富士フィルム FinePix X100 デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥84,080
富士フィルム FinePix X100 カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、富士フィルム FinePix X100 カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

APS-C判センサーと高性能な35mm相当の明るいF2.0開放F値のレンズ内蔵の高級コンパクト

フィルムカメラ時代のレンジファインダーのスタイルに似せたクラシカルな雰囲気のプレミアム・コンパクトカメラです。約1200万画素の1.0型CMOSセンサーを採用しています。ファインダーに特長のあるカメラで、光学式ファインダー(OVF)と電子式ビューファインダー(EVF)のハイブリッド方式を採用していてレバーを操作するだけで瞬時に切り替えができます。ボディ上部には大型のシャッターダイヤルと露出補正ダイヤルが並んでいます。レンズの鏡筒には絞りリングが設けられていて、シャッタースピードと絞り値をアナログふうに操作して撮影できるのがこのカメラの大きな魅力です。X100はシリーズの初代機種で現在はモデルチェンジを重ねて五代目のX100Vが発売されています。

電子ビューファインダー(EVF)

ファインダー内に格納された小さなモニターを見ることができる仕組みのこと。よく光学ビューファインダー(OVF)と比較される。撮影時に細かく設定した、明るさや色合いの状態が反映されたものを撮影前に見ることができ、夜間での撮影もしやすい。電源をつけないと使えないこと、多少の遅延が生じることが弱点。

CMOSセンサー

カメラの撮像素子の一種。CCDセンサーと比較し、消費電力が小さく、処理スピードが速いと言う特徴を持つ。技術の進歩により、CCDセンサーとの画質差も解消されているため、現在はほとんどのカメラがCMOSセンサーを搭載している。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

FinePix X100のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

レンズは同じカメラ性能もほぼ同じだが画素数が約1600万画素にアップしWi-Fi対応になった

FUJIFILM
X100s
45,950円〜

同じAPS-C判センサー採用で28mm相当レンズを内蔵、手ぶれ補正の機能を備える

RICOH
GR III
104,550円〜

富士フィルム FinePix X100 の基本スペック

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix X100 1230万画素 F FX-X100

価格:84,680円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 富士フィルム 商品名 FinePix X100 ブラック/シルバー
撮像素子 23.6mm×15.8mm(APS-Cサイズ) 正方画素CMOS 原色フィルター採用 F値 F2
有効画素数 1230万画素 光学ズーム
焦点距離 35mm 撮影感度 通常:ISO200~6400 拡張:ISO100、12800
手ぶれ補正 AF(オートフォーカス)
連写速度 3コマ/秒 動画 1280×720ピクセル(24フレーム/秒)、音声付き(ステレオ)
サイズ 126.5x74.4x53.9 mm 重量 本体:405g 総重量:445g

富士フィルム FinePix X100のおすすめポイント

FinePix史上最高峰の画質を実現

従来比約10倍の感度特性を持つ1230万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを採用、さらに新「EXRプロセッサー」と組み合わさることで、高解像度・高感度・ワイドダイナミックレンジ技術を生かした、FinePix史上最高峰の画質を再現。

多彩な撮影機能を搭載。

OVFモード時は、節電をして撮影回数の枚数をアップさせるOVF撮影枚数UPモードや、カメラを早く起動させるクイック起動モード、シャッタータイムラグの極めて少ない快適な撮影が可能な49点測距可能のコントラストAF方式、最大で毎秒5コマ連続連写、HD動画対応など多彩な撮影機能が搭載されています。

画質調整機能搭載

常用感度ISO200~6400、拡張感度でISO100・12800が選択可能。また設定したISO感度とその条件に必要な適正露出を見ながらISO感度を自動で調節制御するISOオート設定、3種類のフィルター効果を使ったモノクロ撮影が可能なフィルムシュミレーションモード、露出・ISO感度・ダイナミックレンジ・フィルムシュミレーションの4つの多彩なオートブラケッティングなど富士フィルム独自の画質調整機能が搭載されています。

