SONY dsc-rx1 デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥191,602
SONY Cyber-shot dsc-rx1 カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、SONY Cyber-shot dsc-rx1 カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

コンパクトなボディにフルサイズ判センサーと35mmF2.0レンズを内蔵した高級カメラ

RX1はフルサイズ判センサーと35mmF2.0レンズを搭載したカメラです。その基本スペックは共通のまま現在は3機種が発売中で、初代のRX1をベースにしてセンサーからローパスフィルターを省略して解像力を向上させた二代目のRX1R、さらにRX1Rをベースにしてセンサー画素数を約4200万画素にアップしてローパスフィルターレスとした三代目のRX1R IIがラインナップされています。ローパスフィルターレスのカメラは確かに解像力描写には秀でていますが、都会風景や建築物などでは偽色やモアレが目立つことがある。それを抑制するのがローパスフィルターで、上記のような被写体を撮影する機会の多い人たちは迷うことなくRX1を選ぶようです。実売価格も安いのが魅力。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

ローパスフィルター

画像情報として不必要な波長の光をカットすることでモアレや偽色を防ぐフィルター。モアレとは本来写るはずのない幾何学模様、偽色とは被写体にはない色が出てしまうことを意味する。ただし、光を一部カットすることにより、解像度が落ちてしまう副作用もある。

dsc-rx1のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

RX1と同じレンズでローパスフィルターレスの約4300万画素、より高解像力の描写を求める人に

SONY
dsc-rx1rm2
340,136円〜

ズミルックス28mmF1.7レンズと2400万画素フルサイズ判センサー内蔵、憧れのライカブランド

ライカ
leica q2
429,840円〜

ソニー dsc-rx1の基本スペック

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX1 2430万画素CMOS 光学1倍 DSC-RX1

価格:181,080円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ソニー(SONY) 商品名 Cyber-shot サイバーショットdsc-rx1
撮像素子 35.8mm×23.9mm(フルサイズ) Exmor CMOSセンサー F値 F2
有効画素数 2430万画素 光学ズーム -
焦点距離 35mm 撮影感度 通常:ISO100~25600 拡張:ISO50、64、80、25600、102400
手ぶれ補正 - AF(オートフォーカス) 顔検出/スイングパノラマ/スマイルシャッター
連写速度 5コマ/秒 動画 1920x1080(フルHD)、60 fps
サイズ 113.3x65.4x69.6 mm 重量 本体:453g 総重量:482g

ソニー dsc-rx1のケース

ソニー(SONY)

ソニー SONY ジャケットケース LCJ-RXB

価格:17,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

dsc-rx1のジャケットケースはLCJ-RXBを使用します。専用ケースとなっており本革仕様でケースに入れた状態のまま三脚に固定もできるので大変便利です。

ソニー dsc-rx1のバッテリー

ソニー(SONY)

SONY リチャージャブルバッテリパック Xタイプ NP-BX1

価格:3,740円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイバーショット専用バッテリーNP-BX1。このバッテリー1個で静止画だと約220枚、動画だと約60分の撮影が可能となっています。

ソニー dsc-rx1のおすすめポイント

35mmフルサイズセンサーを搭載!

dsc-rx1には35mmフルサイズセンサーが搭載されています。35mmは一眼レフの最上位機種に搭載されるセンサーで、このセンサーが搭載されているコンパクトデジタルカメラは非常に稀となっています。

価格はAPS-Cの上位機種と同じくらいです。この価格でプロも使用する35mmフルサイズセンサーを使えるので、コストパフォーマンスに優れた機種となっています。

コンデジなのに短焦点レンズで背景をボカせる

本来は一眼レフの短焦点レンズが得意とする背景のボカしをコンデジでも再現可能です。35mm開放絞り値F2のツァイス「ゾナーT」レンズを採用することで、背景を大きくボカした印象的な写真が撮影可能です。

一眼レフでは、焦点距離毎にレンズ交換を必要としますが、dsc-rx1はレンズ一体型なので、これ一つで様々な距離から撮影できます。

最大ISO25600で暗所でも明るい

ISO感度は100~25600と幅広く対応しており、ノイズを抑えつつ暗所でも明るい写真の撮影が可能です。まだ画像処理エンジン「BIONZ」により、高精細な画像処理が可能で、被写体を余すことなく忠実に再現できます。

