コスパで選ぶ!一人暮らしにおすすめのテレビ特集【大学生や新社会人に】

一人暮らしを始めるときに必要か必要じゃないか迷うのがテレビですよね。限られたスペースを有効に活用してテレビ生活を楽しむためには、各種ポイントをおさえて選ぶことが重要です。一人暮らし用のテレビを選ぶ時のポイントや、おすすめのテレビ、格安テレビなどをご紹介します。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【5選】

一人暮らし用テレビの選び方

部屋の大きさでサイズを選ぶ

ひとり暮らしの人はどの大きさのテレビを買っているのか

 

ひとり暮らしの部屋でテレビのサイズを決める際はどのくらいの大きさが目安なのか、簡単な表を作成してみました。

これから暮らすお部屋の畳数と照らし合わせて、参考にしてください。

 

部屋の広さ

テレビサイズ目安

4畳半 19or22インチ
5畳 22or24インチ
6畳 28or32インチ
7畳 32or37インチ
8畳 40or42インチ

 

一人暮らしに多い6畳のお部屋の場合、確保できる最大視聴距離は3mです。家具や家電のスペースを考えると、実際に取れる視聴距離は1.5mくらいでしょう。 40インチ以下のテレビサイズなら問題なく置けますが、おすすめは32インチです。大きすぎることも小さすぎることもなくちょうどいいサイズです。 一人暮らしをしている人に聞いてみたところ32インチを使っている人が多く見受けられました。

テレビのサイズは視聴距離に合わせて選ぼう

一人暮らしだからと言って、小さいテレビを買うと小さすぎて後悔する場合もあります。

 

テレビの最適な視聴距離は、フルHDテレビであればテレビの高さの3倍、4Kであれば1.5倍だと言われています。

24インチテレビの場合、テレビの高さは約30㎝ですから、視聴距離は90㎝ほど必要です。

32インチテレビの場合は、テレビの高さが約40㎝ですから、視聴距離は1120㎝ほど必要です。

 

そのため、部屋の中のどこにテレビを置いて、どこから見るのかを考えながら選びましょう。

テレビ台や棚の上にテレビを置いて2m以上離れてみるのであれば、50インチの大型テレビを買っても問題ありません。

しかし、どんなに広い部屋でも椅子に座って近くからテレビを見る間取りであれば、小型のテレビを買った方がいいでしょう。

価格で選ぶ

1万円前後のテレビもある

画質やサイズ、各種機能に特にこだわりがなく、とりあえずテレビ放送が見られればそれでいいという人は、1万円前後から新品のテレビが買えます。

国内メーカーの機種でも中古品や型落ちの商品であれば、同程度の値段で手に入ります。

 

その際は、録画機能が内蔵されているのか外付けなのかをチェックしておきましょう。

テレビ本体は安価でも、外付けHDDをセットで購入すれば、最終的にワンランク上の録画機能内蔵型テレビを買った方がいい場合もあります。

相場はどれくらい?

もしお部屋が6畳の人が32インチのテレビを買うとするとしたら最低相場は2~3万でしょう。 最低限の機能であれば安くなりますが、無線LAN対応・ネット接続機能を求めている人であれば5~6万のモデルが一人暮らしにおすすめです。

メーカーで選ぶ

メーカーごとに強みが異なる

テレビはメーカーごとに特色や強みが異なっています。 色調・操作性・映像処理・デザインのどれかを取るにしても、「このメーカーを買った方がいい」というのがあります。

色調ならシャープ、操作性ならパナソニック

シャープは液晶テレビの代名詞とも言われていました。アクオスなどの有名モデルが多く、独自開発の4原色技術クアトロンでこだわり抜いた色調の綺麗さが特徴的です。 パナソニックはビエラシリーズで多く知られていることでしょう。技術力の高さにたいへん定評があり、ネット動画やゲームを楽しめるように操作性に優れているところが特徴です。

映像処理なら東芝、デザインにこだわるならソニー

東芝はゲームをする人から高い人気があります。レグザなどが東芝のテレビです。映像処理レベルが高く、高画質にこだわっている人を満足させてくれる技術は東芝ならではの特色です。 ソニーは、薄型軽量などの機能面だけではなくテレビのデザインにもこだわっています。音質が優れているという特徴があるのでオーディオにこだわりのある人に適してると思われます。

テレビの視聴目的に合わせてテレビを選ぶ

ドラマがメインの人

一人暮らしのライフスタイルの中で、ドラマやバラエティなどをよく見るという人は、録画機能を重視してテレビを選びましょう。

 

安いテレビであればテレビ本体に録画機能が搭載されていないものもあります。

しかし最近は大容量で品質のいい外付けHDDが多く販売されているので、テレビ本体についていなくても後付けができます。

 

