【忙しいあなたに】録画機能付きテレビのおすすめ10選【2020完全版】

視聴率が一桁と視聴率の低下が話題になっていますが、ライフスタイルの多様化によってリアルタイムにテレビを見る人が減っています。見たいときに見たい番組を見ることができるようにおすすめの録画機能付きテレビを紹介します。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【5選】

録画機能付きテレビとは

録画機能付きテレビには、ハードディスクを外付けするタイプ、ハードディスクを内蔵しているタイプ、ブルーレイディスク録画再生機能を搭載しているタイプの3タイプがあります。録画機能付きテレビを迷っていらっしゃる方に、メリット・デメリットと合わせて選び方をご紹介します。

録画機能付きテレビを選ぶメリット

録画機能付きテレビが人気ですが、購入する前に、そのメリットとデメリットの両面から見て考えてみましょう。

録画機器が不要

録画機器と接続する際に、どことどこをコードでつながなくてはいけないか、説明書を片手に頭を抱えることになった経験がある方は多いのではないでしょうか。録画機器が内蔵されている場合、その手間や心配を省くことができます。

 

さらに録画機器がないので省スペースにつながり、テレビ本体を置く場所だけ考えればいいので、部屋の模様替えや引っ越しの際も楽です。さらに、リモコン一つで録画・再生・視聴をすることができるので、リモコンが散らかる、リモコンがないといったリモコン問題から解放されるといったメリットがあります。

操作が簡単

外付けの録画機器の場合、編集作業が可能な機器があり、ボタンの数が多く操作が複雑です。その反面、録画機能付きテレビであれば、録画・再生のシンプルな必要最低限の機能しか搭載されていないことが多いので操作しやすいことがメリットです。

 

なので、録画した映像を使って複雑な作業をする予定がない方には、テレビのリモコン一つで済む録画機能付きテレビがシンプルで使いやいと思います。

録画機能付きテレビを選ぶデメリット

便利そうに見える録画機能付きテレビにもデメリットはあります。その点を理解納得し、購入を検討しましょう。

一体型ゆえに故障しやすい

そもそも外付けだったものをテレビ本体内に内蔵している分、本体内の構造が複雑になり故障しやすくなる危険性が伴うというデメリットがあります。

 

また、外付けであれば、故障した録画機器だけを修理に出せば済むのですが、録画機能付きテレビの場合、一体型なので切り離すことができず、テレビも修理に出す必要がある点がデメリットと言えるでしょう。

一体型のために値段が高め

録画機能が付いている分、付加価値が付いて、通常のテレビ本体価格よりも高くなることが多いです。なので、録画機能付きテレビを購入するという選択は、そもそも録画・再生する予定がない方にとっては損であり、デメリットになります。

 

予算内に収まるのであれば、いつか録画機能を使う日が来るかもしれないことを見越して、録画機能付きテレビを選ぶというのも選択肢としてはありですが、絶対使用する予定がないのであればデメリットでしかありません。

録画機能付きテレビの選び方

録画機能付きテレビのメリットとデメリットを知ったうえで、購入を決意された方のために、録画機能付きテレビの選び方をご紹介します。

機能性で選ぶ

高画質にこだわる方、操作性にこだわる方と様々だと思います。気になったテレビがどのような機能を搭載しているのかしっかりチェックしましょう。

HDR(ハイ ダイナミック レンジ)対応

HDRとは、映像の輝度の幅を広くする技術の名称です。HDRを採用した映像は、明暗差を拡大し、より現実に近い明るさ、コントラスト、色など、肉眼で見ているかのようなリアルな表現を可能にしてくれます。しかし、HDRで撮影された映像であっても、HDR非搭載のテレビで見ると、そのリアル感を体感することはできません。高画質にこだわる方はHDRに対応したテレビを選ぶ必要があります。

倍速機能の有無

液晶テレビには、倍速機能を搭載しているものがあります。通常の液晶だと60コマで表示するところを120コマで表示し、滑らかで不自然さのない躍動感のある映像を倍速で楽しむことができます。

