FUJIFILM x100t デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥52,800
FUJIFILM X100T カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、FUJIFILM X100T カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

EVFとOVFの機能を備えたハイブリッドビューファインダーが魅力の高級コンパクトカメラ

昔のレンジファインダーカメラふうのスタイルにF2.0の35mm相当単焦点レンズ、ハイブリッドビューファインダーを内蔵した「X100シリーズ」は2011年に初代X100が発売されました。その後、カメラのスタイルをほとんど変えず撮影機能の改良と画質を向上させながら、X100S、X100T、X100F、X100Vと5世代にわたってモデルチェンジをしてきました。X100Tは3世代目にあたる機種で、カメラ性能や撮影画質と現在の実販価格を考慮すれば「X100シリーズ」の中ではもっともおすすめのカメラと言えるでしょう。この機種から最高シャッタースピード1/32000秒の電子シャターを内蔵し、無音のサイレントシャッターモードも備えました。

x100tのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

約2430万画素のX-Trans CMOS IIIにセンサー性能をアップ、高画質で高解像な写真を撮りたい人に

FUJIFILM
X100F
129,800円〜

画素数もセンサーもさらに性能アップしたX100シリーズの最新型、より良いものを望む人に

FUJIFILM
X100V
164,500円〜

FUJIFILM X100Tの基本スペック

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100T シルバー FX-X100T S

価格:98,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 富士フィルム(FUJIFILM) 商品名 FUJIFILM デジタルカメラ X100T FX-X100T B ブラック・S シルバー
撮像素子 23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ) X-Trans CMOS II F値 2
有効画素数 1630万画素 光学ズーム 1倍
焦点距離 35mm 撮影感度 通常:ISO200~6400 拡張:ISO100、12800、25600、51200
手ぶれ補正 電子式 AF(オートフォーカス) コントラストAF
連写速度 6コマ/秒 動画 1920x1080(フルHD)
サイズ 126.5x74.4x52.4 mm 重量 440g
その他機能 電子シャッター 1/32000秒、新フィルムシミュレーション「クラシッククローム」、インターバルタイマー撮影

FUJIFILM X100Tのバッテリー

富士フイルム

FUJIFILM 充電式バッテリー NP-95

価格:3,685円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

X100Tは1回の充電で330枚撮影できます。バッテリーが切れたら交換することでより長時間、撮影を続けることができます。

FUJIFILM X100Tの充電器

富士フイルム

FUJIFILM バッテリーチャージャー BC-65N

価格:3,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

X100Tには充電器が付属していますが、買い足すことで予備のバッテリーを同時に充電することが可能になります。

FUJIFILM X100Tのおすすめポイント

光学ファインダーで世界初「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」

X100Tは光学ファインダー上にポイントエリアのデジタル映像を拡大表示できる「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」を搭載しています。これは光学ファインダーでは世界初の技術です。

レトロなダイヤル式目盛りで直感的に操作可能

X100Tはダイヤル操作系のため、電源オフの状態でもカメラの設定がわかります。電子技術が取り入れられてなかった、古き良きクラシックカメラのアナログな良さを現代に再現しています。

フイルムシュミレーション機能に「クラシッククロームモード」を追加

フィルムメーカーである富士フィルムならではの、フイルムの色を再現したフィルムシミュレーション機能に、「クラシッククロームモード」を追加しました。従来のモードとはまた違った味わいのある色を楽しめます。

FUJIFILM X100Tの悪い点をレビュー

バッテリーがすぐ切れる

バッテリーの持ちの悪さがX100Tの欠点として最も多く挙げられています。1回の充電で330枚となっていますが、それより撮れないことがあるそうです。バッテリー残量が三段階表示なので残りどれだけあるかが正確にわからないため、すぐ切れたような印象を受けるとも言われています。

 

外出時には予備バッテリーを2個用意するという人もいました。

背面のボタンが扱いにくい

X100Tの背面のボタンは押しにくかったり、間違って押してしまったりするとのことです。FNボタンの数が少なすぎるとも言われています。

背面の液晶が綺麗ではない

X100Tの背面液晶は不評です。絵、色が汚いと言われています。光学ファインダーの方は好評のため、そちらを見て撮る人がほとんどのようです。

起動が遅い

X100Tは起動が遅いため、さっと撮ることが出来ないと言われています。ハイパフォーマンスモードというのもありますが、これをONにしても1秒は反応が無いそうです。

コンデジにしてはサイズが大きくて重い

X100Tはコンパクトデジタルカメラですが、それにしてはサイズが大きくて重いと言われています。ただし手振れ補正機能がないため、ある程度のサイズと重さが必要と言う声もあります。