マルチショットNRなら、最大ISO102400の超高感度撮影も可能となっています。

ソニー dsc-rx1の悪い点をレビュー

AF(オードフォーカス)が遅い

被写体にピントを合わせるオートフォーカスが遅いと感じる人がいるようです。動体撮影の場合などでは、AFが遅いと決定的なチャンスを逃すといったことが発生するため、事前にAF速度を確認しておくことをおすすめします。

ピントを合わせをサポートする機能「MFアシスト」と「ピーキング」機能を使いましょう。


ズーム機能がない

悪い点というより最初から仕様なのでしょうがないのですが、dsc-rx1には光学ズーム機能がありません。そのため、望遠などで撮影することはできませんが、圧倒的高画質を活かして遠くの被写体でも鮮明に描写することが可能です。

バッテリーの持ちが悪い

コンパクトデジタルカメラなので、本体が小さい分バッテリーもコンパクトになっており長時間持たないそうです。予備バッテリーのスペックも静止画220枚、動画60分と心もとないので、遠征する際などには、予備として2つくらい用意しておくと良いかもしれません。

グリップに難がある

フルサイズセンサーを活かした高画質で本格的な写真が撮れる一方、サイズがコンパクトなのでしっかりとグリップをホールドして撮影することが難しいと感じる方がいるようです。 グリップを増やすなど、自分で調節する必要があります。

ソニー dsc-rx1の良い点をレビュー

携帯性に優れている

コンパクトデジタルカメラのdsc-rx1は非常に携帯性に優れています。フルサイズの一眼レフの場合、本体とレンズを合わせると重量が2kgを超えたりといったこともあるので、解像度と快適性を両立したdsc-rx1は気軽に持ち出せるサブ機にもおすすめです。

とにかく高画質

フルサイズセンサーを搭載しているdsc-rx1の高画質に満足されている方が多くいます。コンパクトデジタルカメラに一眼レフのフルサイズセンサーを搭載したアンバランスなカメラとも言えますが、2430万画素の圧倒的高画質により、一眼レフに匹敵する写真を撮ることができます。

35mmの広角レンズで近い距離に最適

テーブルの上に並べられた料理をその場で撮影するといった近い距離の撮影に向いています。一般的に標準とされる焦点距離は50mmとされますが、35mmの場合人物を撮影するとき被写体から近い距離で撮影しても広角レンズにより全身が画角に入るなどの利点があります。

ソニー dsc-rx1の口コミを集めました

オートフォーカスが遅いので、近すぎてピントが合わなかったときは再度、オートフォーカスをするとき若干テンポが悪くはなりますが、 十分すぎると思います。

出典:https://review.kakaku.com

AF(オートフォーカス)のテンポが遅れるそうです。被写体の動きが激しい動体撮影にはあまり向いていないかもしれません。高解像度を活かしたポートレートや風景撮影などにおすすめのカメラと言えます。

ズームがない、35mmの単焦点ですが、広ければ歩いて寄っちゃえばいいですし、せまければ歩いて離れればいいです。

出典:https://review.kakaku.com

多くのコンパクトデジタルカメラには光学ズーム機能が付いていますが、dsc-rx1は1倍なのでズームすることができません。しかし、フルサイズ一眼レフに匹敵する高画質な写真を手軽に撮影することができます。

さんざん言われていますが、やはり持たないですね。電池があれほど小さければ仕方ないと思います。

出典:https://review.kakaku.com

本体がコンパクトな分、バッテリーのサイズも小さいので仕方ない面もあります。スナップ写真程度なら十分だと思いますが、本格的に撮影しようと思う場合は予備バッテリーを用意しておいた方が良いでしょう。

そのままで片手グリップは無理。

出典:https://www.mapcamera.com

コンパクトデジタルカメラなので、グリップするのが難しいそうです。しっかりホールドしないと2430万画素の解像度で撮影するとブレるので、グリップを買い足すなどした方が良さそうです。

このカメラの一番のメリットは携帯性の良さです。 ちょっとしたお出かけでも、鞄に忍ばせておけます。

出典:https://review.kakaku.com

専用のカメラケースなどが必要となる場合が多い一眼レフに対して、気軽にカバンに入れて持ち運べるdsc-rx1は男性から女性まで幅広い層に使い易いカメラとなっています。一体型で軽いので撮影時に疲れないのも嬉しい点です。

フルサイズセンサーの懐の深さ、カールツァイス「ゾナーT*」レンズの描写力が相まって、開放から切れ味抜群で、画面の隅々までクリアに描写します。さらには高感度耐性も高く、ボケも大きく美しいです。

