【4kテレビ大特集】4kテレビのおすすめ18選【4kテレビとは?買い時は?選び方は?】

世の中では4Kテレビが非常に話題となっていて、様々な種類のテレビが販売されているので、どのテレビを選んだら良いか分からない人も多いと思います。ここでは、4Kテレビの詳しい選び方とおすすめの4Kテレビについて紹介するので、テレビ選びで失敗しないようにしましょう!

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【8選】選び方と最新情報をご紹介

ディスプレイパネルの解像度が、3840×2160となるテレビを4Kテレビと呼びます。横方向の画素数がおよそ4,000画素あることが、4Kの名称の由来となっています。また、テレビ番組においても4Kに対応した番組があり、普通の番組とは別に放送されています。

 

しかし、4Kテレビの中には4K対応のチューナーが内蔵されていないモデルが多く、購入した状態では4Kの番組を見れない物がたくさんあります。そのため、4Kテレビにおいては解像度だけではなく、4Kチューナーが内蔵されているかどうかも重要な要素となります。

 

 

4Kテレビとは?本当に必要?【価格破壊で手ごろな値段の今が買い時!?】

フルハイビジョンは主に小型のテレビで使われている解像度の規格で、解像度が1920×1080となります。フルハイビジョンでは、水平方向の画素数がおよそ2,000画素あることから、最近では2Kと呼ばれることもあります。

 

逆に8Kは70インチ以上の超大型のテレビでしか使われない解像度の規格で、解像度が7,680×4,320となります。しかし、8Kの動画を撮影できるようなカメラはほとんど存在しないので、あまり実用性のない画素数となってしまっています。

4Kテレビは画質が高いため、視聴距離が近くても画面の粗さが目立ちにくくなり、1インチにつき2cm程度の距離が適切な視聴距離となります。4Kテレビの中には60インチ以上のテレビもありますが置き場所に困るので、予算に応じて40型から55型のテレビを選んだ方が良いでしょう。

4Kテレビのディスプレイ方式は、VA方式・IPS方式・有機ELの三つに大きく分けられます。最近話題の有機ELに関しては、55インチ以上でないと販売されていないので気を付けましょう。

液晶テレビ(VA方式)

液晶テレビは光の通し方を変える液晶パネルと、赤色・緑色・青色の光を使って色を調節するバックライトで構成されています。VA方式は一般的な液晶テレビに使われていて、視野角はそこまで広くありませんが、コントラストが大きくなり画質が良くなるといった利点があります。

液晶テレビ(IPS方式)

IPS方式は日立が特許を持っていましたが、日立が採算の悪いテレビ事業をパナソニックに売却したため、今では主にパナソニックのテレビに使われている技術となります。VA方式よりも高価になりますが、視野角が非常に広く、どの角度からでも色が変わらないといった利点があります。

【4kテレビをお手頃価格で】4kの液晶テレビのおすすめ10選【口コミ・レビュー】

有機ELテレビ

有機ELテレビは液晶ディスプレイと異なり、液晶パネルを使わずに有機化合物自体を発光させて、3色の光を作り出す仕組みとなっていて、純粋な黒色を作れるので非常に画質が良くなります。しかし、コストが高く55型以上のテレビでないと採用されないディスプレイ方式となります。

4Kのおすすめ有機ELテレビ大特集!【特徴やメリット・デメリットをご紹介】

ここでは、ディスプレイの種類やサイズ以外に重要な選び方について説明します。4Kテレビには4Kチューナーが付いていない物が多いですが、4Kチューナーが付いていないと4K番組を見れないので、4Kチューナーを内蔵した物を選ぶようにしましょう。

4Kチューナー

4Kチューナーは画素数やディスプレイ方式の次に重要な機能となります。画素数が4Kになっていても、4K対応のチューナーが無ければ4Kの番組が見れません。4Kのチューナーは後から取り付けると数万円の費用がかかるので、4Kチューナーを内蔵した物を選びましょう。チューナーによっては内蔵型ではない方が安くなる場合もあるのでよく注意しましょう。

4Kチューナーとは?なぜ必要?4Kテレビと4K対応テレビの違いとは?
外付け4kチューナーの選び方とおすすめ10選【なぜ必要?人気の機種は?】
4kチューナー内蔵テレビの最強おすすめ6選【お得に買う方法とは?】

