【迷う】テレビのサイズの決め方!テレビの大きさの平均は?おすすめ12選も

一人暮らしの方は特に、部屋の大きさに対して大きすぎるテレビを購入して後悔した経験はありませんか?テレビにはさまざまな種類や大きさがあるので、どれがいいか迷うこともあります。本記事では部屋の大きさに合わせたテレビサイズの選び方や最適視聴距離を解説するので、ぜひ参考にしてください。

2021/10/21 更新

テレビは日常生活に欠かせない家電です。好きな番組を見るだけでなくインターネットに接続して映像を楽しむこともできます。一人暮らしの方や子供部屋用にテレビを購入した方の中には、サイズが大きすぎて後悔した方もいるでしょう。

 

テレビの最適サイズは部屋の広さ(畳数)によって決まります。そのため、狭い部屋で大型サイズのテレビを使用すると大きすぎることがあります。最適な視聴距離もサイズによって決まるので自分の部屋の広さに合った製品を選ぶのが大切です。

 

本記事では、そもそもテレビのサイズはどのように表すのかというところから、部屋の畳数と最適な視聴距離の対応を表で解説します。サイズごとの最新おすすめ商品も紹介するので、テレビの適切なサイズの選び方に迷っている方はぜひ参考にしてください

今すぐ見る!【サイズ別】おすすめテレビ12選

テレビのサイズは、多くの場合「インチ」で表記されます。インチがどの程度の大きさなのか、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。そこで、インチと実際の寸法をわかりやすくまとめました。

 

テレビのサイズ 縦横のサイズ(実寸法)
24インチ 縦29cm 横53cm
32インチ 縦39cm 横70cm
37インチ 縦46cm 横81cm
40インチ 縦49cm 横88cm
42インチ 縦52cm 横93cm
46インチ 縦57cm 横101cm
50インチ 縦62cm 横110cm

 

なお、テレビのサイズはインチではなく「○○型」と表記されることがあります。この場合の「型」と「インチ」は同じ意味なので、「24型」の場合は「24インチ」と同じサイズとなります。

テレビのサイズの言い方として、昔は「1インチ1万円」などと言っていた時代があったことを、覚えている人も多いでしょう。その「インチ」が今はほとんど「V型」という表示に置き換わっています。このインチとV型はほとんど同じではありますが、少しだけ違いがあります。

 

V型のVとは「ビジュアルサイズ」のことで、実際に目で見られる画面サイズを指します。インチとはテレビのフレームも含めたサイズのことを指すのです。今はテレビフレームも非常に細い時代なので大きな差はないものの、同じ40インチと40V型であれば、40V型の方が目に見える面積は大きいテレビになります。

今すぐ見る!【サイズ別】おすすめテレビ12選

テレビの最適なサイズは部屋の畳数によって変わってきます。ここでは、テレビのサイズに応じた畳数を解像度ごとに紹介します。

 

【フルHDテレビ】インチサイズに対応した畳数と部屋の広さ

フルHDテレビの場合、テレビの高さ×3倍の距離が最適視聴距離とされています。例えば、一人暮らしに多い6畳の部屋なら40V型~46V型のテレビを置くのがおすすめです。以下の表に部屋の広さごとの最適サイズをまとめました。

 

畳数 サイズ
4.5畳未満 32(V)型(398×708mm)
4.5〜6畳 40〜43(V)型(498×885mm~535×952mm)
6畳 46(V)型(573×1016mm)
8畳 49(V)型(610×1085mm)
8〜10畳 52(V)型(659×1171mm)
10畳以上 60(V)型(746×1326mm)
12畳以上 70(V)型以上(871×1547mm~)

※これらの表にはSHARP、Panasonic、SONYの公式HPを参照しています。

【4Kテレビ】インチサイズに対応した部屋の広さ

4Kテレビは、テレビの高さ×1.5倍の距離が最適視聴距離となります。例えば8畳のリビングであれば、49V型のテレビを置くのが丁度いいサイズとなります。それを踏まえてまとめるとこのようになります。

 

