【2022最新】東芝のテレビ「REGZA」おすすめ12選|選び方や故障時の対処法も

東芝が販売しているテレビ「REGZA」は、高画質な映像体験が魅力。ラインナップが豊富で、便利機能も機種によってさまざま。この記事では、REGZAの各シリーズの特徴や機能について触れながら、おすすめ製品をご紹介します。テレビが映らない時の対処法も解説するので参考にしてください。

2022/04/04 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

東芝が展開しているテレビ「REGZA(レグザ)」は、繊細かつ臨場感溢れる映像を楽しむことができると評判です。ラインナップが豊富で、中には超高画質の4K映像に対応したものもあり、求める画質の高さに合わせて自分に合った1台を選ぶことができます。

 

レグザは画質のよさ以外にも、より便利に楽しくテレビを視聴できる機能が搭載されているのも人気の理由です。この記事では、「レグザを購入したいけれど、画面の大きさや価格など種類が多すぎて、どれを選べばいいのかわからない」という方に向けて、各シリーズの特徴や選び方のポイントを解説します。

 

合わせておすすめのテレビも厳選して紹介するので、ぜひ参考にしてください。

レグザは高画質なのはもちろん、便利機能が搭載されて使いやすいのが特徴です。ここでは、高画質の秘密やおすすめの機能に注目しながら、レグザの魅力について触れていきます。

レグザには「レグザエンジン」という独自の高画質処理エンジンが搭載されています。このレグザエンジンはバージョンアップを続け、2020年には業界で初めてクラウド接続を用いて高画質化を実現する「レグザエンジンCloud」搭載の機種を発売。それだけでなく、AI技術も用いたりと、レグザの画質は更なる進化を続けています。

リビングAIピクチャーとは、色温度センサーにより視聴環境の明るさや色温度の違いを検出し、いつでも最適な色味に自動調節してくれる機能です。映画やスポーツなど視聴するコンテンツを自動で判別し、ぴったりの高画質映像に調整してくれるのが魅力的。

タイムシフトマシンは地デジの番組を最大6チャンネル、約80時間分自動で録画してくれる機能です。うっかり見逃しや録画のし忘れ防止に最適。テレビ録画した番組で過去番組表が作成されるので、放送時間を気にすることなく、いつでも快適にテレビの視聴が可能です。

テレビと同じくらい主流になりつつある、動画配信サービス。レグザのリモコンにはYouTubeやNetflix、Prime Videoといった人気の動画配信サービスにアクセスできるボタンを搭載しています。これまでPCやタブレット、スマホで見ていた映画やドラマをテレビの画面で楽しめるから、より臨場感を味わうことができ、家族や友人とも一緒に楽しめます。

 

他メーカーのテレビと比較したい方は、下記の記事をチェック

任天堂Switchをはじめとする家庭用ゲーム機は、いつの時代も幅広い世代から人気です。ゲーム環境も、ゲーミングモニターやパソコンのモニター、タブレットなどさまざまですが、映像の迫力にこだわるならテレビの大画面がおすすめ。大人数で一緒に楽しめるのも魅力的です。

 

数あるテレビの中でも、レグザは低遅延でゲームを快適に進められるのが特徴。また、圧倒的な高画質で、まるでゲームの世界に入り込んだかのような没入感や臨場感を感じられます

実は、東芝はテレビの生産事業を撤退しています。東芝のテレビ事業は、2018年に中国のメーカーであるハイセンスに買収され、株式の95%を譲渡しました。しかし、東芝はレグザブランドの独自開発・販売・修理を継続しています。

 

ハイセンスの傘下に入りましたが、東芝は「レグザや東芝映像ソリューションの開発、販売体制は全く変わらない」としています。レグザはこれからもますますの進化が期待されるブランドです。

 

コスパ重視の方はハイセンスのテレビをチェック!