HDR対応

HDRとは「High Dynamic Range」を略したものであり、4K番組に採用されている規格となります。HDR対応の4Kテレビは、明るさのダイナミックレンジを大きくできるため、白飛びや黒飛びのない、自然な映像を映し出すことができます。

 

HDRの方式については、HDR10・HLG・ドルビー等の方式が有ります。主に使われる方式はHDR10とHLG方式となっていますが、古いテレビではHLG方式が付いていない場合があり、4K番組でもHDR表示されない場合があるので、HLG方式が付いたテレビを選びましょう。

倍速駆動

倍速駆動とは、フレーム補完技術を使って映像のフレーム数を倍にすることで、映像の動きをなめらかにして残像が発生しないようにする機能となります。ソニー・パナソニック・東芝が倍速駆動のテレビを販売していて、特にソニーは4倍速以上の駆動方式を持った物も販売しています。

動画配信機能

動画配信機能とは、HuluやNetflixといった所から配信される映画や、Youtube等の動画を視聴できるようになる機能となります。最近では動画配信サービスのシェアは分散していて、特におすすめできるサービスはないので、自分の好きな動画配信サービスを選びましょう。

ARC対応

4Kテレビは大型テレビが多いので、大型テレビを利用してシアタールームを作るときは音質も重要になります。ARC機能が付いていると、サウンドバーやAVアンプを接続するのに必要なコードがHDMIだけになるので、音響装置を接続するのに役立つ機能となります。

 

更に最近では、ドルビーアトモス等の非圧縮形式の音声データが取り扱えるようになる、eARC機能といった物も存在します。eARC機能があると、映画配信サービスである、NetflixやAmazonプライムビデオ等のドルビーアトモス音声に対応できるようになります。

ここでは、4Kテレビを初めて選ぶ人に向けて、有名な4Kテレビメーカーの強みについて紹介するので、自分の目的に合ったテレビを選べるようにしましょう!

東芝

東芝の代表的な機能はタイムシフトマシン機能であり、9つのチューナーを有効活用して録画予約無しで過去一週間の番組を見れるので、番組を見逃す心配がありません。また、画面の遅延が少なく音質が良いので、テレビゲームをするのに向いたテレビとなっています。

ソニー

ソニーでは有機ELは取り扱っていませんが、直下型LEDを搭載していて、有機ELに近いハイコントラストな映像を映し出すことが可能です。また、スマホに力を入れているメーカーなので、スマホのように動画やアプリ等を楽しめるAndroid TVを搭載していることが特徴です。

LG

LGエレクトロニクスは有機ELディスプレイのパイオニアであり、有機ELの製造力が高いため、手頃な値段で黒色を美しく映せる有機ELを販売しています。また、ThinQ AIやAmazon Alexa等の人工知能を兼ね備えているため、リモコンが無くてもテレビを操作可能です。

シャープ

シャープは液晶テレビのパイオニアであり、液晶パネルの製造能力が非常に高いため、大型の4Kテレビを手頃な値段で販売しています。また、3原色に黄色を加えて色を表現するクアトロンといった技術があるため、色彩の表現力が高いことが特徴です。

パナソニック

パナソニックのVIERAは商品のラインナップが広いことが特徴で、価格は高いですが日本初の有機ELのテレビを発売したメーカーとなります。また、液晶テレビについてもIPS方式を採用している上に、高画質エンジンを搭載しているため、全体的に画質が良いことが特徴となります。

ハイセンス

ハイセンスのテレビは中国で製造しているため人件費を抑えることができ、他のメーカーに比べて圧倒的に安く販売しています。それにも関わらず、東芝のテレビ部門と合併したことで、レグザエンジンを兼ね備えているため品質も高く、最近では人気の高いメーカーになっています。

三菱電機

三菱リアルはHDDやブルーレイなど録画機能を内蔵した「録画テレビ」が充実しています。32V型から録画テレビがあるので一人暮らしでお部屋をスッキリさせたいという方におすすめです。独自の技術レーザーバックライトで高い色の再現が可能となっています。4Kチューナーなしで新4K衛星放送を楽しむことができるタイプも登場しています。

4Kチューナー非内蔵の4Kテレビでも、外付けの4Kチューナーを取り付ければ4Kの番組が見れるようになります。まず、外付けのHDDレコーダーも使えるように、分波器に通す前に分配器に通します。次に4K番組は衛星放送なので、4Kチューナーから衛星放送の線とHDMIを接続します。

 

