【4K】テレビアンテナケーブルの接続方法|ケーブル交換に必要なものは?見分け方も

4K8Kテレビが普及している今、テレビアンテナケーブルの接続方法や選び方に困っている方も多いでしょう。また、お持ちのアンテナケーブルが4Kに対応しているかも気になるところです。。本記事では、テレビアンテナケーブルの接続方法や種類について詳しく解説しています。

2022/01/14 更新

おうち時間が増えて、テレビを楽しむことが増えたという方も多いでしょう。テレビは映像メディアの中心商品です。テレビを購入した後はすぐにでも視聴を楽しみたいところですが、設置の際に意外とつまずきがちなのがテレビとアンテナケーブル(同軸ケーブル)の接続方法ではないでしょうか。

 

また、使用中のアンテナケーブルが4K8K放送に対応しているかどうかも気になるポイントです。4K放送を見るにあたって4K対応・非対応なのか、ケーブルの交換が必要なのか、従来のアンテナケーブルとの違いが分からない方もいるでしょう。

 

本記事では、人気のパナソニック・ソニー・シャープのレコーダーにも使えるテレビアンテナケーブルの正しい接続方法を解説します。テレビのケーブル接続に関してお困りの方はぜひ、最後までご一読ください。

今すぐ見る!テレビアンテナケーブルの接続方法

ここ最近は4Kテレビの普及もあり、買い替えを検討されている方や既に使用中の方も多いでしょう。そこで気になるのが、既存のケーブルが4K放送に対応しているのか、何が必要なのかということです。折角テレビを買い替えても肝心の4K放送が見られなければ意味がありません。

 

では、4K対応のアンテナケーブルに買い替えが必要なのかどうか、詳しくご紹介します。

 

<目次>

基本的には交換しなくて大丈夫|ただし古い場合は注意

基本的には、既存のテレビアンテナケーブルで4K放送を見られます。ただし、古い機器を使用している場合は注意してください。築40年くらいの住宅では3Cという非常に細いケーブルを使用している場合があります。この規格はアナログテレビ時代の規格であるため、4K放送が見られません

4K用のテレビアンテナケーブルが必要な場合もある

4K左旋放送(4KWOWOW・スカパー・8KNHKなど)を視聴したい場合は、周波数が2200MHz~3200MHz程必要になってくるため、アンテナケーブルを買い替えた方がいい場合があります。視聴できるかどうか心配な場合は、安いものもあるので買い替えを検討しましょう。

4K対応ケーブルかどうかの見分け方は?

テレビアンテナケーブルは、知識がないとひと目見ただけでは4K対応可否の区別がつきにくいものです。4Kテレビを購入したのであれば、テレビアンテナケーブルも4K対応のものが必要となりますが、どのように見分ければよいのでしょうか。

 

4K対応のケーブルは、従来から販売されているケーブルの一種で、被膜に「S-5C-FB」と印字されている衛星放送用のアンテナケーブルです。自宅にあるケーブルでも使用できることがあるので、被膜の印字を確認してみましょう。

アンテナケーブルが4Kに非対応だった場合は?

使用中のテレビアンテナケーブルが古い3Cのものだったり、試したものの4K放送が視聴できなかったりなど、アンテナケーブル4K非対応だった場合は4K対応ケーブルに買い替えるといいでしょう。現在は500円程度から販売されているので、この際に買い替えるのもおすすめです。

4Kのテレビアンテナケーブル接続は難しくない!

4Kや8K放送を視聴するのは難しく考えがちですが、そんなことはありません。従来のBS放送は右旋円偏波が使われているため、4Kテレビやチューナー搭載のテレビであれば、現在のBS/110度CS受信環境で4K放送を受信できます

 

ただし、左旋円偏波を使っている4KWOWOWや8KNHKなどの場合は、別途アンテナケーブルが必要になる場合があります。

まずは、アンテナケーブルの種類をおさらいしましょう。テレビのアンテナケーブルは大きく分けて2種類の方式があります。それらの基本的な違いを頭に入れておくと、トラブルの際に役立ちます。

 

プッシュ式プラグはS型・L字型の2種類

プッシュ式プラグはその名の通り、押して接続するタイプのプラグです。ねじ込み式プラグと違い、ねじの切り込みがありません。プッシュ式にはさらにストレート、L型という形状の違いがあります。ストレートは直線のケーブルで、L型はその名の通りL字型に先端が曲がっています。

