SONY dsc-rx0m2 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.87
最安値:¥78,300
ソニー dsc-rx0m2 カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー dsc-rx0m2 カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

dsc-rx0m2のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

ソニー dsc-rx0m2の商品情報

ソニー dsc-rx0m2の基本スペック

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

価格:78,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーソニー(Sony)商品名サイバーショット DSC-RX0M2
撮像素子1型CMOSF値4.0
有効画素数1530万画素光学ズーム1倍
焦点距離24mm撮影感度ISO 125~25600
手ぶれ補正電子式AF(オートフォーカス)シングルAF
連写速度16コマ/秒動画4K Full HD
サイズ59.0x40.5x35.0mm重量117g
その他機能Wi-Fi対応
ANDFUN

SONY Cyber shot RX0 II (DSC-RX0M2)ケース/カバー ポーチ カバン型 軽量/薄 ソニー サイバーショット RX0 II (DSC-RX0M2) 対応ケース/カバー デジタルカメラバッグ 衝撃吸収 落下防止(D)

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DSC-RX0M2用のケースです。ポリエステル製で軽量です。また衝撃を吸収する仕様になっています。

ソニー(SONY)

ソニー SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-BJ1

価格:2,518円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

RX0、RX0m2に対応しているバッテリーです。満充電で約60分の連続動画撮影と240枚の静止画の撮影が可能です。

str

str Nikon ニコン EN-EL19 SONY ソニー NP-BJ1 互換USB充電器 バッテリー チャージャー DSC-RX0 W100 S7000 S6600 S6500 S5200 等

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB端子がある機器に接続すればどこでも充電可能です。充電中は赤ランプ、充電完了後は緑ランプで充電完了をお知らせしてくれます。超軽量で携帯に大変便利な充電器です。

ソニー dsc-rx0m2のおすすめポイント

堅牢性を備えた小型ボディー

10m防水・防塵、2.0m耐衝撃、200kgf耐荷重性能があり、小型で堅牢性を備えたカメラです。水中ではピントを合わせることができる最短の撮影距離は長くなりますが撮影は可能です。耐水性はありますが、水没防止のためストラップ等のご利用をおすすめします。

高画質な写真が撮れるカメラ

広角は24mm、高解像でゆがみの少ない写真が撮れます。独自に開発したツァイステッサーTレンズにより、高コントラストでシャープな静止画や動画の撮影が可能です。またBIONZ Xという画像処理エンジンを搭載しており、高速処理性能を実現しています。静止画撮影は高速連写(最高約16コマ/秒)が可能です。

さまざまな撮影スタイルが可能

液晶モニターは上方向に180度、下方向に90度の角度調整が可能です。このように自在に液晶モニターを変えることができるので自分撮りやハイアングル、ローアングルの撮影も思いのままです。また液晶モニターの角度を変えても防水・防塵性能はそのまま維持されます。

ソニー dsc-rx0m2の徹底レビュー(評価・口コミ)

ソニー dsc-rx0m2の悪い点をレビュー

電源が入っているかわかりにくい

このカメラは電源がOnなのかOffなのかがわかりにくいという欠点があります。使用後に電源をOffにしたあとは確実に切れていることを確認しておきましょう。バッテリー内の電力には限界があるので無駄に消耗させるようなことは避けましょう。

動画撮影で熱が出る

4K撮影をするときはかなりの熱が発生します。動画撮影となると消費電力は大きくなり発熱量も大きくなります。あまり長時間の連続撮影はしないほうがよいです。「設定でオーバーヒートのリミッターを解除したら全く落ちなくなった」という口コミがありますが、あまりおすすめできません。

接写がイマイチ

被写体に近寄って大きく撮影する技術に接写があります。公式には最短撮影距離は約20cmと書かれていますが、ありますが、購入者のレビューによると50cmくらいが限界です。レストランでのフードフォトは工夫が必要です。

ソニー dsc-rx0m2の良い点をレビュー

堅牢性が高い

このカメラは防水・防塵仕様です。これなら水がかかる恐れがあるプールやビーチでも撮影ができます。液晶モニターの角度調整ができるカメラですが、そのときも防水性能は保たれます。耐衝撃も2.0mと壊れにくく作られています。

幅広いシーンが撮れる

オートフォーカスが速いです。これならシャッターチャンスを逃しません。最大2倍の全画素超解像ズームに対応しているので被写体に大きく迫ることができ、一般的なデジタルズームのような画質劣化もありません。マルチショットNR機能によりノイズを低減します。

手ブレ補正に対応した4K動画撮影機能

撮像範囲の画素信号を撮像素子から加算や間引きをしないで読み出す全画素読み出しは画質を向上させます。これを凝縮して4K映像として出力することで、干渉縞や輪郭のギザギザを少なくすることができるのです。また動画も手ブレ補正に対応しています。

ソニー dsc-rx0m2の口コミを集めました

電源が入っているかどうかがわかりにくいです。そのため無駄に電池を消耗してしまい、気づいたときには電池切れになっていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミによるとdsc-rx0m2は電源が入っているかどうかわかりにくいです。電源を切ったつもりでも実は電源は入ったままでバッテリーを消耗させ、肝心なときに電池切れという失敗をしないように気をつけましょう。

筐体が小さすぎるので、水平を出しづらいです。かなり失敗写真を量産してしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

