FUJIFILM X100s デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥45,950
FUJIFILM FinePix X100s カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、FUJIFILM FinePix X100s カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

像面位相差AFとコントラストAFのハイブリッドAF方式採用の高級コンパクトカメラ

大口径F2.0で優れた描写性能を誇る35mm相当の単焦点レンズを内蔵させたX100シリーズの第二世代目のカメラ。初代X100の発売から2年後に発売された改良進化版の機種です。EVFとOVFのハイブリッドファインダーなどX100シリーズの基本性能さえ備わっていればそれで十分に満足、少しでも低価格なX100シリーズが欲しいという人におすすめしたい機種で、いまもっともコストパフォーマンスの高いX100シリーズのカメラだと言えるかもしれません。センサーは1630万画素のEXR Processor IIを採用し、最高6コマ/秒の連写性能、60pのフルHD動画撮影の機能が備わっています。AFは像面位相差AFとコントラストAFのハイブリッドAF方式です。

光学ビューファインダー(OVF)

ファインダー内に入った光をそのまま見ることができる仕組みのこと。よく電子ビューファインダー(EVF)と比較される。電源を入れずとも、ファインダー越しに遅延なく被写体を見ることができる。一方で、EVFと異なり写真を撮ってからでないと明るさや色合いの調整が確認できないことがデメリット。動く被写体を撮影するのに向いている。

電子ビューファインダー(EVF)

ファインダー内に格納された小さなモニターを見ることができる仕組みのこと。よく光学ビューファインダー(OVF)と比較される。撮影時に細かく設定した、明るさや色合いの状態が反映されたものを撮影前に見ることができ、夜間での撮影もしやすい。電源をつけないと使えないこと、多少の遅延が生じることが弱点。

オートフォーカス(AF)

シャッターボタンを半押しすると、自動で被写体にピントを合わせてくれる機能。静物撮影に向いているシングルAF、動物撮影に向いているコンティニュアスAF、それらハイブリッド型のAFモード自動切り替え、が存在する。

X100sのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

Wi-Fi内蔵でスマートフォンなどと連携して撮影したいX100シリーズのファンに

FUJIFILM
x100t
52,800円〜

同じAPS-C判センサーを採用してF1.7の35mm相当ズミルックスレンズ内蔵、ライカの好きな人に

ライカ
leica x typ
133,899円〜

FUJIFILM X100sの基本スペック

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100S F FX-X100S

価格:84,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 富士フイルム(FUJIFILM) 商品名 X100s
撮像素子 23.6mm×15.8mm(APS-Cサイズ) X-Trans CMOS II F値 F2
有効画素数 1630万画素 光学ズーム
焦点距離 35 mm 撮影感度 通常:ISO200~6400 ・拡張:ISO100、12800、25600
手ぶれ補正 - AF(オートフォーカス) 像面位相差AF
連写速度 6コマ/秒 動画 1920x1080(フルHD)
サイズ 126.5x74.4x53.9 mm 重量 445g
その他機能 PictBridge対応

FUJIFILM X100sのケース

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラケース ブラウン F LC-X100S

価格:3,232円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FinePix X100s専用のケースはAmazonや楽天などの大手インターネットショッピングサイトでも取扱いされていて入手しやすくなっています。ただ、ショッピングサイトによって価格の差が激しいので比べてから購入することをおすすめします。

FUJIFILM X100sのバッテリー

富士フイルム

FUJIFILM 充電式バッテリー NP-95

価格:3,685円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

NP-95は純正のバッテリーということもあり安心して使うことができるようです。また、互換性もありFinePix X100s以外のデジタルカメラにも使用することができます。入手する際も大手のインターネットショッピングサイトで購入することができます。

FUJIFILM X100sのおすすめポイント

高画質の写真が撮れる

ローバスフィルターレスなので高解像度の写真を撮ることができます。ローパスフィルターがついていると実物に近い画像を撮ることができます。しかし、そのフィルターがついていなくてもX-Trans CMOS IIによって実物に近い色彩を表現が可能になっているので心配いりません。

光学ファインダーを使った撮影がしたくなる

液晶パネルを使った撮影だけでなく光学ファインダーを使った撮影もしやすくなっています。それは、光学ファインダーを覗いている時一目で全体を見渡せる広い視界を確保しているからです。また、液晶パネルの情報を合成することでも撮影のサポートをしています。

撮影機能が多彩

富士フィルムの歴史ある技術が詰まったフィルムシュミレーションモードが搭載され、10種類のモードを選択することができます。その中には3種類のフィルター効果を使ったモノクロ撮影などがあり使っていて飽きがこないデジタルカメラになっています。

