【2022最新】スマートテレビとは?|おすすめランキング・アンドロイドテレビのデメリットも

インターネットに接続できる便利なスマートテレビ。テレビを買い換えるなら最新機能がついたスマートテレビがいい!という方に、おすすめモデルをランキング形式でご紹介します。また、スマートテレビでできること、実際に購入した人の評判、相場価格についても解説しますのでせひ参考にしてください。

2022/04/04 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
パナソニック(Panasonic)

19V型 ポータブル液晶テレビ UN-19FB10-K

家電芸人もおすすめ!プライベート・ビエラ UN-19FB10

\楽天スーパーSALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

プライベート・ビエラ UN-19FB10-Kは、地デジ・BS・CSはもちろん、インターネット動画配信サービスやラジオ機能にも対応したポータブルテレビです。YoutubeやNetflixなど7つの動画配信サービスに対応しており、さまざまなコンテンツを楽しむことができます。

 

また、無線LAN内蔵のチューナー部がセットになっているのでアンテナ線は不要。モニター部にバッテリーを搭載しているので、家の好きなところでテレビ番組やラジオ・動画配信を楽しむことができます。

 

他にも、モニター部のHDMI入力端子にブルーレイディスクプレーヤーやゲーム機を接続することができたり、録画機能が備わっていたりと非常に便利な1台となっています。さらには音質にもこだわっており、迫力のある重低音を実感することができます。一人暮らし用のテレビとして・サブテレビとしてもおすすめです。

サイズ
19インチ
パネルタイプ
液晶
画質タイプ
-
録画機能
◯(USBハードディスク別売)
その他機能
-
子ども(成人していますが)の部屋用に買いました。リビングにある同じ種類のテレビから お部屋ジャンプを使って録画した番組も観られるし、アプリが入っているのでHuluや ダゾーンなども部屋で視聴可能になり便利。

出典: https://www.amazon.co.jp

19V型のポータブルテレビなので少し小さめですが、子供部屋に設置するにはちょうどいいサイズのようです。VODも活用して、子どもとの楽しい時間に大活躍ですね。
機械にうとい私がすぐに接続することができました。

出典: https://www.amazon.co.jp

スマートテレビは複雑な設定があって難しそう、と思っている方も多いかと思いますが、こちらの方はすぐに接続することができたそうです。難しい設定を省いてすぐにインターネット接続できるのは魅力ですね。
思った以上に軽く移動も便利。ただし想像以上に映像・音声が途切れる。

出典: https://www.amazon.co.jp

ポータブルなので小型化・軽量化が進んでおり、持ち運びに便利なようです。ただし、障害物があったり電波から離れたりした場所にいると、テレビがうまく映らないという声が多く挙げられています。
他レビューで批判に挙げられてる電波状況ですが・・・・・正直、悪いですね。私の場合、木造家屋の和室にチューナーを置き、襖を挟んで距離4メートルにディスプレイがあるのですが、プツプツ切れます。ディーガも同じ状況だったのですが、7年近く経っても改善できなかったのは、技術的に不可抗力だったのかな・・・・?と、ちょっと諦め気味。  ただ、説明書に対策がいくつか紹介されており、その中の無線LAN中継させる方法を試したところ、かなり改善されましたので、良しとしましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp

電波が悪いとテレビの映りが悪い、というデメリットですが、無線LAN中継させる方法を試したところ、かなり改善されたという口コミがあります。Wi-Fiから少し離れた場所でテレビを試聴したい方は、無線LANの中継機を購入するのが良いでしょう。
1位
ソニー

KJ-49X9000F

動きに強い高画質の液晶テレビ

\楽天スーパーSALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

高画質で動きに強いソニーの4K液晶上位機種です。直下型LEDを使用しているため、パネル全体が明るくくっきりとした画質に加え、倍速液晶を搭載しているためスポーツやアクション映画などの動きの激しいシーンのなめらかさも大きな特徴。また、ソニーの4KといえばAndroidTVを搭載しているため、YoutubeやHuluなどのメジャーどころはもちろん、自身でアプリを追加することによりさまざまなコンテンツを大画面のTVで楽しむことが可能です。価格は多少高めですが、それを補ってあまりある満足感の高い製品になっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
190 W
年間電気代【円】
4590 円
2位
東芝

55BZ710X

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年に発売した東芝の4K液晶テレビです。4K放送が始まる前のテレビなので4Kチューナーは内蔵していませんが、代わりに地デジ/BS/CSのチューナーが3基ずつ搭載されているため、外付けのHDDをつけて2番組まで同時に録画することが可能です。さらにこちらはBAZOOKAと呼ばれる重低音重視の大型のバスレフスピーカーを内蔵しているため、シアターセットなしで迫力の音声を楽しむことが可能。シアターバーがいらない=場所を取らないということになるので置き場所の省スペース化にも一役買っています。倍速液晶、直下型LED搭載と画質もしっかりと保証されている、非常に良質なテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
256 W
年間電気代【円】
3537 円
3位
東芝