出典:https://review.kakaku.com

開放F2の短焦点レンズを採用しているので、背景を大きくボカすことも可能で被写体がクッキリ浮き出した綺麗な写真を撮ることができます。ISOを上げることで暗い場所でも明るく撮影できるので場所を選ばないカメラといえます。

私にとって35mmは、肉眼の視野と近い広さで、自分が見たものを信じられる画角。安心して、試行錯誤しながら使っています。

出典:https://review.kakaku.com

35mmという距離は近い距離の撮影に適しています。背景がボケる綺麗な写真も適正距離で撮影した場合なので、広角に優れたカメラであり望遠での撮影は想定していません。自分が主にどういう用途で使用するのか考える必要があります。

ソニーの外付けのフラッシュや、電子ビューファインダー、マクロリングなどもつけられたり、レンズフィルターをつけて、個性的な写真も撮れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

一般的にコンパクトデジタルカメラの場合、外部パーツを付けることはあまりありませんが、dsc-rx1には多数のパーツが用意されておりクリップオンストロボや電子ファインダーなど好みや用途に合わせてカスタマイズすることが可能です。

ソニー dsc-rx1 と α7 IIIの違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K

価格:210,850円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルサイズミラーレス一眼 α7IIIは屈指の名機と言われており、ミラーレス一眼の普及を大幅に加速させました。dsc-rx1とほぼ同じ有効画素数2420万となっています。

最大の違いとしては、一眼レフであるということです。dsc-rx1と違い用途に合わせてレンズを交換することができます。広角、望遠用などレンズを使い分けることで撮れない写真はありません。

AF精度も大幅に増しており、特に現在標準機能となりつつある瞳AFなどはポートレート撮影時などには欠かせない機能です。これら最新機能が盛り込まれたα7シリーズはミラーレス一眼のフラグシップ機としてソニーが力を入れており、6100万画素のα7IVも発表されるなど、着々と性能が向上しています。

一眼レフは、本体の他にレンズ代も加わるので非常に高価です。特にフルサイズ一眼になると、レンズの価格が本体を超えるようなものもあります。そうした点では、フルサイズセンサーを搭載しながら、コンパクトでかつレンズ交換が不要なdsc-rx1は手軽に本格的な写真が撮れるという点では唯一無二のカメラとなっています。

コストパフォーマンスに優れているので、フルサイズで撮りたいけど一眼は高いという人に向いているカメラと言えるのではないでしょうか。

ソニー dsc-rx1 とdsc-rx1rの違い

ソニー

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX1R 2470万画素 光学2倍 DSC-RX1R

価格:187,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

dsc-rx1とdsc-rx1rは同じ商品なので殆どのスペックは共通しています。では差は何かというと、dsc-rx1rはローパスフィルターレス仕様になっており、よりクリアな解像度で写真を撮ることができます。

しかし、反面モアレの発生が大きいので、一概にdsc-rx1rが優れているというわけではありません。被写体によって大きく差が出るので、カメラを自由自在に使いこなせる人はdsc-rx1r、色々な写真を撮って幅広く楽しむという人はdsc-rx1を選ぶといった使いわけが必要となります。

dsc-rx1が汎用機、dsc-rx1rがカスタマイズ機というような位置付けとして考えるのが良いのではないでしょうか。

dsc-rx1は発売が2012年ながら今でも現行機として販売されており、後継が存在しない完成系のカメラとなっています。コンパクトデジタルカメラにフルサイズセンサーという異色のカメラであり、その携帯性と性能のバランスから高い人気を誇っているので、フルサイズに挑戦したいという方にとっておすすめのカメラとなっています。

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX1 2430万画素CMOS 光学1倍 DSC-RX1

価格:181,080円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー dsc-rx1の種類について、商品概要、説明書、おすすめのポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

dsc-rx1はコンパクトなデジタルカメラながら、フルサイズ一眼レフと同じイメージセンサーを搭載しているので、圧倒的高画質を実現しながら携帯性にも優れています。重量も軽く持ち運びにも便利なので女性でも扱い易い機種と言えます。

 

一体型なのでレンズ交換も不要となっており、本格的な写真が撮ってみたいけど一眼レフは敷居が高いという人にもおすすめとなっています。 一眼レフとデジタルカメラの中間に位置するカメラですが、コンパクトデジタルカメラにフルサイズセンサーを搭載しているカメラは殆どなく、2012年発売のdsc-rx1は今でも現役なので、カメラの入門機としても最適です。

 

一般的なデジタルカメラでは物足りなくなってきたという人は、この機種を選んでみても良いかもしれません!