エレコム

アンテナケーブル 2.5C AV-ATSS20BK

価格:753円 (税込)

コスパの良い安定したアンテナケーブル

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プッシュ式ストレートプラグです。信号劣化を抑える金メッキ仕様のピンで、美しい映像を楽しめます。3重シールドによって外部からのノイズも低減。2.5Cのケーブルの太さは取り回しに便利で、狭い場所でもケーブル配線を行いやすい作りとなっています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー エレコム 端子 F型端子
長さ 2.0m 太さ 2.5C
HORIC

アンテナケーブル S4C-FB

価格:997円 (税込)

4K8Kに対応するクセのない形状のL型接線

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プッシュ式L型プラグです。4K8Kのほか、BS、CS、110°UHFにも対応。4Cケーブルで、シンプルな作りのクセのない商品です。両端L型プッシュ接栓で長さは5メートル。短すぎず長すぎない、丁度いいケーブルとなっています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー HORIC 端子 両端L型プッシュ接栓
長さ 5m 太さ 4C

ねじ込み式プラグはF型の1種類

ねじ形状となっているねじ込み式プラグは簡単に引き抜けないため、頻繁に抜き差ししない場合はこちらが便利です。小さいお子さんがいる場合は、イタズラ防止のためにねじ込み式を選ぶのもいいでしょう。

DXアンテナ

DXアンテナ アンテナケーブル 2JW1FFS(B)

価格:693円 (税込)

美しい映像を支える低損失ケーブル採用

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高シールドの低損失ケーブルで、高画質の2K・4K・8K放送に対応。両端がねじ込み式になっているのでしっかり外れない作りです。極細ケーブルで配線がしやすく、テレビ裏をスッキリさせたい場合にも向いています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー DXアンテナ 端子 両端F形端子
長さ 1m 太さ 2C

同軸ケーブルの太さは4Cがおすすめ

同軸ケーブルの太さは3C・4C・5Cと太くなるにつれて数字が増ます。いずれもメリット・デメリットがありますが、ご家庭で使う分には「4C」がおすすめです。太いものほど保護する層が厚いため、電波が弱まってしまうのを防ぎます。

 

しかし、あまり太いと取り扱いしにくくなってしまいます。逆に細い3Cの場合は、配線周りがすっきりするものの、規格が古くあまり市場に出回っていません。そのため、バランスをとって4Cを選ぶといいでしょう。

ケーブルの長さは長すぎないものを選ぶ

テレビのアンテナケーブルは、長いと伝送ロスが起きてしまいます。伝送ロスが起こると、テレビの映像が乱れやすくなってしまうのです。そのため、長さについてもしっかりと確認しておくことが大切です。

 

テレビからの距離を測って最適な長さのものを選ぶようにしましょう。一般的なご家庭であれば3~5mくらいがおすすめです。

今すぐ見る!テレビアンテナケーブルの接続方法

壁側の端子にもいくつかの種類があり、タイプによって接続方法や部材が異なるので注意してください。以下でそれぞれの種類について詳しく解説します。

 

F型端子が2つの場合はどっちか確認をしながら接続

F型端子が2つ設置されている場合は、比較的シンプルに接続できます。テレビ側の地デジ・BS/CS入力端子と、壁側のF型端子をそれぞれケーブルで繋げるだけで完了します。分波器を別途購入する必要もありません。

 

ただし、見られるように施工されていても、まれにBS/CSアンテナが設置されていない場合もあるので、その際は管理会社や大家さんに問い合わせしてみましょう。

F型端子が1つの場合はBSアンテナか分波器が必要

F型端子が1つで、BS・CS放送を見たい場合は、BSアンテナか分波器が必要になります。BSアンテナがある場合は、壁側端子・アンテナ・テレビをそれぞれケーブルで接続します。アンテナが無い場合は分波器を介して接続すれば、地上波・BS・CS放送が視聴できます。

 

引っ越しをする際は、物件の下見でアンテナ端子がどの部屋に配置されていて、何個あるのかを確認しておくといいでしょう。工事で増設することもできますが、賃貸住宅の場合は原状回復が絡む場合があるため自己判断で勝手に行わず、大家さんや管理会社などに相談してください。

