東芝 24S24 テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥23,880
東芝 24S24 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、東芝 24S24 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/10/19 更新

ランク王編集部

繊細な質感・コンテンツに適した映像モードで視聴できるテレビ

「質感リアライザー」が1シーンごとに補正をかけるので、きめが細かいなめらかな質感を表現できます。また、「レグザエンジンファイン」を搭載することで高画質処理だけではなく、番組表が素早く起動するなどスムーズな操作性も実現しました。

2チューナーが付属しており、1つの番組を見ながら別の地上・BS・CS放送の番組を録画できるのも嬉しいポイントです。さらに、録画した番組は自動でチャプターを識別して分割されるため、スムーズに見たいシーンから再生ができます。リモコンのボタンは大きく設計されているので、操作のしやすさを重視する方にもおすすめです。

24S24の基本スペック

種類 液晶テレビ 画面サイズ【V型(インチ)】 24 V型(インチ)
画素数(縦) 1366x768 LEDバックライト 直下型LEDバックライト
1V型(インチ)あたりの価格【円】 1021 円 地上デジタル
BSデジタル 110度CSデジタル
地上デジタル数 2 BSデジタル数 2
110度CSデジタル数 2 録画機能 外付けHDD
早見再生【倍速】 1.5 倍速 有線LAN
HDMI端子数 2端子ARC対応 USB端子 1(録画専用)
光デジタル音声出力端子 1 LAN端子 1
ヘッドホン出力端子 消費電力【W】 39 W
待機時消費電力【W】 0.4 W ゲームモード
幅x高さx奥行 【mm】 553x357x143 mm 重量 【kg】 3 kg
省エネ評価 ★★★ 省エネ基準達成率【%(2012年度)】 178 %(2012年度)
年間消費電力量【kWh】 37 kWh 年間電気代【円】 999 円

24S24のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

東芝 24S24の基本スペック

TOSHIBA(東芝)

レグザ 24S24

価格:34,833円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 

メーカー TOSHIBA(東芝) 商品名 24S24
画面サイズ 24インチ 画素数 1366x768
画質 - 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 553x357x143 mm 重量 3kg
機能 ゲームモード 省エネ評価 ★★★

東芝 24S24のおすすめポイント

レグザエンジンファインで高画質・高速起動可能

レグザエンジンファインという処理エンジンを搭載していて、さらに高画質の映像が楽しめるというメリットかあります。地デジ放送やカラーテクスチャーを解析してよりきれいな状態に補正可能です。また、番組表をより高速に起動でき、素早く録画予約を済ませられます。

フォルダごとに録画番組を整理できる

フォルダごとに録画番組を整理できるマイフォルダ機能を搭載しているため、録画した番組を見る人や番組のジャンルごとに分類して管理できます。また録画番組は自動でチャプターが作成されるため、好きなシーンから番組を視聴しやすいのも利点です。

複数の映像モードで用途に適した描写ができる

複数の映像モードを搭載していて、ゲームや映画など用途に適した描写ができるのも強みです。ゲーム時にはデバイスに合わせて高画質化を施し、応答速度を早めてスピーディなボタン入力が行えます。また、映画作品を楽しみたい時には部屋を暗くしてもはっきりと見やすいよう、暖かみのある色合いに調整されるのもポイントです。

東芝 24S24の悪い点をレビュー

HDDの認識・HDMI切り替えに時間がかかる

HDDの認識やテレビとHDMIの切り替えに時間がかかる、という意見があります。番組表の立ち上がりなどはスムーズに行えますが、HDDを差し込んで認識させたり、テレビ画面とゲーム画面の切り替えを行いたい時にはややタイムラグが発生する点には注意が必要です。

2番組の同時録画はできない

2番組の同時録画ができない、という声もあります。チューナーは2本搭載されていますが、1本はリアルタイムで視聴する用で、もう1本を録画用に活用するため、2つの番組が同じ時間帯に放送されている場合には同時に録画ができません。価格が安い分、録画機能には制限がかけられています。

スピーカーからの音がこもって聞こえる

スピーカーからの音がこもって聞こえる、という口コミもあります。スピーカーは下向きに搭載されているので、まっすぐに音が伝わりづらくこもった印象になりやすいです。音質を求める場合には別のスピーカーを用意することで対処できます。

実際の口コミ

外付けHDDを接続し番組を録画していますが、しばしばHDDを認識せず何度かボタンを押さないと録画した番組を認識しないことがあります。テレビ側の問題なのかHDD側の問題なのかは分かりませんが。 またTVとHDMI切替え時に1秒くらいかかるのが気になりますが、こういうものでしょうか。