外付けの4Kチューナーを取り付ける時にかかる費用は、分配器と純正の4Kチューナーが必要なので2万円近くかかります。更にアンテナも4K対応の物に取り換える必要があり、アンテナの交換費用が7万円位かかるので、場合によっては10万円近い費用がかかってしまいます。

REGZA 49Z730X

東芝(TOSHIBA)

4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ REGZA 49Z730X

価格:129,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝が販売する4Kチューナー内蔵のテレビとなっています。49Z730Xの最大の特徴はタイムシフトマシン機能で、9本の地デジチューナーを利用することで、予約録画無しで全ての番組を最大で1週間分保存してくれるため、番組を見逃したくない人におすすめです。

 

また、HDR10+といった高性能なHDR機能があり、値段も高機能な割には13万円程度という値段で買えて、Amazonの評判も良いのでおすすめのテレビとなります。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー 東芝(TOSHIBA) 商品名 49Z730X
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 49インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HDR10+・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4Kチューナー内蔵) 録画機能 外付けHDD(自動録画機能有)
寸法/サイズ 1105x705x235 mm 重量 16.5kg
機能 タイムシフトマシン機能 機能省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
東芝 49z730x テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

BRAVIA KJ-43X8500F

ソニー(SONY)

液晶 テレビ ブラビア KJ-43X8500F

価格:93,783円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーが発売するKJ-43X8500Fは、値段が9万円もするのに4Kチューナーが付いていません。その代わり、ネット接続で視聴するのに特化していて、ほぼ全種類の動画配信サービスに対応しているので、動画や映画を見るのが好きな人はおすすめのテレビとなっています。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 KJ-43X8500F
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 43インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4Kチューナー非内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 965x628x279 mm 重量 11.3kg
機能 Hulu・Netflix・AbemaTV 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
SONY KJ-43X8500F テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較|ランク王

LG 43UM7300EJA

LG

4Kチューナー内蔵液晶テレビ 43UM7300EJA

価格:59,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

値段が6万円程度と安いのにも関わらず、4Kチューナー内蔵でディスプレイもIPS方式の液晶パネルを搭載しています。また、HLG対応のテレビであり、様々な動画配信機能も利用できるので、とにかくコスパの良いテレビが欲しいという人におすすめです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー LGエレクトロニクス 商品名 43UM7300EJA
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 43インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×2・4Kチューナー内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 975x625x216 mm 重量 9.1kg
機能 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★

AQUOS 4T-C45BL1

シャープ(SHARP)

4K チューナー内蔵 液晶 テレビ AQUOS 4T-C45BL1

価格:75,890円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産のテレビなのにも関わらず、7万円台で4Kチューナーを内蔵している非常にコスパの良いテレビとなります。また、HDRもHLGとHDR10の両方に対応していて、動画配信機能も充実しているため、初めてテレビを選ぶ人にもおすすめできます。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 4T-C45BL1
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 45インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4Kチューナー内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1019x668x253 mm 重量 20.5kg
機能 ココロビジョン 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★

VIERA TH-43FX500

パナソニック(Panasonic)

液晶テレビ ビエラ TH-43FX500

価格:79,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックのVIERAは値段が6万円台で液晶がIPS方式となっていますが、4Kチューナーは非内蔵となっているので、総合的なコストパフォーマンスではシャープの製品の方が高いです。そのため、ディスプレイタイプにこだわりのある人におすすめのテレビとなります。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 TH-43FX500
画面タイプ 液晶テレビ(IPS方式) 画面サイズ 43インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×2・4Kチューナー非内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 974x624x232 mm 重量 11kg
機能 Netflix・Amazonプライムビデオ 省エネ性能(★~★★★★★) ★★
パナソニック TH-43FX500 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

Hisense 43A6800

Hisense(ハイセンス)

4Kチューナー内蔵液晶テレビ 43A6800

価格:56,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンスのテレビは5万円台と非常に安く、液晶はIPSではないですが、4Kチューナーを内蔵していてHDR機能も付いています。また、レグザエンジンが付いているので画質も良いです。とにかく安く4Kチューナー内蔵のテレビが欲しい人におすすめの物となります。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー Hisense(ハイセンス) 商品名 43A6800
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 43 ンチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4Kチューナー内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 961x606x214 mm 重量 11.7kg
機能 低遅延ゲームモード 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
ハイセンス 43A6800 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較|ランク王

