【2022最新】テレビの買い時はいつが安い?時期やコツを知ってよりお得に!

テレビの買い時を参考によりお得に安く購入したい方は多いのでは。テレビが安くなる時期は1年に渡り多くあり、店舗やメーカーでも異なるので事前に確認すると非常にお得です。本記事では、テレビの買い時や安くなるコツなどを紹介します。新製品に近い商品も安く買えるので参考にしてください。

2021/10/21 更新

テレビの寿命は10年前後です。地デジ放送に完全移行してから約10年が経つので、テレビを買い替えようと検討している方も多いのでは。テレビは高価な買い物なので、せっかくなら安くなる時期に買い替えたいですよね。テレビの買い時は1年に渡り多くあります

 

店舗やメーカーでも安くなる時期や商品は異なるので、テレビを安く買うためには事前に買い時をチェックすると非常にお得に購入が可能。また、買い方や購入場所によってはさらに安く買える場合があるので購入後にこっちのが安かった・・・とならないためにも比較するのが重要です。

 

そこで本記事では、テレビをお得に買う時期やコツ・買い時や購入場所を徹底解説します。そして、液晶テレビ・有機ELテレビ・4Kなどの特徴や選び方や買い替えにおすすめのテレビも紹介しているので、新しくテレビの購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!買い替えにおすすめのテレビ8選

テレビの買い時は1年の中で何回かあります。ここでは、下記5つの安く買える時期やタイミングについて解説するので参考にしてください。

 

6~9月|モデルチェンジ時期は型落ちが安い

新しいモデルが発売されると古いモデルの製品は売れ行きが落ちますので、新製品の発売前に旧式モデルの在庫を一掃しようと、家電量販店や通販サイトは価格を大幅に値下げします。つまり、家電は新製品が出る少し前を狙えば、最もお得に購入できるのです。

 

テレビのモデルチェンジ時期はメーカーごとに異なりますが、毎年6月~9月頃に行われることが多い傾向なので、その時期を狙えばお得に購入できるでしょう。また、旧機種の製品はできるだけ在庫を減らしたい店舗が多いので、値下げ交渉(方法はコチラ)も有利になりますよ。

6~7月・12月|夏・冬のボーナス時期

夏・冬と年2回やってくる、ボーナスの支給時期も要チェック。大きな買い物をする人が増えることから、この時期を狙って家電量販店やメーカーも値下げすることがあります。お得なセール情報を見逃さないよう、各家電量販店や通販サイトの情報をこまめに確認しましょう。

8~9月・2~3月|決算セール

家電の決算セールの時期も買い時です。決算時期は「利益を報告する時期」なので、どこの店舗も売り上げを上げたい時期。この決算期は中間決算と総決算と年に2回あります。主な家電量販店の決算期を知っておくと、買うタイミングを見定めやすくなります。

 

  • ヤマダ電機 
  • ケーズデンキ 
  • ヨドバシカメラ

上記3店舗は中間決算が9月、総決算が3月にあります。

 

  • ビックカメラ
  • コジマ

上記2店舗は中間決算が8月、総決算が2月です。

 

年度末の2月~3月末は特に低価格となり、他店舗との競合も行われるので値引き交渉(方法はコチラも有利になる可能性が大。テレビは春と秋に新製品を発売する傾向にあるため、決算セールと合わせて旧式のモデルを狙えば、最もお得に購入できる可能性がさらに高くなりますよ。

12月末~1月初|年末年始

12月の上旬は大抵の商品が新商品に切り替わっているので、家電製品の価格は全般的に上昇しています。ですが、年末頃になると冬のボーナス時期とも相まって財布の紐が緩くなる時期。家電量販店の多くは売上増加の狙い目ですので、販売数量を伸ばそうと歳末セールを行い全体的に価格を下げるようになります。

 

なお、その一方では12月に低価格だったものが1月後半になると通常価格に戻る傾向があるので、「いつ買うか」のタイミングには注意が必要です。

12月30日・31日が最もお得!?