広角レンズでの撮影や建物を撮影するときは水平と垂直を意識する必要があります。これを疎かにしてしまうとうまく撮影ができません。バイクでの走行写真を撮影するという用途には向いているとはいえません。

30pとはいえ4K撮影はかなりの熱が発生します。涼しい4月でも20分連続で車載動画を撮ると落ちてしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

動画撮影では消費電力はどうしても大きくなってしまいます。電力を大量に消費するということは発熱量も大きいということです。車載動画を撮るような使い方には向いていません。

50㎝くらいまでしか接写できません。

出典:https://www.amazon.co.jp

焦点距離は24mmです。最短撮影距離は約20cmとありますが、あまり被写体から近すぎるとうまく撮影できません。購入者のレビューをみると接写は50㎝くらいまでとあります。

ポケットに入る1インチ。起動も速いので満足です。

出典:https://review.kakaku.com

デジタルカメラを使うメリットはコンパクトであり持ち運びに苦労しないところです。dsc-rx0m2は59.0x40.5x35.0mmで重さは117gと非常に軽量でコンパクトです。これならポケットにも入ります。

手ブレ補正は電子式ですが、今のところ悪影響はほとんど出ていないように思います。

出典:https://review.kakaku.com

dsc-rx0m2は4K動画撮影機能があります。しかも手ブレ補正にも対応しています。光学式手ブレ補正ではなく電子式ですが、こちらのほうがリーズナブルな価格になり手に入れやすくなります。

AFが速くなり合焦率が上がった。撮れなかったものが撮れるようになりました。

出典:https://review.kakaku.com

オートで撮ってもきれいな写真になります。一眼と比較すると劣る部分もありますが、コンパクトデジタルカメラとしては充分な性能といえます。

子供特有の汚れに強い。気にせず持ち出せる、気にせず撮れる。プールでも撮れる。

出典:https://review.kakaku.com

頑丈につくられているカメラです。防水仕様であることはいいですね。プールやビーチでの撮影をするときもこれなら困りません。10m防水、2.0m耐衝撃です。液晶モニターの角度調整をして使用している状態であっても防水性能は保たれたままというのが魅力です。

ソニー dsc-rx0m2の関連商品と比較する

ソニー dsc-rx0m2とDSC-RX100M7の違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

価格:140,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー dsc-rx0m2とDSC-RX100M7の違いは何でしょうか。rx0m2が発売されたのは2019年4月12日、RX100M7は2019年8月30日予定です。この記事の執筆地点でRXシリーズのなかでは最新のものです。

 

新しく開発されたイメージセンサーが圧倒的なスピードとオートフォーカス性能を実現しています。連写機能も強化されています。rx0m2では最高約16コマ/秒でしたが、RX100M7ではそれを超える最高20コマ/秒の高速連写を可能にしています。またシャッターを切った時にファインダーが暗くなるブラックアウトを解消しています。

 

動画撮影機能も強化されています。rx0m2には被写体の色や距離・顔などの情報をリアルタイム処理して認識して追尾するリアルタイムトラッキング機能が搭載されていますが、RX100M7でも引き継がれています。またRX100M7のリアルタイム瞳AFは人間だけでなく動物にも対応しています。圧倒的なスピード性能と高画質性能をもつポケットサイズのデジカメです。

ソニー dsc-rx0m2とDSC-RX0の違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0

価格:49,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー dsc-rx0m2とDSC-RX0の違いはなにでしょうか? 両方とも防水10m、防塵 IP6X相当、落下2m、耐荷重200Kgという堅牢性を有しています。

 

DSC-RX0のほうがややサイズが小さく重量も軽いです。ただ撮影距離は50cm-∞であり、rx0m2の20cm-∞と比べるとやや落ちます。またrx0m2のほうが新しいモデルなのでRX0比で1.8倍の高速処理ができます。また動画撮影において電子手ぶれ補正やスマホ転送に対応しています。モニターもRX0は固定式ですがrx0m2は可動方式です。

 

このように新しいモデルであるdsc-rx0m2のほうが機能的には優れています。ではdsc-rx0m2ではなくDSC-RX0を選ぶ理由は何でしょうか?

 

まず価格です。7万円後半のrx0m2に対してRX0は5万円ちょっとで買えます。それからサイズもRX0のほうがコンパクトです。DSC-RX0のスペックで充分であると判断するのであれば、DSC-RX0をおすすめします。

ソニー dsc-rx0m2の総合評価

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

価格:78,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー dsc-rx0m2 カメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

rx0m2は小型で水や塵、衝撃に対して強いカメラです。堅牢性を備えたカメラです。また独自に開発したツァイステッサーTレンズと高速処理性能を有するBIONZ Xという画像処理エンジンを搭載しているためシャープでゆがみのない撮影ができます。

 

ポケットにも入るコンパクトサイズで持ち運びも自由です。ズボンのポケットにカメラを入れていてそのまま脱いでしまって中にいれていたカメラを床に落とすことも考えられます。しかしrx0m2には見事な堅牢性があります。

 

いつもポケットのなかにいれておけば、気になった被写体があればすぐに撮影することができます。このようなことはコンパクトデジカメでなければできません。dsc-rx0m2はおすすめのカメラです。

関連する商品

デジタルカメラの人気商品