43M520X

コスパに優れたネット機能搭載テレビ

\楽天スーパーSALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

東芝のMシリーズの旧型モデルです。現行のテレビとの違いは4Kチューナーがシングルチューナーというところが主な違いになっており、それ以外は大差がないため価格を抑えたい方には特におすすめのモデルになっています。
4Kテレビながら非常に価格が抑えられており、他メーカーのネット搭載テレビに比べてコンテンツは少なめですがYoutubeなどの有名所はしっかりと網羅したネット連携も付帯していますので価格に対しての満足感が高いテレビになっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
VAパネル
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
121 W
年間電気代【円】
2241 円
4位
パナソニック

TH-55GX850

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

GX855の旧モデルに位置するパナソニックの高画質4K液晶テレビです。最新機種との違いが実を言うとほとんどなく、市場に出回っているのを発見したらこちらを選択することで優位な価格で購入することができます。4Kチューナー、ネット対応と基本的な機能はきちんと網羅しており、加えて高輝度のパネル、倍速液晶と高画質に関わる部分もしっかり搭載。加えて台座がボタン一つでテレビ台に吸着し、倒れづらい構造となっているため災害時にも安心な構造になっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
176 W
年間電気代【円】
3672 円
5位
ハイセンス

43A6800

一人暮らしにもオススメの高コスパテレビ!

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

海外メーカー、ハイセンスの43インチ4K内蔵テレビです。4Kチューナー内蔵、最低限のネット連携機能を備えて5万前後の非常にコストパフォーマンスに優れたテレビですので、セカンドテレビや限られた予算の一人暮らしでも選びやすいのが大きなメリット。画質は少々白っぽいのと残像感があるというのはありますが、4Kのパネルということもありそこまで大きくは気にならないレベルです。また、ゲームモードが搭載されているので一瞬の遅延が命取りになるゲームをする場合の安価なモニターとしても優秀。とにかく低予算で回したい方におすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
VAパネル
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
120 W
年間電気代【円】
2835 円
6位
ソニー

KJ-65X8500F

65インチながらも手が出やすい価格帯

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

8550Gの前モデルで、4Kチューナーの有無が最大の違いになります。4K放送を見ないと言う方にとっては大差がないため、安価で購入できるチャンスというのは最大のメリット。この性能、インチ数ながらも20万円を切るモデルというお財布的にも嬉しい機種になります。
また、FシリーズはAndroidTVの動作が非常に安定しており、テレビが勝手に再起動したり立ち上がるまで時間がかかったりといったトラブルがほとんどないのも評価ポイントです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
モーションフローXR240
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
207 W
年間電気代【円】
4212 円
7位
シャープ

4T-C50AM1

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2018年のシャープアクオス上位モデルです。上位モデルとはいえどコスパの高さが魅力でこのインチ数で80,000円を切るモデルというのはなかなかありません。AndroidTVによるネット動画視聴、ココロビジョンによるおすすめ番組の紹介、アクオスブルーレイで録画した番組を無線で視聴などなど、ネット連携機能が非常に優れているテレビになっています。液晶画面は明るめでやや白っぽいものの、目に優しいモデルです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
480スピード
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
168 W
年間電気代【円】
3969 円
8位
東芝

55X920

東芝 55X930の型落ち商品です

\楽天スーパーSALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

こちらのテレビは東芝 55X930の型落ち商品です。現在は最新モデルの、東芝 55X930が発売されているので、そちらの購入がおすすめです。
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4K OLED クリアダイレクトモーション
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
385 W
年間電気代【円】
-円
9位
シャープ

4T-C60AJ1

60インチのスタンダードモデル

\楽天スーパーSALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

シャープの2018年モデル、Aラインの最もスタンダードなモデルです。倍速液晶も4Kチューナーも搭載していませんが、代わりに価格が抑えられているという点が大きな特徴になります。スイーベルスタンドになっており、角度調節を行うことができるため多様な角度から正面に向かって視聴することが可能。普段視聴する場所が何箇所かある方に特におすすめです。また、珍しくPCのD-Sub15pin端子を備えているので、PCのモニタとしても活用できるという一面も。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
60V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
-
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.1 m
消費電力【W】
213 W
年間電気代【円】
4455 円