直下型LEDを採用

液晶テレビは、特殊な液体を封入したガラスとLEDバックライトを組み合わせた構造になっています。LEDバックライトの配置の仕方に二種類の方法があります。液晶パネルの直下に配置した直下型と液晶パネルの上下に配置するエッジ型です。

 

直下型は、画面すべてを均一な明るさにし、光量の細かな調整が可能です。デメリットとして、消費電力、本体価格が高くなることですが、高画質を求める方にはおすすめのポイントです。

2番組同時録画機能

ドラマが気になるけれども、その裏番組も気になる、しかし、忙しくてその時間はテレビを視聴することができないという方におすすめなのが2番組同時録画機能です。今まであきらめていた裏番組をもうあきらめる必要はありません。生粋のテレビっ子である方におすすめの機能です。

サイズで選ぶ

大きいサイズのテレビを買って自宅で映画館気分を味わいたいと夢見ることもあると思いますが、部屋のサイズに合わないテレビを買うと、逆に見づらいという結果になってしまします。最適な視聴距離は、

 

フルHDテレビ 画面の高さ×3倍

近すぎると画像の粗さが目立ち気になる。

 

4Kテレビ 画面の高さ×1.5倍

フルHDと比較して、近くで見ても高精緻。

 

テレビを置く部屋の大きさから逆算して、テレビの大きさを選ぶと快適に視聴することができるでしょう。

価格(相場)で選ぶ

LEDバックライトが直下型で録画機能付きテレビの相場は、 32インチ 約63,000円~103,000円 40インチ 約83,000円~150,000円 58インチ 約310,000円~410,000円 となっています。決して安いものではないので、必要な機能と予算を照らし合わせて後悔のない買い物をしてください。

メーカーで選ぶ

テレビを開発販売しているメーカーはたくさんあり、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。人気のある日本のメーカー5社と製品の特長を紹介しますので、比較の参考にしてください。

SONY(BRAVIA)

SONYは、BRAVIAという名称でテレビを販売しています。BRAVIAは、トリルミナスというディスプレイを採用し、他社製品と比較して、映像に奥行きや深みがあり、繊細な質感であることが特徴です。日本初のテープレコーダーを開発した企業だけあって、音響も素晴らしく、臨場感があり迫力のあるダイナミックな音を楽しむことができます。音にこだわる方は、BRAVIAをおすすめします。

三菱テレビ(REAL)

MITSUBISHIは、REALという名称でテレビを販売しています。REALは、テレビ本体に、ブルーレイレコーダーやHDDが内蔵されているテレビがあり、リモコン一つで録画、再生、視聴をすることができます。さらに、リモコンでテレビの画面の向きを変えることができるので、録画機能を日ごろから使用される方や、極力動きたくない方におすすめです。

TOSHIBA(REGZA)

TOSHIBAは、REGZAという名称でテレビを販売しています。REGZAは、独自開発したREGZAエンジンCEVOを搭載し、よりリアルな映像を再現することが可能になりました。REGZAだけの特徴として、タイムシフトマシン機能があることです。地デジ番組を最大6チャンネル、80時間分まるごと録画することができるので、録画をし忘れても安心ですし、翌日、学校や職場で話題になったテレビ番組が気になっても見ることができます。話題についていきたい方や、絶対に見逃したくない方におすすめです。

Panasonic(VIERA)

Panasonicは、VIERAという名称でテレビを販売しています。一人暮らし用の小型のテレビから大型の有機ELテレビまで、最も幅広いラインナップが揃っているメーカーです。外付けHDDが主流ですが、小型の防水タイプのテレビには、録画機能内蔵のものがあり、入浴中に録画しておいた番組を視聴することが可能です。なので、一人暮らし用の小型テレビを探していた方や防水機能のついてテレビを探していた方には、他社にはない製品を見つけることができおすすめです。

SHARP(AQUOS)