畳数 サイズ
4.5〜6畳 43(V)型(535×952mm)
6畳 46(V)型(573×1016mm)
8畳 49(V)型(610×1085mm)
8〜10畳 52(V)型(659×1171mm)
10畳以上 60(V)型(746×1326mm)
12畳以上 70(V)型(871×1547mm)

テレビのインチサイズによって、最適な視聴距離は異なります。フルHDテレビと4Kテレビとでは、最適視聴距離の算出方法が違うので注意しましょう。

 

  • フルHDテレビは『画面の高さ×3倍』
  • 4Kテレビは『画面の高さ×1.5倍』

 

これがテレビの最適視聴距離を算出するときの基本となります。例えば、画面サイズが60.4cmの43インチ(V型)の4Kテレビの場合は、60.4cm×1.5で90.6cmが最適な視聴距離となります。それでは、それをもとにおおよその視聴距離を一覧にするとこのようになります。

 

【フルHDテレビ】サイズごとの最適な視聴距離

サイズ 最適視聴距離
32(V)型 約1.2m
40(V)型/43(V)型 約1.5m
46(V)型 約1.7m
49(V)型 約1.8m
52(V)型 約1.9m
60(V)型 約2.2m
70(V)型 約2.6m

フルハイビジョンテレビは『画面の高さ×3倍』ですので、この計算式を元に平均的なフルハイビジョンテレビのサイズで算出しています。寝室などに置く場合は、46インチのテレビだと約1.7mの視聴距離が必要なので、設置するときはスペースを確認しましょう。

【4Kテレビ】サイズごとの最適な視聴距離

サイズ 最適視聴距離
43(V)型 約0.8m
46(V)型 約0.85m
49(V)型 約0.9m
52(V)型 約1m
60(V)型 約1.1m
70(V)型 約1.3m

4Kテレビは『画面の高さ×1.5倍』ですので、これを元に平均的な4Kテレビのサイズで算出しています。こうして見ると、部屋に設置出来るテレビサイズは従来に比べてぐっと大きくなっていることがわかります。

それでは、部屋の畳数に応じたテレビのサイズも分かったところで、ここからはそれぞれのサイズでおすすめのテレビをご紹介します。

〜20インチの小型テレビ|寝室・キッチンに

20インチ以下の小型テレビはシャープやパナソニック、東芝などの国内メーカーも発売しており、寝室用やキッチン用、あるいは天井用などサブ機として幅広い用途があります。20インチの画面サイズは高さが23cm前後であることから、最適視聴距離はその3倍として69cm前後となります。

 

また、10インチ前後の小型サイズではポータブルテレビは防水やワンセグ、バッテリーで動くなどさまざまな機能があります。アンテナ線を繋ぐタイプに比べるとワンセグの画質はどうしても劣りますが、配線が不要な分非常に手軽で持ち運べるというメリットがありサブ機としてこちらもおすすめです。

24インチの小型テレビ|ゲーム用にも

この24インチまでの小型サイズは主に寝室用やキッチン用、あるいはゲーム用などとして根強い需要があり売れています。また、基本的に低価格なタイプが多く、多機能機種は少ないためコストパフォーマンス重視の方にも人気です。

 

しかしながら、小型サイズでも地デジBS/CSのダブルチューナー搭載の機種は多く、USB録画も対応でテレビ視聴しながら裏番組録画ができる機種が多いです録画機能が使えるのであれば、機能もシンプルなのでこれで十分だという人もいるでしょう。

32・37インチのテレビ|子供部屋に

32・37インチのテレビはフルハイビジョンテレビが主流の商品で、一人部屋需要やサブ機として根強い需要が続いています。4.5〜6畳のお部屋でメイン機としては、推奨サイズから考えると小型の部類だと言えますが、あまりテレビを見ない方には価格も安く人気があります。

 

また、あまりテレビを見ない方であっても、動画配信サービスはよく見るという方が増えており、そのような場合はインターネット対応テレビを選ばれるといいでしょう。地上波の代わりにYouTubeをつける、Amazonプライムビデオをつけるという使い方をしている方も増えています。

 