年末年始の中で最もお得になるのは、12月30日・31日です。歳末セールの真っ只中であるクリスマス前後は、多くの買い物客が訪れますので家電量販店は大変忙しい時期。値引き交渉も客数が多い分、不利になる可能性が高いです。

 

ですが、クリスマスを過ぎると客足も落ち着き、特に30日・31日は家電量販店に行く人は少ない傾向にあります。店舗側も余裕があるので、接客にも時間をかけることができて値引き交渉(方法はコチラ)に有利。製品の特徴について説明を聞きたい方は、このタイミングが狙い目です。

 

注意すべきは、人気商品は在庫切れの可能性が高いことと、テレビの配達や設置が遅れる可能性があることです。年末の30日・31日は売上を確保するため価格がお得になっており、お店も余裕が出てくるので価格交渉にも有利な分、計画も必要ですよ。

お正月

テレビの機種にこだわりがなければ「初売り」がお得なタイミングでもあります。 この時ばかりはネット通販よりも比較的安く購入ができるのです。店舗でスムーズに購入するためにも、事前に歳末セールとお正月セールのチラシをチェックして商品情報を把握しておきましょう。

3~4月|新生活が始まる春

就職や進学、人事異動などで引っ越しをしたり新生活を始めたりする方が多い、3~4月も買い時です。新たに家電を買い揃える方が多いので、「新生活応援セール」と銘打って値下げをする店舗も増えてきます。テレビだけでなくその他の生活家電の購入を考えている方は、同じ店舗でまとめ買いをするとさらに値引き交渉(方法はコチラ)に応じてもらえる可能性が高くなるので、ぜひトライしてみてくださいね。

今すぐ見る!買い替えにおすすめのテレビ8選

【価格】ネット通販の方が安く購入しやすい

家電量販店は経営を維持するための経費が必要な分、販売価格はそれらの経費を上回ることが必要です。しかし、ネット通販なら人件費もあまりかからないので倉庫さえあれば家賃も地代も安く済みます。また、Amazon・楽天・Yahooショッピングなどを見ながら価格の比較もできますし、おおむね家電量販店よりも安く購入できる場合があるのでより安く購入したい方はチェックしましょう。

【保証】家電量販店はアフターサービスが充実

テレビは大型家電であり精密機械なので10年前後は使い続ける製品になり、故障や修理が必要な時がいつかは訪れます。その際に必要なのが保証ですよね。保証は家電量販店の方が充実しており、テレビが故障した場合、購入した家電量販店の窓口に問い合わせればアフターサービスを受けられます。

 

一方、ネット通販の場合は販売店の窓口によるアフターサービスはほとんど受け付けていません。テレビのメーカーに直接問い合わせる必要がありますので、保証に関してならば家電量販店のほうがお得でしょう。

【問い合わせ】家電のプロに直接アドバイスをもらえる家電量販店

問い合わせをするにも、家電量販店とネット通販には違いがあります。家電量販店ならば電話で問い合わせることも可能ですし、店員さんに直接話しかけることも可能。購入の際に迷ったとしても、製品それぞれの特徴を熟知している店員さんに案内してもらえます。

 

一方、ネット通販は購入の際に紹介文やスペックを読みこまなければ性能の比較もできませんよね。メールや問い合わせフォームから質問できる環境が整っていることも多いですが、問い合わせのしやすさを考えるならば、家電量販店に軍配があがるでしょう。

【買いやすさ】ネット通販なら24時間いつでも好きな時に購入できる

買いやすさの点でいうとやはりネット通販です。家電量販店でテレビを購入するならば、セールの時期なら長蛇の列に並ぶことも覚悟しなければなりませんし、営業時間などの制限もあります。ですが、ネット通販ならば自宅からパソコンやスマートフォンさえあればワンクリックで購入が可能。