SHARPは、AQUOSという名称でテレビを販売しています。SHARP独自開発のリッチカラーテクノロジーを採用し、他社のテレビより広域な色を再現することが可能になりました。なので、リアルで臨場感がある映像を楽しむことができます。部屋の明るさに合わせてバックライトを自動調整してくれる機能や自動電源OFF機能が搭載されているので、省エネにこだわる方におすすめです。

おすすめの録画機能付きテレビ10選

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 49V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ビエラ TH-49GX750

価格:111,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Panasonic TH-49GX750は、4K放送を視聴できる4Kチューナーを内蔵しています。4K放送を外付けUSBハードディスクに録画できます。高精細・高音質な映像をそのまま録画できるので、自分の好きな時に好きな番組を高画質で楽しむことができます。

 

さらに、4K高輝度IPSパネル、ダイナミックサウンドシステム搭載なので、どんな角度からでも、しかも高音質で視聴可能です。忙しくて見逃したくない番組がたくさんあるという方におすすめです。

 

 

パナソニック TH-49GX850 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較
LG

LG 55V型 4Kチューナー内蔵有機ELテレビ Alexa搭載/ドルビーアトモス対応 2019年モデル OLED55C9PJA

価格:189,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LG OLED55C9PJAは、55V型の有機ELテレビです。外付けUSBハードディスクで録画可能で、BS4Kチューナーが1つ110度CS4Kチューナーが1つ、地上デジタルチューナーが3つ搭載されているので、裏番組を同時に2番組録画することができます。

 

AI輝度で視聴する場所の明るさに合わせて、パネルの明るさを自動調整してくれます。さらに、音声認識機能で「ボリュームを下げて」「明日放送のドラマは?」など、指示や質問をすることができます。なので、録画機能を便利に使いたい方はもちろんのこと、操作が簡単なテレビを探していた方にもおすすめです。

ソニー(SONY)

ソニー SONY 55V型 有機EL テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-55A9G

価格:287,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONY BRAVIA KJ-55A9Gは、画面サイズが55インチ、6~8畳用で、最適視聴距離が110cmです。スピーカーが見えない構造になっていて、映像が浮かび上がるように見えます。画面そのものから音が出るような臨場感を味わうことができ、有機ELの性能を最大限にいかした高画質を体験することができます。外付けハードディスクで裏番組を録画することができ、画質にこだわる方におすすめです。

maxzen

maxzen JU55SK03 03シリーズ 55V型 4K対応 液晶テレビ 地上・BS・110度CS 外付けHDD録画機能対応 裏番組録画機能搭載 ダブルチューナー メーカー1000日保証

価格:46,260円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

maxzen JU55SK03は、55V型の液晶テレビです。外付けHDD録画対応で、地上・BS・110度CSの3波ダブルチューナー搭載で、裏番組を録画することができます。別売りの4Kチューナー/アンテナを用意すれば4K番組を視聴することができます。

 

IPSパネル採用で広視野角を実現、LED直下型バックライト、安心の国産映像チップ搭載で、色ムラの少ない発色の良い映像を楽しむことができます。リモコンは直感的に使用できるよう簡素化が図られています。簡単操作で録画と視聴を楽しみたい方におすすめです。

Hisense

ハイセンス Hisense 55V型 有機ELテレビ 4Kチューナー内蔵 レグザエンジンNEO plus搭載 HDR対応 -外付けHDD録画対応(W裏番組録画)/メーカー3年保証- 55E8000(スタンド色:シルバー)

価格:159,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Hisense 55E8000は、55V型の有機ELテレビです。外付けHDD録画対応で、裏番組も録画することができます。レグザエンジン NEO plus搭載で地デジの映像を4K高画質にアップコンバードし、ノイズを抑えたクリアな映像を楽しむことができます。

 

BS/CS・4Kチューナー内蔵なので、新4K衛星放送に対応できます。さらに、倍速駆動パネル採用で、速い動きも滑らかにくっきり視聴することができるので、スーパーアスリートが勢ぞろいするオリンピックに開催に合わせて、録画機能付きテレビを新しく購入しようと考えていた方におすすめです。