また、店舗用や業務用で購入されていく方も多いサイズですので、高機能機から最低限機能のシンプルな機種まで、さまざまなタイプが発売されています。

40・42・43インチのテレビ|一人暮らしにぴったり

この40・42・43インチのテレビから、各メーカーも概ね4K液晶テレビを揃えて発売しています。昔は6畳の部屋には42インチが最適と紹介していた時代もありましたが、今はテレビの大型化と画素が上がったことで、6畳でも小型テレビの部類に入ります。

 

せっかくの4Kテレビを堪能するのであれば6畳ではもうワンサイズアップを推奨しますが、置き場所の関係でこのサイズに留まる場合も珍しくはありません。また各社のラインナップ上フラッグシップモデルも存在しますが、サイズの関係で価格が安い点も魅力だと言えます。

49・50インチのテレビ|8畳のリビング用に

この50インチ前後のテレビは、各メーカーもご家庭のリビング用のメインテレビとして売れ筋のサイズとなります。機能面でも各メーカーで全部入り』のフラッグシップモデルが揃っているため、妥協なしの機種選びが出来るでしょう。

 

また、最低限機能の低価格機も発売されており、コストにこだわる方にもおすすめできます。サイズとしては8畳の部屋を推奨しており、最近流行りのダイニング一体型の間取りなどでは、もうワンサイズアップした方が見やすい場合も多いです。

 

さらに、このサイズを選ばれる方は部屋も大きく、いろんな角度から視聴することが考えられるので、斜めからの見え方も注意した方がいいでしょう。

55インチのテレビ|8〜10畳のお部屋に

こちらの55インチもリビング用として売れ筋のサイズとなります。55インチともなると基本的に4Kテレビのみとなり、部屋のサイズは8畳〜10畳が推奨されています。そのため、一人暮らしのワンルームだと大きすぎるかもしれません。

 

また、この55インチ以上のテレビの特徴として、液晶テレビと有機ELテレビの両方が存在しているということがあります。有機ELテレビは小型化が難しい高級機で、発色がよく黒色もきれいに映り、また早い動きにも強いので、メイン機には有機ELテレビを選ばれる方も増えています。

 

このサイズは新築の方なども選択される場合が多いですが、その場合有機ELテレビは非常に軽く壁掛けに向いているという点もポイントです。機種としては低価格なエントリーモデルから、全部入りのフラッグシップモデルまで全て存在していますので、お気に入りの機種が見つかりやすいでしょう。

60インチのテレビ|大型ながらお手軽価格も

10年前の60インチというと、売れ筋というよりかは大型の高級機の位置付けで、なかなか選ばれるサイズではありませんでしたが、4Kが主流となった今、60インチはもはや普及クラスとなっています。

 

間取りの流行がリビングダイニングの一体化で大型化しており、テレビも大型化しているためで、60インチの推奨畳数は10畳です。

 

60インチともなると価格も高いと思いがちですが、機能のシンプルなエントリーモデルも発売されており、安いものとなると10万前後の機種から存在しています。もちろん高級4Kテレビも多く発売しているので、満足のいく買い物ができるでしょう。

65インチのテレビ|10畳以上のお部屋に

65インチのテレビも60インチと概ね同じで10畳以上のリビングにおすすめです。65インチともなると大きすぎるのでは?と考える人も多いですが、実際に65インチを設置した方の声ではすぐに慣れてしまったというものが圧倒的です。

 

65インチは推奨視聴距離は約1.5mほどとなっており、テレビ台を設置することを入れても、視聴場所から2mの距離があれば設置出来てしまいます。

 

また、この65型は有機ELテレビも存在するサイズとなっているので、部屋の主役ともなるようなテレビをお探しの方は思い切っていいものを購入することをおすすめします。

70インチのテレビ|12畳以上のお部屋に

70インチ台のテレビともなると、非常に大きく12畳以上のお部屋に適しています。おそらく60インチ以下からの買い替えの方が多いかと予想されますが、その場合テレビ台が対応可能かどうかを先に確かめる必要があるでしょう

 

テレビとしては中級機からフラッグシップのラインナップが多く、機能としては『全部入り』の機種が主流で低コストな機種は少ないと言えます。家の主役となるようないいテレビをお探しの方におすすめです。