REGZA 55BM620X

東芝

4K対応液晶テレビ REGZA 55BM620X

価格:141,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

値段は17万円もする高価なテレビとなっていますが、4Kチューナー内蔵で操作性も良いため、amazonでの評判が非常に良い4Kテレビとなります。少し古いテレビなのでHLG対応ではないですが、遅延が無く音質も良いのでテレビゲーム好きな人におすすめです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー 東芝 商品名 55BM620X
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 55インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4Kチューナー内蔵) 録画機能 外付けHDD(自動録画機能有)
寸法/サイズ 1237x782x201 mm 重量 22kg
機能 クリアダイレクトスピーカー 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★★
東芝 55bm620x テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

BRAVIA KJ-55X9500G

ソニー(SONY)

液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 KJ-55X9500G

価格:175,165円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーの55型のテレビも値段が18万円程度と高いですが、4Kチューナーを内蔵していてドルビービジョンにも対応しているテレビとなっています。様々な動画配信サービスを見れる上に、マルチオーディオ機能を搭載しているので、映画好きな人におすすめのテレビです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 KJ-55X9500G
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 55インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・ドルビービジョン・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×2・4Kチューナー内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1228x776x274 mm 重量 19.1 kg
機能 スマートスピーカー連携(Alexa)・X-Motion Clarity 省エネ性能(★~★★★★★) ★★(124%)
ソニー 55x9500g テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

LG OLED55C8PJA

LG

有機EL テレビ OLED55C8PJA

価格:105,600円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OLED55C8PJAは有機ELのテレビなのにも関わらず、Amazonで12万円程度というお手頃な値段で販売されることがあります。HDR機能とVOD機能も充実していますが、4Kチューナーは非内蔵となっています。とにかく安く有機ELテレビが欲しい人におすすめです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー LGエレクトロニクス 商品名 OLED55C8PJA
画面タイプ 有機ELテレビ 画面サイズ 55 インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・ドルビービジョン・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K非内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1228x757x230 mm 重量 19.1 kg
機能 ThinkQ AI搭載 省エネ性能(★~★★★★★) ★★(124%)
LG OLED55C7P テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較|ランク王

VIERA TH-55FZ950

パナソニック(Panasonic)

有機EL テレビ ビエラ TH-55FZ950

価格:184,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックにも人気の有機ELテレビがあり、値段は20万円以上する上に4Kチューナーも非内蔵ですが、有機ELなので画質は感動的に良いです。音質も高音質モデルではTechnicsのスピーカーを内蔵しているので非常に良く、総合的な性能は非常に高いです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 VIERA TH-55FZ950
画面タイプ 有機ELテレビ 画面サイズ 55インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K非内蔵) 録画機能 外付けHDD(自動録画機能有)
寸法/サイズ 1228x774x300 mm 重量 27.5kg
機能 ダブルウーハー 省エネ性能(★~★★★★★) 不明
パナソニック TH-55FZ950 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

AQUOS 4T-C55AJ1

シャープ(SHARP)

AQUOS 4T-C55AJ1

価格:100,899円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産の大型4Kテレビなのにも関わらず、値段は9万円程度と他の国内メーカーの半値程度の値段で買えます。ただし、古いテレビなのでHLG非対応で4Kチューナー非内蔵ですが、それでも総合的なコスパは良いので、50インチ以上国産テレビでおすすめの製品となります。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 AQUOS 4T-C55AJ
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 55インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K非内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1240x787x341 mm 重量 26.5 kg
機能 Amazonプライムビデオ・COCORO VIDEO・Netflix 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
シャープ 4t-c55aj1 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

Hisense 50A6800

Hisense

4Kチューナー内蔵液晶テレビ 50A6800

価格:65,300円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンスが販売する50型のテレビは、6万円台と他のテレビよりも圧倒的に安い上に4Kチューナーまで付いています。型番が古いのでHLG対応になっていませんが、総合的なコストパフォーマンスは非常に良いので、大型テレビを安く手に入れたい人におすすめです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー Hisense(ハイセンス) 商品名 50A6800
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 50インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4Kチューナー内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1116x698x244 mm 重量 16.6kg
機能 低遅延ゲームモード 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
ハイセンス 50A6800 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較|ランク王