山善(YAMAZEN)

山善 50V型 液晶テレビ HDR対応 4K対応 (地上・BS・110度CS) (外付けHDD録画対応) (ダブルチューナー) (裏番組録画対応) 日本設計エンジン搭載 QRC-50W4K

価格:60,907円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

YAMAZEN QRC-50W4Kは、50V型の液晶テレビです。外付けHDD録画対応で、BS/CS・110度CSの3波対応、Wチューナー搭載で裏番組録画が可能です。スポーツを観戦しながら裏番組のドラマも見逃す心配がありません。

 

安心の日本製エンジンを搭載、LED直下型バックライト方式で豊かな色彩を表現し、6.5msという素早い応答速度で、動きが速いスポーツ番組もきれいに視聴することができます。ゲームモード低速遅延機能搭載なので、テレビゲームもストレスフリーで遊べます。録画機能とあわせてテレビゲームも妥協したくない方におすすめです。

ソニー(SONY)

ソニー SONY 55V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-55X9500G

価格:183,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONY BRAVIA KJ-55X9500Gは、55V型のテレビです。別売りのUSBハードディスクを接続するだけでテレビ番組を見ながら裏番組を録画することができる裏番組録画機能を搭載しています。

 

4K Reality PROを搭載しているので、あらゆる映像を高精細な4K画質にアップコバートしてくれます。さらに、倍速駆動機能に対応しているので、動きが速い映像もスムーズな映像として視聴可能です。画質だけでなく、アコースティック マルチ オーディオ搭載で、リアルで臨場感のあるサウンドを楽しむことができ、独自のバックライト制御機能によってなめらかで残像のない映像になるので、オリンピックを見るならこのテレビをおすすめします。

KJ-55X9500G テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較
東芝

東芝 55V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 55Z730X

価格:162,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TOSHIBA REGZA 55Z730Xは、55V型のテレビです。外付けHDDで録画することが可能です。直下LEDバックライト採用で、高画質を実現し、タイムシフトマシン機能のおかげで見ていなかった話題の番組や見忘れた番組を見逃すことがありません。4Kダブルチューナー搭載で、新4K衛星放送のウラ録が可能になりました。見たい番組がたくさんあるけれども毎日忙しい方におすすめです。

Hisense(ハイセンス)

ハイセンス Hisense 32V型 ハイビジョン液晶テレビ 32K30 IPSパネル メーカー3年保証 2018年モデル ダブルチューナー裏番組録画対応

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Hisense 32K30は、32V型のハイビジョン液晶テレビです。IPSパネルを採用しているので斜めから見てもきれいに視聴することができ、さらに直下型LEDバックライトなので、色ムラが少ない鮮やかな映像を楽しむことができます。

 

重低音を補完し増幅させるスーパーバズ機能を搭載し、高画質と合わせて高音質を体験できます。録画機能は外付けUSBハードディスクで、Wチューナーで裏番組の録画が可能です。パソコンのモニターとしても使用可能なので、一人暮らしの方や自分の部屋で使う予定の方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ 32V型 液晶テレビ ハイビジョン ダブルチューナー内蔵 外付HDD対応(裏番組録画対応) 32WB10P

価格:18,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイリスオーヤマ 32WB10Pは、外付けHDDで録画可能、Wチューナー対応で裏番組を録画することができます。自然の色をありのままに表現するハイビジョン液晶テレビで、直下型LEDバックライト採用のため息をのむ美しい映像を視聴可能です。6.5msという素早い応答速度なのでスポーツなどの素早い動きの映像も滑らかな映像として視聴できます。ウィークデイは忙しく、ウィークエンドに録画したスポーツ番組をゆっくり楽しみたい方におすすめです。

まとめ

録画機能付きテレビの選び方とおすすめの商品をご紹介しましたが、お気に入りの一台は見つかりましたでしょうか。オリンピックやワールドカップ、連ドラなど見逃す心配がない録画機能付きテレビで、快適なテレビライフをお過ごしください。