 

24時間365日昼夜問わず思い立った際に購入できます。時間を考えずに自分のペースで購入したい方はネット通販がおすすめです。

【実物の確認】サイズや画質をチェックしたいなら家電量販店一択

部屋の広さや雰囲気との相性を考えるならば実物を確認できたほうがいいですよね。実物をチェックできるのは家電量販店だけです。実際に目の前に立ち、画面の質感やサイズまで、見たり触ったりしなければわからないことは多くあります。

 

ネット通販では写真でしか確認できませんので、実際に購入して商品が届いても、思っていたものとは大きくかけ離れている可能性があります。当たり前ですが、実物を見たい場合は家電量販店がおすすめです。

【その他のお得な購入方法】店頭・ネット購入それぞれにメリットがある

家電量販店ならばスマホ決済が可能ですし、量販店の強みでもある延長保証があります。また、大型家電は配送の無料サービスが行われていたり、値引き交渉が可能です。ネット通販は配送料がかかる分、スピード配送があり早くて翌日には到着し設置できます。

 

そして店員さんと会話するのが苦手な方にとっては、ネット通販は購入しやすく自分のペースで検討しながら選べるのが魅力です。

ネット通販の方が比較的に低価格ということが分かりましたが、家電量販店にも最安値で購入する方法があります。3つのポイントを絞ってご紹介するので参考にしてください。

 

狙い目は展示品

展示品とは店頭に並んでいる商品で比較的安く購入できます。買い物客に見せるために展示されているものなので、決して中古品というわけではありません。ですが、テレビは画面や音響の特徴を紹介するために通電させていて開封済みの状態です。

 

中古品ではありませんが、展示されているのでさまざまな人の手が触れています。そのため、これらが気にならない場合は展示品の購入がおすすめです。

メーカーの特売日

家電量販店では3連休や週末になると、シャープやパナソニックなど主なメーカーから販売スタッフを招き、特売日を設定している場合があります。こういったイベントではメーカー側も気合いが入っており普段よりも安く購入できることがあるので、気になるメーカーがあればチェックしましょう。

 

下記リンクでは人気テレビメーカーの特徴や比較をしながら解説しています。メーカーで検討したい場合におすすめなので参考にしてください。

気軽に値引き交渉する方法とは?

対面販売は値引き交渉できるのが魅力です。交渉成功率の高いポイントをピックアップしたので、事前にチェックしておきましょう。

 

  • メーカーの販売員が店頭にいる場合は直接交渉する
  • 店員さんおすすめの商品は在庫処分したいものであることも
  • 他店の販売価格を事前にチェックしてから交渉する
  • 客足が減り売り上げ目標が達成しづらい雨の日
  • 月の最終週の週末

 

家電量販店やメーカーが、「在庫処分したいテレビ」「販売に力を入れているテレビ」「店舗の売り上げ目標を達成したい時」が交渉成功のポイントになります。ただ、メーカーや商品によっては必ずしも値引きしてもらえるというものではありません。

 

そのため、事前に値引きできるメーカーや商品なのかネットで確認したり、値引き交渉する前に販売員の方に聞いたりすると比較的スムーズに交渉ができます。

パナソニック(Panasonic)

VIERA TH-50JX750

価格:82,621円 (税込)

2021年最新の4K液晶テレビ!

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TH-50JX750はパナソニックの2021年最新の4K液晶テレビです。AIが映像を最適化する「自動画質調整機能」が搭載され、暗いシーンや明るいシーンなどの場面ごとに最適な映像を再現できる特徴があります。また、高音質設計のスピーカーシステムにより臨場感あふれるクリアな音を体感できるのも魅力。スマートスピーカーとも連携可能なので、電源のオン・オフやチャンネル切り替えを声で手軽に操作したい方にもぴったりです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 TH-50JX750
画面サイズ 50 V型(インチ) 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1123x682x247 mm 重量 10.4 kg
機能 ゲームモード・スマートスピーカー連携・VODサービス 省エネ性能 ★★★

