【故障?買い替え?】東芝のテレビリモコンが効かないときの対処法|純正リモコン・代用アプリは?

テレビのリモコンが効かないと困りますよね。この記事では東芝のテレビリモコンの反応が悪い時の対処法・regza(レグザ)の純正リモコン・代用アプリの設定方法などについて紹介します。リモコンが反応しなくて困っている方やリモコンの買い替えを検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

2022/05/27 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

見たい番組があるのにテレビのリモコンがうまく反応しないとイライラしますよね。東芝のテレビ・regza(レグザ)のリモコンが効かない原因は電池切れやリモコン信号の送受信に問題があるなどさまざまです。

 

リモコンが反応しないからといって、すぐに故障と判断せず、原因を理解した上で対処法を試してみましょう。場合によっては買い替えをせずに済むかもしれません

 

この記事では、東芝のテレビ・レグザのリモコンが効かないときの対処法やテレビのリセット方法、リモコンの代用になるアプリの設定方法について詳しく解説します。さらに、東芝のテレビの純正リモコンや対応汎用リモコンを紹介します。ぜひ最後までチェックしてください。

リモコンが効かないとテレビが見れなくて困りますよね。ここではテレビリモコンが効かない・反応が悪い・動かないときの原因とその対処法について以下の項目で紹介します。

 

【リモコンが効かない原因】※クリックすると各見出しへジャンプします

  1. リモコンの電池切れ
  2. テレビの受光部・リモコンの送信部に問題がある
  3. リモコンの送信距離や角度が範囲外
  4. リモコン内部(基盤)が汚れている
  5. テレビ本体が原因かも?リセットしてみる

リモコンが効かないときはリモコンの電池切れの可能性があります。新しい電池を入れて動くかどうか試してみましょう。また、電池切れ以外に以下の点もあわせて確認してください。

 

  • リモコンと電池の接触部分の汚れ
  • プラスとマイナスの向きの誤り
  • 指定以外の電池を使用しているか

リモコンに使用できる電池は主にアルカリとマンガンの2種類です。リモコンのような使用時のみ電力を必要とする機器にはマンガン電池が向いている情報をよく目にします。

 

しかし、リモコンによって電池の種類が指定されている場合は、指定に沿った電池を使いましょう。2021年に発売された東芝のテレビ「55Z740XS」はアルカリ電池指定です。

テレビの受光部が障害物によってふさがれている場合、リモコンからの赤外線を受信できずテレビは反応しません。テレビの受光部をさえぎっていないか確認しましょう。日ごろからテレビ周りに物を置かないことが大切です。

 

また、何らかの原因によってリモコンの送信部から正しく赤外線が出ていない可能性もあります。以下の方法で赤外線が出ているか簡単に確認でるので、試してみてください。

リモコンの赤外線がきちんと動作しているか確認する方法を紹介します。目で見て確認はできませんが、スマートフォンを使えば簡単に確認可能です。手順は以下の通りです。

 

  1. スマートフォンのカメラを起動して、リモコンの送信部をカメラに向け、リモコンのボタンを押す。
  2. スマートフォンの画面から送信部が光って見えればリモコンは正常です。送信部が光って見えない場合は何らかの異常か故障などの可能性があります。

また、iPhoneなどの一部のスマホでは、背面カメラ(アウトカメラ)で赤外線が映りません。その場合、前面カメラ(インカメラ)で自撮りをするときのように試してください

リモコンの反応が悪い場合はリモコンの送信距離や角度が範囲外となっている場合もあります。テレビ本体の正面から約7m以内が送信可能な距離です。また、リモコンを受光部に向かって正しい角度で使わないと反応しないこともあります。リモコン使用時の適正な角度はテレビ本体正面から上に15度以内・下に30度以内・左右に30度以内です。正しい距離と角度でリモコンを使いましょう。

リモコンが効かなくなる一番多い理由は、この基盤の接触不良。リモコン内部は意外にもホコリや皮脂汚れが溜まっています。あるいは、飲み物をこぼして表面は拭いたものの、内部に液体が浸水してしまった場合も。これらの原因でリモコン内部の基盤が汚れたり擦れたりすることで、接触が悪くなります。