80インチのテレビ|13畳以上のお部屋に

80インチ前後のテレビは非常に大きく、ラインナップも多いとは言えませんが、それでも導入するのであれば13畳以上の大きなリビングが必要です。

 

また、集合住宅の方は搬入の際に搬入路の確保が必要になります。梱包するとセミダブルベッドサイズとなるので、ご家庭によってはクレーン車で釣り上げなければなりません。

 

テレビ台も80インチ以上対応のものを探す必要があるので、搬入と設置の条件をクリアしてから機種を探してください。テレビ台の関係で75インチに落としたという方もいます。

100インチ以上のテレビ|ショールーム用

100インチ以上の大型テレビとなると、通常の家庭用としてよりもショールーム用として製造されています。GIGA TVという100インチ以上のテレビを、日本ユーザックという会社が製造しています。

 

2016年にはソニーも100インチテレビを発売していましたが、こちらは現在生産終了しています。ただし、この先再び100インチテレビが発売される可能性はあるので、気になる方はメーカーの情報をチェックしてください。

パネル構造には液晶テレビと有機ELテレビの2つがあります。現在主流となっている液晶テレビと、精緻な映像を楽しめると人気上昇中の有機ELテレビの違いについてご紹介します。

 

液晶テレビと有機ELテレビの特徴と違い

テレビの最適視聴距離は解像度によっても変わってくるので、部屋の大きさに適したテレビのサイズ選びとも関係しています。解像度について最低限知っておくことで、後悔しないテレビ選びに役立つので覚えておきましょう。

価格や消費電力のコスパに優れた液晶テレビ

現在最も一般的なテレビである液晶テレビは、液晶パネルの裏にパックライトを使用しているのが特徴です。商品のラインナップがとても豊富で、本体の価格がリーズナブルな上に消費電力も少ないのでコストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

 

しかし、背面に放熱スペースを設ける必要があり、本体も分厚くて重いというデメリットがあります。そのため、壁掛けには対応していないことが多いので注意が必要です。液晶テレビについてもっと詳しく知りたい方は、下記リンク先を参考にしてください。

人気急上昇!精緻で大迫力の有機ELテレビ

有機ELテレビは、臨場感ある映像を映し出す人気急上昇中のテレビ構造です。コントラストの表現に優れているので黒の再現性が高く、視野角も広いので側面からでも精緻な画面を楽しむことが可能。有機ELテレビの主な解像度は液晶の4Kテレビと同じ3840×2160pxとなっています。

 

液晶テレビと違い、放電スペースを必要としないスリムで軽量な設計なので、壁掛けにする場合はこちらがおすすめです。ただし、液晶テレビに比べてラインナップが少なく、価格も高めとなっている点には注意しましょう。

4Kがおすすめ!解像度をチェック

テレビの解像度によって最適視聴距離が変わってきます。解像度が上がるほど視聴距離は短くなっていくので、部屋の大きさに合わせる際に検討することをおすすめします。

現在一般的なフルHD(フルハイビジョン)テレビ

「フルハイビジョン」とも呼ばれるフルHDは、解像度が1920×1080のテレビです。現在販売されているテレビで最も一般的なタイプで、小型テレビから大画面テレビまでサイズが豊富に揃っています。

 

後に解説する4Kテレビの場合は小型サイズが販売されておらず、すべて40インチ以上のサイズです。そのため、40インチ未満の高画質なテレビが欲しい場合は、フルHDが選択肢に上がります。4Kテレビよりも低価格なので、フルHDは安価なテレビが欲しい人にもおすすめです。

大画面テレビで主流となってきた4Kテレビ

4Kの解像度は3840×2160pxで、フルHDの約4倍の画素数を誇ります。フルHDのテレビに比べて4Kテレビの最適視聴距離は半分になっており、一人暮らしで部屋が狭いという方でも、4Kテレビを選べば大画面テレビを堪能することが可能です。

 

動画配信サービスや新4K衛星放送、PS4/PS5などのゲーム機でも4K映像を楽しめますが、4Kチューナー内蔵でない場合は、地上波放送が4K映像になるわけではありません。地上波放送を4Kで楽しみたいなら別途4Kチューナーを用意する必要があるので注意しましょう。