本体の重さが軽くて扱いやすい。また、画面もきれいで、気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

接続、設定、操作、機能全て満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

ソニー(SONY)

ブラビア KJ-55X9500H

価格:152,844円 (税込)

なめらかな映像で大迫力の高画質4Kテレビ

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー独自の高画質技術により、まばゆいほどの輝きと圧倒的なコントラスト表現が実現されました。動きの「なめらかさ」と、残像感を抑えた「くっきり」を追求しているから、スポーツシーンのようなアクティブな動きをリアリティーのある映像で楽しめます。また、ソニー独自の音響技術により、音の定位感・広がり感がさらにアップ。映像と音の一体感が高まり、臨場感豊かな視聴体験が可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SONY 商品名 BRAVIA KJ-55X9500H
画面サイズ 55V型 画素数 3840x2160
画質 4K液晶 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1230x779x310 mm 重量 18.1kg
機能 スマートスピーカー連携、ゲームモード 省エネ性能 ★★

画質についてですが、流石に描画エンジンが優秀なようで、鮮やかで階調豊かな絵が描画されます。モーションフローも一昔前と比べると自然で、残像感は殆ど気になりません。 地デジの映像も綺麗に映りますが、4K-UHD映像は別次元の美しさです。このテレビの真価が発揮されていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

画質、音質共に文句なしの出来です。 UIも進化しており、地味な進化点ですがHDMI接続端末が認識/表示されるのでゲーム機や接続機器が増えてきた今となっては、分かりやすく、使い勝手が向上していると思います。 Bluetoothも搭載されており、時間帯によっては手持ちのワイヤレスイヤホンなどを使うこともできます。 Androidはもちろん、iOSもAirPlay 2により画面に映し出せるのでとても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

東芝(TOSHIBA)

レグザ 43Z730X

価格:103,799円 (税込)

全面直下LEDバックライトで圧倒的な映像美

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全面直下LEDバックライトは、LEDの点滅を緻密に制御する「リアルブラックエリアコントロール」が搭載され、リアルな精細感を実現します。輝く白と奥行き感のある黒のコントラストで、豊かな映像美を体感できます。見逃した番組も後から楽しめる「タイムシフトマシン」機能で、テレビ視聴の楽しみが広がります。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 東芝 商品名 REGZA 43Z730X
画面サイズ 43V型 画素数 3840x2160
画質 4K液晶 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 975x626x209 mm 重量 13.5kg
機能 スマートスピーカー連携、ゲームモード 省エネ性能 ★★

画質はあえて43型を購入し、画素の密度を最小化 画質は有機EL液晶に迫る高コントラストで発色も良く素晴らしいです 音質も低音用のサウンドバーをあえて購入したりせずとも全域の音質がしっかり表現されています

出典:https://www.amazon.co.jp

画質は4Kと言うこともありとても綺麗だと思います、音質に関しては内蔵されているスピーカーでサウンドバーと同等な音が出ているのではと感じます。 ゲームで使用しておりますが、REGZAシリーズ特有のゲームダイレクトと言う機能を使えばほぼ遅延無しでゲームが出来るのでアクションゲームや判定にシビアな音楽ゲームでもオススメ出来ます。43型と結構大きいのでps4などのゲームのムービーなんかは迫力があります、120hzの出力が出来るのでこれから発売されるps5でも使えるのではないかとちょっとした期待もあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

Hisense(ハイセンス)

43E6800

価格:52,800円 (税込)

BS/CS 4Kチューナー内蔵!外付けチューナーなしで新4K衛星放送が見られる

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壁掛け・スタンドに対応した43インチ。地デジ映像のノイズを除去し、動きのある映像もぼやけることなく細部まで鮮明に映し出せます。正確なコントラスト表現で、奥行きを感じるリアルな映像を再現。明るいシーンでも鮮やかさを失わずに美しい色合いを保つので、高画質を求めている方におすすめです。