録画機能を重視してテレビを選ぶ際には、チューナーが二つ以上あるかどうかをチェックしましょう。

録画しながら裏番組を見ることもできますし、たくさん録画した後でDVDなどに残すためにレコーダーに接続することもできます。

スポーツ観戦がメインの人

 

映像内の人物やカメラの動きが激しい時、普通のテレビであれば残像が発生しやすくなります。それを軽減させるために、通常のコマ数の倍の数で映像を表示にする機能が「倍速表示」です。

 

サッカーやラグビーなどの激しく動くスポーツをテレビで楽しみたいという人は、「倍速表示」の機能が付いている機種がおすすめです。

さらに大画面のものを選ぶと、臨場感が増し、スポーツ観戦が盛り上がります。

 

倍速表示は、日本ビクターが初めて搭載しましたが、その後ソニー、パナソニック、東芝が倍速表示機能を搭載したテレビを発売しています。その中でもソニーのブラビアは進化がめざましく注目されています。

ゲームをよくする人

家でテレビゲームを楽しみたいという人は、操作信号の送受信が速い機種を選びましょう。

テレビゲームをしている時に、コントローラーの動きとテレビ内のゲームの動きがうまく連動していないと楽しめませんよね。

このタイムラグを防ぐために、テレビに「ゲームモード」などゲーム用の設定があるものを選ぶのがおすすめです。

 

また、臨場感のある音楽を楽しむために、スピーカーシステムが充実した機種を選ぶのもおすすめです。

テレビ本体にスピーカーモードがなくても、外付けでつけることもできます。

そのためにはやはり外部出力端子の数とつなぎたい外部機器の数を予め確認しておく必要があります。

解像度から選ぶ

画素数、解像度が高いほど画質はいい

液晶パネルが、4K対応かフルハイビジョン対応かでテレビの価格を大きく変わってきます。「K」とは解像度を指しており、同じサイズの画面なら解像度が高いほど綺麗な映像を見ることができます。 「画素数」を、カメラやスマートフォンなどのカメラの機能の性能を示す単位として知っている方もいると思います。ですが、実際は画像や映像の美しさは画素数だけ左右されるものではありません。画素数は、静止画や動画の表現力に大きく関わってきま・カメラの場合は「記録可能な画素数」であり、テレビなどのディスプレイなら「画面上で表現可能な画素数」ということになります。

HD・フルHD・4K・8Kから選ぶ

ハイビジョン(HD)の解像度は1280×1080や1366×768です。32インチ以下のテレビに使われていることが多いです。 綺麗な映像で映画を楽しみたいという人よりもバラエティ番組やニュース番組などの通常番組を視聴する人に向いています。 フルHDの解像度は1920×1080でハイビジョンよりも優れていますが、4K,8Kには劣っています。 ですが、購入価格を安く抑えることができ、より良い映像を楽しめるため映画などを見る人にぴったりだと思います。

4K,8Kとは?

4Kテレビとはフルハイビジョンの4倍も高精細なテレビです。テレビが画面が大きくなるほど1画素あたりの面積が大きくなり、画素の粗さが目立っていました。 4Kテレビでは、大画面で見ても画素の大きさが気にならず美しい映像を見ることができます。 8Kは4Kテレビより、更に綺麗な映像で見ることができます。 解像度が3840×2160の4K、7680×4320の8Kの2種類は価格は少し高めですが、HDやフルHDよりも高画質です。4K,8Kの魅力は圧倒的な映像美にあります。 美しさや、繊細な画面がもたらす迫力や臨場感は、今までのテレビを見てきた中で一番になることでしょう。 スポーツ観戦が趣味な人にはとてもおすすめです。 その場にいるような熱狂、目の前で選手がプレーしているような迫力が画面から伝わってくるはずです。

映画を楽しみたい人

映画の世界をとことん楽しみたいという人は、大画面高画質のテレビを選びましょう。

4Kテレビであれば、フルHDに比べて解像度が4倍まで上がり、映像の再現度がぐっと上がります。

画面の近くからみても映像の粗さが気にならず作品世界に入り込むことができます。

 

また、機種によっては映画用のモードを設定できるものや、明るさや色彩などを自分で設定することができるものもあります。

インターネットをテレビで見たい人

最近のテレビには、インターネット機能が初めからついていて、手軽にスマホ感覚でインターネットが楽しめるものがあります。

よく視聴するyoutubeやNetflixなど有名サイトのページへのアクセスがリモコン操作簡単にできるものもあります。

テレビを見る感覚でインターネットを楽しみたいという人は、これらインターネット機能が充実した機種を選びましょう。

テレビの機能の優先順位を決めよう

録画機能の充実度をチェック

一人暮らしの生活を満喫するために、好きなテレビ番組の録画をしっかりしたいという人は、録画機能の性能をチェックしましょう。

キーワードを登録しておけば自動で検索して録画してくれる機能や、同時に二つ以上の番組が録画できるW録画や、見たいシーンだけ自動で編集してくれる機能など、最近は録画機能だけでも様々です。