FUJIFILM X100sの悪い点をレビュ―

手ぶれ補正機能が非搭載

本体背面に手ぶれ警告ランプはついていますが手ぶれ補正機能がついていないため上手く取れるか心配になるようです。今は多くのデジタルカメラに手振れ補正が搭載されています。なので、この機能がついていないと自分の技術で上手く撮影できるか不安になる事にも共感できます。

本体が重い

ズッシリト重量感ある見た目は洗練されていてデザイン性に優れているが、見た目通りの重量感を感じるとありました。中にはその重量感が好みだという声もありましたが多くの人は重く感じるようで、持ち運びに便利なコンパクトデジタルカメラから離れているようです。

望遠撮影に不向き

FinePix X100s ズーム機能がついていません。だから、近距離で撮影する分には使いやすくて良いが被写体が遠くにいる望遠撮影には不向きに感じたそうです。山や海などの風景を撮影する分には今一つ足りなくなり満足のいく写真を撮ることが難しいみたいです。

操作慣れに時間がかかる

他メーカーからFinePix X100sに乗り換えた際には、メニュー操作が慣れるのに時間が掛かるようです。カメラの基本操作は直感的にわかるようになっていて良いとありました。しかし、細かい設定ができることが多い分メニュー操作が複雑になっていると感じるとありました。

FUJIFILM X100sの良い点をレビュ―

OVFとEVFの切り替えが楽

FinePix X100sを使っている方は光学ファインダー(OVF)での撮影が楽しくてやめられないと多くありました。それは、光学ファインダーが使いやすいように顔感知でモニターが消えたり、レバー操作で簡単にON・OFFの切り替えができるよう細かい気遣いがあるおかげのようです。

細かい所まで色彩を記録する

ローパスフィルターレスになっているから細かい所まで鮮やかな色彩を記録することができるとありました。そのおかげで、マクロレンズじゃないのにマクロ並みの撮影をすることができたりデジタルカメラが苦手とするマゼンタ系の色もしっかりと記録することができるそうです。

ノイズが少ない

暗い空間を撮影した時に画像がざらついたり、黒いプツプツが目立つようなノイズが少なくて良いとありました。また、ノイズリダクションと長秒時ノイズ低減を撮影メニュー内で調整することでより一層ノイズを軽減することができ心強いと感じたようです。

FUJIFILM X100sの口コミを集めました

適度にコンパクトで、いつも持ち歩けるギリギリのサイズ感。一眼レフより撮影回数が増えました。

出典:https://www.biccamera.com

サイズに関して多くのレビューがあり中でも大きく感じる方が多数見られました。一眼レフカメラの代わりとして使うなら許せる範囲ですがコンパクトデジタルカメラと意識すると大きすぎるようです。

画質サイズ、レスポンスともにバランスが良く、使い心地がいい。ただ、メニューは階層を深く潜らないと変更できなかったりするので、改善の余地があると思います。

出典:https://www.biccamera.com

撮影の反応やモニター画面など基本性能を使いこなした後別メニューで楽しもうとすると慣れるのに時間が掛かるようです。特に初めてFinePixシリーズを使う方には多機能ゆえに複雑化したメニュー操作を覚えるのは大変そうです。

高感度での画質のきれいさ、FUJIの色、気に入ってます。暗所でのAFがもっと良くなれば。

出典:https://www.yodobashi.com

AFについては多数のレビューがありました。このレビューを見るとFinePix X100sではホワイトバランスの性能が良くないので夜や暗所の撮影で物足りなさを感じるようです。

残念ながら、この完成度が高く素晴らしいカメラは、"専用充電池"というものを積んでいる。

出典:https://www.amazon.co.jp

バッテリーが専用バッテリーとあるので心配している方が多数見られました。それは、バッテリーが壊れて入手できないととカメラが置物になってしまう恐れがあるからです。

高速AFについて。ネガティブなことから言うが、一眼レフなみとはいかないので過剰な期待は禁物。

出典:https://www.amazon.co.jp

AFの速度が遅いと一瞬しかない決定的瞬間を収めることが難しくなります。FinePix X100sは一眼レフに負けない性能があることをコンセプトにしているのでAFで負けているのは痛いですね。

高感度での画質のきれいさ、FUJIの色、気に入ってます。

出典:https://www.yodobashi.com

カメラに求められる性能として画質きれいなことが上位に入ります。FinePix X100sでは多くの方が満足のいく色彩豊かな高画質を撮影できたとありました。

ファインダーがすばらしい。いまの若い世代の方々には笑われそうですが、40数年もレンジファインダー機を使ってきた身には、液晶のファインダーは馴染めませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