レグザは3シリーズ展開をされていて、それぞれ特徴が異なります。画質にも違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあるので、しっかりと理解したうえで自分の目的に合った機種を選びましょう。

有機ELレグザは、自発光方式でバックライトがないため薄型で軽量なのが特徴です。スペースを有効活用できて、見た目もおしゃれな壁掛けにも適しています。液晶テレビよりも高画質で、視野角も広いため大人数での視聴におすすめです。

 

スポーツ観戦など動きが多い映像に強いのも魅力です。しかし、価格が高価な点や、明るい視聴環境では見にくい・画面の焼き付きが起こる・耐久性が低いなどのデメリットもあります。

4Kチューナー内蔵の液晶レグザは、フルハイビジョンの4倍もの高画質を楽しめます。視聴環境に合わせて画質を自動で調整してくれる機能も備わっていて、映像の満足度がよりアップ。ゲームモードも搭載されているので、テレビの視聴だけでなく、大画面でゲームをプレイしたい方にもおすすめです。

 

ただ20インチのような小型サイズのテレビはラインナップされておらず、43V型からになるので、設置スペースが必要になります。

液晶テレビは、耐久性が高く明るい視聴環境でも画面が見やすいのが特徴です。また、画面の焼き付きも起こりにくく、ストレスフリーに視聴できます。ハイビジョン液晶レグザは、有機ELレグザに比べて価格がリーズナブルで、小さめの24V型もラインナップしているので、コスパ重視の方や小さいテレビを探している方におすすめです。

 

購入時の注意点としては、バックライト方式のため厚みが出てしまい、重量が重く視野角が狭いことが挙げられます。

レグザの3シリーズは画質だけでなく、機種により機能性や使いやすさが大きく異なります。高価な買い物だからこそ後悔しないために、機能や性能を慎重に見極めて選ぶことが重要です。ここでは、テレビ購入時の注意点や選び方のポイントを解説します。

テレビ選びの重要なポイントといえば、なんといっても画質ですよね。レグザには3シリーズありますが、画質のよさは上から「有機ELテレビ>4Kテレビ>ハイビジョン」の順になります。BS・CSの新4K衛星放送を視聴したい方や、ゲームをしたい方は高画質な有機ELテレビや4Kテレビがおすすめです。

 

ですが、現在の地上デジタル放送は4Kには対応していないので、普段地上波しか見ないという方であれば、コスパのよいハイビジョンテレビで十分といえるでしょう。

テレビを選ぶ際は、解像度も重要なポイントです。解像度は主に、「フルHD」と「4K」の2種類に分かれます。それぞれの違いを確認しておきましょう。

フルHDは、1920×1080で通常のデジタル放送の規格上で最上級の解像度です。4Kの解像度に比べると画質は劣りますが、十分高画質できれいな映像を楽しむことができます。また、価格もお手頃なのでコスパを重視したい場合にも最適です。

4Kは、フルHDの約4倍の3840×2160の高い解像度で、高精細でなめらかな超高画質映像を楽しめます。より臨場感満載の映像を映し出すことができるため、映画やゲームのインパクトを感じられます。価格は比較的高価になりますが、画質にこだわりたいという場合におすすめです。

テレビは、部屋の大きさや設置スペースに合わせた画面サイズ選びが大切です。視聴距離を考えて選ばないと、画面が見づらくなってしまいます。4Kテレビの場合は、「テレビの高さ×1.5」が最適な視聴距離だといわれています。以下の表を参考に最適なものを選びましょう。

 

部屋の畳数 視聴距離 画面サイズ
~6畳 0.8m 43v型
6畳 0.85m 46v型
8畳 0.9m 49v型
8~10畳 1m 52v型
10畳 1.1m 60v型
12畳 1.3m 70v型

レグザを選ぶ際には価格も注目したいポイントです。機能がシンプルで小型のものであれば3~5万円前後、高画質の4Kや50インチ以上の大型テレビ、便利機能を多く搭載した多機能のものだと5~25万円前後と価格の幅も広いです。自分の欲しい機能や画質、画面の大きさを考慮して、適切な予算設定をしましょう。

1位
東芝

55BZ710X

価格:151,200円 (税込)

BAZOOKA搭載W録画対応テレビ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年に発売した東芝の4K液晶テレビです。4K放送が始まる前のテレビなので4Kチューナーは内蔵していませんが、代わりに地デジ/BS/CSのチューナーが3基ずつ搭載されているため、外付けのHDDをつけて2番組まで同時に録画することが可能です。さらにこちらはBAZOOKAと呼ばれる重低音重視の大型のバスレフスピーカーを内蔵しているため、シアターセットなしで迫力の音声を楽しむことが可能。シアターバーがいらない=場所を取らないということになるので置き場所の省スペース化にも一役買っています。倍速液晶、直下型LED搭載と画質もしっかりと保証されている、非常に良質なテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
256 W
年間電気代【円】
3537 円
2位
東芝

32S21

価格:18,380円 (税込)