FUJIFILM X100Tの良い点をレビュー

デザインがクラシックカメラ調

クラシックなデザインがX100シリーズの最大の特長になります。手触りが良く、金属感があってずっしりとして高級感があると好評です。写真を撮らずに持っているだけで心地よいとまで言われています。


銀塩カメラの時代の頃のようなレトロデザインで愛着が持てるということです。

写真の色味が良い

富士フィルムのカメラは他のメーカーには無い独特の色味があると好評です。いわゆる「富士色」とのことです。肌色、水色、ピンクなどの透き通った色味が素晴らしいと言われています。

 

また、昔のカメラを再現したフィルムシミュレーションモードはデジタル世代から見ても魅力とのことです。

光学ファインダーが使いやすい

X100Tはメーカーがアピールしているように、光学ファインダーが非常に好評です。視野率100%を超えていてとても見やすいそうです。

 

OVF(光学式ビューファインダー)の上にEVF(電子式ビューファインダー)を重ねられるといった新機能が評価されています。

FUJIFILM X100Tの口コミを集めました

同価格帯の他のカメラと比べると、画素数などスペックでは劣るものの実際の写りでは引けを取らない機種ではないでしょうか? 少し高めのカメラではありますが「撮っていて楽しい!」となることは間違いありません。

出典:https://www.yodobashi.com

X100Tは数値スペック的に凄いと言える点はないのですが、良い写真が撮れるとのことです。数字に表れない富士フィルムの長年のノウハウが蓄積されているのでしょう。

カメラには愛玩性も重要かと思っていますがx100tはいつも側に置いておきたい魅力があります。今でも満足度5ですが、ブラッシュアップして欲しいとしたらAFとファインダーの大きさ増、重量増が少なくて済むなら防塵防滴でしょうか。

出典:https://review.kakaku.com

X100Tには満足している人が多いですが、それでもオートフォーカスの改良や防塵防滴などは可能であればしてほしいということなのでしょう。

今までに、Nikon, Canon, Sony, Lumix, Sigma のカメラを使用してきましたが、 皆さんが絶賛されているJpeg での撮って出しの色味という面ではこれらの中でNO.1メーカーだと思います。 とくに肌色、水色、ピンクなどの透き通った色味は本当に素晴らしいです。

出典:https://review.kakaku.com

X100Tの色味が具体的にどう良いのかと言うのを書いているレビューは少ないのですが、これはわかりやすいのではないでしょうか。

AFは改善の余地ありだし、全体的に動きはもっさり グリップも自分にはやや合わないです ですが、優秀な光学ファインダーは作品作りへの意欲を高め、 こだわり抜いた絵作りは、デジタル世代の私の心を動かすものがあります

出典:https://review.kakaku.com

この方はデジタル世代を自任してある程度厳しいことも言われていますが、それでもX100Tをとても気に入っているとのことです。

描写力に関しては個体差が大きいのが大きな問題点だと思います。 特に風景撮影の場合、購入したら、まず最初に念密な試写を行なって、四隅の描写性能に問題が無いかどうかを確認することが必要ですよ。

出典:https://review.kakaku.com

X100Tの四隅で欠落があるという初期不良に触れたレビューもありますので、購入したらこのように確認した方が良いでしょう。

ファインダーも、OVF/EVFに切り替えが可能なうえ、OVFであってもカメラの情報を直接画像に乗せて表示させるスーパーインポーズができる点、その他、OVFを利用している際も、フォーカスエリアだけを画面の隅に拡大表示して正確なフォーカスなどを得られる機能など、ちょっと他では見受けられない、ユニークかつ斬新な機能を搭載しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

X100Tのこのファインダーの変わった機能はメーカーもアピールしています。

今どき、正直言って、カメラにおまかせ!の方がキレイな写真が撮れたりするんだけれども。 撮影する、という行為自体にロマンというか、たのしみを求めるのもなかなか知的で良いのかと。

出典:https://www.amazon.co.jp

X100Tはズームも手振れ補正もありませんが、それにより考えて工夫して撮るというカメラ本来の楽しみを味わえるのかもしれませんね。

・画像はとてもきれい。 ・操作しやすい。 ・ファインダーがとても良い。 ・外装がレトロで良い。 ・所有する喜びを感じ、長く愛用したくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