光学ファインダーについて以前から使っていた方や初めて使った方から絶賛のレビューが多くありました。FinePix X100sでは光学ファインダーでの撮影がしやすいように細かな気遣いがあります。なので、ファインダーを使った撮影の虜になるようです。

「いいな」と思った風景や対象物に出会うとファインダーを覗きますが、そこに写るのは目で観るのと同じ風景、各種設定の反映なし。シャッターをバシバシと切るようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

カメラのモニターと現実の風景の色彩に差があると現像した時のイメージに差が出るのではないかと心配になります。しかし、FinePix X100sファインダーを除くと現実と同じ風景が見えるのでその心配はありません。

コンパクトさと高画質さのバランスを取った製品で、なおかつファインダーやデザインに作り手のコダワリが垣間見えるカメラである。

出典:https://www.amazon.co.jp

基本性能のバランスがよく使いやすいと多くのレビューがありました。また、作り手の洗練されたデザインをが伝わるFinePix X100sは長年愛用されるデジタルカメラになりそうですね。

FUJIFILM X100sと100Fの違い

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

価格:112,351円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

富士フィルムから2017年に発売されたX100FはX100Sと同じFinePixシリーズの最新型のデジタルカメラになります。主な違いはAFが素早くなったことと画質が向上したことになります。

 

X100FではX100Sと同じローパスフィルターレスを採用しているので画質の解像度は保障されています。しかし、新しく開発されたX-Trans CMOS IIIが搭載された事によって実物と同じ色彩を再現できるだけでなく画質も大幅に向上しよりきれいな写真を撮ることができるようです。

 

また、AF機能のポイントが増加したことでピント合わせが楽になったようです。フォーカスポイントが少ないとポイント間の間隔が広がりカメラ本体を動かす必要がありましたが、カメラを動かす手間がなくなり体力面でも助けになったとあります。

 

X100FはFinePixシリーズの最新モデルということもあり、X100Sから基本スペックも向上しています。なので、初めてFinePixシリーズを購入する方や高スペックに買い替えを考えている方におすすめします。

FUJIFILM X100sとX100Tの違い

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100T シルバー FX-X100T S

価格:88,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

富士フィルムから2014年に発売されたX100TはX100Sと同じFinePixシリーズで上位モデルのデジタルカメラになります。大きく変わった点は光学ファインダーがより強化された事になります。

 

光学ファインダーを覗くとピントエリアに入っている被写体を拡大表示することができます。これによってボケているかどうかX100Sよりも素早く分かるようになったのでピント合わせが格段に楽になったようです。

 

また、ボタンがシンプルな形状になっていることやコマンドレバーがコマンドダイヤルに変更された事で本体の操作性も向上していて使いやすくなっていたとあります。

 

X100Tは光学ファインダー機能がアップしているので、ファインダーを使った撮影が好きな方やこれから始めたいと考えている方におすすめします。

FUJIFILM X100sとX100の違い

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix X100 1230万画素 F FX-X100

価格:84,080円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

富士フィルムから2011年に発売されたX100はX100Sと同じFinePixシリーズで下位モデルのデジタルカメラになります。主な違いは解像度の違いと起動時間に差がある事になります。

 

X100ではローパスフィルターレスを採用していないので、採用しているX100Sに解像度で劣ってしまい写真に差がでるようです。またX100は起動に時間がかかるということもあって撮りたいと思った時に取れないことが多々あり、起動が早いX100Sの方がストレスなく使えるようです。

 

X100はFinePixシリーズの初代ということもあり使う分には満足のできるカメラになっているようです。しかし、X100Sと比べるとカメラの起動時間が遅く解像度も低くなっています。また価格もあまり変わりがないのであまりおすすめしません。

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100S F FX-X100S

価格:84,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

富士フイルム FinePix X100sについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

X100sは富士フィルムのFinePixシリーズ2代目ということもあり初代に比べて中身が大幅にグレードアップしました。ローパスフィルターレスによる解像度の増加やEXR Processor IIで30%以上のノイズを軽減しています。

 

あと1つ欲しい点としては、手ぶれ補正機能がついていないことが心もとない事です。また、ズーム機能もついていないので山や海など風景の望遠撮影に不向きになっていることも惜しい点であります。

 

デジタルカメラは価格が高い物には充実した機能がついていて撮影をサポートしてくれます。しかし、技術の進歩によって安くても綺麗な画像を撮影できるデジタルカメラも発売されています。是非、操作したり機能を見比べて自分に合った商品を見つけ出して下さい。