富士フィルム FinePix X100の悪い点をレビュー

最大F値がかなり小さい

背景がボケてしまうので、普通のデジタルカメラより、良いとは言えません。

シャッタースピードを遅くして撮影するならかなり不向きです。

最大F値にあまりこだわりのない人でも「ん?」と不満を感じます。

ピントが合うまで時間がかかる

絞りが絞られる分、シャッター速度が遅くなり、シャッターチャンスを逃してしまいます。液晶モニターで水平を出してとると斜めになってしまうことがあるので、自分の感覚で撮らないといけないため、一枚撮るのに時間がかかります。

コツをつかむまでに時間がかかりそうです。

ファインダーにゴミが入りやすい

構造上仕方ないですが、ファインダーにゴミが入りやすい。

持ち運んでるときに気が付いたらゴミが入り込んでいることがあるみたいです。

比較的、ゴミが入りやすい構造なので、自然故障で扱って、掃除をしてほしいという意見も多数みられました。

メニューボタンが押しづらい

撮影設定を呼び出すのに、何度も操作をしないといけないので大変。

コマンドダイアル周りが扱いづらい。簡単にくるくる回ってしまって押しにくいのが難点です。

撮影に集中したいのに気が散って集中できなくなってしまう。

おもちゃのようなデザイン

写真で見ると、高級感があります。見た目のカッコよさ、レトロカメラのような魅力はありますが、素材や実際の見た目は個性的でおもちゃみたいなデザインで好き嫌いがわかれます。

レザー調のビニルシートは、汗をかくと滑りやすいので実用的な滑り止めを望んでいる方が多いです。

富士フィルム FinePix X100の良い点をレビュー

Wi-Fiでスマホに転送できる

専用アプリを立ち上げてすぐにスマホに転送できるので、SNSが好きなカメラ初心者の方も本格カメラですぐに撮影をして投稿できます。最近はSNS用のカメラを購入する方も多いので、スマホよりもきれいに撮れて、すぐに画像を送りたい方にはかなりおすすめです。

バッテリーの持ちが良い

バッテリーを持たせる設定があります。OVFにしておくと節約できるので、

遠出や旅行の際に非常に便利です。一日持ち運んでもバッテリーはなくなりませんでした。

情報満載のファインダー

ファインダーは視度調節がついているので目が悪くてもくっきり見ることができます。

OVF(光学ファインダー)は非常にきれいな被写体を確認できます。

ファインダー自体も明るくて見やすいと好評です。

アップデートされまるで最新機種の様に

オートフォーカスの高速化、マクロ撮影時のフォーカス性能向上、マニュアルフォーカス時のピーキング機能の追加、起動時間の高速化、マニュアルフォーカス時の操作性改善など、このアップデートによって、X100の不満がほとんど解消され発売当初、悪い口コミが多かったのですが、良い口コミがふえるようになりました。

レトロなデザイン

好き嫌いはありますが見た目がレトロなので、女の子やお子さん達には、「かわいい!」と好評で、ご年配の方々には、「フィルムカメラかい?」と声をかけられます。X100で人を撮るときはこのカメラの見た目のおかげで会話が広がり、笑顔の写真がよく撮れるみたいです。

大きいカメラで撮影すると、緊張してしまって顔がこわばってしまうので、X100に助けられます。

優しいふんわりとした画質

優しく柔らかで、なおかつ非常に立体感のある写真が撮れます。

F2.0開放で撮ればふんわりやわらかに。猫や犬などの動物、草花や風景はとてもきれいに撮影できます。ニュートラルな柔らかさを表現したい方におすすめです。

富士フィルム FinePix X100の口コミを集めました

絞りが絞られる分、シャッター速度が遅くなっており数字上はおかしくありませんが、露出オーバーになります。絞りか、シャッター速度が正常に作動していない状態と思います。

出典:https://review.kakaku.com

個性を出す、素敵な写真を撮るために絞りを絞っても露出オーバーになってしまったら意味がありません。何個か同じ口コミを書いてる方を見ました。 連写などをするときにシャッター速度が遅いのも難点ですね。