とても簡単でシンプルで、X100Tの良さが簡潔によくまとまっているレビューですね。

FUJIFILM X100T と X100F の違い

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

価格:129,880円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FUJIFILMのX100FはX100Tより3年後に発売された後継モデルです。X100Tよりも様々な点で性能がアップしています。

 

画質については、X100Tは有効画素数が1630万画素でしたが、X100Fは2430万画素に向上しています。撮影感度のISOはX100Tの最大6400からX100Fは最大12800に倍増しています。撮影間隔はX100Tの6コマ/秒からX100Fは8コマ/秒に向上しています。

 

そして最短撮影距離はX100Tの50cmからX100Fは10cmになりました。非常に近くまで寄ることができます。

 

またX100Fはオートフォーカス(AF)速度も向上しています。AF測距点はX100Tの49点からX100Fは91点に、像面位相差AFエリアはX100Fは230%拡大しています。

 

操作性については、X100Tで背面の左側に合ったボタンはX100Fでは全て右側になっています。これは操作しづらいという声に対応したものと思われます。さらにX100Fは新たにフォーカスレバー、露出補正ダイヤルのCポジション、ビルトインISOダイヤルがついています。

 

光学ファインダーについてはX100Fは小型EVFの倍率の変更が追加されました。撮影モードはX100FはACROSモードとグレイン・エフェクト機能が追加されています。

 

なおサイズと重さはX100FはX100Tとほとんど変わっていません。

 

このように非常に多くの改良が施されていて、X100Fは性能はX100Tに大きく勝る結果になっていますが、ただ1点劣る所があります。それは撮影枚数で、X100Tの330枚からX100Fは270枚に低下しています。スペックが上がった結果、消費電力が増してしまったのでしょう。ただしこの270枚は光学ファインダーにEVFを使用した場合で、OVFのみを使用した場合は390枚とむしろ改善しています。

 

結論としてはX100TよりもX100Fを買った方が良いことになりますが、実勢価格もX100Fの方がかなり高くなっていますので、それを考慮する必要があります。

FUJIFILM X100T と X100S の違い

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100S F FX-X100S

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FUJIFILMのX100SはX100Tの前年に発売された先代モデルです。性能的には同じ所も多いのですが、違いも色々とあります。

 

大きな違いは光学ファインダーで、X100TはX100Sから改良された「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」によって、OVFの上にEVFを乗せるといったような新開発の機能が搭載されています。X100Tの光学ファインダーは口コミで好評のため、大きな差と言えるでしょう。

 

またX100TはX100Sに無い電子シャッターが搭載され、シャッタースピードが1/4000から1/32000に向上しています。X100Tはサイレント撮影もできます。さらに液晶モニターのサイズと解像度がX100TはX100Sから向上しています。内蔵メモリはX100Sの24MBからX100Tは55MBに向上しています。

 

またX100TはマイクロUSBに対応し、USB充電ができるようになりました。さらにX100TはWiFiに対応、顔認識、顔キレイナビなどデジタル系の仕様が進化しています。というよりは、X100Tで上位モデルのデジカメで普通は出来ることが追加されたと言うのが正しいでしょう。

 

サイズ・重さは変わっていませんが、口コミではX100Tの方が高級感が増したと言われています。

 

結論としては、X100Sをかなり安く買える機会が無い限りは、X100Tを買うべきでしょう。

富士フイルム

FUJIFILM デジタルカメラ X100T シルバー FX-X100T S

価格:98,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FUJIFILM X100T デジタルカメラついて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

X100Tの概要は以下になります。

 

外観はクラシックなデザインで、懐かしさを感じられるが、中身はデジカメとしての高い性能を持っていること。

光学ファインダーの新機能が口コミでとても使いやすいと評価が高いこと

富士フィルムらしい色味が出ていて、口コミではこの色合いが好きな人に愛着を感じられていること。

ただし口コミではバッテリーがすぐ切れてしまうという不満も多いこと。またズームも手振れ補正も無いので初心者では扱いが難しいこと。

 

以上のことから、

 

・クラシックなデザインで、かつデジカメとして性能の高いカメラを求めている人

・ズームも手振れ補正も無いカメラを駆使して、自分で工夫して写真を撮れるようになりたい人

・口コミでは1回の充電での撮影枚数が低いと言われていることから、予備のバッテリーを購入する前提で構わない人

 

そういった方々には是非、このX100Tをおすすめしたいと思います。