直付端子・フィーダー端子の場合は古いので注意が必要

比較的古めの物件では、F型端子がなく「直付、もしくはフィーダー」が設置されていることがあります。直付け、そしてフィーダータイプはそのままだと接続できないので、加工する必要があります。これらのケースでのケーブル接続方法について、以下で詳しく解説します。

 

直付けは未加工ケーブル

同軸ケーブルを直接固定し設置する直付けタイプは、未加工の同軸ケーブルを使用します。同軸ケーブルは外側から外被、編線、絶縁体、芯線から成ります。

 

外被をカッターなどで切り剥き、編線を折り返し、絶縁体を少し残して先端を切り、芯線を剥き出しにします。芯線ごと切らないように気をつけましょう。芯線を壁の直付け部に巻きつけ固定します。

DXアンテナ

DXアンテナ 同軸ケーブル 【2K 4K 8K 対応】 20m 両端無加工 S-5CFB ホワイト S5CFB20S(P)

価格:1,840円 (税込)

ストックにも便利な無加工同軸ケーブル

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー DXアンテナ 長さ 10m
太さ 4C

フィーダーは変換器を使う

フィーダーの場合は変換器を使用します。アンテナ整合器という名前でも売られています。アンテナケーブルとフィーダー変換器を接続し、先端のY字を壁のフィーダー端子と接続します。

 

壁の接続部分はF型端子と随分違うので、F型端子のつもりで接続を行おうとすると戸惑うかもしれません。このフィーダーはツマミのような部分の固定ねじを緩め、先端を滑り込ませねじを締め固定します。地震などで外れないようにしっかり固定しましょう。

Wuernine

フィーダーアンテ変換器 アンテナ整合器F型メス

価格:649円 (税込)

しっかり固定できるフィーダーアンテナ整合器

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー Wuernine 端子 F型メス端子

注意点は衛星放送開始前の規格ということ

F型プラグは1970年代に普及しましたが、直付け・フィーダーはそれ以前のかなり古い規格です。現在ではあまり見かけなくなりましたが、築40年以上の家やアパートなどでは未だに使用していることがあります。

 

また、古い物件では壁に埋め込まれた同軸ケーブルが古いことあり、BS・CSの衛星放送が視聴できない可能性があります。直付け・フィーダーが使用されている場合は、管理人や管理会社などに問い合わせましょう。

壁面端子のFプラグへの変更は自分でも可能

古い端子をF型プラグに交換することもできます。壁面端子のカバーを外し、F型プラグに交換するだけなので、工具さえあれば自分でも交換はできるでしょう。アンテナカバー(プレート)も市販されていて、容易に購入できます。

 

ただし、コンセントとテレビアンテナ端子が1枚のプレートで繋がっている場合は、工事業者に依頼する必要があります。コンセントカバーの工事は電気工事士の免許を持つ人しかできません。感電の危険性もあるので交換の際はコンセントを触らないようにしましょう。

ここからは、アンテナケーブルをテレビ単体に接続する方法を、パターン別に解説します。

 

地上デジタルのみ視聴

地デジのみを観る場合は、壁側の端子とテレビ側のアンテナ入力端子を繋ぐだけで視聴可能になります。「地デジ電波が受信できているのか」を調べる場合も、このように間に何も挟まずテレビ単体と接続してチェックします。

BS・110度CSも視聴

BSアンテナが付いていればBS・CS放送を無料で視聴できます。アパートなどはあらかじめBSアンテナが設置されている場合が多いです。

 

壁の端子が「地デジ」「BS・CS」で分かれている場合

壁側の端子が「地デジ」と「BS・CS」で分かれている場合も簡単に接続できます。アンテナケーブルを2本用意し、壁側とテレビ側をそれぞれ間違えないよう繋げるだけです。

壁の端子が1つなら分波器を使用

壁側の端子が1つの場合「分波器」というものを使います。特に、「分波器」と「分配器」は間違えやすいので注意しましょう。「分配器」は同じ周波数で複数に分けるもので、「分波器」とは役割が違います。見た目も名前も似たような商品で、初心者には特に注意しなければいけないポイントです。

 