低価格で直下型LED!くっきり見やすいテレビ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年9月に発売した東芝の32インチハイビジョンテレビです。ネット機能などが付いていないため、リモコンが非常に扱いやすいのとテレビの立ち上がり自体が非常に早いのが大きな特徴になります。また、この価格でありながらも直下型のLEDを採用しているため、画面が非常に明るく目に優しい液晶になっているのは嬉しいポイント。ゲームダイレクトモード搭載で今もなおゲーム用モニターとしても根強い人気をほこります。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
32V型(インチ)
画素数 
1366x768
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
57 W
年間電気代【円】
972 円
3位
東芝

43M520X

価格:58,000円 (税込)

コスパに優れたネット機能搭載テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

東芝のMシリーズの旧型モデルです。現行のテレビとの違いは4Kチューナーがシングルチューナーというところが主な違いになっており、それ以外は大差がないため価格を抑えたい方には特におすすめのモデルになっています。
4Kテレビながら非常に価格が抑えられており、他メーカーのネット搭載テレビに比べてコンテンツは少なめですがYoutubeなどの有名所はしっかりと網羅したネット連携も付帯していますので価格に対しての満足感が高いテレビになっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
VAパネル
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
121 W
年間電気代【円】
2241 円
東芝

65Z740X

価格:185,000円 (税込)

迫力の高精細画質とサウンドのレグザ最高峰の4K液晶テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しており、高精細でリアルな高画質が楽しめるテレビです。肌の質感もよりリアルに再現し、さまざまなノイズを検知し低減してくれます。また、迫力のある重低音とフラットで明瞭な音質を体感できるのも特徴です。スピーカーからでなく、画面から音が聞こえるような自然な音響が楽しめます。
65Z740Xには、「タイムシフトマシン機能」が搭載されています。過去の番組表から気になる番組を選ぶだけで、見逃した番組や録り忘れたドラマも楽しむことができます。高画質で迫力のあるサウンドを体感したい方や、普段から外出が多くリアルタイムで番組が見れない方におすすめのテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+HLG
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
336 W
年間電気代【円】
5292 円
1位
東芝

55BZ710X

価格:151,200円 (税込)

BAZOOKA搭載W録画対応テレビ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年に発売した東芝の4K液晶テレビです。4K放送が始まる前のテレビなので4Kチューナーは内蔵していませんが、代わりに地デジ/BS/CSのチューナーが3基ずつ搭載されているため、外付けのHDDをつけて2番組まで同時に録画することが可能です。さらにこちらはBAZOOKAと呼ばれる重低音重視の大型のバスレフスピーカーを内蔵しているため、シアターセットなしで迫力の音声を楽しむことが可能。シアターバーがいらない=場所を取らないということになるので置き場所の省スペース化にも一役買っています。倍速液晶、直下型LED搭載と画質もしっかりと保証されている、非常に良質なテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
256 W
年間電気代【円】
3537 円
2位
東芝

32S21

価格:18,380円 (税込)

低価格で直下型LED!くっきり見やすいテレビ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

2017年9月に発売した東芝の32インチハイビジョンテレビです。ネット機能などが付いていないため、リモコンが非常に扱いやすいのとテレビの立ち上がり自体が非常に早いのが大きな特徴になります。また、この価格でありながらも直下型のLEDを採用しているため、画面が非常に明るく目に優しい液晶になっているのは嬉しいポイント。ゲームダイレクトモード搭載で今もなおゲーム用モニターとしても根強い人気をほこります。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
32V型(インチ)
画素数 
1366x768
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
57 W
年間電気代【円】
972 円
3位
東芝

43M520X

価格:58,000円 (税込)

コスパに優れたネット機能搭載テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

東芝のMシリーズの旧型モデルです。現行のテレビとの違いは4Kチューナーがシングルチューナーというところが主な違いになっており、それ以外は大差がないため価格を抑えたい方には特におすすめのモデルになっています。
4Kテレビながら非常に価格が抑えられており、他メーカーのネット搭載テレビに比べてコンテンツは少なめですがYoutubeなどの有名所はしっかりと網羅したネット連携も付帯していますので価格に対しての満足感が高いテレビになっています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10
パネル種類
VAパネル
バックライト
エッジ型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
121 W
年間電気代【円】
2241 円
4位
東芝

32S22

価格:28,080円 (税込)