REGZA 65M530X

東芝

4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ REGZA 65M530X

価格:158,211円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

65インチの大型テレビである65M530Xは、4Kチューナー内蔵で17万円台なので、コスパの良い超大型テレビとなっています。また、HLG対応でネット配信機能も充実している上に省エネ性能も5つ星なので、満足度の高い超大型テレビとなります。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー 東芝 商品名 65M530X
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 65インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4Kチューナー内蔵) 録画機能 外付けHDD(自動録画機能有)
寸法/サイズ 1446x875x256 mm 重量 20.5kg
機能 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★★
東芝 65m530x テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

BRAVIA KJ-65X8500F

ソニー(SONY)

ソニー SONY 65V型 液晶 テレビ ブラビア 4K Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 KJ-65X8500F

価格:199,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーが販売する超大画面の液晶テレビとなっています。値段は20万円程度で4K非内蔵なのでお得感はありませんが、HDR対応でHulu・Netflixを含むほぼ全種類の動画配信サービスに対応しているので、大画面で映画を見たい人におすすめの液晶テレビです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 KJ-65X8500F
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 65インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×2・4K非内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1450x900x315 mm 重量 26.5kg
機能 Hulu・Netflix・AbemaTV 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
SONY KJ-65X8500F テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較|ランク王

LG OLED65B9PJA

LG

4Kチューナー内蔵有機ELテレビ OLED65B9PJA

価格:236,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LGエレクトロニクスが販売する、4Kチューナー内蔵の超大型有機ELテレビとなります。有機ELテレビなのにも関わらず、国産の液晶テレビとそれ程値段が変わらないのでコスパが良くなっていて、65型のテレビの中では一番満足度の高いおすすめのテレビです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー LGエレクトロニクス 商品名 OLED65B9PJA
画面タイプ 有機ELテレビ 画面サイズ 65インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・ドルビービジョン・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×2・4K内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1449x869x246 mm 重量 26.2kg
機能 省エネ性能(★~★★★★★) ★★(136%)

VIERA TH-65FZ950

パナソニック(Panasonic)

有機EL テレビ ビエラ TH-65FZ950

価格:324,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックが販売するTH-65FZ950は、超大型の有機ELだけあって30万円以上する超高価なテレビとなります。値段は圧倒的に高いですが画質は感動的に良く、動画配信サービスもほぼすべて対応しているため、画質を重視する人におすすめのテレビです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 VIERA TH-55FZ950
画面タイプ 有機ELテレビ 画面サイズ 55インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K非内蔵) 録画機能 外付けHDD(自動録画機能有)
寸法/サイズ 1228x774x300 mm 重量 27.5kg
機能 ダブルウーハー 省エネ性能(★~★★★★★) 不明
パナソニック TH-65FZ950 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

AQUOS 4T-C70BN1

シャープ(SHARP)

4Kチューナー内蔵 液晶テレビ AQUOS 4T-C70BN1

価格:237,033円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープが販売する、4Kチューナー内蔵の70型の超大型4Kテレビとなります。HDR機能の他に1秒で480コマ送れる8倍速駆動機能も付いていて、とにかく迫力がある映像を映し出せます。値段も23万円台と思ったほど高くないので、大きなテレビ好きにはおすすめです。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 4T-C70BN1
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 70インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1562x989x361 mm 重量 44kg
機能 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★

Hisense 65U7E

Hisense

4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 65U7E

価格:129,599円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンスの65型のテレビは4Kチューナーを内蔵しているものの、50型のテレビに比べると倍以上の値段がするため、さほど割安感はありません。ただし、倍速駆動に対応していて高性能な映像エンジンが付いているため、映画を良く見る人にはおすすめできます。

 

 

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

メーカー Hisense(ハイセンス) 商品名 65U7E
画面タイプ 液晶テレビ 画面サイズ 65インチ
画素数 3840×2160(4K) HDR HDR10・HLG対応
チューナー 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K内蔵) 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1450x924x354 mm 重量 30kg
機能 スマートシステム 省エネ性能(★~★★★★★) 地上デジタル・BSデジタル・CSデジタル(×3・4K内蔵)
ハイセンス 65u7e テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

人気メーカーを中心に、おすすめの4Kテレビを紹介してきましたが、いかがでしょうか。テレビ選びでは画面サイズやディスプレイ方式が一番大切ですが、4Kチューナーが内蔵しているかどうかも重要な要素となり、映画等を視聴する動画配信機能も捨てがたい機能となります。

 

意外と4Kチューナーを内蔵していないテレビが多いのにも関わらず、外付けの4Kチューナーを取り付けるのに二万円近くするので、買ってから後悔しないようにしましょう!