分配器の場合は分配数に比例して出力信号が弱く低下しますが、分波器の場合は地デジ、BS・CSを分けるものなので出力信号がそこまで低下しません。

ここからは、アンテナケーブルをレコーダー+テレビと接続する場合について、パターン別に解説します。

 

地上デジタルのみ視聴・録画

壁側端子とテレビの間にレコーダーが入るパターンで、地デジのみ視聴する場合の手順は以下のとおりです。

 

  1. テレビとレコーダーをケーブルで繋ぐ:テレビ側の「地デジ」「BS・CSアンテナ入力端子」と、レコーダー側の「地デジ」「BS・CSアンテナ出力端子」をケーブルで繋ぐ。
  2. レコーダーと壁側端子をケーブルで繋ぐ:レコーダー側の「地デジ」「BS・CSアンテナ入力端子」と、壁側の端子を繋ぐ。
  3. テレビとレコーダーをHDMIケーブルで繋ぎ完了:テレビ側の「HDMI入力」と、レコーダー側の「HDMI出力」をHDMIケーブルで繋ぐ。

BS・110度CSも視聴・録画

地上波デジタルだけでなく、BS・110度CSの視聴や録画もしたい方は、以下の手順を参考にしてください。BSアンテナの有無で接続方法が変わるので、あらかじめご自宅にアンテナがあるかどうかを確認しましょう。

 

壁の端子が「地デジ」「BS・CS」で分かれている場合

壁側の端子が「地デジ」「BS・CS」の2手に分かれている場合は、上記の地上デジタルのみ視聴・録画を参考に、レコーダーのBS・CSアンテナ入力とBSアンテナを間違えないよう繋ぐだけです。逆に繋いでしまうと映らないので気をつけましょう。

壁の端子が1つなら分波器を使用

壁側の端子が1つの場合は分波器が必要です。1つの端子に地上波と衛星放送が混在している場合、分波器を介することで2つの信号を分けて送れます。まずレコーダーの「地デジ」「BS・CSアンテナ入力端子」と分波器を繋ぎ、次に分波器と壁側のアンテナ端子を繋げば視聴できます。

 

前述したとおり、分配器と間違える場合もありますが、分波器と分配器は別物なので注意してください。

アンテナ端子がない部屋でテレビが観たい場合は、別の部屋から配線を引く必要があります。アンテナケーブルの長さが足りない場合は延長ケーブル・中継アダプタを使用しましょう。その際、必ずプラグの形・太さ・対応周波数を確認することが重要です。

 

複数のテレビに配線したい場合は分配機を使用しましょう。配線が面倒な場合は、室内アンテナを設置すればアンテナ端子のない部屋でもテレビの視聴自体は可能になります。しかし、電波の受信感度が弱く映像が乱れがちになるのが難点。

 

自宅の電波環境をよく確認してから検討しましょう。また、ケーブルを引き込むのが難しく電波感度も悪い部屋の場合は、アンテナ端子の増設工事も視野に入れるのがおすすめです。

Kaunosta

アンテナケーブル延長用 RP-SMAオス⇔RP-SMAメス 2m ピグテールワイヤレスLANルーターブリッジ外部アンテナ機器用

価格:700円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

正しくテレビアンテナケーブルを接続したにもかかわらず、テレビの映像が映らないということも起こり得ます。そんなときは、以下のポイントをチェックしましょう。

 

  • コンセントが正しく接続されているか
  • B-CASカードが挿入されているか
  • アンテナレベルを確認


まず確認したいのは、テレビのコンセントが接続されているかどうかです。基本中の基本ですが、意外に多いトラブルなので最初に確認しておきましょう。また、デジタル放送の視聴には必ず「B-CASカード」をセットしておく必要があるので、B-CASカードがテレビ本体に差し込まれているかどうかもチェックポイントです。

 

アンテナレベルは、テレビの設定画面で確認できます。もしアンテナレベルが低い場合は、アンテナの設置状態が悪い、または不具合が考えられます。この場合は、業者に調査を依頼しましょう。

テレビアンテナケーブルが正しく接続されていないと、映像が映らなかったり音声の乱れが起きたりする可能性があり、さらには機器の故障に繋がることもあります。本記事を参考にテレビアンテナケーブルを正しく接続し、地デジやBS/CS・4K放送を楽しんでください。