スマートテレビの世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
ソニー
東芝
東芝
パナソニック
ハイセンス
ソニー
シャープ
東芝
シャープ
東芝
商品名
KJ-49X9000F
55BZ710X
43M520X
TH-55GX850
43A6800
KJ-65X8500F
4T-C50AM1
55X920
4T-C60AJ1
REGZA 50M520X [50インチ]
説明
動きに強い高画質の液晶テレビ
BAZOOKA搭載W録画対応テレビ
コスパに優れたネット機能搭載テレビ
ネット対応の高画質テレビ
一人暮らしにもオススメの高コスパテレビ!
65インチながらも手が出やすい価格帯
画質それなり、コスパ良好
東芝 55X930の型落ち商品です
60インチのスタンダードモデル
リンク
種類
液晶テレビ
液晶テレビ
液晶テレビ
液晶テレビ
液晶テレビ
液晶テレビ
液晶テレビ
有機ELテレビ
液晶テレビ
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
55V型(インチ)
43V型(インチ)
55V型(インチ)
43V型(インチ)
65V型(インチ)
50V型(インチ)
55V型(インチ)
60V型(インチ)
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
3840x2160
3840x2160
3840x2160
3840x2160
3840x2160
3840x2160
3840x2160
3840x2160
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
HDR10HLG
HDR10
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
HDR10HLG
HDR10HLG
HDR10HLG
HDR10HLG
HDR10
HDR10
パネル種類
-
-
VAパネル
-
VAパネル
-
-
-
-
VAパネル
バックライト
直下型LED部分駆動
全面直下LEDバックライト
エッジ型LEDバックライト
LEDバックライト
直下型LEDバックライト
LEDバックライト
エッジ型LEDバックライト
-
エッジ型LEDバックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
-
-
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
4Kクリアダイレクトモーション480
-
オブジェクト検出 倍速表示
-
モーションフローXR240
480スピード
4K OLED クリアダイレクトモーション
-
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
1 m
0.8 m
1 m
0.8 m
1.2 m
0.9 m
1 m
1.1 m
0.9 m
消費電力【W】
190 W
256 W
121 W
176 W
120 W
207 W
168 W
385 W
213 W
146 W
年間電気代【円】
4590 円
3537 円
2241 円
3672 円
2835 円
4212 円
3969 円
-円
4455 円
2565 円
東芝

65Z740X

東芝 65Z740X

画面サイズに関する1件のバリエーションがあります

「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しており、高精細でリアルな高画質が楽しめるテレビです。肌の質感もよりリアルに再現し、さまざまなノイズを検知し低減してくれます。また、迫力のある重低音とフラットで明瞭な音質を体感できるのも特徴です。スピーカーからでなく、画面から音が聞こえるような自然な音響が楽しめます。
65Z740Xには、「タイムシフトマシン機能」が搭載されています。過去の番組表から気になる番組を選ぶだけで、見逃した番組や録り忘れたドラマも楽しむことができます。高画質で迫力のあるサウンドを体感したい方や、普段から外出が多くリアルタイムで番組が見れない方におすすめのテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+HLG
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
336 W
年間電気代【円】
5292 円
ソニー

KJ-55X9500H

ソニー KJ-55X9500H

画面サイズに関する1件のバリエーションがあります

「X1 Ultimate」搭載で映像分析能力が高く、高精細な映像表現が可能なソニーの液晶テレビです。被写体に応じて最適な解像度に調整する「オブジェクト型超解像」や、コントラストを向上させる「HDRリマスター」によって立体感のある映像を映し出します。ソニー独自の音響技術で、映像と音の一体感を感じられるのも魅力です。

高画質なうえに没入感が高いので、4Kコンテンツを観るのに最適です。また、斜めから見ても美しく見えるので、友人や家族など大人数での視聴にもぴったり!有機ELには及びませんが、より高画質な液晶テレビをお探しの方におすすめします。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
直下型LED部分駆動
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
倍速駆動パネル
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
244 W
年間電気代【円】
6399 円
東芝

43M540X

こちらは43V型のBS/CS 4Kチューナー内蔵の液晶テレビです。チューナーなしで4K新衛星放送の視聴が可能なモデルになっています。より緻密に映像を再現する映像エンジン「レグザ エンジン Evolution」とサウンド技術を搭載し、さらに美しい画質と音質を実現しています。

HDR10、ARCにも対応しており、外付けHDDでより音質にこだわることもできます。地上、BS/CSは3チューナー搭載しているため、地デジ、BS/CSすべてで2番組を裏番組録画することが可能。ゲームモードももちろん搭載しており、大型なので家族や友人と楽しめるゲーム用テレビとしておすすめします。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
116 W
年間電気代【円】
2187 円
東芝