4Kより更に高精細な8Kテレビ

8Kは4Kの約4倍、7680×4230pxの解像度で最高峰の映像を楽しめる次世代の規格です。8K映像は肉眼で見るのと変わらない臨場感を味わえると言われていますが、8Kテレビは非常に価格が高く、8K対応のテレビ放送数もまだ少ないのが実情です。

その他の機能も確認しよう

テレビそのものの性能に加えて、搭載している機能もチェックしておきたいところです。特に注目したいのが、以下で紹介する録画機能とネット対応の有無です。これらの機能があればテレビの用途が拡がり、よりテレビを楽しめるでしょう。

録画機能付きかどうか

録画機能が付いていれば、好みの番組や裏番組を録画できます。多くのテレビは付属のリモコンで録画の操作が可能です。

 

テレビの録画機能には、外付けHDDを接続するタイプ、HDDが内蔵されているタイプの2種類がありますが、多くの場合は外付けHDDに対応しているタイプで、録画機能を使うには別途HDDの購入が必要です。

ネット対応なら動画サービスも楽しめる

ネット経由でさまざまな動画を楽しめる動画配信サービスは、近年多数のサービスが展開されています。ネット対応のテレビなら、ネット接続や動画配信サービスの設定をすれば大画面で動画視聴が可能です。


リモコンのボタンを押すだけでサービスを利用できるタイプもあるので、動画配信サービスをよく利用する、ネット動画をよく見る人は、ネット対応の有無も確認しておきましょう。

〜24インチの小型テレビ

ソニー

KJ-24W450E

価格:23,020円 (税込)

早見再生機能でサクサク視聴ができる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノイズを少なくする高画質技術の「クリアレゾリューションエンハンサー」という技術を搭載しています。テレビ番組を視聴しながら裏番組が録画ができ、CM前後などで番組のシーンが切り替わる部分を自動で区切るオートチャプター機能を備えています。1.3倍早見再生機能によって短時間での視聴も可能。また、声を聞き取りやすくしてくれるクリアボイス機能の他、消費電力を抑える節電・タイマー機能も搭載しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー 商品名 KJ-24W450E
画面サイズ 24インチ 画素数 1366×768
画質 HD 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 147×558×368mm 重量 4.2kg
機能 裏番組録画対応 省エネ性能 -

32〜43インチ

ソニー

KJ-32W730E

価格:34,800円 (税込)

ネット動画対応の実用的な液晶テレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リアリティー溢れる高精緻な映像を再現してくれるネット動画対応の43V型フルHDテレビです。テレビ番組を観ながら裏番組が録画でき、声を聞き取りやすくするクリアボイス機能を搭載するなど視聴を快適にする機能が豊富となっています。Wi-Fiにつなげれば、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスを視聴できるので、動画を楽しみたい方にはおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Sony(ソニー) 商品名 KJ-32W730E
画面サイズ 32インチ 画素数 1920×1080
画質 フルHD 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 174×728×473mm 重量 5.6kg
機能 裏番組録画対応 省エネ性能 -
東芝(TOSHIBA)

REGZA 43Z670K

価格:131,901円 (税込)

2021年最新モデル!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

43Z670Kは2021年最新の東芝4K液晶テレビです。スマートな見た目で、一人暮らしのお部屋にもぴったり。また、「おまかせAIピクチャーZR」により、視聴環境に合わせて画質を最適化するのも特徴の1つです。明るい昼間ではくっきり鮮やかに、落ち着いた夜では温かい色味で目に優しい画質に調整します。ネット配信サービスにも対応しているので、映画やアニメを楽しみたい方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 東芝(TOSHIBA) 商品名 43Z670K
画面サイズ 43V型 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 965x590x220 mm 重量 15 kg
機能 ゲームモード 省エネ性能 ★★★
東芝

40S22

価格:26,980円 (税込)