メニューボタンがとにかく押しづらい。これは後継機で改善すべきだろう。また上部にあるレバーは、リコーのGRD/GXRのようにクイックメニューの呼び出し機能を持たせるべき。 撮影設定を呼び出すのに、コンパクト機と同じ構造のメニューを何度も操作させられるのはいただけない。

出典:https://review.kakaku.com

メニューボタンが押しづらいという意見も多かったです。 すぐに撮影をしたいのに操作で手こずってしまうと、撮影意欲が無くなってしまいそうですね。汗で滑ってしまうという意見もありました。

レザー調のビニルシートはAkiAsahiなどの張り革シートと大差なく、汗をかくと滑りやすい。デザインとの整合性でこうしたシートにしたのだろうが、もっと実用的な滑り止めパターンの方が良い。 グリップは形状が安易で張り出しも少なくあまり実用的でない。軽量な固定レンズなので、いっそグリップを無くしてもよいので、レンズ周りのホールド性を改良してもらいたい。

出典:https://review.kakaku.com

撮影をしているときに滑ってしまうと危ないですね。 専用のカバーはありますが、撮影をする際には外しているので関係ないですね。雨の日の撮影などは、注意が必要です。

話題のカメラと言うので買いましたが、操作性は安いコンデジ以下で、おもちゃみたいです。コンパクトは直ぐに安くなって、直ぐ新モデルが出る。あくまでクラシックタイプデジカメコレクションです。

出典:https://review.kakaku.com

写真では高級感があり一昔前のような個性のある見た目です。ライカのカメラに似ているという声も数件ありました。他のデジカメなどと一線を画した個性的なデザインです。

光学ファインダーに浮かぶフレームで空間を切り取る感覚は、一眼レフでは体験できない世界でとても好み。 出てくる絵もフジフィルムならでは色がとても素敵で、いつも持ち歩いてます。 日中絞りを開けて撮る事が多いので、NDフィルターが非常に重宝してます。

出典:https://review.kakaku.com

一眼レフでは体験できない世界があるのは素晴らしいです。非常に素晴らしい被写体を確認できる等、撮影意欲を掻き立ててくれるはずです。 ファインダーが前機種に比較して優れています。という声もありました。

バッテリー、問題ない持ちです。 200~300枚程度の撮影では、充分もっています。 一日に2~3回、Eye-FiのDirect ModeでiPhoneと画像を連携させてますが、バッテリー残量は大丈夫です。

出典:https://review.kakaku.com

バッテリーの持ちがいいのは大事ですね。 旅行に持って行くときは予備バッテリーを持つという方もいましたが、OVFにしてバッテリーを節約できるのでバッテリーの残量の心配は少なそうですね。

MFの焦点距離を2mに固定して少し絞って被写界深度利用すれば、高速スナップも可能。携行性、被写体に威圧感を与えないデザイン、35mmレンズ、シャッターラグの少なさなどスナップカメラとして申し分のないカメラだと思います。

出典:https://review.kakaku.com

35mmレンズ、口コミ数は好評みたいです。高速スナップも可能なのは非常にありがたいですね。シャッターラグが少ないのもまた魅力的です。スナップカメラとして申し分ないカメラと言われるのは非常に素晴らしいです

ノイズの少なさ、ボケの美しさ、ゆがみの少なさなど、大変美しく大満足です。  知人が、D300sを購入していて、ISO3200のノイズを見せてもらいましたが、  X100と比較にならないほどのっていました。知人は「信じられない」  とびっくりしていました。

出典:https://review.kakaku.com

ノイズの少なさ、ボケの美しさ、ゆがみの少なさなどがすごく美しいのはカメラとして貴重ですね。 他のカメラと比べても比較にならないほどの綺麗さは相当なものでしょう。 撮影した際の綺麗さはプロも初心者も一番に考えるのではないでしょうか。

クラッシックな外観ですが、キチンと機能との整合性が取れていて、  無駄が無いところが単なる懐古主義ではないあたり、いい感じです。  また、このデザインのお陰で、人物スナップ撮影のときに、被写体に  無用なプレッシャーをかけないのもポイントが高いです。