50M540X

本商品は地デジのノイズを高精度に抑制しながらテロップまで、クッキリとした映像で再現する地デジビューティXに対応しています。また、さまざまな画質が混在するネット動画の映像に高画質処理を実施。低階調な映像ではコントラストと精細感がアップします。

従来編集とHDR編集された同一の映像素材の違いをAI(人工知能)が機械学習。得られたパラメーターをもとに、通常の映像を高精度にHDRクオリティに変換し、コントラストの高いリアルな映像で再現します。変化する視聴環境に合わせてAIが画質を自動調整するので、ネット動画を楽しみたい方のもピッタリです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
126 W
年間電気代【円】
2322 円
パナソニック

TH-49HX850

左右だけでなく、上下からも包まれるような臨場感を体感できる立体音響システム「Dolby Atmos®」を搭載した液晶テレビです。また、AIHDRリマスター機能により、4K衛星放送をよりきれいに調整して再生できるという強みがあります。転倒防止スタンドが付属おり、地震や衝撃による転倒を防げるのもポイントです。

さらに、4Kと通常の番組を同時に録画できるので、見たい番組が重なって困っている方にもおすすめ!リモコンやスマートスピーカーを通した音声操作にも対応しています。4Kお部屋ジャンプリンク機能が使える対応機器を取り入れれば、録画した番組を好きな場所で見られます。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
IPSパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
オブジェクト検出 倍速表示
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
162 W
年間電気代【円】
3510 円
フナイ

FL-43UF340 [43インチ]

本商品は、フナイより発売されている4K対応のスマートテレビです。出演者の関連情報や拡大表示できる番組表といった録画に便利な機能が充実し、再生の際にも見つけやすいのがポイント!録画したものをジャンルごとに検索したり、早見再生ができたりと使い勝手も抜群。また、豊富なサウンドモードを備えているのも嬉しいです。

そのため、シーンごとにサウンドを調整したい方におすすめです。番組の音量も自動で調節してくれるため、面倒な手間も不要。聞き取りやすさを重視される方にも向いています。また、4K高画質で視聴できるため、音とあわせて映像美にもこだわりたい方に最適です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
98 W
年間電気代【円】
-円
フナイ

FL-50UF340

Amazonで詳細を見る
\ 期間限定!口コミを投稿してお得に買える! /
キャンペーン詳細を見る
フナイ FL-50UF340

画面サイズに関する1件のバリエーションがあります

本商品は、フナイより発売されている4K対応のスマートテレビです。出演者の関連情報や拡大表示できる番組表といった録画に便利な機能が充実し、再生の際にも見つけやすいのがポイント!録画したものをジャンルごとに検索したり、早見再生ができたりと使い勝手も抜群。また、豊富なサウンドモードを備えているのも嬉しいです。

そのため、シーンごとにサウンドを調整したい方におすすめです。番組の音量も自動で調節してくれるため、面倒な手間も不要。聞き取りやすさを重視される方にも向いています。また、4K高画質で視聴できるため、音とあわせて映像美にもこだわりたい方に最適です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
99 W
年間電気代【円】
-円
フナイ

FL-55UF340

Amazonで詳細を見る
\ 期間限定!口コミを投稿してお得に買える! /
キャンペーン詳細を見る
フナイ FL-55UF340

画面サイズに関する1件のバリエーションがあります

本商品は、フナイより発売されている4K対応のスマートテレビです。出演者の関連情報や拡大表示できる番組表といった録画に便利な機能が充実し、再生の際にも見つけやすいのがポイント!録画したものをジャンルごとに検索したり、早見再生ができたりと使い勝手も抜群。また、豊富なサウンドモードを備えているのも嬉しいです。

そのため、シーンごとにサウンドを調整したい方におすすめです。番組の音量も自動で調節してくれるため、面倒な手間も不要。聞き取りやすさを重視される方にも向いています。また、4K高画質で視聴できるため、音とあわせて映像美にもこだわりたい方に最適です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
110 W
年間電気代【円】
-円

テレビ スマートテレビの全商品一覧

関連する記事

【2022】コスパで選ぶ!一人暮らしにおすすめのテレビ15選|単身者の相場・予算ものサムネイル画像

【2022】コスパで選ぶ!一人暮らしにおすすめのテレビ15選|単身者の相場・予算も

2022/04/04

【2022最新】bravia(ソニー) テレビおすすめ10選【特徴・評価・口コミも】のサムネイル画像

【2022最新】bravia(ソニー) テレビおすすめ10選【特徴・評価・口コミも】

2021/10/21

【49型テレビ】49インチサイズのおすすめテレビ10選【ソニーやパナソニックも】のサムネイル画像

【49型テレビ】49インチサイズのおすすめテレビ10選【ソニーやパナソニックも】

2022/04/04