ゲームの映像遅延を抑える東芝の液晶テレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」を搭載しており、精緻でクリアな映像を楽しめます。録画しながら別の番組が視聴可能な2チューナーウラ禄機能や、ゲーム操作時の映像の遅延を短縮してくれる「ゲームダイレクト」機能が備わっています。アクションゲームや格闘ゲームなど、ボタンを押すタイミングが鍵となってくるゲームを快適にプレイしたい方には、ぜひ購入を検討するといいでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー TOSHIBA(東芝) 商品名 40S22
画面サイズ 40インチ 画素数 1920×1080
画質 フルHD 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1000×670×150mm(梱包サイズ) 重量 12kg
機能 ウラ録対応 省エネ性能 -
ソニー

KJ-43X8500H

価格:71,980円 (税込)

スポーツ観戦も快適なスマートテレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AndroidTV機能を搭載しているので、YouTubeやPrime Videoなどのネット動画や好きなゲーム、音楽アプリを楽しめるスマートテレビです。動きの速い映像も滑らかに表現するので、スポーツシーンも快適に楽しめるでしょう。Bluetooth対応なので、ヘッドホンやスピーカーともワイヤレスで接続が可能。立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応しているので、テレビ本体だけでも臨場感のある音を表現してくれます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Sony(ソニー) 商品名 KJ-43X8500H
画面サイズ 43インチ 画素数 3840×2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 624×965×264mm 重量 14kg
機能 4Kチューナー 内蔵・Android TV 省エネ性能 -

50〜65インチ

ハイセンス

50E6800

価格:64,490円 (税込)

新4K衛星放送が視聴できる50インチ液晶テレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝映像ソリューションとの共同開発によるNEOエンジン搭載によってノイズ感を低減し、クリアで高画質の映像を表現してくれます。外付けチューナー無しで、新4K衛星放送の視聴が可能。HDR再現処理で、正確なコントラスト表現や立体感を感じられるリアルな映像が楽しめます。NetFlix・YouTube・U-NEXTなどネット動画サービスにも対応しており、50V型の大画面で迫力ある映像鑑賞ができるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Hisense(ハイセンス) 商品名 50E6800
画面サイズ 50インチ 画素数 3840×2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 693×235×1112mm 重量 11.7kg
機能 4Kチューナー内蔵・ネット動画対応 省エネ性能 -
ソニー

KJ-55X9500H

価格:124,800円 (税込)

音響効果が充実したソニーの55インチテレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アコースティックマルチオーディオによって音の定位感が大幅に向上し、映像から音が聞こえているかのような臨場感を味わえます。スポーツシーンなど、動きの速い映像も滑らかに表現。ネット動画アプリの高速起動や、ハンズフリーでコンテンツの検索・再生など操作が快適となっています。視野角が広いので、斜めからも正面同等の見やすさでテレビ鑑賞ができ、家族の多いお家でも安心して楽しめるでしょう。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Sony(ソニー) 商品名 KJ-55X9500H
画面サイズ 55インチ 画素数 3840×2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 3100×1230×779mm 重量 25kg
機能 4Kチューナー内蔵・Android TV・Bluetooth・Wi-Fi 省エネ性能 -
SHARP(シャープ)

液晶テレビ アクオス 8T-C60DW1

価格:328,266円 (税込)

8K液晶テレビの2021年最新モデル!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8T-C60DW1はシャープの2021年最新の8K液晶テレビです。画素数は約3,300万で、圧倒的な高画質の映像を楽しめます。また、解像度の低い映像でもクリアな映像に再現可能な「8K精細感復元」を搭載しているのも特徴。さらに、YouTubeの8K動画再生にも対応しています。「とにかく高画質にこだわりたい」という方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SHARP(シャープ) 商品名 8T-C60DW1
画面サイズ 60 V型(インチ) 画素数 7680x4320
画質 8K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1356x870x290 mm 重量 34 kg
機能 ホームネットワーク機能・無線LAN 省エネ性能 ★★
東芝

65M530X

価格:121,800円 (税込)

視野角の広い65インチのスマートテレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新レグザスマートリモコンによって、動画配信サービスへのアクセスが快適に行えます。スマートスピーカーからも操作に対応し、GoogleアシスタントやAmazonAlexaなどとも連携可能。視野角が広く、側面から観てもコントラスト・色域・階調表現に優れており、レグザサウンドプロセスVIRで豊かなサウンド環境を実現します。番組を視聴しながら別番組を録画できるウラ録はもちろん、ダブルウインドウによって気になる番組を2つ同時に表示できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー TOSHIBA(東芝) 商品名 65M530X
画面サイズ 65インチ 画素数 3840×2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1629×998×243mm(梱包サイズ) 重量 30kg
機能 4Kチューナー内蔵・W録画対応・スマートスピーカー対応 省エネ性能 -