出典:https://review.kakaku.com

・録画機能 外付けHDDをつけることによって録画ができます。 2チューナー搭載で、1チューナーは視聴用、もう1チューナーが録画用で録画は1チューナーでしかできません。 2番組同時録画はできないので間違えないようにしましょう。

出典:https://review.kakaku.com

テレビのスピーカーからも聞いてはみたが、好みの問題もあるけどやっぱりいまいち。 スピーカーが下にあるからかこもってるように聞こえました。 でも特に音にこだわりが無いなら十分だと思います。 テレビだけで音にももう少しこだわりたいなら24V34の方がいいです。

出典:https://review.kakaku.com

東芝 24S24の良い点をレビュー

映像モードにPCがあり画質調整が個別でできる

映像モードでPCを選択でき、画質調整が行えて便利という声もあります。パソコンのモニターとして使いたい方にもおすすめです。具体的には、PC用に明るさや色合いを個別に調整できるため、パソコンの作業により適した画面にカスタマイズできます。

安い価格でも鮮明な映像を楽しめる

画面サイズは小さ目ですが価格設定が安く、鮮明な映像でテレビ番組が楽しめる点が評価されています。また、外付けのHDDを接続してデータの管理が行えるのも利点です。サポートが充実している国内メーカーのテレビをより安く取り入れられるというメリットもあります。

軽いため持ち運びやすく壁際にも配置しやすい

小型設計なので軽いインテリアとして持ち運んで使えて、HDDを背面に対して平行に差し込んで設置できる分壁との間のスペースを気にせず配置できる、という口コミもあります。好きな場所に持ち運んでゲームやパソコン作業をしたい方にもおすすめです。

 

また、外付けHDDは製品によっては背面に垂直に差し込むこともあり、壁から距離を開けないと設置できない場合もあります。HDDを平行に差し込めることで、より壁際に設置しやすいのが利点です。

実際の口コミ

【画質】 「PC」という映像モードがあるのが購入の大きな決め手となりました。 TV視聴時とは別でHDMI接続時(=PC使用時)の明るさ、色合いなど画質調整ができます。

出典:https://review.kakaku.com

最終的には映像が鮮明で見やすいところ、外付けHDD接続ができること、最終的にはメーカーも決めてでした。 この値段では文句なしですね。

出典:https://review.kakaku.com

当レグザにした決め手はまず軽さ。 月に2、3度、別室に持ち運びゲームやハードディスクに録画したものを楽しむためです。 次に入力端子の配置。確かAQUOSのほうは背面に対して垂直に差し込むタイプだったと思います。 当レグザは背面部に画面と平行の横方向に差し込むタイプ。これにより壁との隙間に配慮する必要がなくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

24S24と24S22の違い

TOSHIBA(東芝)

レグザ 24S22

価格:23,499円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 

24S24と24S22は画面サイズは同じですが、24S22の方が価格が安い分機能が制限されているという違いがあります。24S22にはデジタルCATVが採用されておらず、見られる番組の数が少ないです。また音響の出力にも違いがあり、24S22は4W・24S24は8Wとなっていて24S24の方がより厚みのある音を響かせられます。

 

よりコストがかからないテレビがほしい場合24S22がおすすめですが、さまざまなチャンネルを見たい方・どんな番組でも余裕を持たせてゆったりと音を響かせやすいテレビがほしい方には24S24がおすすめです。

24S24と24V34の違い

TOSHIBA(東芝)

レグザ 24V34

価格:29,435円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 

24S24と24V34は画面サイズは同じですが、24V34は4K画質にも対応していてさらに迫力のある映像体験ができるという違いがあります。また24V34はネット動画をHD画質に改良する機能も搭載していて、動きがある動画のボケ感も抑えられるのが強みです。

 

好きなジャンルやタレントを指定できるおまかせ録画機能・スマートスピーカーでの操作機能・無線LANは24V34にのみ搭載されているため、24V34の方がさまざまな用途で活躍します。テレビ番組の視聴にのみ用途を絞って使う場合24S24でも問題はありませんが、長期的にさまざまなサービスをテレビで楽しみたい方には24V34がおすすめです。

TOSHIBA(東芝)

レグザ 24S24

価格:26,050円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 

東芝 24S24 テレビについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

24S24の概要は以下になります。

 

  • 高画質で鮮明な映像が楽しめること
  • ゲーム・PC・映画などの映像モードが選択できること
  • 2番組の同時録画には対応していないこと
  • スピーカーの音がこもって聞こえやすいこと

 

以上のことから、

 

  • 安い価格で持ち運びやすい高画質テレビがほしい方
  • ゲーム・PCモニターとしての利用を考えている方
  • テレビのリアルタイムでの視聴をメインに考えている方

 

には24S24がおすすめです。