすすめできます。

 

サイズとしては8畳の部屋を推奨しており、最近流行りのダイニング一体型の間取りなどでは、もうワンサイズアップした方が見やすい場合も多いです。また、このサイズを選ばれる方は部屋も大きく、いろんな角度から視聴することが考えられますので、斜めからの見え方も注意した方が良いでしょう。

【2020完全版】49インチテレビのおすすめ【9選】実際の大きさや最適な視聴距離は?
大型テレビ(50インチ以上)のおすすめ特集【4Kテレビや有機elテレビもご紹介】
ランク王編集部が選ぶ50インチテレビの最強おすすめ7選【2020完全版】

55インチのおすすめテレビ

こちらの55インチもリビング用として売れ筋のサイズとなります。55インチともなると基本的に4Kテレビのみとなり、部屋のサイズは8畳〜10畳が推奨されています。数字だけ見ると大きいと感じる方も多いですが、実際に部屋に設置するとちょうど良い場合が多いです。

 

また、この55インチ以上のテレビの特徴として、液晶テレビ有機ELテレビの両方が存在しているということがあります。有機ELテレビは小型化が難しい高級機で、発色がよく黒色も綺麗に映り、また早い動きにも強いので、メイン機には有機ELテレビを選ばれる方も増えています。

 

このサイズは新築の方なども選択される場合が多いですが、その場合有機ELテレビは非常に軽く壁掛けに向いているという点もポイントです。機種としては低価格なエントリーモデルから、全部入りのフラッグシップモデルまで全て存在していますので、お気に入りの機種が見つかりやすいでしょう。

【2020完全版】55インチテレビのおすすめ5選!実際の大きさや最適な視聴距離は?

60インチのおすすめテレビ

10年前の60インチというと、売れ筋というよりかは大型の高級機の位置付けで、なかなか選ばれるサイズではありませんでしたが、4Kが主流となった今は60インチももはや普及クラスとなっています。間取りの流行がリビングダイニングの一体化で大型化しており、テレビも大型化しているためで、60インチの推奨畳数は10畳です。

 

60インチともなると価格も高いと思いがちですが、機能のシンプルなエントリーモデルも発売されており、安いものとなると10万前後の機種から存在します。もちろん高級4Kテレビも多く発売していますので、満足のいく買い物が出来るでしょう。

【2020完全版】60インチテレビのおすすめ7選!実際の大きさや最適な視聴距離は?

65インチのおすすめテレビ

65インチのテレビも60インチと概ね同じで10畳以上のリビングにおすすめです。65インチともなると大きすぎるのでは?と考える人も多いですが、実際に65インチを設置した方の声では『すぐに慣れてしまった』というものが圧倒的です。

 

65インチは推奨視聴距離は約1.5mほどとなっており、テレビ台を設置することを入れても、視聴場所から2mの距離があれば設置出来てしまいます。また、この65型は有機ELテレビも存在するサイズとなっているので、部屋の主役ともなるようなテレビをお探しの方は思い切っていいものを購入することをおすすめします。

【2020完全版】65インチテレビのおすすめ7選!実際の口コミや評判は?

70インチのおすすめテレビ

70インチ台のテレビともなると、非常に大きく12畳以上のお部屋に適しています。おそらく60インチ以下からの買い替えの方が多いかと予想されますが、その場合テレビ台が対応可能かどうかを先に確かめる必要があるでしょう。もっとも、テレビのフレームが薄いため、対応できる場合も多く考えられます。

 

テレビとしては中級機からフラッグシップのラインナップが多く、機能としては『全部入り』の機種が主流で低コストな機種は少ないと言えます。家の主役となるような良いテレビをお探しの方におすすめです。

【2020完全版】70インチテレビのおすすめ6選!実際の大きさや最適な視聴距離は?

80インチのおすすめテレビ

80インチ前後のテレビは非常に大きく、ラインナップも多いとは言えませんが、それでも導入するのであれば13畳以上の大きなリビングでしょう。また集合住宅の方は搬入の際に搬入路の確保が必要になります。梱包するとセミダブルベッドサイズとなるので、ご家庭によってはクレーン車で釣り上げの場合があります。

 

また、テレビ台も80インチ以上対応のものを探す必要があり、決して多いとは言えませんのでこれら、搬入と設置の条件をクリアしてから機種を探されると良いでしょう。テレビ台の関係で75インチに落としたという方は実際にいらっしゃいますので、注意が必要です。

【2020最新版】80インチテレビのおすすめ9選!4Kや有機ELテレビもご紹介

100インチ以上のおすすめテレビ

100インチ以上の大型テレビとなると、通常の家庭用としてよりもショールーム用として製造されています。GIGA TVという100インチ以上のテレビを日本ユーザックという会社が製造しているほか、2016年にはソニーも100インチテレビを発売していました。こちらは現在は生産終了していますが、この先再び100インチテレビの発売がされるかもしれません。

100インチ以上のテレビは存在する?最大200インチ?【超大型テレビ特集】

ここまでお部屋の畳数に合わせたテレビサイズ、またそれに最適な視聴距離をご紹介してきました。4Kテレビの発売によって、従来のテレビよりも一回り大きなテレビを置くことができるようになり、驚かれる方も多いでしょう。是非とも最適な見え方や満足感のためにも、お部屋のサイズに合わせたテレビ選びがおすすめです。