メーカー ハイセンス 商品名 43E6800
画面サイズ 43V型 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 959x601x186 mm 重量 9.1kg
機能 - 省エネ性能 ★★★★

PS4のCODをメインでプレイしていて、普段は自室で遅延の少ないゲーミングモニターを使用していますが、たまにリビングでプレイすることもありその時はREGZA 26ZP2というテレビを使っていました。 家族も大きいテレビを欲しがったこともあり、PS4 PROも購入したため4Kテレビを買おうと思い選択肢に入りました。 一番重要視したのは遅延ですが、恐らく4KテレビでFPSや格闘ゲームをするならREGZAかこれしかないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

チューナー×3なので裏の裏まで録画できる。 他社製のバースピーカー着けてるが必要ないくらい良い音が出る。 さすがに斜め方向からの視聴は色が薄い。

出典:https://www.amazon.co.jp

SHARP(シャープ)

AQUOS 4T-C42DJ1

価格:77,000円 (税込)

2021年6月発売!「低反射パネル」搭載で明るい部屋でも見やすい

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4T-C42DJ1はシャープから発売された2021年最新の液晶テレビです。4Kダブルチューナー内蔵なので、明るく鮮やかな映像を楽しめます。また、高性能な「低反射パネル」を採用することで、明るい部屋でもクリアで見やすい画面を実現。さらに、さまざまなネット配信サービスにも対応しているので、映画からスポーツ、アニメまで楽しめるのがポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 4T-C42DJ1
画面サイズ 42 V型(インチ) 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 956x607x247 mm 重量 9.9 kg
機能 スマートスピーカー連携・VODサービス 省エネ性能 ★★

予算8万円円前後、寝室用にBS4K対応のAndroidTVを 探してこの機種になりました。 多くはYouTube、TVer、ネトフリ等のVOD視聴メインですが、 サクサクのレスポンスにAQUOS液晶が相まって満足しています。 HDD録画も同時2番組対応で良いです。 正面からでなく、斜め30度や120度くらいの鋭角から試聴すると やや白っぽい画質になりますが、正面近辺からしか試聴しないので 実害はありません。

出典:https://review.kakaku.com

シャープ(SHARP)

AQUOS 4T-C50BH1

価格:79,800円 (税込)

4Kチューナー内蔵の高画質・高音質テレビ

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新4K衛星放送を楽しめるBS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵し、4K放送を視聴中に別の4K放送を裏録画することができる便利なテレビ。スポーツや映画など多様なジャンルを、フルハイビジョンの4倍きめ細かい高画質で自宅にいながら楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー SHARP 商品名 AQUOS 4T-C50BH1
画面サイズ 50V型 画素数 3840x2160
画質 4K液晶 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1122x709x253 mm 重量 13kg
機能 - 省エネ性能 ★★

4Kチューナー内蔵テレビを何種類か検討し購入しました。 10年以上32型のテレビを使っていてからの待望の4Kテレビで、画像画質の美しさ、音声の臨場感ともに申し分ないです。 ひかりTV4Kチューナーがないことが唯一の難点です。

出典:https://www.amazon.co.jp

左右に首振りできるのは、シャープと三菱のみで、ダブル録画ができて・・と考えると シャープのBN1が、一番コスパが良さそうでしたので購入しました。 最初の画面は、レグザより白っぽく見えますが、映像調整すればさほど違和感ありません。 それよりも、androidTV内蔵なので、今までファイヤースティックTVで見ていたものが ほとんどそのままで、見ることができます。いままで使っていたレグザよりも音もいいし大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソニー(SONY)

ブラビア KJ-50X80J

価格:94,050円 (税込)