コストパフォーマンス良好の中型テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

32インチの国内モデルとして非常に人気の高い東芝の液晶テレビです。この価格ながらもWチューナー搭載で外付けHDDでの裏番組録画に対応しており、利便性が高いのが特徴です。画質もこの大きさのテレビの中では明るめで見やすい画質というのも大きなポイント。低遅延のゲームモードも搭載しているのでゲームモニターの選択肢としても有用です。一人暮らしや子供部屋などでの設置に向いています。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
32V型(インチ)
画素数 
1366x768
HDR方式 
-
パネル種類
-
バックライト
直下型LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
-
倍速機能 
-
YouTube
-
Amazonプライム・ビデオ
-
Netflix
-
視聴距離(目安)【m】
-m
消費電力【W】
52 W
年間電気代【円】
1296 円
5位
東芝

55X920

価格:105,000円 (税込)

東芝 55X930の型落ち商品です

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

こちらのテレビは東芝 55X930の型落ち商品です。現在は最新モデルの、東芝 55X930が発売されているので、そちらの購入がおすすめです。
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4K OLED クリアダイレクトモーション
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
385 W
年間電気代【円】
-円

4K液晶レグザの世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
東芝
東芝
東芝
東芝
東芝
商品名
55BZ710X
32S21
43M520X
32S22
55X920
説明
BAZOOKA搭載W録画対応テレビ
低価格で直下型LED!くっきり見やすいテレビ
コスパに優れたネット機能搭載テレビ
コストパフォーマンス良好の中型テレビ
東芝 55X930の型落ち商品です
価格 151,200円 (税込) 18,380円 (税込) 58,000円 (税込) 28,080円 (税込) 105,000円 (税込)
リンク
種類
液晶テレビ
液晶テレビ
液晶テレビ
液晶テレビ
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
32V型(インチ)
43V型(インチ)
32V型(インチ)
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
1366x768
3840x2160
1366x768
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
-
HDR10
-
HDR10HLG
パネル種類
-
-
VAパネル
-
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
直下型LEDバックライト
エッジ型LEDバックライト
直下型LEDバックライト
-
画面分割(2画面機能) 
-
-
-
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
-
-
-
4K OLED クリアダイレクトモーション
YouTube
-
-
Amazonプライム・ビデオ
-
-
Netflix
-
-
視聴距離(目安)【m】
1 m
-m
0.8 m
-m
1 m
消費電力【W】
256 W
57 W
121 W
52 W
385 W
年間電気代【円】
3537 円
972 円
2241 円
1296 円
-円
東芝

65Z740X

価格:185,000円 (税込)

迫力の高精細画質とサウンドのレグザ最高峰の4K液晶テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しており、高精細でリアルな高画質が楽しめるテレビです。肌の質感もよりリアルに再現し、さまざまなノイズを検知し低減してくれます。また、迫力のある重低音とフラットで明瞭な音質を体感できるのも特徴です。スピーカーからでなく、画面から音が聞こえるような自然な音響が楽しめます。
65Z740Xには、「タイムシフトマシン機能」が搭載されています。過去の番組表から気になる番組を選ぶだけで、見逃した番組や録り忘れたドラマも楽しむことができます。高画質で迫力のあるサウンドを体感したい方や、普段から外出が多くリアルタイムで番組が見れない方におすすめのテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+HLG
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
336 W
年間電気代【円】
5292 円
東芝

43M540X

価格:153,090円 (税込)

大勢でのゲームに!チューナーなしで4Kが楽しめる液晶テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

こちらは43V型のBS/CS 4Kチューナー内蔵の液晶テレビです。チューナーなしで4K新衛星放送の視聴が可能なモデルになっています。より緻密に映像を再現する映像エンジン「レグザ エンジン Evolution」とサウンド技術を搭載し、さらに美しい画質と音質を実現しています。

HDR10、ARCにも対応しており、外付けHDDでより音質にこだわることもできます。地上、BS/CSは3チューナー搭載しているため、地デジ、BS/CSすべてで2番組を裏番組録画することが可能。ゲームモードももちろん搭載しており、大型なので家族や友人と楽しめるゲーム用テレビとしておすすめします。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HLG
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
116 W
年間電気代【円】
2187 円
型番 価格 画面サイズ サイズ/寸法