 

この場合、リモコンを分解して掃除すれば、リモコンの動きが改善する可能性があります。ただし、リモコン自体は単純な構造で難しくないものの、分解したことでメーカー保証の対象外になる可能性があります。最終手段として行いましょう。

 

また、リモコンにカバーをつけておくことでホコリ・汚れの侵入をふせげます。カバーを購入する際は手持ちのリモコンが対応しているか確認をしてください。

ブライトンネット

CT-90487/488/489/490/491/492/494/493 専用 シリコンカバー BS-REMOTESI-CT487

価格:1,518円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リモコンの不具合でない場合、テレビ本体に原因があるかもしれません。テレビ本体のボタンで操作できない場合はテレビのリセットをしてみましょう。リセットの方法を2つ説明します。ただし機器によってはHDDなどのデータが消える可能性があるので取扱説明書を確認してください。

 

  • 電源プラグをコンセントから抜き、1分以上待ってから再度コンセントを差して電源を入れる
  • 本体ボタンの中央を4秒以上長押しし、本体前面の電源表示ランプが点滅したら本体ボタンから手を話す。しばらくすると電源が「入」になる。

現状すでに、東芝レグザと汎用のテレビリモコンをご利用中でリモコンが効かなくなったなら、ペアリングが切れてしまったことも考えられます。テレビのコンセントを抜くなどして、突然電源を落とした時に発生する症状です。その場合は、リモコンのメーカーコード表より、東芝レグザにコードを送信すれば、再び使えるようになる場合が多いです。

レコーダーを使用していてテレビとレコーダーのリモコンをまとめている人は、リモコンモードの設定を見直しをおすすめします。レコーダーに設定したままではリモコンが対応しなくなるので、テレビに対応するように設定しましょう。

 

また、リモコンには複数のリモコンコードが用意されていますが、電池を抜いた時に初期設定に戻ってしまうこともあります。その場合は本体側とリモコン側の両方でリモコンコードを設定する必要があります。

東芝のテレビ・レグザのリモコンが効かない場合、リモコンモードの設定が必要か確認する方法は以下の通りです。

 

  1. テレビの待機中にリモコンの電源ボタンを押す。
  2. 本体の電源表示が赤点滅する場合は、リモコンコードの設定が必要。
  3. 本体の放送切替ボタンをメニューが表示されるまで4秒間押す。
  4. チャンネルボタンでリモコンコード1を選び、入力切替を押す。

東芝のテレビ・レグザを近い距離で2台置いている場合、リモコン操作で2台とも反応してしまうことがあります。この場合、テレビのリモコンコードの設定を変更して解決しましょう。以下、基本的な手順です。

 

※初期設定が「リモコンコード1」のため、ここでは「リモコンコード2」に変更する方法を説明しています。

  1. リモコンの「設定」を押して「その他の設定」→「詳細機能設定」→「リモコン設定」→「リモコンコード設定」
  2. 「リモコンコード2」を選択して「決定」
  3. 「はい」を選んで「決定」
  4. 「決定」を押したまま「2」を約2秒間以上、押し続けて完了

 

ただし、機種によってはリモコンコードを変更できないため、2台設置する場合は変更可能か購入前の確認が必要です。

それでは、いざリモコンの故障が確定・あるいは紛失してしまったなどした場合に、修理になるのか買い替えかなどの、東芝サポートの対応についてご解説します。

まず購入1年以内の場合は保証期間内のため、ご利用の販売店に連絡するか、「東芝テレビご相談センター」等への入電となります。対応としては、新リモコンの送付である場合が多いです。

 

《東芝テレビご相談センター》

【一般回線・PHSからのご利用は】

フリーダイヤル
0120-97-9674

 

【携帯電話からのご利用は】

ナビダイヤル(通話料:有料)
0570-05-5100

それでは保証期間外の場合の対応についてです。レグザのテレビリモコンが故障した場合、基本的に修理ではなく買い替え対応になります。

 