 

安価なテレビにはあまり多くの録画機能は入っていませんが、最長録画時間と外付けHDD対応かどうかはチェックしましょう。

また、録画した番組を保存するためにハードディスクやブルーレイなどに転送したい場合のために、それらの機器に接続できるかもチェックしておきましょう。

外部出力端子の種類や数をチェック

最近はテレビを使って番組を見る以外にインターネットを楽しんだりスマホの映像を楽しんだりする機会が増えました。

そんな時にテレビの基盤に必要な種類と数の外部接続端子が備わっていなければ、後から分配機を購入しなければなりません。

 

インターネット動画やブルーレイレコーダーなどを接続したい場合は「HDMI」と呼ばれる端子が必要な数だけあるかどうかを確認しましょう。

映画やコンサート動画を楽しむためにスピーカーを接続したい場合は「ARC」という端子が接続できるかの確認が必要です。

スマホやタブレットをテレビに接続して大画面で映像を楽しみたい場合は「MHL」という端子があるかどうかを確認しましょう。

 

予めテレビにどんな機器を接続して何を楽しみたいのかを考えておくと、テレビ選びの時に役に立ちます。

インターネットの接続方法をチェック

テレビとインターネットを接続する方法として、有線と無線の2つの方法があります。

 

有線の場合は、値段も低価格で、安定的にインターネットを楽しむことができます。

しかし設置場所やテレビとの接続距離も限られてくるので、自由度は低いです。

 

無線の場合は、インターネット接続は若干不安定ですが、部屋の中の好きなところでテレビを視聴することができます。

【32インチ】 一人暮らし用にオススメのテレビ5選

第5位三菱電機(MITSUBISHI)

三菱電機 32V型 液晶テレビ REAL(リアル) LB8シリーズ LCD-32LB8

価格:28,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格でありながら高画質で操作性が高いことで好評の三菱のテレビです。

ダイヤモンドHD画質という三菱独自の映像エンジンを使用しており、他メーカーとの画質の差が表れています。

一番差が出やすい黒の再現度も高く、鮮明ではっきりした色合いを映し出してくれます。

 

難点はHDMI端子が2つしかついておらず複数本使用したい場合は分配機を購入しなければならないこと、さらに外付けHDD対応でないため録画時間が限られていることです。

しかしこの値段でこの高画質と機能性であれば、買って損はなく一人暮らし用のテレビとして非常におすすめです。

第4位ソニー(SONY)

ソニー SONY 32V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-32W730E フルハイビジョン 外付けHDD裏番組録画対応 2017年モデル

価格:52,927円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネット動画にも対応した、高画質フルHDテレビです。

 

無線LANを内蔵しているため、手軽にインターネット動画配信サービスを利用できます。

また「X-Reality PRO」と呼ばれる独自の超改造エンジンを搭載しており、テレビ番組やブルーレイなどから転送された映像信号を最高レベルのクオリティで再現します

録画機能も充実していて、外付けHDD対応で裏番組録画が可能です。

リモコンの操作性も高く、電源ボタンだけではなくチャンネルボタンを押すことでテレビの電源を入れることができます。

 

ただ、これだけ高性能であるにもかかわらずそれを十分に生かすための外部出力端子の数が少ないことが難点です。

必要であれば分配機を購入しなければなりません。

第3位シャープ(SHARP)

シャープ 32V型 液晶 テレビ AQUOS 2T-C32AE1 ハイビジョン 外付HDD対応(裏番組録画) 2画面表示 2018年モデル

価格:35,965円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直下型LEDバックライト搭載で、画面全体を均一に明るく映し出してくれるシャープのテレビです。

 

外付けHDD対応で、番組を視聴しながら裏番組の録画が可能です。

また、「タイムシフト」という機能を使えば、電話や来客などで視聴が中断された場合でも放送中の番組を一時停止させたり、ちょっとさかのぼって視聴したりすることができます。

さらに気になる番組を画面の端に表示させながら、別番組を同時に楽しむ2画面表示が可能です。

 

難点は画質に対して視野角が狭いことです。

正面からの画質は好評なのですが、斜めの角度や下からの画質には難があり、見る角度が限定されてしまうこともあります。

そのため一人暮らしの部屋の中で、正面から見られる位置に設置できるかを確認しておきましょう。

第2位パナソニック(Panasonic)

パナソニック 32V型 液晶 テレビ ビエラ TH-32F300 ハイビジョン 2018年モデル

価格:36,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる角度から見ても映像がきれいに見える「IPSパネル」搭載のパナソニックのテレビです。