70・80インチ

SHARP(シャープ)

液晶テレビ アクオス 4T-C70DN1

価格:224,563円 (税込)

2021年最新の4K液晶テレビ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新4K放送ダブルチューナーで、4K放送が楽しめる2021年最新モデルです。解像度や映像レベルに合わせて映像処理し、再現性を高める「4K超解像アップコンバート」や、外光や照明の映り込みを低減して黒を豊かに表現できる「N-Blackパネル」が搭載されており、大画面で美しい映像を堪能できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SHARP(シャープ) 商品名 4T-C70DN1
画面サイズ 70 V型(インチ) 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1564x990x361 mm 重量 43 kg
機能 スマートスピーカー連携・無線LAN 省エネ性能 ★★★
東芝

東芝 REGZA 19S24

価格:24,800円 (税込)

一人暮らし向けの小型19インチテレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wチューナー搭載の19V型液晶テレビです。とてもコンパクトなため、解像度はフルHDより低いHDとなっていますが映像モードを搭載しているので、ゲームや映画など映像の種類に合わせて適した映像に再現してくれます。ゲームの映像遅延を短縮する「瞬足ゲームモード」で、快適なゲームプレイが可能。一人暮らしで部屋が大きくないという方でも安心して置けるサイズです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー TOSHIBA(東芝) 商品名 19S24
画面サイズ 19インチ 画素数 1366×768
画質 HD 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 532×326×134mm 重量 3.52kg
機能 Wチューナー 省エネ性能 -
ソニー

KJ-85X9500G

価格:380,000円 (税込)

AndroidTV対応の85インチテレビ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AndroidTV機能搭載で「Prime Video」、「YouTube」などのネット動画や音楽・ゲームアプリなどを楽しめる超大型のスマートテレビです。4kチューナー内蔵、Amazon Echoシリーズと連携できる「Works with Alexa」に対応しているのでハンズフリーの操作が可能。Bluetoothにも対応しているので、ワイヤレスでイヤホンやヘッドホンと接続ができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SONY(ソニー) 商品名 KJ-85X9500G
画面サイズ 85インチ 画素数 3840×2160
画質 4K 録画機能 内蔵HDD
寸法/サイズ 1179×1910×412mm 重量 49kg
機能 Android TV・Works with Alexa・Wi-Fi無線LAN・Google アシスタントbuilt-in・ハンズフリー音声検索・Dolby Atmos 省エネ性能 -

サイズ別おすすめテレビ12選比較表

  • 商品画像
  • アイテムID:5946639の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5946641の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5946642の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • アイテムID:5946643の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • アイテムID:5946644の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5946646の画像

    Hisense(ハイセンス)

  • アイテムID:5946647の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5946648の画像

    SHARP(シャープ)

  • アイテムID:5946649の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • アイテムID:5946651の画像

    SHARP(シャープ)