レグザはテレビ付属リモコンの単体販売もしているため、リモコンの品番がわかれば同じものが入手できます。リモコン品番は以下の公式オプションサイトで、年式+テレビ本体の品番を検索し確認できるので参考にしてください。

品番の情報がわかれば、「レグザオンラインストア」あるいはAmazonなどのECサイトでも取り扱われているため購入できますね。また、テレビの年式・品番にもよりますが3,000〜7,000円程度となっています。

後から購入できる東芝のレグザの純正リモコンは、大きく分けて快適操作を実現したフルリモコンと、シンプル機能が搭載されたシンプルリモコンの2種類に分かれます。ここからは、東芝レグザの純正リモコンについて詳しく紹介します。

 

フルリモコンはチャンネルボタンの数字が大きく、ボタンに傾斜がついているので非常に見やすくて便利です。また、使用頻度の高い録画関連のボタンは中央に配置されているといった押しやすい工夫がされています。

 

機能性が高いのでメインで使用するのにおすすめです。「みるコレ」や「次みるナビ」などレグザ独自の機能も快適に操作できます。

 

さらに、赤外線の発光部を2つ搭載しており、それぞれが異なる方向に向いているので、リモコンを直接テレビに向けなくても操作できます。リモコンの背面にあるくぼみが指にフィットするので、リモコン操作がしやすいです。

東芝

東芝レグザ用純正リモコン CT-90485

価格:3,410円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝

レグザ用純正リモコンCT-90479P

価格:3,290円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルリモコンは、電源ボタンやチャンネルボタンの文字が大きく、太い文字で書かれているので、押したいボタンが探しやすいのが特徴です。また、チャンネルボタンやカーソルボタンなど、他のボタンに比べて使用頻度が高いボタンは見やすい色に変えられています。

 

さらに、番組表や録画リストなどの録画に関連したボタンを中央に配置し、見やすいように工夫がされているので、急に録画したい番組ができたときでも操作も簡単に行えます。フルリモコンのサブのリモコンとして使うのがおすすめです。

東芝

REGZA(レグザ) 純正オプションリモコン CT-90476P

価格:2,620円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純正のリモコンはボタンが充実していて互換性の心配がありませんが、高価であったり、店頭ですぐに手に入らなかったりするなどデメリットもあります。純正より低価格で手軽にリモコンを購入するなら汎用テレビリモコンがおすすめです。

 

東芝専用で設定不要なタイプや複数のメーカーに対応したタイプなど種類はさまざまです。複数のメーカーに対応したタイプでは、取説に記載のあるメーカー番号を設定するだけで使えます。以下、おすすめの汎用テレビリモコンを紹介していますので、ぜひ購入の参考にしてください。

エレコム

リモコン TOSHIBA 東芝 レグザ用ブラック ERC-TV01BK-TO

価格:1,398円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー(SONY)

学習リモコン RM-PLZ530D

価格:3,300円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー(SONY)

学習リモコン RM-PLZ430D

価格:2,337円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「RZハイブリッドリモ」はスマホやタブレット端末を使って東芝のテレビ操作ができるアプリです。リモコンが壊れてしまったときや紛失したときに代用として使うのもおすすめ。テレビ付属のリモコンのほとんどのボタンが使えます。

 

また、Hybridcast(ハイブリッドキャスト)サービスによるコンテンツもスマートホンやタブレットの端末で楽しめます。

 

App Store|iPhoneの方はこちらから

Google Play|Androidの方はこちらから

東芝以外のテレビでも、東芝の付属リモコンは使えます。メーカーに合わせて、付属リモコンにメーカー登録番号を設定して使うことが可能です。なので、東芝のテレビ本体を買い替えても付属リモコンは捨てずに、もしもの時の予備として持っておくことをおすすめします。

 

気をつけなければいけない点として、リモコンのメーカー登録番号表にないテレビには対応しないので、確認が必要です。

東芝のテレビ・レグザのリモコンが効かない・反応が悪い時の対処法や純正リモコンの特徴を中心に紹介しました。記事を参考にして、リモコントラブルを解決したり、自分にぴったりのリモコンを選んだりしてくださいね。