 

視野角が広いので、リビングで寝ながらテレビを見たり、キッチンで料理をしながらテレビを見たりしても鮮やかな映像が楽しめます。

「お部屋ジャンプリング」の機能が付いているテレビと無線LANで接続すれば、別室のテレビで本機の録画番組が楽しめます。

また、別売りのUSBハードディスクに接続すれば、裏番組を手軽に録画できます。

 

一部ユーザーからは、外部出力端子にゲーム機やレコーダーを接続するたびに音量が変化することに不満をが出ています。

ふつうに使用する分には問題ないのですが、外部機器と接続するたびに音量調節を自分でしなければならないのは面倒だという口コミもあります。

第1位東芝

東芝 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 32S22

価格:31,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の高画質映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」を搭載した液晶テレビです。

この価格でこの高画質と音声再現はかなりお買い得で、一人暮らし用にぴったりのテレビです。

外付けHDD対応で、外部出力端子が2つあります。

斜めから見ても画質が荒くなったり青くなったりすることもなく、壁掛けでも視聴可能です。

 

難点としては、有線LANケーブルなので、インターネットの自由度は低く部屋の好きなところでインターネットを楽しむことは難しいでうす。

価格重視の格安一人暮らし向けテレビ5選

第5位アグレクション

superbe SU-32DTV2 [32インチ]

価格:18,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビ本体にDVD再生機能が付いている液晶テレビです。

 

録画機能はついていないので、テレビの視聴とDVDの再生のみできます。

LANケーブルを使ってパソコンとの接続は可能なので、インターネット上の動画配信サービスを利用することができます。

とにかく低価格でテレビ視聴に特化したシンプルなテレビがほしいという人におすすめのテレビです。

 

第4位東芝

東芝 19V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 19S22

価格:21,273円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型で国産のテレビを探している場合は、東芝の19インチレグザS22がおすすめです。

とにかく部屋にテレビを置きたいから、大きさや画質にこだわりがないというからにおすすめです。

ゲームモードも付いているので、ゲーム用のテレビとしてもおすすめです。

外付けHDD対応で、有線LANも接続できるのでインターネットの動画を楽しんだりテレビ番組の放送を楽しんだりできます。

第3位ジョワイユ

ジョワイユ 24V型 地上/BS/110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 24TVSHD-BK

価格:16,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの機能はついていないのですが、画面も鮮明でテレビの視聴だけであれば問題なく視聴できるテレビです。

初期設定が簡単で女性や老人でも一人で設置することができます。

メインテレビとして考えると画質や画面の大きさ、録画機能などに問題がありますが、一人暮らし用のテレビとしてであれば十分です。

 

テレビ本体に録画機能はついていないので、外付けHDDを別途購入する必要があります。

別売りのケーブルを使用すればインターネットの接続も可能です。

第2位Hisense(ハイセンス)

ハイセンス Hisense 19V型 液晶テレビ -外付けHDD録画対応(裏番組録画)/メーカー3年保証- 19A50

価格:15,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

録画機能が充実しているハイセンスの液晶テレビです。

 

地上デジタルBSやCSそれぞれにチューナーが搭載されていて、番組視聴週に裏番組として録画可能です。

また、録画中の番組を先頭から再生する「追いかけ再生」も搭載されています。

リモコンの操作性も高く、30秒スキップや10秒スキップなどができます。

 

画質は価格から考えるとぎりぎりラインで、最低限の視聴に耐えられれるレベルです。

高画質を求めるのであれば、ワンランク上の国内品を買った方がいいでしょう。

最低限番組が視聴・録画できるだけでいいというならが、問題ありません。

第1位三菱

三菱電機 19V型 液晶テレビ リアル LB7シリーズ LCD-19LB7

価格:18,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画面は19インチと若干小さいのですが、機能面では充実しているコスパのいい三菱のテレビです。

外付けHDD対応で録画も可能で、パソコンと接続すればインターネット配信の動画サービスも楽しめます。

寝室用やキッチン用などサブテレビとしてだけではなく、一人暮らし用のテレビとしても十分性能を発揮します。

 

難点は、視野角が狭く斜めから見ると画面が暗く見えてしまうことです。

しかしこの値段でこの機能と国内産という安心感を考えれば、かなりコスパのいいテレビと言えるでしょう。

まとめ

一人暮らしにおすすめのテレビについてご紹介しました。

 

一人暮らし用と言えば安くて見られればそれでいいというようなテレビをイメージしているかもしれませんが、最近は本当に幅広く様々な種類のテレビが販売されています。

 

テレビの対してどんな機能を優先させたいか、イメージを持って購入を検討してみてください。