出典:https://review.kakaku.com

人物撮影の際に、大きな本格的なカメラだと、緊張して良い表情が撮れないことが多いですが、X100は小さいけれど本格的で見た目も可愛らしく圧迫感がないのでプレッシャーを与えないというのはかなり良いですね。小さなお子さん達を撮るのにも怖がらせなくてよさそうです。

富士フィルム X100とX100Sの違い

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100S F FX-X100S

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「X100S」の「S」は「second」の「S」と言われています。

X100と見た目はほぼほぼ変わりません。

独自のカラーフィルター配列を持つ「X-TranceCMOSII」になったことでローパスフィルターレス仕様になり、X100よりも画素数が400万画素増えたのでより繊細に撮影ができるようになりました。

画像処理エンジンも【EXR Processor】から【EXR Processor II】に変更され2倍以上の処理速度になり、30%以上の低ノイズ化を実現しています。

オートフォーカスは像面位相差AFにも対応。「ハイブリットビューファインダー」がさらに進化し、「デジタルスプリットイメージ」機能などが新搭載されています。

X100はプレミアコンパクトデジタルカメラの先駆けとなったモデルのカメラですので、X100Sの方が機能としてはおススメできます。

富士フィルム X100とX100Tの違い

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100T シルバー FX-X100T S

価格:88,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「X100」の「T」は「Third」の「T」と言われています。

X100Tは前作のX100Sからファインダー機能が向上し、電子シャッター機能などが追加されたカメラです。

「ハイブリットビューファインダー」からさらに進化した「アドバンス・ハイブリットビューファインダー」は光学ファインダー内にピントエリアをデジタル映像で拡大表示できる機能が新搭載され高密度なピント合わせができるようになりました。

サイレント撮影も可能になり、電子シャッターは最速1/32000秒の光速度シャッターを切ることができるようになりました。またX100では300枚だった撮影枚数も330枚になり、X100よりもさらに幅広い撮影が可能となりました。

X100と同様に、暗いところと動く被写体に弱いのが難点です。

富士フィルム X100とX100Fの違い

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

価格:120,789円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「X100F」の「F」は「Forth」の「F」と言われています。

2017年2月23日に発売した一番新しいタイプのモデルです。

有効画素数がX100では1230万画素でしたが、2430万画素まで上がりかなり細かく魅力のある写真が撮れること間違いなしです。景気などを繊細にこだわって撮影をしたい方におすすめです。ただし、X100よりも逆光に弱いのが難点です。

 

またX100では背面左側にあったボタンがすべて右側に移動され片手でも操作が容易になっていますので撮影もしやすくなっております。

AFポイント移動用のフォーカスレバーも設置されたので素早い測距店の移動が可能となりました。

オートフォーカスの読み出し速度が前作の「X100T」の2倍になり、AFポイントは49点から91点(最大325点)に大幅増加しました。

一番最初に発売されたX100よりも、かなり基本レスポンスも向上しているのでストレスが少ない快適な撮影が可能となりました。

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix X100 1230万画素 F FX-X100

価格:84,680円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

富士フィルム FinePix X100について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー、評価、他製品との比較をまとめましたがいかがでしたでしょうか。

 

X100はバッテリーの持ちも良く、シャッター速度も速いので好きな時に素早く撮影できるのが魅力的です。しかし一番最初のモデルということもあり比較をしていくうちに一番最新モデルのX100Fの方がスムーズに撮影できる印象がありました。

 

使用している方の口コミでは、「OVFにしているとバッテリーの節約になるのがいい。」「シャッター速度が速い」等の口コミを多く見られました。

 

SNS世代のカメラ初心者さんも、すぐに写真をスマホに送れるので便利です。

カメラ好きの方も、見た目から入るも良し、性能で入るも良し、万人受けするおススメはカメラです。過去にライカを使っていたお父様にプレゼントをされた方もいらっしゃいました。

 

最初に発売されたX100から最新モデルのX100Fまで比較をさせていただきました。

正直X100よりもX100Fの方が人気も高いです。2020年に新設計のレンズを使用したX100Vという最新モデルが発売されるという情報もありましたので、そちらに期待してみるのもいいかもしれません。

 

ぜひプレゼントに、自分用に、ご検討してみてください。