  • アイテムID:5946652の画像

    東芝

  • アイテムID:5946653の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • ソニー ブラビア KJ-24W450E
  • ソニー ブラビア KJ-32W730E
  • REGZA 43Z670K
  • 東芝 レグザ 40S22
  • ソニー ブラビア KJ-43X8500H
  • ハイセンス 50E6800
  • ソニー ブラビア KJ-55X9500H
  • 液晶テレビ アクオス 8T-C60DW1
  • 東芝 レグザ 65M530X
  • 液晶テレビ アクオス 4T-C70DN1
  • 東芝 REGZA 19S24
  • ブラビア KJ-85X9500G
  • 特徴
  • 早見再生機能でサクサク視聴ができる
  • ネット動画対応の実用的な液晶テレビ
  • 2021年最新モデル!
  • ゲームの映像遅延を抑える東芝の液晶テレビ
  • スポーツ観戦も快適なスマートテレビ
  • 新4K衛星放送が視聴できる50インチ液晶テレビ
  • 音響効果が充実したソニーの55インチテレビ
  • 8K液晶テレビの2021年最新モデル!
  • 視野角の広い65インチのスマートテレビ
  • 2021年最新の4K液晶テレビ!
  • 一人暮らし向けの小型19インチテレビ
  • AndroidTV対応の85インチテレビ
  • 価格
  • 33966円(税込)
  • 38999円(税込)
  • 131901円(税込)
  • 42500円(税込)
  • 94023円(税込)
  • 64800円(税込)
  • 157335円(税込)
  • 328266円(税込)
  • 113333円(税込)
  • 224563円(税込)
  • 24800円(税込)
  • 400000円(税込)
  • メーカー
  • ソニー
  • Sony(ソニー)
  • 東芝(TOSHIBA)
  • TOSHIBA(東芝)
  • Sony(ソニー)
  • Hisense(ハイセンス)
  • Sony(ソニー)
  • SHARP(シャープ)
  • TOSHIBA(東芝)
  • SHARP(シャープ)
  • TOSHIBA(東芝)
  • SONY(ソニー)
  • 商品名
  • KJ-24W450E
  • KJ-32W730E
  • 43Z670K
  • 40S22
  • KJ-43X8500H
  • 50E6800
  • KJ-55X9500H
  • 8T-C60DW1
  • 65M530X
  • 4T-C70DN1
  • 19S24
  • KJ-85X9500G
  • 画面サイズ
  • 24インチ
  • 32インチ
  • 43V型
  • 40インチ
  • 43インチ
  • 50インチ
  • 55インチ
  • 60 V型(インチ)
  • 65インチ
  • 70 V型(インチ)
  • 19インチ
  • 85インチ
  • 画素数
  • 1366×768
  • 1920×1080
  • 3840x2160
  • 1920×1080
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 7680x4320
  • 3840×2160
  • 3840x2160
  • 1366×768
  • 3840×2160
  • 画質
  • HD
  • フルHD
  • 4K
  • フルHD
  • 4K
  • 4K
  • 4K
  • 8K
  • 4K
  • 4K
  • HD
  • 4K
  • 録画機能
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 外付けHDD
  • 内蔵HDD
  • 寸法/サイズ
  • 147×558×368mm
  • 174×728×473mm
  • 965x590x220 mm
  • 1000×670×150mm(梱包サイズ)
  • 624×965×264mm
  • 693×235×1112mm
  • 3100×1230×779mm
  • 1356x870x290 mm
  • 1629×998×243mm(梱包サイズ)
  • 1564x990x361 mm
  • 532×326×134mm
  • 1179×1910×412mm
  • 重量
  • 4.2kg
  • 5.6kg
  • 15 kg
  • 12kg
  • 14kg
  • 11.7kg
  • 25kg
  • 34 kg
  • 30kg
  • 43 kg
  • 3.52kg
  • 49kg
  • 機能
  • 裏番組録画対応
  • 裏番組録画対応
  • ゲームモード
  • ウラ録対応
  • 4Kチューナー 内蔵・Android TV
  • 4Kチューナー内蔵・ネット動画対応
  • 4Kチューナー内蔵・Android TV・Bluetooth・Wi-Fi
  • ホームネットワーク機能・無線LAN
  • 4Kチューナー内蔵・W録画対応・スマートスピーカー対応
  • スマートスピーカー連携・無線LAN
  • Wチューナー
  • Android TV・Works with Alexa・Wi-Fi無線LAN・Google アシスタントbuilt-in・ハンズフリー音声検索・Dolby Atmos
  • 省エネ性能
  • -
  • -
  • ★★★
  • -
  • -
  • -
  • -
  • ★★
  • -
  • ★★★
  • -
  • -

ここまでお部屋の畳数に合わせたテレビサイズと、それに最適な視聴距離をご紹介しました。4Kテレビの発売によって、従来のテレビよりも1回り大きなテレビを置けるようになり、驚かれる方も多いでしょう。是非とも最適な見え方や満足感のためにも、お部屋のサイズに合わせたテレビ選びがおすすめです。

# おすすめ