重量

画質 録画機能
40V34 56,250円 40V型 905x553x178 mm 6.5kg フルハイビジョン おまかせ録画 
24V34 34,780円 24V型 553x357x143 mm 3kg ハイビジョン ウラ録
43C340X 62,937円 43V型 959x597x219 mm 9kg 4K W録画,おまかせ録画
55Z740X 153,100 55V型 1237x766x237 mm 20kg 4K タイムシフトマシン
75M540X 185,700円 75V型 1677x1018x354 mm  29.5kg 4K W録画
43Z730X 99,900円 43V型 975x626x209 mm 13.5kg 4K ウラ録
65M530X 119,800円 65V型 1446x875x256 mm 20.5kg 4K W録画
48X8400 167,000 48V型 1068x663x229 mm 16.5kg

4K(有機ELパネル)

W録画
65X930 295,800円 65V型 1447x846x267 mm 47.5kg

4K(有機ELパネル)

別売USB HDD録画
55X9400 219,800円 55V型 1234x736x279 mm 32.5kg

4K(有機ELパネル)

タイムシフトマシン
55X830 162,831円 55V型 1226x751x203 mm 23.5kg

4K(有機ELパネル)

別売USB HDD録画

日常でテレビを使用していると、「突然映らなくなった」といったトラブルが起こることもありますよね。ここでは、「故障したかも?」と感じる症状の原因や対処法を解説します。

テレビが突然消えた・フリーズした・音が出ないなどの症状があらわれた場合は、以下の対処法を試してみましょう。

電源を一度切って再度つけてみると、症状が改善することがあります。すぐに改善がみられる場合は、そのまま使い続けても問題はありません。しかし症状が頻繁に表れる場合は、部品の故障なども考えられるためメーカーに問い合わせしましょう。

電源を入れ直しても症状が改善されない場合は、主電源を抜いて挿し直してみるのもひとつの手段です。これで改善されるケースが多いですが、それでも改善されなければ、しばらく時間をおいて再度主電源の抜き差しを試してみましょう

テレビ本体の電源ボタンを8秒以上長押しすることでリセットすることもできます。このリセット作業も症状改善のためのひとつの手段です。リセットしてもテレビのデータが消えることはありません。ただ、初期化をするとデータが消えてしまうので注意しましょう。先ほどの2つの方法で改善されない場合に試してみることをおすすめします。

録画機能が搭載されているのにテレビの録画予約ができないという場合は、以下のような原因が考えられます。原因を知って、正しく対処しましょう。

録画ができない場合に考えられるのが、ハードディスクの故障の可能性です。録画するためのハードディスクに不具合があると処理が上手く行われず、録画ができなくなります。長く使い続けているとハードディスクは劣化していくため、交換を検討するのがおすすめです。

ハードディスクが原因でない場合は、USBケーブルの接触不良や故障の可能性も考えられます。接触不良が原因の場合は、きっちりとケーブルを挿し直せば改善されますが、改善されない場合は故障の可能性が高いのでUSBケーブルの買い替えが必要です。

もし、ハードディスクやUSBケーブルを交換しても症状が改善されない場合はテレビ本体の不具合も考えられます。その場合は、東芝に相談をしてみましょう。下記のリンクから、東芝のお客様サポートのページに問い合わせが可能です。

高画質・高音質なだけでなく、便利機能がさまざま備わっていると評判のレグザですが、買うならできるだけ安く購入したいですよね。実は、買い時を知っておけばお得に購入できる可能性があります。

 

家電量販店とネット通販では、ネット通販の方が販売価格が安い傾向がありますが、家電量販店も負けてはいません。決算期や年末年始、ボーナス時期など、年に何度かお得に購入できるチャンスがやってきます。いつ買うか悩んでしまう方は、この絶好の「買うタイミング」を逃さないようにしてくださいね。

 

詳しい時期や値引き交渉のポイントについては、下記の記事で徹底解説しているので参考にしてください。

レグザは種類が豊富な上、高性能で使い勝手も抜群です。高画質なので、好きなテレビやドラマ・映画なども今までよりもさらに楽しめます。せっかく買うならしっかりと機能性を見極めて、自分に合った1台で充実したテレビライフを送りましょう。

テレビ 東芝 regzaの全商品一覧

関連する記事

東芝(REGZA)有機elテレビおすす9選|評価やレビューは?他ブランドと比較のサムネイル画像

東芝(REGZA)有機elテレビおすす9選|評価やレビューは?他ブランドと比較

2022/04/04

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルものサムネイル画像

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルも

2021/10/21

【2022最新】bravia(ソニー) テレビおすすめ10選【特徴・評価・口コミも】のサムネイル画像

【2022最新】bravia(ソニー) テレビおすすめ10選【特徴・評価・口コミも】

2021/10/21