2021年5月発売!3チューナー搭載で2番組同時録画できる

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KJ-50X80Jは2021年5月にソニーから発売された4K液晶テレビです。高性能な映像技術により、これまで表現するのが難しかった繊細な色味まで忠実に再現します。また、3チューナー搭載されており、番組を視聴しながら別番組を2つ同時に録画できるのがポイントです。壁掛けにすることもできるので、すっきり省スペースに設置したい方にも向いています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 KJ-50X80J
画面サイズ 50 V型(インチ) 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1126x718x286 mm 重量 12.9 kg
機能 スマートスピーカー連携・VODサービス 省エネ性能 ★★

10万円以下で2番組同時録画が出来て、ソニーのトルミナルディスプレイで しかもGoogle TVでVODも種類が豊富でサクサクキビキビ動き申し分ありません。

出典:https://review.kakaku.com

東芝

50M530X

価格:92,800円 (税込)

50V型がお手頃価格で買える

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「東芝 REGZA 50BM620X」は2019年6月に販売された当初は、販売価格が18万円台だったのが今では10万年を切るまでに。本製品は4Kテレビの中でもトップクラスの画質であり、夜景のような暗い映像も、綿密な美しい輝きを表示してくれます。お手頃価格で4Kテレビを購入したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

今回子供に液晶パネルを割られてしまいこちらの商品購入しました。 なんと言ってもprime Videoが見れるのとYouTubeもサクサク動いてくれるのでとても助かっています。 前のテレビは太陽の光が反射してると画面が見づらかったのですがこちらは全然気にぜずに見ることが出来ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

画質は皆さんが言われている白っぽいのは確かにありますが、調整で根気よく追い込んで行けばかなり良くなります。倍速機能は気になりません。ほんの僅かにカクつくことがありますが、補正機能も搭載されているので問題なし。もちろんハイスペックの上位機種には及びませんが、充分綺麗です。あと、サラウンドシステムを購入予定でしたが、やめました。音質は抜群に素晴らしいです。音にこだわる方はどうか分かりませんが、音楽・ライブのサラウンド効果・映画も含め凄いです。スピーカーはフレームの下向きに付いていますが、画面から音が出ている効果があり、一切の違和感なし。

出典:https://bbs.kakaku.com

せっかく買い替えるならより高画質のテレビを、と考える方も多いですよね。現在主流となっているのはフルハイビジョンですが、それよりも画素数・解像度が4倍も高精細なのが4Kテレビです。ここでは、4Kテレビの買い時や見るために必要なものを紹介します。

4Kテレビの買い時は他のテレビと同じタイミング

4Kテレビの買い時も、これまで紹介してきたお得なタイミングと同じです。モデルチェンジする時期に型落ちを狙ったり、決算セール・ボーナス時期などをチェックしましょう。下記記事では、4K・8K・有機ELテレビの買い時や見るために必要なものを解説しているので検討している方におすすめです。

「買ってはいけない」というウワサの真偽は!?

「4Kテレビを買ってはいけない」というウワサを耳にしたことがある方も中にはいるはず。このように言われているのは、現在の地上デジタル放送は2Kであり4Kに対応していないからです。2025年に4K放送に移行するという話がありますが、地上デジタル放送に移行してからまだ10年しか経っておらず、2025年の実現は難しいのではないかと言われています。

 

ですが、1部のBSやCSでは新4K衛星放送に対応していているので、4K対応テレビ(別途チューナーが必要)やチューナーが内蔵された4Kテレビがあれば、高画質な映像を楽しむことが可能です。テレビの大画面でゲームを楽しみたい方にもおすすめですよ。

 

4Kテレビの特徴や魅力を知りたい方、4K・8Kのゲーム用テレビを検討している方は下記リンクに詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

テレビが安くなるおすすめの買い時や、口コミで高評価の人気テレビを紹介してきましたが、いかがでしたか?年に何回か訪れる販売価格が下がる時期を押さえて、満足のいく買い物をしましょう

# 買い時 # 安い